未公開土地の探し方5選!ネットに掲載されない物件を効率よく見つける方法。

こんにちは。マイホームの案内人、ザク男爵でございます。

 

土地の購入はスピード勝負。タイミング命。

とくに人気エリアの物件ほど、いち早く見つけて契約しないと誰かに先を越されてしまいます。

ですが土地には「未公開土地」と呼ばれる、ネットに公開されない土地がございます。

そのためネット検索だけでは取りこぼしが多くなってしまい、希望の土地を逃す結果に。

 

希望の土地を見つけるには、未公開土地までしっかりチェックすることが大切です。

では、どうやったらネットに公開されない未公開土地の情報を抑えられるのか?

この記事で分かること

・未公開土地がネットに公開されない理由。

・未公開土地を効率的に探す方法。

誰も知らない土地の情報を抑えて、いち早く希望の土地を見つけましょう!

スポンサーリンク

未公開土地とは?なぜ公開しないの?

ネットに公開されない土地を「未公開土地」といいます。

未公開土地は全体の6割※といわれており、ネットに掲載されている物件はごく一部というのが現状です。(※地域によって異なります。)

 

しかし現在は1人1台のスマホを持つ、情報化社会。

「売主・不動産会社だって、もったいぶらないで情報を公開して、さっさと土地を売ってしまった方がいいのでは・・・?」

 

・・・なんて思いませんか?

イエス、ご指摘のとおり、買う側からすればすべての情報を公開してくれた方がありがたい限り。

しかし不動産、とくに土地の場合は売主の都合で「未公開」となる場合が多いのです。

 

売主の都合で未公開土地がネットに公開されない理由。

ではなぜ売主の都合でネットに公開されず、「未公開土地」となってしまうのでしょうか?

それにはネットに公開したくない、売主の切実な事情がございます。

 

売主が情報をネットに公開したくない理由

・近所の人に売りに出していることを知られたくない。

・近所の人に「いくらで・どんな条件で売っているか?」、知られたくない。

・前オーナーがまだ住んでいる。自宅をネット公開して欲しくない。

「○○丁目のAさんの土地、売りに出されているけど、借金でもしたのかしら・・・(余計なお世話)」

「○○丁目のAさんは、○○〇万円で土地が売れたはずだから、ウハウハだろうねぇ・・・(ゲス顔)」

「ネットに掲載されていた物件、無断で見に行こうぜ!(悪だくみ顔)」

 

いや、もうなんて言いますか・・・。

ザク男爵
余計なお世話であります!関係ないのですから、ほっといてください!

と、言いたくなりますよね、売主としては。

 

土地の売買は、売主の多くが個人です。

ですので「土地を売って儲けたい!」という気持ちもよりも、「日常生活に支障があったらイヤだ」という気持ちが強くなります。

その結果、どうしても土地は未公開土地が多くなってしまうのです。

ザク男爵
土地の売買をビジネスにしてないので、日常生活が優先されるのですね。
POINT!
土地の情報(個人情報)をネットに公開するのに、抵抗を感じる売主は多い。

 

業者側として、ネットに土地の情報を公開しない理由

売主の都合だけでなく、業者の都合でネットに掲載されない場合もあります。

業者の都合でネットに掲載されない理由

・売主から依頼があったから。

・ネットに掲載しなくても、すぐに売れる人気エリアだから。

・その不動産会社の専売物件だから。

これは完全にビジネスですよね。

人気エリアの土地でしたら、広告費をかけなくても売れますし、できるだけ仲介業者を絞って売った方が高く売れます。

ザク男爵
買う側としては不便極まりないですが、これもビジネスですから仕方ありません。不便ですが・・・っ!

人気エリアの土地はすぐに売れてしまいます。わざわざ広告費を払って掲載するメリットがありません

POINT!

土地の売買は、やっぱりビジネス。業界の闇は深い。

 

未公開土地を探す方法1:地道に足で稼いで探す。

では未公開土地を探すにはどうしたらいいのでしょうか?

未公開土地の探す方法は、2つあります。

1・自分の足で地道に探す。

2・不動産会社に紹介してもらう。

この情報化社会になんと非効率な方法を・・・と思ったあなた。

・・・まさにその通りでございます。

しかし残念ながら希望の土地を見つけるには、ネットを使わない地道な努力が欠かせないのです。

 

希望エリアを実際に歩いてみる。

「この情報化社会で歩きまわって物件探すとか、冗談キツイわー」

 

と思ったあなた。

・・・完全におっしゃる通りでございます。

しかし言わせて頂きますが、ネットに公開されていない未公開土地を探すには、希望のエリアを歩いてまわるのが一番なのですよ。

ザク男爵
イエス、マダム。

なぜなら現場(希望エリア)を見てまわることで、未公開土地の存在をこの目で確かめられるからです。

いくら未公開土地を不動産会社に探してもらっても、「本当かな?」と疑ってしまってはキリがありません。

しかし実際に自分の足で歩いて確認すれば、それは疑いようのない事実になりますから。

 

ネットに掲載していない物件も、実際にエリアを散策することで取りこぼしなくチェックできます。

それに日本広しとは言っても、あなたが住みたい場所なんて限られた範囲じゃないですか。

なにも街のすべてをしらみつぶしで調べるわけじゃないのです。限られたエリアの中を、細かく散策すればいいわけですから。

ザク男爵
一度にすべての未公開土地を探そうとせず、希望エリアを細かく区切って探すのがコツでございます。

 

希望エリアを散策すると、ネットに公開されていない物件に出会うことがあります。

ザク男爵
「売り物件」の看板がある土地を発見しましたが、これはネットにはなかった物件。もしや未公開土地・・・!!

「売り物件」の看板には、仲介している不動産会社の連絡先が書いてあります。

運よく未公開土地を発見したら、不動産会社に連絡してみましょう。いち早く情報をゲットできれば、人気エリアの土地でも取得できるかもしれません。

 

散策して探すメリット

・実際にエリアを見てまわれるので、取りこぼしなくチェックできる。

・1つのエリアを集中的にチェックできる。

・体力がつく

散策して探すデメリット

・夏は暑く、冬は寒い。

・希望エリアが広いと大変。

・根気が必要。

 

地元の折り込みチラシ

未公開土地を探すには、地元の折り込みチラシも有効です。

町の不動産会社からの折り込みチラシには、ネットには掲載できない物件が記載されていることもあります。

折り込みチラシなら、自宅にいながらして未公開土地のチェックが可能。しかも不動産会社から情報を届けてくれるのは、ありがたいですね。

ザク男爵
「折り込みチラシなんて、前時代の残骸」なんて思うのは間違いですよ。

なにせ土地は売主の都合でネットに公開してない物件が多いのですから。土地探しはアナログ的に。根気強く続けるのが一番でございます。

 

折り込みチラシのメリット

・自宅にいながら未公開土地のチェックができる。

・不動産会社から情報を届けてくれる。

折り込みチラシのデメリット

・すべての未公開土地が載っているとは限らない。

・新聞を取っていないと、届く折込チラシが少ない。

 

未公開土地を探す方法2:その道のプロに聞く。

本気で土地を探すなら、その道のプロに相談するのが一番です。

土地を紹介してくれるプロは、

1・不動産会社

2・ハウスメーカー(注文住宅の場合)

の2パターンあります。

 

不動産会社に紹介してもらう。

不動産会社ならネットに公開できない土地の情報だって、豊富に抱えております。

また注文住宅での土地を探すのでしたら、その土地の用途・規制などの相談にも乗ってくれます。

ザク男爵
うまく不動産会社を味方にできれば、これ以上に頼もしい存在はいないでしょう。
不動産会社のメリット

・未公開物件も含めて探してもらえる

・ネット検索ではヒットしない情報も教えてもらえる

・土地の情報だけでなく、土地の用途・規制なども相談に乗ってくれる。

 

ただし不動産会社に紹介してもらうのにも、注意・デメリットがあります。

もっとも注意すべきなのが、「土地を選ぶように、不動産会社も選ぶこと」です。

なぜなら不動産会社によって、仲介手数料がちがうからですよ。

・A不動産:仲介手数料3%+6万円

・B不動産:仲介手数料2%+6万円

・C不動産:仲介手数料 なし!

あなたは土地を買うとき、どの不動産会社に仲介して欲しいですか?

・・・私ですか?私なら1ミリもブレることなく、C不動産に紹介して頂きます。

 

こう言ってはなんですが、仲介手数料をいくら多く払っても、買う土地の時価は上がりませんし、地盤が強くなることもないですからね。

1円玉の守り神のごとく節約する私に言わせて頂きますと、「手数料は削ってナンボ」でございます。

ザク男爵
ATMの手数料100円をケチるのに、どうして仲介手数料をケチらないのでしょうか?いや、削りましょう。

 

「不動産会社に行けば、未公開土地を紹介してもらえる!」

 

という情報に間違いはありません。ですが100%正しいわけでもありません。

不動産会社は、すべて同じではありませんよ。会社によって仲介手数料がちがいます。

どうせ未公開土地を探してもらうなら、仲介手数料の安い(もしくはゼロ)の不動産会社がいいと思いませんか?

不動産会社のデメリット

・土地を選ぶ以上に、不動産会社・担当者を選ぶことが大切。

・知識武装しないと、担当者の説明が正しいか分からない。

・不動産会社に行くのは敷居が高い。

・不動産会社=うさん臭いイメージが・・・。

 

ハウスメーカーの担当者に探してもらう方法もある。

注文住宅で家を建てる土地を探すとき。契約するハウスメーカーが、土地探しを手伝ってくれます

ハウスメーカーは地元の不動産会社と提携しており、土地探しから協力してくれるのですね。実にありがたい。

しかもハウスメーカーは家作りのプロですので、

・どんな家が建ちそうか?

・地盤改良にいくら必要か?

・間取りに制限はかかるか?

など、その土地にあった家作りのアドバイスまで頂けます。

ですので注文住宅の土地を探すときは、不動産会社よりハウスメーカーと一緒に探した方が心強いです。

 

・・・なんですが。

 

ハウスメーカーに土地を探してもらうにも、いくつか注意がありまして。

ハウスメーカーと土地探しする注意

・自社と契約する見込みが低いと、真剣に探してもらえない。

・ローコストハウスメーカーだと、土地探しをしてない会社もある。

ボランティア団体ではないので、契約するか分からないお客さんの土地探しまで真剣にはしてくれません。

「ハウスメーカーに依頼すれば、未公開土地まで探してもらえる!ワクワク!」と期待するのはやめておきましょう。

 

注文住宅の土地探しは不動産会社よりもハウスメーカーに依頼すべき理由。

2019.02.14

 

ネットで簡単!未公開土地を探すには?

・ネットで調べても希望の土地がなかった。

・不動産会社に行くのは抵抗がある。

・ハウスメーカーが決まったわけではない。

そんな方におすすめの方法が、タウンライフ不動産です。

タウンライフ不動産には信頼できる全国の不動産会社300社が登録されているので、未公開土地をたくさん紹介してもらえます。

 

不動産会社から紹介してもらうスタイルだから、未公開土地も紹介してもらえる。

タウンライフ不動産は不動産サイトとは違い、提携している不動産会社から物件を紹介してもらうスタイル(メール・FAX・郵送)です。

あくまでも不動産会社から直接紹介してもらうスタイル、つまりネットへの公開ではなくダイレクトに紹介するスタイル、ということですね。

そのためネットに公開していない未公開土地も、こっそりと紹介してもらうことができるのです。

ザク男爵
ネット公開と直接紹介するスタイル。

絶妙なすきまを活用しているのですな。

 

 

一度に複数の不動産会社に依頼できるから、いち早く未公開土地の情報をゲットできる。

未公開土地の難しいところは、不動産会社によって保有している物件が異なること。

例えばAという物件は○○不動産、Bという物件は△△不動産、というように、不動産会社ごとでバラバラなんですよね。

 

未公開物件は知りたいけど、1件1件不動産会社に問合せるのは正直しんどい。そこまでの時間もない。

とはいえ、あんまりモタモタしていると、人気エリアの土地は秒速で埋まってしまいます。

ザク男爵
やっと見つけた土地の看板には、「完売御礼」の文字が・・・。

私の努力はなんだったのか・・・ひゅるりら・・・

 

その点、タウンライフ不動産はすごいですよ。

なにせ1回の入力で複数の不動産会社に依頼ができるので、スピード感が違います。地域の未公開土地を一網打尽でございます。

土地探しの情報収集は、広く浅く。アンテナは、高く広く。どんな情報もまずはキャッチできる仕組みこそ、成功の近道です。

 

 

定期的に未公開土地を教えてくれるから、購入のタイミングを逃さない。

土地の購入はタイミングが大切です。

欲しいと思ったタイミングで、都合よく欲しいと思える希望の土地があり、しかも買えるだけの経済力が必要です。

ですので、

・希望の土地

・欲しいと思うタイミング

・買えるだけの経済力

この3つがそろわないと、土地は買えないのですよ。なかなか難しいですよね。

 

その点、タウンライフ不動産は便利ですよ。

登録をしておけば、定期的に物件情報をメールにて紹介してもらえます。

・欲しい物件さえあれば、すぐに土地を買いたい。

・具体的な時期は決まってないけど、まずは広く情報を集めたい。

・他にもっといい土地がないか、探したい。

未公開土地の情報を定期的に流してくれるので、購入のベストタイミングを逃しません

 

 

タウンライフ不動産で未公開土地を紹介してもらうには?(無料・スマホからOK)

未公開土地を紹介してもらう方法は、とても簡単です。

まずは「希望物件情報」のところで、あなたのお住まいの県名を選んで、「希望物件情報 一括取り寄せスタート」をクリックでございます。

次に購入を検討しているエリア(市町村)にチェックを入れましょう。

そして最後に、

希望の物件種別「土地」にチェックを入れ、希望面積・価格を選択しましょう。

わずか60秒の入力だけで、ネットに公開されていない土地の情報が複数ゲットできます。

ザク男爵
なるほど、この仕組みなら未公開土地をこっそり紹介してもらえる訳でありますな。

どれどれ、どんな情報が届くのか楽しみであります。

 

土地を探すには、ネットに公開されていない人気物件を探すことが重要です。

タウンライフ不動産では、不動産サイトにはなかった未公開土地を紹介してもらえます。

諦めかけていた理想の家がきっと見つかりますよ。

もちろん、未公開土地の紹介は無料でございます。

 

 

ただし希望のエリア(市町村)では、対応していない(紹介できる不動産会社がない)場合があります。

まずは自分の希望エリアが対応しているか、チェックしてみましょう。

 

「成功するマイホーム購入・住み替え計画スペシャルガイド」プレゼント!

またタウンライフ不動産では、今なら特典として「成功するマイホーム購入・住み替え計画スペシャルガイド」の無料プレゼントをしています。

・一軒家にするか、マンションにするか。

・注文住宅にするか、建売住宅にするか。

・予算はどうするか。

・住宅ローンはいくら借りたらいいの?

初めての住宅購入は分からないことばかりです。

「成功するマイホーム購入・住み替え計画スペシャルガイド」は、住宅購入をはじめたばかりという方でも分かりやすく、失敗しない住宅購入のポイントがまとめられています。

※毎月先着99名様限定なので、お早めに応募してみてください。

 

 

まとめ:土地は持久戦であり、スピード勝負でもある。

土地の探し方、とくに未公開土地の探し方について解説させて頂きました。

未公開土地の探し方

・希望エリアを歩いて探す。

・地元の折り込みチラシをチェック。

・不動産会社に聞く。

・ハウスメーカーに相談する。

どの方法にもメリット・デメリットがあるので、うまく組み合わせながら土地を探してみてください。

情報化社会においてアナログ作業が続きますが、根気強く探してみてくださいね。

ザク男爵
とはいえ、「これだ!」と思う土地を見つけたら、思い切った行動も大切です。

「土地探しは持久戦であり、スピード勝負でもある。」

土地探しを表現するには、矛盾したこの言葉がぴったりだと思いませんか?

今のうちから準備をはじめておけば、未公開土地を逃しません。あなたにぴったりの好立地の土地を見つけてくださいね。

 

✔ネットに公開していない物件をメールしてもらえる。

✔定期的にメールが届くので、人気物件を逃さない。

✔しつこい営業は一切なし。

 

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。