ハウスメーカーの定期点検は受けるべき?5年点検を受けないと決めた3つの理由。

どうもこんにちは、5年前に建売住宅を購入した、ザク男爵でございます。

 

一軒家の購入で気になるのが、メンテナンス。

買ったはいいもののメンテナンスをしなければ、ぴかぴかの新築も雨風・紫外線でみるみる劣化してしまいます。

1年・2年点検は無料でも、5年点検から有料点検(5万円~)となるハウスメーカーも多いので、「受けるべきか?」と悩んでしまいませんか?

 

私の手元にも5年点検のお知らせが届きましたが、受けるべきか考えた末、5年点検は受けないことにしました

この記事では5年点検の内容に触れながら、5年点検を受けないと思った理由について解説させて頂きます。

スポンサーリンク

私が購入した家について。

「5年点検は受けるべきか?」というお悩みも、買った家がどんな家なのかによって変わります。

私が買ったのは、大手パワービルダーの建売住宅です。

1年・2年点検は無料ですが、5年点検からは有料(5万円~)がかかります。

家のメンテナンス周期は、

・外壁(サイディング):10年に一度、塗り替え。

・屋根(アスファルトシングル):10年に一度、塗り替え。

と、10年に一度はメンテナンスしなくてはいけない、わりと手のかかる子(家)でした。

大手ハウスメーカーのハイスペック住宅では、メンテナンス周期が30年とうたわれている家もあるので、「5年点検は受けるべきか?」でひとくくりにはできません。

 

▽せんえつながら、こちらが私の購入した家です。

【間取り公開!】パワービルダー(飯田産業)の建売住宅をWEB内覧会してみる!

2016.07.31

 

5年点検の内容とは?受けるメリットは?

5年点検は、一軒家の最初のメンテナンスの時期といわれています。

ハウスメーカーのお知らせによると、5年点検の内容は大きく分けて次の2つでした。

・構造耐力上、主要な部分の点検。

・雨水の侵入を防止する部分の点検。

これらの詳細について、表にまとめますと、

基礎 外側および床下内部から内側を目視確認
土台・床組 床下点検口から床下内に入り、全周囲にわたりひび割れやカビがないか確認
内壁 部屋・廊下を目視で確認
床や壁・柱の傾斜 各部屋4カ所、水平測定器で測定
外壁 全周囲にわたり目視で確認
屋根 住宅全体を見渡せる位置から、屋根および下屋根を目視で確認
小屋裏 小屋裏点検口から雨漏りが原因と思われるシミ・カビがないか確認

と、なっております。

いずれも重要な部分であるのはよく分かりますが、5年点検を受けるには5万円かかります。

ザク男爵
5年点検に5万円・・・これは私の1年分の小遣いに匹敵するレベル・・・はて、受けるべきでしょうか・・・?

無償点検ならしっぽを振りながら喜んで受けますが、しかし有償点検で5万円がかかります。

では5年点検を受けるメリットは、いったいなにがあるのでしょうか?まずはそこをクリアにしましょう。

 

1・保証期間を延長できる。

5年点検を受けるメリットは、保証期間が延長できることです。

多くのハウスメーカーで実施している長期保証(20年・30年など)は、ハウスメーカーの指定する点検・修理を受けることが条件となっています。

たとえばハウスメーカーで20年保証がある場合、

・5年点検を受けて、不具合のあった部分を修理する。

・10年点検を受けて、不具合のあった部分を修理する。

※ただし、いずれもハウスメーカー指定の業者に限る。

5年点検・10年点検を受けて、なおかつきっちり修理しないと、20年保証は受けられません。

 

ですので5年点検を受けることは、ハウスメーカーの指定する長期保証プログラムの一環に乗ることでもあります。

ザク男爵
つまり5年点検を受けないことには、長期保証は受けられない・・・。

これってやっぱり受けた方がいいのでは・・・?ハラハラ

なかなかハウスメーカーもうまいこと考えますよね。

 

2・点検・修繕することで、安心して暮らせる。

当然といえば当然ですが、5年点検をして悪いところを発見・修理することで、安心して暮らすことができますよね。

とくに5年点検は、家の構造に関わる重要な内容です。これまでの1年・2年点検のような、建具の調整とは次元がちがいます。

「知らなかっただけで、じつは雨漏りしていた・・・」なんて、結末。本当に最悪だと思いませんか?

1~2時間で終わる点検に5万円払うのは、お安い金額とはいえません。それにハウスメーカー指定の修理も、お高いのでしょう。

 

ですがそれでも点検・修理することで、大きな安心が得られます。

ザク男爵
たとえ不具合がなかったとしても、「安心料」を払ったと思えば、5万円も高くはないでしょう・・・。(高いですが)

大切なマイホームだからこそ、お金はかけるべき、という考えもあって当然です。

 

ハウスメーカーの5年点検は受けるべき?受けないと決めた理由は?

5年点検の内容、そして受けるメリットをあげてみると、率直に「受けた方がいいよな」と思いませんか?

イエス、そのご指摘、ごもっともでございます。

ですが今回、私は5年点検は受けないことにしました。理由は次の3つでございます。

 

1・主要なメンテナンスは10年目から!

5年点検を受けないと決めたのは、家の主要なメンテナンスが10年目からはじまるからです。

・外壁(サイディング):10年に一度、塗り替え。

・屋根(アスファルトシングル):10年に一度、塗り替え。

10年目から家のメンテナンスが本格スタートするのが目に見えているので、「5年目のこの時期にわざわざ点検をする必要はあるのか?」と疑問に思った次第です。

だってそうじゃないですか?

5年目の今、有償で点検をしたところで、10年目には外壁・屋根の塗り替えをしなくてはいけません。5年点検を受けたからといって、10年目の塗り替え作業が安くなるわけではないのですよ。

 

「10年目にがつんとメンテナンスするんだから、5年目のタイミングの点検はいらないのでは?(ただし無償点検なら甘んじて受けるスタンス)」

 

と思ったので、5年点検は受けないことにしました。

 

2・点検だけなら自分でもできる。

5年点検を受けないと決めたのは、点検だけなら自分でもできるよな、と思ったからです。

ハウスメーカーから頂いた5年点検のお知らせでは、点検する方法はほとんど目視でございます。特別な精密機器を使って、分析するのではありません。

失礼なのは百も承知なのですが、目視だけなら自分でもできるのですよね。だって私も目がついているのですもの。

くまなくマイホームをチェックすれば、家の不具合はなんとなく分かりませんか?

 

こちらは5年点検のチェック内容です。

基礎 外側および床下内部から内側を目視確認
土台・床組 床下点検口から床下内に入り、全周囲にわたりひび割れやカビがないか確認
内壁 部屋・廊下を目視で確認
床や壁・柱の傾斜 各部屋4カ所、水平測定器で測定
外壁 全周囲にわたり目視で確認
屋根 住宅全体を見渡せる位置から、屋根および下屋根を目視で確認
小屋裏 小屋裏点検口から雨漏りが原因と思われるシミ・カビがないか確認

専門的な内容ではありますが、素人でもひび割れ・カビ・雨漏りの跡ぐらいは発見できますよね?

「どこをチェックすればいいか、自分で考えろ!」と突き放されたら、自分で点検は難しいでしょう。ですが、「ここをチェックすればいいんだよ」と優しく教えてもらってる状況じゃないですか。

ザク男爵
イエス、これなら私にもできるでしょう。

マイホームへの愛情がある分だけ、より細かくチェックできるかもしれませぬ。

どこを点検すればいいのか分かっていれば、点検だけなら自分でもできますしね。

そう思うと、「わざわざお金を払って5年点検を受けることもないのかな?」と思った次第でございます。

 

3・点検だけ受けても意味がない。

もう1点思ったのが、点検だけ受けても意味がないよな、ということです。

5年点検を受けるメリットは、やはりハウスメーカーの長期保証プログラムを受けるため。しかし長期保証を受けるには点検を受けて、なおかつハウスメーカー指定の修理を受けなくてはいけません。

ザク男爵
・・・え?雨漏りらしい跡っぽいのがあるから、念のために修理が必要ですと・・・?

雨漏り跡なんてない気がしますが、修理しないと長期保証を受けられないし・・・困りました。

ハウスメーカーが「直して!」と言ったら、それに従うしかありません。

 

もちろん、不具合が本当に必要なものならいいですけど、長期保証をちらつかせて修理代を稼ぎたいとか思惑があるなら、それってゲスな話ですよね。

あと言わせて頂きますと、5年そこらで家の構造・雨漏りに関する不具合が出たら、それって瑕疵になりませんか?

瑕疵とは?

通常、あるべき性能・スペックがハウスメーカーの不手際によりそなわっていないこと。

「品確法」により、家の構造・雨漏りに関する瑕疵は、10年間の保証が義務付けられる。

有償修理ではなくて、ハウスメーカーの責任による、無償修理が筋なのでは・・・?と勘ぐってしまいます。

 

▽「長期保証」の言葉に踊らされてはいけません。

新築住宅で注意すべき、ハウスメーカーのアフターフォローと長期保証の真実。

2019.04.25

 

5年点検を受けないときの注意。

以上、3つの理由により、私は5年点検を受けないことにしました。

とはいえ、5年点検を受けないことによって不安がない、といえば、それはウソでございます。というより、不安でございます。

ですので5年点検を受けないならば、次のことを自分への約束として守ることが大切です。

 

日ごろからの点検は必須。

5年点検を受けないのですから、そのぶん家の不具合を発見する確率は低くなってしまいます。

ですのでそれをカバーすべく、日ごろからマイホームの点検は自分で行いましょう

幸いにして点検する項目は分かってますし、目視だけで特別な道具は必要ありません。

・基礎の外周をチェック。

・軒裏に雨のシミがないかチェック。

・床下に潜って、基礎をチェック。

・天井裏に行って、雨漏りチェック。

基礎の外周・軒裏のチェックは、普段の生活で確認できます。床下・天井裏も1年に1回は確認したいところです。

ザク男爵
必要なのは道具でも専門知識でもなく、マイホームを大切にするその心でございます。

5年点検を受けるのは大切ですが、しかし毎日・毎年、自分でチェックするのはもっと大切ですよね。

 

▽自分で床下の点検をしたときの様子です。

新築の床鳴りの原因は?購入した建売住宅の床下に自分で潜って点検してみた!

2016.11.15

 

10年目までにメンテナンスは必要。

5年点検を受けないのは、メンテナンスの周期が10年であることが主な理由です。

ですので5年点検を受けないからといって、メンテナンスをないがしろにするのとは意味がちがいます。

むしろ5年点検を受けないのなら、10年点検にはお金をかけるべきでしょう。

外壁・屋根の再塗装は10年スパンが推奨されてますが、なんなら8年でも9年目でも早めに塗り替えたっていいのですから。

築10年になったときに、「あと1年いけるよな・・・?」と変な期待をかけるのは厳禁でございますよ。

 

まとめ:5年点検は受けなくても、メンテナンスはしっかりと!

今回はハウスメーカーの5年点検は受けるべきか?について解説しました。

私なりの結論としては、

 

「ハウスメーカー指定の5年点検は、効果がうすいのでは?」

「5年点検を受けないなら、自分でしっかり点検しようぜ。」

「10年目のメンテナンス周期には、きっちりお金をかけような。」

 

で、ございます。

ハウスメーカーの長期保証プログラムを受けるには、5年点検が必要な場合が多いです。

ですが長期保証を受けるために、5年・10年・15年・・・と、ハウスメーカー指定の点検を受け、そのたび割高な修理費を払うのって、意味があるのでしょうか?

じっさい大手ハウスメーカー(某ヘーベルハウス)などでは、長期保証をめぐってのトラブルもあるみたいですよ。

 

大切なマイホーム、ハウスメーカーに守ってもらうのも必要です。でもマイホームを本当に守れるのは、自分自身でございますから。

5年点検を受ける前に、まずは1度自分で点検してみてから考えてもいいのではないでしょうか?

素敵なマイホームライフを。それでは、また!

 

▽「長期保証」の言葉に踊らされてはいけません。

新築住宅で注意すべき、ハウスメーカーのアフターフォローと長期保証の真実。

2019.04.25

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。

・日本一住宅ローンに詳しいサイト「住宅ローンの窓口 ONLINE」

・一級建築士に見積りチェックできるサイト「住むプロ」

・住宅診断のサイト「住宅診断のススメ」

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。