お勧め!外構を「オープン→クローズ」に変えて感じるメリット・デメリット!

こんにちは、年収300万で建売住宅を買った、ザク男爵でございます。

 

庭のデザインで悩むのが、

・開放感ある「オープン外構」にするのか

・閉ざされたプライベート空間を演出する「クローズ外構」にするのか

ではないでしょうか。

 

オープン外構は、自宅をフェンス・塀で仕切らないので、とても開放感があります。

一方、クローズ外構は、自宅をフェンス・塀で仕切るので、閉ざされたプライベート感があります。

 

オープン外構もクローズ外構も好みの問題ですが、私はオープン外構だった家を2度の工事により、完全にクローズな外構に仕上げました

 

外構を「オープン→クローズ」にすることで、

・不便になるのでは?

・見通しが悪くなるのでは?

と不安もありましたが、実際にクローズ外構にしてみると、デメリット以上にメリットの方が多かったです。

ザク男爵
イエス、マダム。

素敵なマイホームは、クローズ外構が激しくおすすめでございますよ。

 

そこでこの記事では、外構を「オープン→クローズ」にしてみて感じる、クローズ外構のメリット・デメリットについて解説させて頂きます。

クローズ外構に興味がある方は、ぜひ最後までお読みくださいませ。

スポンサーリンク

オープン→クローズ外構に変更した、工事の概要。

クローズ概要まず始めに、私が自宅の外構を「オープン→クローズ外構」にした、工事の概要をお話させて頂きます。

私の購入した建売住宅は、広く見渡せるオープン外構でした。

お隣さんとの境界も、道路に面する土地にも、何もありませんでした。

 

狭くて囲まれた空間が大好きな私は、クローズ外構にするために次の工事を実施しました。

 

境界ブロックの上にメッシュフェンスを設置。

まず第一段階として、お隣さんとの境界になっている軽量ブロック(軽く跨げる高さ)の上に、メッシュフェンスを立てました。

初期のデフォルト状態では、軽量ブロック2段のみだったので、大人なら普通に歩いて越えられる高さでした。防犯性ゼロ、いやマイナスでしたね。

本当はメッシュフェンスよりもクローズ感がアップする「目隠しフェンス」にしたかったのですが、お隣さんとの関係性が悪くなるのを心配した妻に制止され、断念しました。

ベルリンの壁みたいでイヤ。
ザク男爵
おっしゃる通りでございます・・・。

あまりにも壁らしい壁は、お隣さんとの心の壁になるかもしれません。

ご近所付き合いにも配慮したいですね。

一軒家によくあるご近所トラブルと上手な解決方法はコレだ!

2017.06.16

 

道路側をブロック塀で遮断。

4180d301750615793a993d5ee77ea7d0_s

また道路側も完全にオープンな外構で、出入り自由な空間となっていました。

そこで道路側はブロック塀を増設することで、クローズ外構にしました。

それまでは予備の駐車場として使ってましたが、クローズ外構にすることで駐車場を1台分減らした形になります。

 

道路側はメッシュフェンスではなく、ブロック塀にしたのは、強度と目隠しの問題があるからです。

道路側のため、間違って車がぶつかる可能性もあるので、強度の高いブロック塀にしました。

またメッシュフェンスでは私の恥ずかしいプライベートがダダ漏れなので、目隠し効果のあるブロック塀にした次第でございます。

 

クローズ外構にして感じるメリット。

2回の工事をして「オープン→クローズ外構」を手に入れましたが、私が想像してたよりも外構のクローズ化はメリットが多かったです。

私が感じるクローズ外構のメリットは、次の2つでございます。

 

安心感がハンパない。(特に子供の)

クローズ外構のメリットは、何と言っても安心感でございます。

周囲を壁(フェンス)に囲まれているので、安心感がハンパないのですよ。

 

目隠し効果のあるブロック塀の内側は、屋外なのに、さながら室内にいるようなプライベート感があります。

また目隠し効果のないメッシュフェンスでも、「ここからは通れない」という心理的アドバンテージがあり、心のゆとりを作ってくれます。

 

また小さい子供を持つご家庭の方なら、それに加えて「子育ての安心感」も得られますよ。

子供を庭で遊ばせていると、どうしても「目を離した隙に道路に飛び出してしまった」・・・と怖い思いをされた方も多いはず。

私も5歳と3歳の息子を持つ親として、いつも道路に子供が飛びださないか目を光らせておりました。

でもオープン外構だと、限界があるのですよね。

長男
きゃいきゃいっ!(道路に飛び出した・・・)
次男
きゃいきゃいっ!(道路に飛び出した・・・)
ザク男爵
ああっ・・・危ないから道路に出てはいけませんぞ!

・・・何度言っても改善されません、もう手に負えません。

外構をクローズにすると、道路との出入り口を限定することができます。そのため、子供の飛びだしを防ぐことができるのです。

庭をクローズ外構にすることで、親も子供も安心して庭で遊べるようになりますよ。

 

土地が有効活用できる。

またクローズ外構にすることで、土地を有効活用することができます。

オープン外構の場合、広く開放的な空間ができる一方で、開放された空間にはモノが置けないのですよ。

オープン外交

だってオープンで開放されている場所ですから。

道行く人に「どうぞ、ご自由にお取り下さい」と言ってるようなものではないですか。そんなところに大事なモノは置けませんよね。

 

しかしオープン外構を、塀・フェンスで仕切ってクローズにすることで・・・

クローズ外交

このようにクローズ化することで初めて、モノが置けるスペースが生まれます。

「クローズ外構にすると、圧迫感がある・・・」なんてイメージもありますが、実はその反対なんですよ。

クローズ外構にすることで土地を有効活用でき、スッキリと家を片付けることができるのです。

 

ちなみに私はクローズ外構にしたことで使えるようになった土地に、物置を設置しましたよ。

単なる収納じゃない!屋外物置を設置する6つのメリット・デメリット!

2017.11.22

 

クローズ外構のデメリット。

メリットの多いクローズ外構ですが、デメリットがまったくないと言えばウソになります。

ですのでクローズ外構にするときは、次のデメリットを踏まえて工事することが大切です。

 

自由度が少なくなる。

「オープン→クローズ外構」にすることで、オープン外構ではあった自由度が少なくなってしまいます

それがクローズ外構のデメリットでございます。

 

クローズ外構にすることで生活が不便になることはありませんが、開放されたフリースペースが少なくなることで、土地の自由度が少なくなってしまいます。

特定の目的の決まってないフリーなスペースは、その時々で自由に使えて便利なのですよね。

・友人が集まったときの駐車スペース

・バーベキューをするスペース

・子供が夏にプールで遊ぶスペース

しかしクローズに仕切ってしまうと、自由に使えたスペースは一気に減ってしまいます。

ザク男爵
・・・え?今から私の家に遊びに来るですと?

・・・なんと、それでは車をピタピタで駐車しなくてはいけませんぞ・・・。

土地を有効活用することは、つまり無駄な土地をなくすこと。

それつまり、余裕(自由)がなくなるということでもあります。

 

工事費用が高い。

またクローズ外構のデメリットは、工事費用が高くなる場合があることです。

オープン外構に比べて工事する場所が多くなるので、その分費用は高くなりがちです。

 

それに外構工事は上を見たらキリがない世界なのですよ。100万200万、軽く超えてしまう世界でございます。

ザク男爵
本当はブロック塀ではなく、御影石の塀にしたかったですが、費用が高すぎたので断念しました。悔しいであります。

おしゃれな外構、素敵な外構を100%イメージ通りに作ろうとすると、家が買えるほどのお金が必要になります。

費用を抑えるには、デザイン・素材を妥協するか、DIYで自力で工事する必要があります。

 

まとめ:クローズ外構のメリットは、抜群の安心感。

それでは、まとめましょう。

「オープン→クローズ外構」にして感じる、クローズ外構のメリット・デメリットは、次の通りであります。

【メリット】

1・安心感がハンパない。

2・土地を有効活用できる。

【デメリット】

1・土地の自由度が少なくなる。

2・費用が高くなる場合がある。

「オープン→クローズ外構」にすると、利便性が悪くなりそうだと心配される方も多いと思います。

しかし実際にクローズ化してみると、有効活用できる土地が増えるので、利便性は悪くなりませんでした。

 

クローズ外構は、閉ざされたプライベート感があり、安心感が抜群でございます。

特に小さな子供がいる家庭では、安心して庭で遊ばせることもできますよ。

 

庭をクローズ外構にすると、マイホームのリビングが、そのまま庭までつながってる感覚になります。

ぜひ素敵なプライベート空間をお楽しみくださいませ。それでは、また!

 

 

外構工事の業者は、どうやって決めますか?

同じ工事でも業者によって得意・不得意がありますよ。

外構工事はどこに頼むべき?失敗しない業者の選び方を徹底解説!

2017.07.16

 

こちらの記事もお勧めです。

この記事をシェアする。

住宅資料の請求はいつすべき?

ご存知ですか? 住宅購入の資料請求で失敗する人が多いのです。 資料請求はモデルハウス・不動産会社に行く前がおすすめです。 ・・・なぜか? その理由を詳しく書いています。 「家が欲しいけど、なにしていいか分からない!」 というあなたに、ぜひ読んで頂きたいです。 住宅購入、絶対に成功させましょうね!

2 件のコメント

  • クローズにしたいけれど横並びの家々がすべてオープンになっている。うちだけクローズにしたら近所から浮くのではとの懸念があります。気にする必要ないですかね。。

    • コメントありがとうございます。
      周囲への配慮はあまり気にされなくても大丈夫かもしれません。
      僕は道路側をクローズにしてかなり遮りましたけど、時間と共に風景に馴染みました(笑)。

      しかしクローズにすると圧迫感が出てしまう場合もあります。
      周囲へ配慮されるなら、視界を遮るバランスを調整するといいかもしれませんね。
      フェンスでも視界を調整できるタイプがありますので、ご検討されてはいかがでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

    AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

    >>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

    不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

    【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。