新築マンションは1期で買うのはお得なの?メリット・デメリットを教えて!

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

 

マンションの広告を見ると、

・第1期、いよいよ販売開始!

・お待たせしました!第2期、スタート!

・これで最後、最終期販売開始。

一度に全部売らないで、なぜか期分け販売(第1期、第2期などと分けて販売すること)をするのです。

ザク男爵
第1期、即日完売・・・ですと・・・?

そんなまさか・・・では、第2期はマッハで応募しないと買えないじゃないですか!

期分け販売することで、購入者は焦ります。何度も「完売」の文字を見せつけられて、焦らされるのです。

 

ですが、ご注意くださいませ。

期分け販売は、マンションを販売するデペロッパーの戦略です。期分け販売の事情を知っておかないと、デペロッパーの手のひらで踊ってしまうかもしれません。

 

そこでこの記事では、

・新築分譲マンションが一度に全部売らない理由

・第1期に買うメリット・デメリット

について解説させて頂きます。

スポンサーリンク

なぜ新築マンションは、一度に全部売らないのか?

デペロッパーはマンションを一日でも早く完売したいと思っています。それなのに分譲マンションは、一度にすべてを売りません。

なぜなら一度に売り出さない方が、デペロッパーに都合がいい理由があるからです。

 

一度にたくさん来場されても案内できない、販売体制の人数的問題。

新築分譲マンションが期分け販売する背景には、デペロッパーの販売体制の人数的問題があります。

限られた人数で来場者の対応をしているので、一度にたくさんの人数がモデルルームに押しかけても対応できません。

新築マンションの販売には、とても手間がかかります。

・マンション概要の説明

・マンションの魅力の説明

・マンションの構造などの説明

・モデルルームの見学

・住宅ローン、資金計画の相談

・来場者の質問

マンションは高額中の高額商品であり、買う人はノリと勢いでは絶対に買いません。

丁寧な接客と、時間をかけた説明が必要です。

来場者一人に対し1~2時間かかるなら、1人の営業マンが1日で対応できるのは、わずか4~5組となります。

ザク男爵
あの・・・マンションが欲しいのですが・・・。

誰か・・・誰か接客してくれませんか・・・(寂)

一気に売ってしまいたい気持ちはあるものの、現実問題としてその販売体制が整ってないのです。

 

売り切り感による、焦る心を利用したい。

しかしマンションが期分け販売される理由は、販売体制の人数的問題だけではありません。

デペロッパーには、「完売による焦り感」を利用したい思惑があります。

分譲マンションを期分け販売することで、その都度「完売」をアピールすることができます。

いち早く完売されることは、その物件が人気物件であることの証明になります。

ザク男爵
第1期、即日完売ですと・・・凄まじい人気ぶりですな・・・。

イエス、第2期が始まったら、すぐに契約しましょう。

「すぐに契約を・・・」とまで思わなくても、「人気物件なら、モデルルームぐらい見てみようかな」と思わせたら、デペロッパーの勝ちでございます。

 

「いつまでも売っている=人気がない」と思われたくない。

新築マンションの購入は、究極の青田買いでございます。

まだ建設すらしていない架空のマンションを、35年もの住宅ローンを背負って契約するのです。

実物がない以上、新築マンションは「イメージが命」になります。

ですので、販売が開始されたのに、いつまでも販売している様子を見ると、

ザク男爵
まだ売っているのですか?

さては売れ行きが悪いのですな、イエス、あのマンションは辞めておきましょう。

本当は買ってくれる人のために、長く販売していたつもりかもしれません。

しかしいつまでも販売している様子は、「いつまでも売れない」と見られる可能性があります。

ほんの少しのイメージダウンが、新築マンションでは命とりなのです。

 

だからデペロッパーは、必死に完売を演出します。

 

「販売開始!」→「おかげ様で、完売!」

 

各期の販売戸数を少なくした茶番劇は、マンションが本当に完売されるまで続きます。

 

期ごとに売れ行きを考慮し、価格を再設定できる。

デペロッパーが期分け販売する理由は、新築マンションの売れ行きを考慮して、価格を再設定できるからです。

デペロッパーはマンション販売のプロですから、価格設定も入念なリサーチのもとに行われます。

しかしそれでも誤算が生まれるのが、新築マンションなのでございます。

・予想以上に売れた→2期は少し高くしても売れるかも。

・予想以上に売れなかった→2期は安くしないと厳しいかも。

売る側の立場として、打ち出した価格を「すません、やっぱこの価格で・・・」と言えるのは、大きなメリットです。

とは言え、あまりにも露骨に価格変動させると、クレームの嵐になるのは明白です。

ザク男爵
2期の価格が500万も安い・・・だと?

イエス、これはしかるべきルートで抗議して、今一度値引きして頂きましょう(怒)

マンションの価格は、最終的にはシークレットになることが多いようです。

同じ屋根の下で暮らす住民になるのですから、お金の話はオープンにはできないですよね。

 

新規感を演出したいので、「0期、プレステージ、最終期」などもある。

新築マンションの期分け販売は、1期、2期・・・と、単純に数字が並ぶだけではありません。

デペロッパーは新規感を演出したいので、大きな数字を嫌います。

そのため

・0期:ゼロの概念を持ち出す。

・第1期1次、第1期2次:数字を大きくしないように細かく刻む。

・プレステージ、サウスステージ、最終期:数字以外で表記する。

なども使われます。

ここまで徹底する努力、ある意味尊敬いたします。

 

新築マンションを1期で買うメリット

期分け販売される裏側を知ると、多分にデペロッパーの思惑が見え隠れします。

では、新築マンションを1期で買うメリットはあるのでしょうか?

 

選べる選択肢が多い。自分の希望がかなえやすい。

新築マンションを1期で買うメリットは、選べる選択肢が多いことです。

・角部屋

・高層階、最上階

・庭付きの1階

・一番安い間取り

1期ならば、すべての選択肢が用意されております。

どの階層、間取りにもメリット・デメリットがありますので、「どれがイイ!」「これはダメ!」と一概に決めることはできません。

ザク男爵
最上階の角部屋も、一番安い間取りも、すべて選べるリッチ感。たまりませんな・・・。

デペロッパーの手のひらを転がるのも、案外悪くないかもしれません。

 

抽選で外れても、2期で再チャレンジできる。

新築マンションの1期で購入するメリットは、人気プランを購入できる確率が上がることです。

なぜなら複数の希望者がいたときに行われる抽選で外れても、2期でのリベンジがあるからです。

ザク男爵
ぐ・・・抽選で外れるとは、不覚であります・・・。

しかしこのプラン、諦められないので、2期でリベンジを果たしますぞ。

2期の目玉商品として、似たようなプランが発売される場合、もう一度抽選に参加することができます。

 

「どうしてもこのマンションがいい、どうしてもこのプランがいい!」

 

ここまで惚れ込んだマンションならば、1期でズバッと買うのもいいかもしれません。

 

新築マンションを第一期で買うデメリット

新築マンションが期分け販売されるのは、おおよそデペロッパーの都合でございます。

ですので、購入する側としてはデメリットもございます。

 

入居まで時間があるので、その期間に大きな変化があることも。

新築マンションの1期では、入居するまで1年以上かかるケースがあります。

契約してから入居まで時間が空いてしまうのが、1期で買うデメリットでございます。

ザク男爵
はて・・・それの何が問題なのでしょうか?

余裕をもって準備ができて、いいじゃないですか。

何も問題ないように見えますが、しかしご注意くださいませ。

なぜなら、入居するまでの時間が長いと、その期間に「重大な何か」があるかもしれないからですよ。

・仕事がなくなった

・収入が下がった

・急に転勤が決まった

・離婚した

・婚約が破棄された

・もっといい条件のマンションが登場した

 

一言でいえば、

ザク男爵
契約を解約してぇ・・・(涙)

という状態になることですね。

しかし残念ながら、契約を無傷で解約することはできません。(手付金が戻ってこないなど)

 

人生、いろいろでございます。山もあれば谷もあります。

「え?こんなこと本当に起きる?」と思うかもしれませんが、これが一定の確率で起きるのですよね。

契約してから入居までの期間が長ければ、それだけ余裕をもって楽しんで準備ができます。

ですがその期間すべてが順風満帆ではないことを、知っておかねばなりません。

 

割高な価格で買ってしまう。

1期で買うデメリットは、割高な価格で買ってしまうことでしょう。

1期での大幅な値引きは、あまり考えられません。つまり値引きのチャンスを、みすみす逃すということでございます。

ザク男爵
・・・し、しかしここは人気エリアで、人気の間取りでございます。

2期には残ってないかもしれませんよ!

焦るお気持ち、よく分かります。ですがそれこそ、デペロッパーが狙う販売戦略なのですよ。

 

新築マンションがもっとも値引きされるのは、竣工して在庫があったときです。

早期完売を目指すデペロッパーの戦略に、一瞬のスキが生まれたとき、大幅値引きのチャンスがあります。

売れ残った間取りは、もしかしたら希望の間取り・・・かもしれません。

これは確率論なのでなんとも言えませんが、1期で買うことはそれすら放棄してしまいます。

 

まとめ:絶対欲しいなら、1期も買いかも。

新築マンションの販売は、数期にわたって販売されます。

その理由は、

・一度の多くの来場者が来ても、対応できない。

・売り切り感で焦る心理を利用したい。

・マンションの売れ行きを考慮して、それぞれ価格設定したい。

など、販売側のご都合が多分にございます。

 

また新築マンションを1期で買うことは、メリットもデメリットもあります。

【メリット】

・選べる選択肢が多い。

・希望(人気)プランが買える確率が高い。

 

【デメリット】

・契約してから入居するまでに、時間がかかりすぎる(1年以上)。

・割高な価格で買ってしまう。

デペロッパーの販売戦略で行われる期分け販売は、彼らの手のひらの上で踊っている感が否めません。

ですがそれでも惚れ込んだマンションならば、堂々と1期で購入するのも悪くないでしょう。

とはいえ、契約してから入居まで、まだまだ先の話になります。

その間、ライフスタイルの重大な変化にはお気をつけくださいませ。それでは、また!

 

一度は憧れる!マンションの高層階ってどうなの?メリット・デメリットを教えて!

2018.10.24

新築は買ってはいけない?新築マンションのメリット・デメリットを分かりやすく解説する。

2018.10.22

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ収益をもとに、営業代行の会社を設立。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間21万PV。

日本一住宅ローンに詳しいサイト「住宅ローンの窓口 ONLINE」で執筆してます。

マイホームを買うことで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」、住宅情報をお届けしてます。