兄弟平等に育てられますか?男の子兄弟(2歳差)育児で気をつけたい5つのこと。

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

男の子兄弟を育児していると、兄弟の扱い方に悩むことはありませんか?

 

長男に我慢をさせている気がする・・・。

次男に愛情を注げてない気がする・・・。

 

2人とも最愛の息子ですもの、同じように溺愛して育てたいですよ?

しかし現実には、兄弟間での扱いに差が出てしまってないか、とても心配になります。

もちろん、二人の男の子を溺愛で育てている私も、その一人でございます。常に「本当にこれでいいのか?」と思い悩む日々でございます。

そこでこの記事では、悩みながらにも掴みかけた、男の子兄弟の育児のコツについてまとめていきます。

私と同じように兄弟の扱い方に悩む方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

本当に兄弟は平等なのか?

ほら、よく言うじゃないですか、「兄弟は平等に育てましょう」と。

おっしゃる通り、兄弟平等に育てられたら、兄弟の扱い方に悩まなくてもよさそうですよね。

ですが、思いませんか?

 

「本当に兄弟って平等なのか?」と。

 

結論を言わせて頂きますが、私は兄弟は平等ではないと思います。

生まれた順番で、育つ環境はぜんぜん違いますよ。

 

平等に育てたいけど、生まれた環境が平等ではない。

私だって、長男も次男も同じように平等に溺愛したいです。2人ともほっぺにチュウチュウして育てたいですよ。

しかしでござます。私は思う訳であります。

ザク男爵
兄弟平等に育てたいけど、生まれた環境が2人とも違うから、平等になりませんよ・・・?

2人とも同じように同じ条件で育ててあげたい。

しかし現実には、同じ親、家庭に生まれたとは言え、長男と次男とは生まれた環境が違うので、平等にすることができないのです。

 

お兄ちゃんが損するとき。

同じ親に生まれた兄弟でも、生まれた順番で育つ環境は大きく違ってきます。

先に生まれたお兄ちゃん(長男)が損をするときは、次のようなときではないですか?

・親の愛を独占していたのに、ある日突然、次男に親を盗られる。

・親が若いときに生まれるので、収入が少ない。おもちゃを買ってもらえない。

・初めての育児で、間違った方法を実践しがち。

・次男はまだ小さいからと言って、イライラしたときのターゲットになりやすい。

・育児用品が不足している場合が多い。

・弟に比べて習い事など初体験が遅い。

 

弟が損するとき。

一方で、弟は生まれながらにして、お兄ちゃんと違う環境で育ちます。

弟が損をするときは、次のような状況ではないでしょうか。

・生まれたときから、親の愛情を独占できない。

・生まれながらにして、お兄ちゃんというライバルとの生存競争に巻き込まれる。

・初孫になれない。(祖父母の初孫の扱いは格別。)

・お兄ちゃんのお下がりに囲まれて育つ。

どちらが得なのか、明確に答えを出すことはできません。

しかし兄と弟で、同じ親の同じ家庭に生まれたのに、育つ環境はずいぶん違うのですね。

 

不平等を上手に利用する育児方法。

ce9abf74b251aa434f0a559c168f4b6c_sそうなんですよ、「兄弟平等」とは言っても、それは理想なんですよね。現実には生まれた順番で、育つ環境は大きく違ってくるのです。

ザク男爵
兄弟は生まれた環境がぜんぜん違います。

それならば、いっそのこと不平等を上手に利用できないものでしょうか・・・?

不平等なものを平等にしようとするから、無理が生まれます。

だから不平等な環境なのですから、それを上手に利用しようと工夫してみました。

 

お兄ちゃんに我慢させる代わりに、「特権」を与える。

「お兄ちゃんなんだから、我慢しなさい!」

これは兄弟がいる家庭では、とても聞きなれたフレーズではありませんか?

 

「先に生まれたお兄ちゃんの方が大人だから、我慢しなさい。弟に譲りなさい。」

というニュアンスで使われますよね。

 

このフレーズは、つい私も口から出そうになることがあります。しかし言葉にすると長男がかわいそうなので、いつも寸でのところで飲み込んでいる言葉です。

 

しかし育児をしていると、「お兄ちゃんなんだから我慢してよ!」的なシーンが多々あるのですよね。

でもお兄ちゃんにだけ我慢させるのもかわいそうです。

かわいい2人の天使の間に心が揺れたときは、お兄ちゃんに我慢させる代わりに、「特権」を与えてはいかがでしょうか

ザク男爵
お兄ちゃんなんだから、弟に優しくできるよな?
長男
・・・うん(涙目)
ザク男爵
よし、偉いぞ。お兄ちゃんだから、このお菓子を特別にあげよう。

・・・お兄ちゃんだけだぞ?

エサで釣る訳ではありませんが、頑張った先に獲得できるもの(特権)があるからこそ、立派にお兄ちゃんを務めることができるものです。

今のところこの作戦で、長男はお兄ちゃんとしての自覚と職務を果たすようになりましたよ。

 

不平等だからこそ、平等に扱っているパフォーマンスを。

生まれた順番が違うから、育つ環境が違います。

それだけで不平等が生まてしまいますが、不平等な育児を露骨にすれば、いくら純粋な子供と言えどやさぐれてしまいますよね?

長男
弟ばっかり甘やかされてる。ずるい。

ボクはパパとママから愛されていないのかな・・・。ぐすん

次男
あくーーーっ!(お兄ちゃんばっかり!ずるい!)

そこで大切になのが、「平等に接している」というパフォーマンスでございます。

 

「パパもママも、2人とも大好きだよ。」

「愛しているよ、平等に扱っているよ。」

 

というパフォーマンスが必要であります。

 

例えば子供と遊ぶとき、どちらか一方を抱っこすれば、必ずもう1人が「ボクも!」と言いませんか?

順番に抱っこしてもいいですが、私はパフォーマンスの意味も込めて、2人まとめて抱っこしております。

ザク男爵
さあ、2人とも。パパがまとめて抱っこしてあげよう!がっはっはっは・・・(そろそろ腰がヤバい)

2人一緒に抱っこする。

これなら、見た目にも精神的にも「平等」ですよね。子供にとっても、分かりやすい「平等の愛」ってうれしいものではないでしょうか。

 

生まれた順番が違うから、不平等な環境は仕方ありません。ですが、だからこそ「平等に育てている」パフォーマンスは必要でありますよね。

 

長男の「孤独」、次男の「仲間に入りたい」を理解してあげる。

育つ環境が違うのは仕方ありませんが、それでも「違う環境で育つ境遇」を理解してあげることは大切ですよね。

先に生まれた長男は、

・それまで親の愛を一人占めしていたのに、弟に盗られた。

・自分よりも小さくて弱い存在がいるから、親の愛が弟に注がれている気がする。

「どうせボクなんて・・・」とヤサグレて育っているかもしれません。

 

あとから生まれて来た弟も、

・生まれた瞬間からお兄ちゃんというライバルがいて、生存競争に巻き込まれた。

・体格差があって、お兄ちゃんには勝てない。

・お兄ちゃんとパパ、ママが遊んでいる姿が羨ましい。ボクも仲間に入れて欲しい。

「お兄ちゃんが羨ましい」と思いながら育っているのかもしれませんね。

 

平等に同じ条件で育ててあげられないからこそ、2人の抱える想いを理解してあげることが大切ではないでしょうか。

 

多少のケンカは見て見ぬふりを。

不平等な世界で育つ2人は、ときに仲良く遊ぶこともありますが、基本的にはケンカばかりしていませんか?

愛する子供たちがケンカする姿は、見るも辛い光景であります。

ですがなるべくケンカの仲裁はしないで、「見て見ぬふり」がいいかもしれませんよ。

それは子供なりに、ケンカをして学んでいく姿が見られるからです。

・長男が作ったオモチャを、次男が壊した。

・次男が遊んでいたオモチャを、長男が横取りした。

私の家でも、本当に下らないことで毎日飽きもせずケンカが繰り返されます。

しかし、下らぬ争いを繰り返しながらも、二人の成長が感じられるのです。

 

えげつなく長男のオモチャを放り投げていた次男も、長男のオモチャは大切に使うようになりました。

容赦なく次男のオモチャを奪っていた長男も、次男がオモチャで遊んでいるときは、少し我慢できるようになりました。

ザク男爵
2人とも大きくなったねえ・・・涙。

ときおり見せる兄弟愛は、私の涙腺を崩壊させます。やはりケンカをしても、兄弟っていいものですね。

 

まとめ:兄弟不平等だからこそ、2人まとめて愛してあげたい。

それでは、まとめましょう。

男の子兄弟を育児するときは、次のポイントに注意してみてはいかがでしょうか。

1・生まれた順番による育つ環境の違いは仕方のないこと。

2・育つ環境の違いを上手に活用して育児をする。

3・お兄ちゃんには我慢する代わりに「特権」を。

4・不平等だからこそ、平等に扱っているパフォーマンスを。

5・長男、次男のお互いの境遇を理解してあげる。

6・多少のケンカは見て見ぬふりを。

毎日ケンカばかりしている姿を見ると、「仲が悪いのか?育て方を間違えたのか?」と不安になります。

「兄弟は平等に育てるべき」とは言うものの、現実には育つ環境がまったく違います。それでも無理に平等を貫くと、どこかで無理が出てしまいます。

 

兄弟は不平等の中で育っているもの。

だからこそ、お互いの境遇を理解してあげ、「2人とも大好き、2人とも平等に育てているよ(条件は違うけど)」とパフォーマンスすることが大切ではないでしょうか。

ですが、これだけは断言できます。

ザク男爵
イエス、子供たち。

君たちは生まれる順番こそ違いますが、2人とも最愛の息子でございますよ。

2人とも溺愛しましょう、溺愛を。

それでは、また!

 

 

次の記事はこちらです。

パパが仮面ライダーにハマったワケを子供たちは知らない。

2018.04.27

5年間息子を溺愛で子育てして分かった、幼少期における父親の役割とは?

2017.07.05

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。