親からの資金援助を断って分かった、住宅資金を親に相談するメリット・デメリットとは?

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

家を買うって、ものすごく不安なことでございますよね。だって年収の5倍も6倍もする借金を背負うのですもの。不安で不安で夜も眠れませぬよ。

そんな時、ついついやってしまうのが、親に住宅資金を相談することではないでしょうか。本当にこの物件でいいのか、この住宅ローンで完済できるのか。親という偉大な先輩に相談して、意見を伺えれば、これほど心強いことはございませぬからね。

ザク男爵
それにあわよくば、住宅資金の援助なんてしてもらっちゃったりして・・・ぐしししし

しかしご注意して下さいませ。この親からの資金援助、これはメリットだけではないのですよ。

そこで今回は、住宅資金を親に相談するメリット・デメリットについて書いていきましょう!

スポンサーリンク

親からの援助を断った。

メリット・デメリットを解説させていただく前に、実は吾輩、今住んでいる建売住宅を購入するとき、親からの援助をお断りした経緯があるのです。

初めての住宅購入で不安だった吾輩は、家のこと、お金のことなど色々と親に相談しておりました。そして有難い話に親から住宅資金の援助をして頂く話まで頂いておりました。

「これで安心して家が買える!」吾輩はそう思っておりましたが、その後吾輩はそのありがたい資金援助をお断りして、自己資金だけで家を買ったのであります。(でも引越し代は頂きました。)

吾輩が親からの援助を断った理由。それは親に住宅資金を相談した結果、デメリットの方が大きくなったからでありますぞ。

 

住宅資金を親に相談するメリット。

有難い親の資金援助をお断りした吾輩でありますが、何も親に相談することにメリットが何もない訳ではありませぬ。

もちろん、単に親のスネをかじることでもありませぬよ!

 

住宅購入の不安から解放され、安心できる。(ただし同じ意見だった場合のみ)

親に住宅資金の相談をして得られる最大のメリットは、ものすごく安心できることだ。

「分かる分かる」、「これなら大丈夫」、「それは大変だね」、と自分の住宅資金プランに対して、親が賛成・同意、そして応援してくれるだけで、すごく安心できるのだ。

なんでしょうね、この安心感は。他のどの専門家が「大丈夫」って言うより親が「大丈夫」って言ってくれた方がずっとずっと安心できるのでありますよね。

それはやはり数十年前に家を買って、ローンを返済してきた偉大な先輩のお言葉だからでしょうか。

ザク男爵
親父から「大丈夫だよ、頑張れ」と優しく言われたであります・・・。

お、親父ぃ・・・(号泣)

住宅購入はとにかく不安でたまらない。何度住宅ローン返済のシュミレーションを繰り返しても、やっぱり最後まで不安なのだ。この不安を取り除けるのは、偉大な先輩である親の「優しい言葉」だけでありますよ。

 

経験者の生の声を聞くことができる。

普段は小うるさい(!)親かもしれませぬが、こと住宅購入においては偉大な大先輩でございます。

家を買った楽しさはもちろん、不安を解消した秘訣、辛かった住宅ローンを乗り切った方法など、それはそれは色々な経験をされてきたことでしょう。

特に親の体験談は、えてして自分の住宅購入の条件(収入、物件価格、地域、好みなど)が似ているもの。つまり、ネットに転がっているどの住宅購入体験談よりも、親の住宅購入体験談はあなたにとってリアリティが高いというものだ。

ザク男爵
吾輩の親は転職してまだ日も浅いうちに、高い金利を押し切って、(たぶん収入も高くないだろう時期に)住宅を購入。

・・・吾輩とそっくりではありませぬか。・・・親子ですなあ。

多くを語らずとも、親の通ってきた道、背中を見るだけで、自分の進むべき道が見えるものであります。

 

あわよくば住宅資金を援助してもらえる。

そして親に住宅資金を相談するメリットは、なんと言っても住宅資金を援助して貰えること、でございましょうか。

え?援助が最初から目的ですと?ははー、なるほどですね。それはそれは、吾輩とは気が合いそうですな、うしししし。

しかしこれが実に難しいのですよ。だってほら、単刀直入に「家が欲しいから、お金ちょうだい!」なんて口が裂けても言えないではありませぬか。それとなく言葉巧みに使って、親の方から「援助しようか?」って言わせたいではありますせぬか。

ザク男爵
子供を広い家でのびのびと育てたいであります(ちらり)。しかし会社の業績が悪くて給料が増えませぬ(ちらり)

ああ、困ったなあ、家が欲しいなあ。(ちらりちらり)

「家が欲しいから、お金ちょうだい」と言えたらどんなに楽なことでしょうか・・・。

 

住宅資金を親に相談するデメリット。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s親に住宅資金を相談するメリットはたくさんございます。

しかしご注意下さいませ。そんなメリットに隠れて、親に住宅資金を相談するデメリットもあるのですよ。

 

賛成してくれるとは限らない。

まず一番最初にお伝えしたいのが、親に住宅購入を相談した結果、必ずしも親は賛成してくれるとは限らないということだ。

「まだ家を買うのは早い」、「住宅ローンが大変だ」、「転勤させられるかもしれない」、「物件価格が高すぎる」、「ここの土地は地盤が弱い」。

親に住宅資金を相談した結果、もしかしたら予想に反して大反対されるかもしれませぬ(経験済み)。それは子を心配する親心からの言葉だから、決して悪気がある訳ではないのだけれど、言われた方としてはすごく落ち込んでしまうのだ。

ザク男爵
家を買うのが早いのも分かっておりますよ。年収が足りないのも分かっておりますよ。物件価格が高いのも分かっておりますよ。

でも・・・でもそんなこと言われたって、「どうしたらいいのか分からない」から相談したのではありませぬか!?・・・吾輩だって・・・吾輩だって・・・ぐすん・・・

助けて欲しい、話を聞いて欲しい。そう思ったから親に相談しているのに。しかし返ってくる言葉が、必ずしも優しい言葉とは限らないのであります。

 

住宅購入が破たんするリスク。

最大の味方になってくれると思っていたはずの親から思いがけず反対されてしまうと、最悪、住宅購入が破たんする可能性もありますぞ。

それは特に住宅購入に必要な頭金などの経費を、親からの援助で賄おうとプランしてた場合だ。

確かに、親の資金援助を使って頭金の一部にするのは、住宅購入ではよくある話だ。しかし物件を選び始めた時に親に反対されると、親の援助が貰えなくなり、住宅購入そのものが「なかった」ことになってしまうのだ。

ザク男爵
お、親父様、吾輩がこの家を買うのに反対でもいいので、・・・どうか・・・どうか資金援助だけでもして下され・・・!

親からの援助は確かに有難い。しかしその援助は、あくまでも援助の枠に留めておく必要がある。援助がなくても家が買える資金プランが必要不可欠でございますな。

 

口出しされる可能性。

有難く親から資金援助して貰えることになっても、もしかしたら手放しで喜べるとは限りませぬぞ。それはお金を出すと同時に「口も出す」可能性があるからだ。

「この家は高い」「もっと安い家にした方がいい」「このオプションはいらない」・・・などなど。ああ、吾輩、思い出しただけでストレスでハゲそうであります。

家を買って、家を使うのも吾輩。だから普段なら、

ザク男爵
いやいや、これ、吾輩が買って使う家なの。親父様の使う家じゃないの。OK?

と、軽くあしらうことができる。しかし「親からお金を頂いて買う家」となると話は別だ。

ザク男爵
我慢だ・・・。親父様に反対されて資金援助がなくなったら、吾輩は家が買えぬ・・・我慢だ・・・。ふるふるふる・・・

親にお金を出して頂く以上、ある程度は親の話も聞かねばなりませぬ。しかし親の意向に沿った家、果たしてそれが本当に欲しかった家なのでしょうかね?(吾輩は違いましたよ)

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

住宅資金を親に相談するメリット・デメリットは次の通りでございますよ。

【メリット】

1・住宅購入の不安から解放され、安心することができる。

2・経験者の生の声を聞くことができる。

3・あわよくば住宅資金を援助してもらえる可能性がある。

【デメリット】

1・賛成してくれるとは限らない。

2・最悪、住宅購入が破たんするリスクがある。

3・口出しされる可能性。

親に住宅資金を相談するのはもはや当たり前のことかもしれませぬ。確かに不安で押し潰れそうな住宅購入で、親から優しく応援されたら、すごく安心できますものね。

しかし親に相談する前に覚えておきたいのが、「賛成されるとは限らない」ということでございますね。なにぶん、金額が金額な買い物なので、親も真剣になってくるかもしれませぬから。

親に住宅資金を相談するときは、慎重にいきましょう、慎重に!

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。