1歳でも安心!屋内でも遊べる栃木県子ども総合科学館がお勧めすぎる件。

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

・小さい子供を連れて、安心して遊ばせる場所はどこ?

・雨が降っても室内で遊べる場所はないのかな?

・暑い夏、寒い冬でも快適に遊べる空間はあるの?

小さい子供(とくに0~1歳)を連れての休日は、出かける場所に困ります。

快適で、安全で、それでいて楽しい施設があれば、最高なんですがね・・・。

ザク男爵
イエス、マダム。

それなら、栃木県子ども総合科学館がとてもおすすめですよ!

子ども科学館は子供たち科学の楽しさを教えてくれる、知的好奇心をくすぐる施設でございます。

入館料も安い上に、併設の公園は無料で遊べるので、何度でも子供を連れて来たくなる施設ですよ。

 

そこでこの記事では、栃木県子ども総合科学館についてご紹介させて頂きましょう。

小さい子供でも快適に楽しめるので、週末は子連れでお出かけしましょう!

スポンサーリンク

 

雨でも快適!子ども科学館の屋内施設!

KIMG0580

子ども科学館の屋内施設は、科学の楽しさを体感しながら学べる施設です。

屋内施設には、別途入館料が必要です。

大人:540円

子供:210円(4歳以上、中学生以下)

3歳以下無料

入館チケットは、当日限り再入場ができます。

館内はとても広いので、お昼ご飯を挟んで再入場するのもおすすめです。

 

体感できる科学が楽しい。

子ども科学館のテーマは、科学を体感することです。

見て触って動かして・・・、五感を使って科学を学ぶことがテーマなのです。

 

ですので、館内の展示はただ眺めるだけではなく、触ることもできますし、動かすこともできます。

しかもそれだけではなく、全身の筋肉を総動員しながら体感する展示(というかアトラクション)もあるので、かるくカルチャーショックを受けるでしょう。

もしもあなたが

 

「うちの子、加減を知らずにガンガン遊ぶから、展示を壊しそうで心配だわ・・・」

 

と、思っているなら、それは大変失礼ですが、いらぬ心配でございます。

なぜならほとんどの展示は、小さい子供が触る前提で作られています。

ですので、基本的にどれも頑丈です。小さな子供がガシガシやった程度では壊れません。

また精巧なギミックは、手の届かないように工夫もされています。

 

それに大人がやらないと、そもそも動かない展示もあるんですよ。

それがこちらの展示でございます。

DSCF3300

こちらは「落下エネルギーを体感する」展示でございます。

・・・え?一体なんの展示か分からないですと?ははー、なるほどですね、分かりました。

ザク男爵
イエス、マダム。

それでは、化学と物理が苦手な元・理系のザク男爵が解説させて頂きましょう。

まずはですね、写真には映ってませんが、足元にあるレバーを上下させて、赤い重り(写真左上)を持ち上げます。(油圧の原理)

これが実にしんどい作業でして、33歳の私の体にピキピキ来るんですよ。言っておきますけど、これ、汗だくになりますから。

 

瀕死の重体になりながら赤い重りを一番上に持ち上げると、赤い重りはゆっくりと降りてきます。(重力によって)

すると、赤い重りが降りるに従って、黄色いカートがゆっくりと動き出すのです。(落下エネルギーを車輪の回転エネルギーに変換する)

 

つまりこの展示は、「めちゃくちゃ重いものを上から落とせば、凄まじいエネルギー(落下エネルギー)になる」ということを体感できるのです。

ザク男爵
・・・ぜえ・・・ぜえ・・・

どうだ、長男!落下エネルギーはすごいだろ!がっはっはっは!

長男
パパ、パパ、かっくいい!

分かっているんだか、分かっていないんだか、それはさておき、取りあえず「すごいことだ!」を体感することができます。

 

小さい子・幼児向けコーナーもある。

「科学を体感する」のメインターゲットは、小学生の少し大きなお兄ちゃん・お姉ちゃんたちです。

だから私の息子たち(4歳と2歳)には、まだ早い感もあります。

 

ですが心配はいりません。

なぜなら、2階にある「遊びの世界」の展示スペースが、小さな子供向けになっているからです。

遊びの世界はその名の通り、「ここは夢の国か!?」と思えるような屋内遊具施設で、

・ボールプール

・知育玩具

・絵本

・コスプレ遊び

・ワークショップなど

「遊びの世界」だけでも1日過ごせるレベルです。

KIMG0587

ボールプールは年齢による入場制限があるので、小さい子供でも安心して遊べます。

モラルもしっかり守られているので、突如大きなお兄ちゃんお姉ちゃんが乱入する心配もありません。

 

知育玩具や絵本がたんさん置いてあるスペースもあります。

KIMG0599

置いてあるおもちゃは、どれも知的好奇心を刺激するものばかりです。

また木を使ったおもちゃは、ぬくもりがあって嬉しいですよね。

 

しかし「遊びの世界」はおすすめスポットですが、1つだけ注意が必要です。

それはここに来ると、子供が「帰りたくない!」とぐずることです。

長男
いやだ、帰らない!ボクはまだ帰らない!!もうちょっと遊びたい・・・

子供のもうちょっとに付き合い、閉館のアナウンスを聞いてようやく帰ること数知れず。

ですがそれも仕方ありません。だって楽しいのですもの。

ザク男爵
こんなに遊べて(学べて)、入館料はたった540円(子供210円)。

・・・また遊びに来ます!

雨でも遊べる。小さい子供でも安心して遊べる。その上、科学を体感して学べる。

なんだこの素晴らしい施設は。

 

晴れた日は屋外施設で遊ぼう!しかも、無料だ!

子ども科学館は、屋内施設だけでなく、屋外施設も充実しております。

屋外施設で遊ぶのに、お金は必要ありません。この広大な屋外施設を、なんと無料で遊びつくすことができるのですぞぉぉーーー!!

 

近所の公園にはない、大型アスレチックが楽しい!

画像:とちなび

子ども科学館の公園には、近所の公園とはスケールが違う、巨大な遊具があります。

山の一角が遊具になっているので、とにかく広い。そしてとにかく登る。あと降りるのが大変なので、ひざが痛い方はご注意くださいませ。

こちらの遊具だけで、小一時間は軽く遊べます。アップダウンも激しいので、子供の体力を削りたい方におすすめですね。

 

本物を忠実に再現した豆汽車は、男の子のハートをキャッチする。

子ども科学館には、豆汽車が走っています。走っている場所は、園の一番奥です。

こちらの豆汽車は車体こそ小さいものの、リアルな汽車を忠実に再現しております。

線路の枕木も豆スケールで再現しているので、線路上を「かたんことん」と爽快に刻みよく走る疾走感は、小さな男の子に絶対ウケます。これは約束します。

 

例にも漏れず、私の長男も次男も豆汽車にハマりました。豆汽車に乗るために、子ども科学館に何度も足を運びました。

大人が乗っても楽しい豆汽車ですが、ただ1つ難点なのは、敷地の一番奥にあることですね。

長男
パパ、ボクもう疲れた。歩けない。

・・・抱っこ・・・

次男
抱っこ・・・

遊び疲れた子供は、自ら歩くことを放棄します。

子供たちを抱っこして、駐車場まで歩くのは大変でした。2人同時に抱っこして帰ったときは腰が抜けるかと思いましたね。

親子の楽しい思い出作りにも、豆汽車はおすすめです。

※豆汽車利用料(1周)

大人:210円

小人:100円(4歳以上、中学生まで)

 

自然豊かな里山・「風の広場」。

さらに広すぎる子ども科学館は、敷地の中に里山まであります。その名も「風の広場」でございます。

風の広場は、自然に囲まれて科学を学べる場所です。これぞまさに自然科学、その名にふさわしい場所であります。

完全に森ですね。そして川もあります。沼もあります。コイも泳いでおります。

管理された美しい公園とは少し違う、どこか野生を感じる里山の森。

 

「なにがあるのかな?」

「どんな生き物がいるのかな?」

 

マイナスイオンに溢れた森の中を親子で散策するのは、とても楽しいものです。

 

また風の広場中央には、山があります。

山があったら、登るのが礼儀です。明日の筋肉痛を恐れずに、全力ダッシュで山を駆け上がりましょう。

山には小川が流れています。山から流れ出た川は、風の広場を巡ります。

山の頂上からは、栃木の雄大な田園風景が一望できます。

ザク男爵
みよ、これが栃木の雄大な田園風景だ!

平らな土地が続く栃木では、雄大なランドスケープを体感できる場所は限られます。

子ども科学館の周辺には、見渡す限りの田んぼが広がりますので、どこまでも続く地平線を堪能することができますよ。

 

子ども科学館の食事・オムツ替えなど

オムツの外れていない子供を遊ばせるときに気になるのが、オムツ替えのスペース。

またお昼の食事スペースも気になりますよね?

 

オムツ替え・授乳OK。

子ども科学館は、オムツ替え、授乳するスペースがあるので、卒乳前、オムツが外れてない子供も安心して遊べます。

オムツ替え、授乳スペースは建物内にございます。

こちらは屋外施設で遊んでいる方も、自由に使うことができますよ。

 

レストラン・屋外ピクニックスペースあり!

子ども科学館には併設のレストランがございます。

丸い外観でどこかレトロな「食堂」を彷彿させます。しかしお値段は・・・ちょっと高いかもしれません。

 

また屋外には、お弁当を食べることができるスペース(屋根・イスあり)もあります。

大きなドーム型の屋根付きスペースなので、夏の暑い日でも、こちらで一休みしながらお弁当を食べることができます。

 

子ども総合科学館 基本情報

画像:栃木県公式HP

最後に、栃木県子ども総合科学館の基本情報を記載させて頂きます。

正式名称:栃木県子ども総合科学館

住所:栃木県宇都宮市西川田町567 (大きな赤いロケットが目印でございます。)

開館時間:午前9時半~午後4時半まで。(入館は4時まで)

休館日:毎月第4木曜日(3月、7月、8月及び祝日を除く)

    祝日の翌日(土曜・日曜の場合を除く)

    年末年始(12月28日~1月4日)

    他、臨時休館日 あり

料金(館内):大人 540円      小人 210円(4歳以上、中学生まで)

 

まとめ:小さい子供を連れて、遊びにいこう!

栃木県子ども科学館は、科学を体感して学ぶことができる施設です。

屋内施設は小さい子供でも安心して遊べますし、屋外施設では自由に体を動かして遊ぶことができます。

入館料も安いので、ぜひご家族でお出かけ下さいませ!

それでは、また!

 

 

家族でお出かけスポットをお探しなら、宇都宮動物園もおすすめです。

このレトロでカオスな雰囲気がクセになるんですよね・・・

レトロでカオス!?休日の子供連れのお出かけなら、宇都宮動物園がお勧め!

2017.08.17

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。

・住宅ローンの窓口 ONLINE

・住むプロ

・住宅診断のススメ

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。