不器用なDIY苦手パパが教える、DIY初心者が失敗しない為の簡単な4つのコツ!

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

「DIYをやってみたけど、なんか上手くいかない、失敗する。失敗しないコツはないのだろうか?」

「プロのようなクオリティは必要ない。せめてDIYで失敗しないコツが知りたい!」

イエス、その通りでございますよね。そのコツ、私も知りたいです。

 

何を隠そう、私はDIYが苦手でございます。

特に木工のDIYです。ノコギリ、ネジ、釘・・・、このアイテムが出てきたら、まず失敗ですね。

ですが私は多くの失敗の中から「失敗しないコツ」を見出してしまいました。

ザク男爵
なるほど・・・ここを・・・こうすれば・・・ほら、失敗しない!(どや)

そこでこの記事では、DIY初心者が失敗しないコツについて解説させて頂きましょう。

 

「プロのようなクオリティは必要ない。でも失敗したくない。」

 

そんなあなたは必見でございますよ。

スポンサーリンク

DIY初心者が失敗しない4つのコツ

65c4434bdf6d52289d2e211bfe659932_s

数々のDIYで失敗作を生み出した私が悟った、「DIYで失敗しないコツ」は4つあります。

1・図面を書く。

2・寸法を守る。

3・材料はしっかりそろえる。

4・手順を勝手に省略しない。

どれも「なにそれ、当たり前じゃん!」と突っ込み殺到な基本的なことです。

ですがDIYで失敗を繰り返す人に限って、基本が守られていないのですよ。

1・図面を書く。

DIYで失敗しないためには、簡単でいいから図面を書きましょう。

・どんな外観になるのか?

・それぞれの長さは?

・どんな部品をどこに使うのか?

簡単でいいです、簡単で。簡単でいいので、図面をとにかく書いてください。それだけでDIYの失敗が防げます。

 

DIYをいきなり始めてしまう前に、

・必要な部品

・必要な道具

・構造図

・配置図

・寸法

ざっと書いてあれば、まず失敗しません。

DIYが苦手なのですから、無理して図面を方眼紙に書く必要はありません。広告の裏に、ちゃちゃっと書くだけでも十分でございます。

 

DIYが苦手な人は、完成品をイメージできません。イメージできないものを作ろうとするから失敗します。

ですので、図面を書くのです。図面を書くと全体像がイメージできるので失敗しませんよ。

 

2・寸法は守る。

DIY初心者こそ、材料の寸法はきちんと守ることが大切ですよ。

図面の寸法が100cmなら、きっちり100cmなんです。めんどくさいと言って、105cm、98cm・・・としてはいけません。

 

「寸法?・・・これぐらい大丈夫でしょ?」

 

DIY苦手な人はすぐに変な理屈に走りますが、それぐらいで失敗するのがDIYでございます。たった2cmずれているだけで、完成品はガタガタになるのです。

私の得意技は、「だいたいこの辺で」なので、いつも完成品はガタガタです。

ザク男爵
私は80点主義なのです。だから、この寸法もだいたい100cmで・・・

・・・って、長さが足りないのですが・・・。

最初はちょっとしたズレかもしれませんが、ズレがズレを呼び、最終的には何の作品か分からない物体が完成します。

その1cmの違いに泣くのがDIY。苦手な人ほど寸法をきちんと守りましょう。

 

3・材料はきっちり揃える。

DIYで失敗しないコツは、材料をしっかり選ぶことです。

・木の種類

・ネジの種類

・くぎの種類

ホームセンターに行くと、選びきれないほどの種類が陳列されてますよね。

「どれでも一緒だろ?」と選ぶことを放棄したくなりますが、この時点で失敗してしまいますよ。

 

DIYで使う材料は、普段目にしない名前のものが多いです。

一口に「釘(くぎ)」と言っても、

・丸釘

・ステンレス釘

・リング釘

・スクリュー釘

と、種類は様々です。

さらにサイズも細かく分かれているので、ますます選びきれません。

ザク男爵
普通の釘が欲しいのですが・・・普通の釘って一体どれでしょうか・・・。

ホームセンターに行くと、普通の釘すら選べません。

適当に選んで買ってみたものの、使ってみると用途にならないことは多々あります。

 

DIYで失敗しないためには、釘1つでも用途に合わせてきっちり選びましょう。

え?何?めんどくさいとおっしゃるのですか?

ははー、なるほどね。いやいや、それがDIYの楽しみらしいですよ!(私には理解に苦しむけど

 

4・手順を勝手に省略しない。

「図面も書いた。必要な材料も揃えた。寸法の違いもありません!これで大丈夫だー!」

と、思いたいのですが、まだ安心できません。DIY初心者が失敗する最後の落とし穴が、最後に待ち構えています。

 

それは、「勝手に手順を省略すること」です。勝手に手順を省略すると、高確率で失敗しますよ。

DIYはとても手間のかかるものです。

1つの作業をするにしても、「こんな作業、やって意味あるの?」的な作業もあったりするワケですよ。

でもその1つを省略しただけで、驚くほどしょぼい見た目に仕上がってしまうのです。

 

私は敷石をDIYでやったのですが、手順が多すぎて大変でした。

ザク男爵
こんなめんどくさいことはやってられません。さっさと石を並べてしまいましょう。

取り合えずめんどくさかったので、いきなり石を並べてみました。

その結果、石はグラグラして安定しませんでした。

 

敷石の本来の手順は、

・石を仮置きする

・穴を掘る

・砂を撒く

・石を並べる

・石を叩く

とても手間のかかる作業なのです。

しかし効率化したい私は、そのほとんどの手順をカットしました。

ザク男爵
石を買ってきました。並べました。

・・・終了でございます!

グラグラして敷石どころではなかったので、後日やり直ししましたよ。

 

DIYに苦手意識がある人は、だいたいせっかちです。先を急ぎます。効率化したがります。

しかし手順を省くことで、失敗してしまうのですよね。

ですので、めんどくさい手順でも、その通りにやるのが最も効率的なんですよね。失敗もしませんし。

DIY初心者こそ、手順はしっかり守りましょう。

初心者でも失敗しない、御影石の敷石をDIYでキレイに仕上げる方法!

2017.04.26

15分で作業完了!敷石のぐらつきは目地砂で簡単に解決できる!

2017.04.28

 

まとめ:DIYが苦手だからこそ、基本をしっかり!

それでは、まとめましょう。

DIY初心者が失敗しないコツは次の4つでございます。

1・図面を書く。

2・寸法はきっちり守る。

3・材料はちゃんと揃える。

4・手順は省略しない。

DIYで失敗しないことは、実は簡単です。なぜなら、この4つをきちんと守ればいいのですからね。

DIYが苦手な人ほど、基本をしっかり。これだけでDIYの失敗が防げます。ぜひお試し下さいませ。

それでは、また!

 

 

DIYが苦手な私が、魂込めて作った池がこちらでございます。

DIY初心者でも簡単にできる、防水シートで庭に子供が遊べる池を作る方法!

2017.07.06

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。