この先も資産価値は下がらない。人口減少で家が余っても家を買うべき理由。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

日本の人口が減っている今、家は将来的に余るらしい。だったら、余って安くなってから買った方がいい。

むしろ、家が余って資産価値がなくなるから、買わない方がいい!

そう思う方もいらっしゃることでしょう。ええ、分かりますよ、その気持ち。なにせ吾輩も、

ザク男爵
人口減るから、家安くならないかなー・・・安くならないかな・・・

と、これから始まる「家の大バーゲン」を首を長くまっておりましたので。

しかし結論から申し上げますと、家は将来的に余るかもしれないが、安くなることはない、でございます。

また、「価値ある家はこの先も価値のある家で、資産価値は下がらない」でしょう。

なぜって?それはですね、単純なお話ですよ。

そこで今回は、人口減少で家が余ったとしても、家を買うべき理由について書いていきましょう!

スポンサーリンク

「家が余る」の本当の意味。

4eb2ec7634db94a8fa278f800f762c89_s

これからの日本は、家が余るらしい。少子高齢化の日本は、どんどん人口が減っていき、家が余っていくようであります。

ええ、もちろん、吾輩も知っておりますよ。流行に乗り遅れることに定評のある吾輩ですら、知っておりますとも。

しかしですね、皆様、「家が余る」と簡単におっしゃいますが、「家が余る」の本当に意味を知っておりますでしょうかね?

 

人口の二極化がすごい。

家が余るらしい。それは確かにそうでしょう。しかしそれはあくまでも、統計上のお話でございます。

例にも漏れず、吾輩の住む栃木県も人口が減っている地方でございます。

しかーし、栃木県のすべての市町村で人口が減っているかと言えば、そうではありませぬ。

県庁所在地の宇都宮では、微増しておりますし、新幹線のとまる街の小山市でも、人口は増えております。

宇都宮市や小山市では、今日もどこかでマンションが建設され、分譲地が作られております。そしてあっという間に完売されるのであります。

しかしその一方で、ものすごい勢いで人口が減っている市町村(日光市、那須烏山市など)でございます。

日光市を例にとれば、

2010年:90,064人

2015年:83,699人

2016年:82,327人

と、着実に減っているのであります。そして、もう1点注目したいのが、人口減少のスピードでございます。

日光市の5年ごとの人口減少スピードを見てみると、

1995年→2000年:1,845人減少

2000年~2005年:3,852人減少

2005年~2010年:4,227人減少

2010年~2015年:6.365人減少

と、人口減少のスピードは加速度的に速くなっているのであります。

さらに厳密に言えば、日光市の中でも二極化が進んでいることだ。こんな細かい話は統計に載らないかもしれませぬ。

しかし人口減少の現場としては、日光市でも立地のいい場所の人口は変わらないけど、山岳地域の人口はどんどん減っているのであります。

 

これから余る家とは?
28f500fc26eada1ad829fccf60c48b7f_s

さて、では人口減少で余る家とは、どんな家なのでしょうか。

人口減少の現場、栃木から見えてくる現実は次のようなものでございます。

 

不便極りない立地の家。

都市部、住宅地に住んでいると想像もつきませぬが、「なぜここに住んでいらっしゃる!?」と聞きたくなるような立地に住んでいるお宅を拝見いたします。

栃木県には宇都宮のような大都会もございますが、ちょっと車を走らせれば、まるで秘境のような場所にワープすることができるのです。

しかしそんな秘境のような場所の家は、誰も住んでいないのか、ボロボロになっている家が多くあるのです。

これから余る家は、間違いなく「不便極りない立地の家」が余るでしょう。

 

近くにコンビニやスーパーがないのは、もちろんのこと、子育てに必要な学校や病院すらございませぬ。

「最寄りの小学校に行くには、バスに乗って1時間」・・・なんて話も栃木では割と聞く話(市町村によりますが)。

しかも、「同じ学年に生徒が1人しかいないので、修学旅行は他校の生徒と一緒に行った・・・」なんて、泣ける話も聞いたことがございます。

4歳と2歳の息子を持つ身としては、こんな切ない話は他にございませぬ。どなたか涙を拭くハンカチを下さいませぬか?

家が余って安くなっていたからと言って、このような家でどうやって子育てをするのでしょうか。方法がない訳ではないでしょうが、吾輩は好き好んで住もうとは思いませぬ。

ザク男爵
例え、特売価格で売られていたとしても、吾輩は買いませぬ。

結局、家が余っていたとしても、欲しいと思う家でなければ意味がないのであります。

 

手の施しようのないボロ家。

またこれから余るのは、「手の施しようのないボロ家」も確実に余るでしょう。

「家が余る」と他人ごとのようにおっしゃいますが、その余った家は、築何年でしょうかね?新築?築3年?

いやいや、まさかそんな家が余る訳がありませぬよ。そんな新築や築浅住宅は、現在進行形で使われているものであります。

反対にこれから余る家は、築20年、築35年の使用感あふれる家ではないでしょうか。

それでも定期的にメンテナンスをしてきた家ならいいですよ。きっといい感じに「古き良き」を感じる古民家的に感じるでしょうね。

でも定期的なメンテナンスをしていない家だったら・・・。それは単なるボロ家でございます。

見た目に見栄えがしないだけでなく、もしかしたら基礎が割れているかもしれませぬ。もしかしたら、白アリの被害にあっているかもしれませぬ。

これから余る家は、果たして「きちんとメンテナンスされた家」でしょうか。それとも「メンテナンスしていない家」でしょうかね。

その答えは吾輩にも分かりませぬし、統計を調べても分からないでしょう。

しかしただ一つ分かるのは、家のメンテナンスは「ハイパーめんどくさい」、「ハイパーお金がかかる」ということだ。

ザク男爵
・・・え?屋根は10年に一度交換ですと?

・・・え?外壁の塗装は5年に一度塗り替えるですと?

・・・え?白アリの薬は2年に一回必要ですと?

・・・いや、吾輩、家を買ってもうお金ないのですが・・・(汗)

家を家として保つには、定期的なメンテナンスが必要不可欠。しかしこのメンテナンス、めっちゃお金かかりますよ。

果たしてこれから余る家は、ちゃんとメンテナンスしておりますでしょうかね?

 

資産価値は下がらない。

賢い読者様は、もうお分かりになりましたでしょうか。

そうであります。価値ある家は、これからも余ることはありませぬし、資産価値も下がることもありませぬ。

むしろ、人口減少の二極化が進んで、家の値段が上がる可能性だってある訳でございますよ。

人口減少と言っても、その実態は都市間人口の二極化でございます。確かに人口も減っておりますが、それ以上に進んでいるのは、便利な都市部への移動だ。

便利な都市部へ人が動くことで、都市部では「人口減少?うそでしょ?」という状況が続くでしょう。

人気のある場所(立地)では、家は余りませんし、家の資産価値は下がらないのでありますよ。

 

家が欲しいなら、低金利のうちに。

「それに家が余って、空室率が40%を越える・・・」なんて話は、実は2040年のことなのだ。今から数えても、あと23年もありますよ。

ザク男爵
33歳になった吾輩。今から23年後って、56歳でありますか。

ははー、56歳ですね、はいはい。・・・完全に人生やり切って燃え尽きておりますな。

今から23年後、そんな先の話を悩むより、今できることを真剣に考えた方が遥かに賢いと存じますよ。

だって、あなたが生きている今こそ、家を買う最大のチャンスではありませぬか?こんなに安い住宅ローンの金利、そうそうありませぬよ。

吾輩は住宅ローンを借り換えた結果、なんと金利は0.5%(10年固定)になりました。これはもはや、ただでお金を貸して頂いているレベルです。ありがとうございます。

今から23年後の家の状況なんて、正直誰も分かりませぬが、「住宅ローンの金利は、これから上がるだろう」ということは、吾輩にだって分かります。

ザク男爵
迷っている時間がもったいないであります。

まずは家を探してみる、その行動から始めませぬか?

家探しはお近くの住宅展示場、もしくはカタログ請求からどうぞ。

注文住宅のカタログだけ欲しい。住宅展示場は営業が怖くて行けない。そんなときのお勧め請求方法!

2016.12.12

年収300万で撃沈!住宅展示場に初めていくときの注意とポイント!

2017.01.01

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

人口減少で家が余っても、家を買うべき理由は次の通りでございます。

1・人口減少の実態は、都市間での二極化。欲しいと思う家は、そもそも余らない。

2・これから余る家は、「不便極まりない立地の家」、「築年数の古いボロ家」。

3・先の話で悩むより、今の低金利を活用することがお勧め。

人口減少社会の日本。だから家が余るのは、当然のことでしょう。

しかしその実態として、余るのはどういう家なのでしょうかね。吾輩は栃木県の過疎化が進む地域をこの目で見ているだけに、それが心配であります。

家が余る時代になっても、きっとあなたの欲しいと思える家は、余ることはないでしょう。人気のある家は、この先も変わらず人気の家なのでございます。

今の低金利のうちに、行動していた方が賢明かもしれませぬよ。

それでは、アディオス!

注文住宅のカタログだけ欲しい。住宅展示場は営業が怖くて行けない。そんなときのお勧め請求方法!

2016.12.12

年収300万で撃沈!住宅展示場に初めていくときの注意とポイント!

2017.01.01

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。