浪費癖は人生を浪費させる。浪費体質から貯金体質に変わったきっかけとは?

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

 

「く、くそう・・・この浪費癖を治したいのに・・・!」

 

日々無意識にお金を使ってしまうことに危機感を募りつつも、自分を変えられないことにいら立っていませんか?

イエス、イエス、いいんですよ。

私も今でこそ、

・節約の鬼

・ケチとドケチの狭間

・1円玉の守り神

妻から称賛の言葉を多数頂いておりますが、実は私、手の施しようのない浪費家だったのです。

モットーは「今月の給料は、月内に使い切る」であり、少しでも貯金があれば、気の向くままに旅行に出かけて、散財するのが生きがいでした。

 

しかし、とあることがきっかけで、私は浪費体質から貯金体質に変わることができたのです。

私が浪費体質から貯金体質になれたきっかけは、一体なんだったのか。

個人的なエピソードになりますが、きっとあなたの胸にも響くはずです。

ぜひ記事を最後まで読んで、浪費家から倹約家への転身をはかりましょう。

スポンサーリンク

浪費体質だった理由。

-shared-img-thumb-freee151108039472_TP_V

私が華々しい浪費体質だったのは、新卒で入社してからの2年間でございます。もらった給料は全部使い、貯金なんて全くしてませんでした。

どうして私は浪費体質だったのか、その理由は今でも鮮明に覚えております。

 

毎月の給料が、死ぬまで貰えると思っていた。

私が浪費体質だった理由は、毎月の給料がこの先もずっと、死ぬまで貰えると思っていたからです。

毎月給料日になれば、自動的に会社からお金が振り込まれている。自分でお金を管理しなくても、決まった日になればお金が自動的に振り込まれる。

だからもらった給料を全額使っても困りませんでしたし、貯金なんぞする必要すら感じてませんでした。

 

だって会社に所属さえしていれば、お金に困ることがないのですから。毎日出勤さえしていれば、自動的にお金が振り込まれますから。

まとまったお金が必要ななら、ローンをして買えばいいのですから。

 

新卒で就職した私は、この先ずっと給料が貰えるものだと信じておりました。

毎年の昇給もあれば、ボーナスもある。

生ぬるい環境の生活が、死ぬまで(退職するまで)続くと信じておりました。

 

私は一人でファミレスに行ったり、焼き肉行ったり、欲しいCDを我慢しないで買ったり、湯水のようにお金を使ってました。

ザク男爵
・・・お金?ああ、また来月になれば給料貰えるし。

・・・将来のお金?ああ、だって会社続けてれば、昇給して給料増えるんでしょ?

マネーリテラシーゼロの社会人とは、まさに当時の私のことでございます。

 

浪費体質になったのは、貧乏学生だった反動。

私が浪費体質だったのは、貧乏学生だった反動もありました。

大学の頃は親元を離れ、一人暮らしをしてました。親からの仕送りだけでは満足に暮せない、いわゆる貧乏学生の部類でした。

仕送りが少なかったのは、「少ないお金で苦労をしろ」という親からの愛のメッセージでしょう。ありがとうございます。

仕送りだけで足りない分は、バイトをして補うのが筋というものです。しかし私はバイトをしませんでした。

ザク男爵
フルートの練習をたくさんして、メジャーデビューしましょう。

バイトですと?いや、すみません、そんな暇ないんですが・・・

結構本気でプロを目指していたので、バイトをしている暇すら惜しかったのです。

 

しかし現実にお金がありません。

毎日の生活費の他にも、音楽活動費(ライブ費用、スタジオ費用、レコーディング費用など)がかかり、とても仕送りだけでは暮らせません。

ザク男爵
ただでさえお金がないのに、音楽のせいでさらにお金がない事態に・・・。

そうだ、もやしだ。今日からもやしを食べて生きて行こう。

私は足りないお金をバイトで補う代わりに、無理な節約をして凌ぎました。(そして激ヤセしました)

 

しかし社会人になって、かつての貧乏生活は一変しました。

学生のような自由がなくなる代わりに得られたのは、手にしたことのない大金でございます。

ザク男爵
この使い切れない大金を、どうやって使い切りましょうか?

・・・そうだ、学生の頃、欲しくて買えなかったもの、全部買いましょう。そうしましょう。

こうして私は、貧乏学生の反動もあり、ますます浪費体質になっていったのでした。

 

浪費体質が貯金体質に変わったきっかけ。

bsLIG_okanebaramakareru

筋金入りの浪費体質だった私に、転機が訪れました。

突如訪れた転機をきっかけに、私は浪費体質からバリバリの貯金体質に変わっていったのです。

 

当たり前をぶち壊した、リーマンショック。

私が浪費体質から貯金体質に変わったきっかけは、リーマンショックです。

リーマンショックは、私がこれからもずっと続くだろうと思っていた当たり前を、いとも簡単にブチ壊してくれました。

今でも当時のことは、鮮明に覚えております。リーマンショックによる影響が会社から通達されたのは、寒い11月でございました。

上司
今年の冬のボーナスは・・・

・・・なしだ。

にわかに信じがたい事実でありましたが、これ以降、会社からボーナスが支給されることはありませんでした。

そしてボーナスがなくなるだけでなく、

上司
来年からの昇給は・・・

・・・一切なしだ。

昇給なし。会社に不満を言いながらも、年功序列・終身雇用に完全に甘えていた私は、「昇給なし」で絶望しました。

そして最後には、

上司
来月からのお前の仕事だが・・・

・・・ここにはもうない。

リーマンショックは、それまで私が「当り前」だと信じていたものを、根こそぎ奪っていったのであります。

 

当たり前がなくなった時、後悔しか残らなかった。

会社から自分の仕事がなくなることを通達されたとき、私は自分に何も残っていないことに、ようやく気がつきました。

・スキルがない。

・困ったときに助けてくれる人脈がない。

・収入がない。

・住む場所がない。

・収入がなくても生活に困らない、貯金もない。

どうですか、この「ない」をコンプリートしたクソ野郎は。これ、私ですよ、マジ笑える・・・。

浪費体質を満喫してきた私にあったのは、「これ、本当に必要だったの?」と後悔するようなモノばかりでした。

・買ってもやらなかったゲーム。

・ブランドだけで買った、取り合えず高かった服。

・食べてしまって何も残っていない外食の数々。

仕事がなくなると、自分には何も残らない。・・・いや、違う。

ザク男爵
もらった給料を浪費してきた自分には、何も残ってません。

つまり、仕事で得られるのは、「お金」だけだ。(ドドン)

当時は相当切羽詰まっていたので、「仕事で得られるのはお金だけ!」と極論に走りましたが、それはそれで正解だと思います。

 

「このままでは、いずれ死ぬ。遠からず、死ぬ。」

 

私は本能的に痛感し、それまでの浪費体質を改め、鬼のような貯金体質に様変わりしたのであります。

仕事がなくなると通達されてから、実際に仕事がなくなる日まで、幸いにして6カ月ありました。

ここでようやく目の覚めた私は、仕事がなくなるまでの期間は、鬼のように節約して、1円でも多く貯金したのでした。

 

浪費体質は、人生を浪費させる。

浪費体質だった私は、仕事がなくなったとき、自分に何も残されませんでした。

キツイ仕事もあったし、イヤな指示もあったし、夜遅くまで残業もしました。それなりに大変な仕事でしたし、それなりに一生懸命やってました。

しかしいざ仕事がなくなると、頑張った苦労も関係なく、何1つ残らないのです。

 

特殊なスキルがある訳でもなく、人脈ができた訳でもない。

 

残酷な話ですが、多くの人が仕事を辞めた時、「お金しか残らない」のですよ。

しかしこれが浪費体質だと、そのお金すら残らない訳でして。

ザク男爵
深夜まで残業した日々。3カ月に1回、転勤した日々。

・・・私の2年間は、一体なんだったのでしょううか?

浪費体質は、お金を無駄にするだけでなく、あなたの貴重な人生(時間)を無駄にしてしまいます。

あなたが働いて稼いだお金には、1円足りとて「無駄に使っていいお金」なんてないのですよ。

 

まとめ:1日でも早く貯金体質に変わるべき。

それでは、まとめましょう。

浪費体質から貯金体質に変わったきっかけ、理由は次の通りでございます。

1・仕事がなくなることで、「毎月の給料が死ぬまで貰える」が幻想だと気がついた。

2・仕事がなくなったとき、お金を浪費してきた自分には何も残っていなかった。

入社した会社で敷かれたレールを、運よく走り続けられるうちは気がつきません。

しかし「毎月の給料が死ぬまで貰える」は、間違いなく幻想です。いつかどこかのタイミングで、夢が覚めることになるでしょう。

 

夢が覚めた時、あなたに一体何が残るでしょうか?

残酷な話ですが、大抵、お金しか残らないものですよ?

 

浪費体質は、仕事がなくなったときにお金すら残りません。・・・あ、失礼、後悔が残りますね。

つまりは浪費体質は、人生そのものを浪費してしまうのです。まだ仕事があるうちに、1日でも早く貯金体質に変わりましょう。

それでは、また!

 

 

仕事を辞めた時、あなたにスキルは残りますか?今の仕事でスキルが身につかないなら、早めに見切りをつけることが大切です。

あなたの時間を盗まれる前に、スキルの身につかない仕事は辞めるべき3つの理由!

2017.07.10

 

貯金体質になってから、500万の貯金を達成しました!

30代(4人家族)、年収400万で貯金500万達成!年収低いけど貯金できた方法。

2016.10.24

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ収益をもとに、営業代行の会社を設立。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間21万PV。

不動産メディアで執筆してます。

日本一住宅ローンに詳しいサイト「住宅ローンの窓口 ONLINE」

一級建築士に見積りチェックできるサイト「住むプロ」

住宅診断のサイト「住宅診断のススメ」

マイホームを買うことで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」、住宅情報をお届けしてます。