仕事が早いのは損!?仕事が早いと得する4つの理由!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)である!

栃木の亭主関白ブロガーであるよ!

 

仕事は早くするべき。その理由はとっても簡単!仕事が早いと、実は得することが多いからであるよ!

でも悲しいかな、このサボリーマンがはびこる日本の会社では、どうやら「仕事が早いと損をする!」という意見があるみたい。

 

まあ、その気持ちも分からないでもない。同じ給料をもらうのだったら、少しでも自分の仕事が少ない方がいいからね。

だったら、「1つの仕事をより時間をかけて、より丁寧にやった方が、ミスも少ないし忙しくない!」ってね。

 

確かにそれも間違いではない。

けどそれ以上に、仕事は早くやった方が、蜜のように甘くておいしい世界が待っているのであるよ!

 

そこで今日は仕事が早いと得する理由について書いていくよ!

 

仕事が早い最大のメリットは、相手を潰せること!ライバルを潰して、おいしい思いを1人占めしよう!

-shared-img-thumb-BL002-koe-yo20140810_TP_V
仕事が早い最大のメリットは、まさにこれ。

圧倒的なスピードで仕事をすると、ライバルを出し抜いて、上司のおいしい評価を一人占めすることができるのだ!しめしめ・・・

 

吾輩は営業の仕事をしているけど、「スピード」は本当に大切。

その理由は、なんと言っても「同業他社」がいるからであるよね。同じような仕事ができる「ライバル」が常にいるのだ。

 

同業他社同士で、同じような商品、同じような値段で売っていることは多々あること。

その状況の中で、お客さんから選ばれる為の重要な条件になるのが、「スピード」であるぞ!

 

お客さんから需要を聞き出すスピード。価格を調べて、見積を出すまでの時間。さらには発注してから届けるまでの日数。

これ全部、「スピード勝負」であるよね!

もたもたしていたら、全部「他社」に仕事を持ってかれちゃうよ!

 

 


仕事でスピードが重要になるのは、何も営業に限ったことではないよ!もちろん、会社の中で働く事務員にも言えること。

会社の中だって、競争社会なのだ。自分の代わりの仕事をしてくれる人なんて、掃いて捨てるほどおりますからねえ。

 

悠長に「ゆっくり・丁寧に!」なんて仕事をしていると、仕事が早い人に全部仕事を持って行かれて、お払い箱になってしまいますぞ!

仕事が早いだけで、相手の仕事を奪うことができて、相手を潰すことができちゃうから恐ろしい。

 

ライバルを潰してしまえば、あとは蜜の世界!上司のおいしい評価を独占するもいいし、お客さんの注文を1人占めしちゃってもいい訳。

こんなおいしい思いができるのも、「仕事が早い」から。さあ、今日から仕事は早くやろう!

 

 

仕事が早い人は、昇給・出世のチャンスが多いよ! 同じ時間で、人の倍の仕事をして上司に認められよう!

2466606630c0f69c6b40db0e9d067959_s
仕事を早くやると、その分多くの仕事ができるようになる。言い方を変えれば、その分多くの仕事をやらされる、とも言えるけどね!

 

でも本来これは喜ばしいことではございませぬか!?

だって、仕事を多くまわされるってことは、つまり「仕事ができるから多くまわす」であるよね!

おめでとう!「仕事が早い」だけで、「仕事ができる」の仲間入りであるよ!

 


仕事ができるようになると、待っているのは「昇給・出世」のチャンスでございますな!ぐしし・・・

 

いや、普通に考えて「仕事もできない奴」にそんなチャンスなんてある訳ないよね。

あー。お金欲しいなー。あのゲーム欲しいなー。旅行に行きたいなー。

そんな「やりたい欲求」ばっかり並べる前に、仕事を早くやるクセをつけよう!

 

どんなに丁寧にミスなくやっても、はっきり言って、それは意味がない。時間をかければ、誰でもそんなことはできるからね!

 

だからこそ、スピード!スピード命であるよ!

「時間をかければ、誰でもできる」の逆を行くのであるぞ!「時間をかけなくても、できる!」にね!

 

そんな貴重な人材になれば、「昇給・出世」のチャンスは大きくなるぞ!

 

 

仕事が早い人は、成長スピードも早い!1年後、ライバルとの差は歴然するよ!

-shared-img-thumb-max16011542_TP_V
仕事を早くやるようになると、実感するのがこれ。自分の「成長スピード」も早くなってることにびっくりするぞ!

それもそのはず。

仕事を早くやれば、それだけ多くの仕事ができて、それだけ多くの貴重な「経験」を積むことができるのだ。

しかも「爆速」でね。

 

ゆっくりのんびり丁寧に仕事をしている内は、まだまだ成長スピードも「カメさん」なのだ。

のんびり、のんびりと成長していく。

 

ええ、まあ、これも悪くないのであるけど、世の中、「競争社会」であるからね。何度も言うけど。

そんなのんびり成長していたら、ライバルの「爆速な成長スピード」についていけなくて、1年後の差は歴然としたものになってしまうぞ!

 

 

思い返せば学生の頃は、学年で「学ぶ範囲」が決まっていたのだ。それはつまり、学ぶ「上限」が設定されていること。

だからどんなに早く勉強しても、知識の差は一定範囲を越えないのだ。

 

でも社会は違いますぞ!上限なしの、無差別階級でございますからね!

やればやるほど、やった人は成長して、ゆっくりやる人のことを置き去りにできるのだ。まさに格差社会!仕事のスキルでも、格差はどんどん広がっていくよ!

 

この成長スピードの波に乗ってしまえば、あとはどんどん経験して、学んで、次に生かして、ステップアップしていけばいい。

それをやる為には、スピード!とにかく仕事のスピードを上げること!他にはございませぬぞ!

 

 

仕事を早くやると、人間関係が円滑になる!自分の働きやすい環境が作れるよ!

46c44e147baed2df9dce0a4584a7ab50_s
仕事を早くやると、自分のスキルが上がるだけでなく、なんと職場の人間関係が円滑になり、自分の働きやすい環境が作れるのだ!

ええ、不思議ですな、でも本当にそうなのであるよ!

 

その理由は2つあるよ!

まず1つは、仕事を早くやる為には、どうしても「他人の力」が必要になるから、であるよ!

しかも、自分が苦手なことを得意としている人の力がね!

 

吾輩は営業マンであるけど、たまに「フォークリフト」を運転するときがあるのだ。

別に吾輩も運転できないことはないけど、正直、苦手。だから作業も時間がかかるのだ。

 

だから吾輩、そんな時は「フォークリフトの運転が得意な人の力」を借りるのであるよ!

 

それにはもちろん、「お願いします!」「ありがとうございました!」っていう必要最低限のコミュニケーションも必要だけど、それ以上に、普段からのコミュニケーションをしなければできない話。

だって、都合のいい時だけ「お願いします!」って言ってたら、その内相手されなくなっちゃうからね!

 

だから仕事を早くやる為には、普段から色んな人とコミュニケーションをする必要があるのだ!

色んな人とコミュニケーションを取ってる内に、いつの間にか「働きやすい職場」に変わってるはずだよ!

 

 

そしてもう1つが、仕事を早く終わらせて、他の人の仕事を手伝えるようになるからであるよ!

え、何、人の仕事までやりたくないって!?ええ、そうですな、でもこれにはちゃんと理由があるから聞いて下さいまし!

 


それは、人の仕事を手伝ってあげると、「感謝されて、自分が困っている時に助けてもらえるから!」であるよ!

うわ、これはありがたいね!

 

吾輩、特に上司・先輩の仕事は積極的に手伝うよ!むしろ、自分の仕事よりも優先するかもね。

ええ、「ごますり」と言われても結構!だって吾輩には養う家族がいるのだ、家族が!

 

そんな「ごますり」だって、自分の仕事が早く終わっているからできるもの。

さっさと自分の仕事を終わらせて、上司・先輩の仕事を手伝ってしまおう!

 

そうすれば、いざ自分が困った時に上司・先輩が助けてくれる確率、アップでございますな!

 

 

仕事を早くやるには、「得意な人」の力を借りることは絶対必要。

だから普段から色んな人とコミュニケーションを取るようになり、職場の人と打ち解けられる。

さらに仕事を早くやると、上司・先輩の仕事が手伝えて、自分が困った時は助けてもらえる!

 

そんな働きやすい職場に変えることができるのも、「仕事が早い」からであるぞ!

 

 

仕事が早いと得する理由について、まとめるよ!

4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s
それではまとめよう!

仕事が早いと得する理由は、以下の4つであるよ!

1・仕事が早いだけで、ライバルを潰せるよ!ライバルを潰して、おいしい思いを1人占めしよう!

2・仕事が早いと、「昇給・出世」のチャンスが多い!人の倍の仕事をして、上司から認められよう!

3・仕事が早い人は、「成長スピード」も早い!1年後のライバルとの差は歴然とするぞ!

4・仕事を早くやると、職場を「働きやすい環境」に変えることができるよ!

と、ここまで「仕事はスピード命!」と唱えてきた吾輩であるけど、実は吾輩、めっちゃ仕事のスピード遅かったのだ。

いや、あの頃は実に仕事ができなかったね(笑)

もうね、最初はゆっくり丁寧にやるのであるよ。でもね、仕事が早いライバルが次々と仕事を終わらす姿を見て焦るのだ。これがまた。

 

で、焦った結果、だんだんと仕事が「雑」になって、最後は投げ出すように提出・・・と。

もちろん、めっちゃ怒られたけどね!仕事が雑だ!って。

 

だから吾輩、「仕事はスピード命!」と、ものすごく実感しているのであるよ!

ただ早いだけで、相手に与える心理的負荷は、ものすごく大きいからね!

 

ぜひ仕事は早くするように心がけよう!

明日からの出勤がちょっとだけ「楽」になりますぞ!

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営(営業代行)/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。