建売の保証内容・アフターサービスは?大切な家を守る為に必要なこと。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

建売住宅の保証内容、アフターサービスって、期待できそうにない・・・。

土地建物付きで2,000万という、めちゃ安い建売住宅を買った吾輩は、密かにそう思っておりました。

そして建売住宅を買ってから2年が過ぎた頃、ハウスメーカーより1通の手紙が届いたのだ。

「拝啓、メンテナンス予定表を送ります。よろしくお願いします。」

これを読んだ吾輩は、改めて思ったのであります。

ザク男爵
建売住宅の保証・アフターサービスは期待できませぬ。

なぜ建売住宅の保証内容、アフターサービスは期待できないのか。そんな建売住宅を買った吾輩たちは、一体どうしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

建売住宅のアフターフォローが皆無な理由。

建売住宅を買って2年が過ぎた頃、ハウスメーカーから届いたメンテナンスカード。

しかし思い起こせば、吾輩は家の引き渡しが終わってから、ハウスメーカーの担当者の顔を見た記憶がございませぬ。

それどころか、電話でまともに話した記憶すらありませぬ。

これはウン千万もする買い物をした割には、あまりにも冷たい対応ではございませぬか?せめて年賀状の一枚でも欲しいところでございますよ。

どうして建売住宅のアフターフォローは手薄になってしまうのでしょうか。

それには、建売独特の購入形態に関係があるのでございますぞ。

 

担当者の思い入れの強さ。

建売住宅のアフターフォローが悪くなってしまう原因は、ハウスメーカーの担当者の思い入れの強さが原因かもしれませぬ。

建売住宅は注文住宅と違い、既に完成された家を販売する形式。完成された家を内覧して、気に入れば買う。ものすごくシンプルなのであります。

また建売住宅は似たような外観、間取りになることが多く、買った人には特別な家であっても、担当者にとって特別な家にはなりにくい。

担当者が理想の暮らしをヒアリングし、図面を書いて、仕様を決定して・・・と、施主と二人三脚で家を作る注文住宅とでは、担当者の思い入れの強さが違うのであります。

それゆえ、建売住宅を買った後のアフターサービスは事務的な画一的なものになりやすいのだ。

 

リピーターにならない。

また建売住宅のアフターサービスが悪い原因は、買った人がリピーターにならないからだ。

建売住宅を一度買ってしまえば、次に家を買うのはあと何年後の話でしょうか。3年?10年?

・・・いえいえ、もっと長いでありますよね。下手したら、もうその人は一生家を買わないかもしれませぬ。

きっと担当者だって、せっかく買ってくれた人に一生懸命アフターサービスしてあげたい気持ちはあるはずだ。

しかし残念にも、手厚くアフターサービスをしたところで、その人はもう家は買わないのでありますよ。

また知人に紹介したところで、立地と深い関係のある建売住宅では、紹介があるだけで選ばれるとは考えにくい。

建売住宅は、買った人にアフターサービスしても、リピーターにならない。これこそ、建売住宅のアフターサービスが充実していない理由でございます。

 

建売の保証内容は?

では建売住宅の保証内容はどうなのでしょうか。

 

構造躯体、屋根・外壁の10年間保証。

建売住宅の基本となる保証内容は、構造躯体と屋根・外壁の10年間の保証であります。

構造躯体とは、基礎・屋根・土台・床などの、家を支える部分のこと。これらの部分を買ってから10年間、保証してくれる訳でありますぞ。

家を買うので何が不安かと言えば、それはずばり「買った家が欠陥住宅」なのかどうか。欠陥住宅買わされたら、人生終わりそうで怖いのでありますよ。

でもこの10年保証があるおかげで、もし買った家が欠陥住宅だったとしても、それが10年以内ならきっちり保証してくれるのだ。

ザク男爵
そ、そうか!よかったであります!

じ、実は床が傾いていた気がしておりまして、ほら、ビー玉がころころと・・・(汗)

床が傾いているなど欠陥が見つかった場合も、10年以内なら保証してくれるから安心であります。

ちなみにこの制度を「瑕疵担保責任」と言います。つまり、「欠陥住宅はハウスメーカーがきちんと保証しなさい」って制度でありますぞ。

 

10年以上は、ハウスメーカーのメンテナンス・修繕を受ける必要あり!

瑕疵担保責任による10年間は無条件で保証してくれますが、11年目以降も保証を受けるには、ハウスメーカーの設定した条件をクリアする必要がある。

その条件とは、ハウスメーカーのメンテナンスを受けて、ハウスメーカーの修繕を受けることだ。

ちなみに吾輩の買った建売住宅は、最長20年間の保証を受け付けておりました。

しかしその条件は、購入後5年、10年目に有償点検(52,500円)を受けて、指摘された箇所を修繕することであります。

この条件をクリアすれば、購入後20年間、家に何かあった場合の保証をしてくれるのだ。

 

ハウスメーカーの有償点検は受けるべきか?

さてさて、ここで気になるのが、ハウスメーカーの長期保証(20年、30年)を受ける為に、ハウスメーカーの有償点検、修繕を受けるべきか、でありますよね。

ハウスメーカーの有償点検を考えるとき、ポイントになるのは次の2つではないでしょうか。

 

点検なら自分でできる。

ハウスメーカーの有償点検でありますが、これって実は自分でもできるレベルだったりする。

吾輩は無料で2年後点検をして頂いたが、その点検内容は次のようなものだった。

①構造耐力上主要な部分として

・基礎 外側および床下内部から内側を目視

・土台、床組  床下内から全周囲のヒビ割れやカビの有無を確認

・内壁 各部屋から目視

・床、壁、柱の傾斜  水平器で確認

②雨水の侵入を防止する部分として

・外壁  目視

・屋根  見渡せる範囲で、目視

・小屋裏  雨漏れが原因と思われるシミ、カビが無いか確認

・・・どうでしょうか。この点検項目、そして点検方法。これ、自分でできませぬでしょうか?

必要な道具は水平器のみ。あとは目視と有無の確認だけ。

ザク男爵
見るべきポイントが分かっていれば、これなら吾輩でもできそうであります。

今やネットでちょっと検索すれば、なんでも調べられる時代。

点検を受ける前に、自分でできるかどうか、やってみるのもいいかもしれませぬな。

新築の床鳴りの原因は?自分で床下にもぐって点検してみた!

2016.11.15

 

修繕なら別の会社に依頼した方が安い。

ハウスメーカーの長期保証を受ける為には、有償点検で指摘されたところをハウスメーカーに修繕してもらう必要がある。

しかし当たり前な話かもしれませぬが、修繕するなら別の会社に依頼した方が安いでありますぞ。

吾輩が受取ったメンテナンスカードには、それぞれの修繕費用の目安も書いてあった。それによると、

【5年目】

サッシ・シャッター  建付け調整 1.5万~

網戸 建付け調整 1.5万~

防蟻処理 再処理 10万~

畳 表替え 1.0万/畳~

合計:14万円~

 

【10年目】

屋根  アスファルトシングル  塗装  30万~

外壁  サイディング      シーリング打ち替え 40万~ ・ 塗装 55万~

バルコニー 床  FRP補修 10万~

網戸 網張り替え 5万~

玄関ドア ドアクローザーの交換 2.5万~

防蟻処理 再処理 10万~

クロス 壁・天井  貼り替え 1.8千円/平米~

給湯器 交換 30万~

合計:97.5万円~

普通にめっちゃ高いんですが・・・。

もし仮に有償点検を受けたとしても、長期保証を受ける為にはこれらの項目を無条件でハウスメーカーに依頼するしかありませぬ。

もっと安くて親切な他の業者に依頼しては意味がないのでありますよ。

ザク男爵
な、なんだこの人質を取られている感覚は・・・。

く、くやちいであります・・・。

高いと分かっていながらも、長期保証を受ける為にはハウスメーカーに依頼しないとなりませぬ。

でもこれって、本来の意味を果たしているのでしょうかね?

 

自分の家を守るのは、自分。

建売住宅のアフターサービス、保証内容はいかがでしょうか。お世辞にも「これでもう安心だ!」という内容ではないでしょう。

無条件で保証してくれるのは、最初の10年だけ。その後はハウスメーカーに高いメンテナンス費用、修繕費用をお支払いしなければ保証はしてくれませぬ。

ザク男爵
せっかくマイホームを買ったのに、これでは不安であります。

吾輩は一体どうしたらいいのでしょうか・・・おろおろ・・・

だからこそ大切なのは、自分の家を他人任せにしないで、「自分の家は自分で守る」、という気持ちだ。

自分でできる点検、修繕は自分でやる。自分でできないことは、自分で業者を手配する。

その上で欠陥があったなら、ハウスメーカーと協議して、しかるべき保証をしてもらう。

ハウスメーカー任せにしないで自分が主体となって動く、率先してメンテナンスすることが大切なのであります。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

建売住宅の保証内容・アフターサービスは次の通りでございます。

1・建売住宅のアフターサービスは期待できない。

2・保証内容は、構造躯体、屋根・外壁の10年保証が基本。

3・長期保証はハウスメーカーの有償点検を受ける必要あり。

4・「自分の家を守れるのは、自分だけ」の意識こそ大切。

建売住宅はとても安く販売している場合が多いので、アフターサービスや保証内容に不安を覚えがち。

保証内容は10年間は最低でも保証してくれるけど、それ以上はコスパがよくありませぬ。

家を買ったらこの先何十年も使うもの。だからこそ「自分の家を守れるのは、自分だけ」との強い気持ちを持って自ら率先して行動することが大切なのでありますな。

ぜひ素敵なマイホームライフを!

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。