幼児雑誌「めばえ」って英才教育的にどうなの?4歳と2歳の男の子で検証してみた!

どうもこんにちは、売ることにコミットした商社を経営しているザク男爵@zakudansyaku)でございます。

我が子には健康にさえ育ってくれればと思いながらも、心のどこかで「もしや天才になるかも・・・」と期待してしまうのが親心。

私もあれこれと、教育によさそうなおもちゃ、絵本を英才教育と称してたくさん買ってまいりましたぞ。

そして今回は書店でよく見かける幼児雑誌「めばえ」を子供(4歳と2歳の男の子)に買ってみました。

めばえの内容は?付録は?子供たちの反応は?

この記事ではめばえが気になるあなたのために、子供たちへの愛を添えながら幼児雑誌めばえにズームインしていきたいと思いますぞ。

 

スポンサーリンク

幼児雑誌「めばえ」とは?
01-2

引用:小学館公式http://www.babycome.ne.jp/dakko/mebae/

書店でよく見かける幼児雑誌を簡単に説明させて頂きましょう。

親と子をつなぐ、2・3・4歳の学習絵本

アンパンマン、きかんしゃトーマスや人気キャラクターと一緒に、お店やさんごっこや乗り物あそび、シールあそび、ドリル、さがしっこ、めいろ、パズル、工作、お絵かきなど、様々なあそびを体験できる一冊。大好きなパパ・ママとのあそびを通して、心の成長と絆が深まります。

引用:小学館公式https://www.shogakukan.co.jp/magazines/series/002000

なるほど、ポイントは雑誌を読むことで「様々な体験」ができることのようですね。

確かに幼児雑誌は表紙からしても、何やら楽しそうな雰囲気がぷんぷん伝わって参ります。三十路を過ぎた私も、童心を思い出す楽しさを期待してしまいますな。

だがしかし、果たして幼児雑誌は英才教育的にどうなのでしょうか?英才教育ではなく、単なる雑誌、子供の暇つぶしなのでしょうかね?

今回買ったのは、幼児雑誌「めばえ」11月号!さっそく子供たちに渡してみましたぞ!

 

付録が楽しい。

めばえ11月号のおまけは、ペーパークラフトの「アンパンマン お料理遊び」であります。

ペーパークラフトだから、元の状態はこんな1枚の厚紙。これをせっせと組み立てましょう(私が)

dscf5048

やってみると分かりますが、結構シビアな作りになっていますぞ。不器用な私にとっては拷問のような時間だ・・・!

山おり、谷おり、そしてセロハンテープを駆使して、ようやく完成であります、や・・・やったーーーー!!

これは子供が1人で作れれば、手先を使ういい練習になったことでしょう。しかし残念ながら、全て私が組み立てた為、子供たちの手先の練習にはならず、無念でございます。

dscf5051

完成してみると、思ったよりもクオリティが高いなと、妙に感心した私でございます。

 

で、肝心の子供たちの反応は、予想を上回る反応で大変ありがたい限りでありました。頑張って作りましたからね。

ですが元がペーパークラフトなものですから、長男も次男も我先に遊ぶと群がりまして、寄ってたかって遊んだ結果・・・、光の速さで壊れました。

やむなくセロハンテープで補強しましたが、さすがはペーパークラフト・・・補強したそばから壊れていきますぞ。

 

親の趣味に影響されない、おもちゃ(付録)は子供の興味を広げてくれる。

私は夢中になって付録で遊ぶ子供たちを見て、思ったことが1つあります。

ザク男爵
家の中を見渡したら、似たようなおもちゃばっかりではありませんか。

そうなのです、家には私の趣味で選んだおもちゃで溢れているのです。(主にトミカとプラレール)

自分でおもちゃを買うと、どうしても親の趣味が色濃く反映されてしまうもの。だからつい、似たような(全部同じとも言えるけど)おもちゃばっかり買ってしまうのですよね。

 

けど、幼児雑誌の付録で遊んでいる子供たちを見て、考えを悔い改めましたよ。

ザク男爵
親の趣味が反映されないおもちゃが家にあって、遊ぶのもいいことだな。

多感な子供時代には刺激が多い方がいい。刺激の種類を少なくするより、色んな体験を通じて感性を磨いてほしい。

そんな子供も想いの皆様にとって、この幼児雑誌の付録はぴったりでございましょう。それはまさに、え・い・さ・い 教育。実に賢くなりそうな響きですね!

 

雑誌も楽しい。

幼児雑誌めばえは、ただの雑誌ではありません。子供たちにとって、愛読のバイブルたりえる、人気雑誌なのです。

「この雑誌のどこにそんな魅力が・・・」と思った大人なあなた。いいえ、違うのですよ。

幼児雑誌めばえには、子供心をキャッチする仕掛けがたくさんあるのです。

私は生まれてから30年も過ぎてしまったので、いささか幼児雑誌を手に取るのは気遅れするのですが、めばえの魅力を全力でお伝えさせて頂きましょう。

 

雑誌がにぎやかで楽しい。

幼児雑誌はとにかくにぎやかだクールで物静かでミステリアスと三拍子そろった私にとっては、少し騒がしいぐらいにぎやかだ。

紙面はフルカラー。色は結構えげつな・・・いえ、はっきりした色を多用しています。(キラキラページもあって眩しい。)

では、その魅力は何なのか?私は子供たちと一緒にめばえを熟読してみました。そして、数ページ見た私は、ある結論を見出しました。

ザク男爵
ぬふぉおおおお!!こ、これはテンション上がるーーー↑↑

紙面はフルカラー、はっきりした色使い、そして色んなキャラクターがとっかえひっかえでてくる展開。

 

・・・これね、楽しいよ。大人が読んでもよ?

 

先に謝らせて下さい。ごめんなさい。どうやら私は幼児雑誌を見くびっていたようだ。

これは想像以上にテンションの上がる雑誌だ。大人の私がそう思うぐらいだから、ターゲット世代の私の子供たちには、どんぴしゃでしょう。天使たちの小さなハートは、射抜かれまくりです。

 

表紙からして、楽しい。

幼児雑誌めばえを次男が読んでいると思ったら、なんと表紙をじーーーっと、ずーーーーっと眺めているではないですか。

ザク男爵
いやいやどうしたの、何がそんなに表紙が楽しいの?表紙に何かいるの?

疑問に感じた私も一緒になって表紙を真剣に覗きこんで見た。

dscf5271

雑誌の表紙ですね。全体的にアンパンマンカラーの赤が目に付くでしょうか。

この表紙に一体何が、2歳児を虜にしているのでしょう?

dscf5276

あ、トミカのはとバスだ・・・。家にもありますね・・・。

dscf5275

・・・あ、クレヨンしんちゃんもいました。

dscf5285

・・・ああ!!カーズのライトニングマックイーンがいた!!いたいた!!いたよーーー!!

 

・・・はっ、私としたことか、次男のめばえを奪っておきながら、私が楽しんでしまったようですね、どうも失敬。

しかし楽しいですね、この表紙は。ここ狭しとキャラクターが勢ぞろい。これは子供心をキャッチする訳です。

 

絵本にはない「お祭り感」は、子供本来の姿でもある。

絵本のような優しい絵もいいけど、幼児雑誌のようなお祭り騒ぎみたいな本もあっていいよね?

私の家には、絵本がたくさんございます。妻が絵本大好きなのですよ。長男が生まれたときから、少しずつ絵本を買い揃えてきましたので。

 

私も絵本は嫌いではないけど、正直、絵本が描く「子供っぽさ」にはちょっと疑問があります。

絵本の世界の子供は、純粋で、かわいくて、物静かだったり、愛に溢れていたり。

確かにその「子供っぽさ」も間違いではないけど、それだけが「子供っぽさ」でもないじゃないですか。

 

ギャーギャー意味もなくわめいたり、変なダンス(?)をずーっと踊ったりする、ちょっとアホな姿も、「子供っぽさ」ですよ。

幼児雑誌にそんなお下品な表現はないけど、なんとなく雑誌全体から醸し出される「お祭り感」は、それに近い世界かもしれませんね。

でも私は、そんな幼児雑誌が大好きです。そして子供の成長にも、そんな幼児雑誌の存在が大切です。にぎやかに子供の大脳を刺激しまくる幼児雑誌は、まさに英才教育にいい!と断言致しましょう!

え?断言?ええ、まあ、だん・・げん・・・

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

幼児雑誌めばえは楽しい雑誌だ。そして楽しいだけでなく、普段の私の育児ではカバーできないようなところをカバーしてくれているようだ。

・親の趣味に反映されないおもちゃ、「付録」。

・優しい絵本にはない、「お祭り感」溢れる雑誌。

健康で育ってくれるだけで有難いのに、すぐ欲張って「こんなこともできるようになったら、うれしいな・・・」と、なんちゃって英才教育をしてしまうのが親心。

でもその気持ちがいきすぎて、子供を縛って苦しめているようでは本末転倒だ。

だからこの幼児雑誌、お勧めでございますぞ。だって、ものすごく楽しくて子供から食らいつくからね!

つまり幼児雑誌は、楽しく英才教育ができるすぐれもの、ということであります。

明日からも楽しく育児、頑張りましょうぞ。

それでは、アディオス!

育児はもっと自由で、親中心でいい。辛い育児だからこそ、楽しむ工夫を。

2017.07.21

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。