家を買う最適の年齢・時期は?欲しいと思った瞬間を逃さない為に実践すべき4つのこと。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

皆様は、家を買う最適な年齢は何歳だと思いますか?

結婚したての20代?子供が生まれた頃の30代?子供が成長して自分の部屋が欲しくなる頃の40代?

住宅購入は、決して安い買い物ではないから悩みますよね。吾輩も悩みましたよ、それはもう10円ハゲなのか単に頭丁部が薄くなったのか区別がつかなくなるぐらい。

しかし年収300万で30歳のときに家を買った吾輩の結論はこちらでございます。

ザク男爵
家を買う最適な年齢?

ああ、それはもちろん、「欲しいと思った瞬間」でありますね。(きっぱり)

別に20代で買おうが30代で買おうが40代で買おうが、本人がいいならいいではありませぬか。欲しいのですから。

しかしでございますよ。逆に「欲しい!」と思った瞬間に買えないって、ものすごく嫌ではありませぬか?欲しいものは手に入れたいですよね?

そこで今回は、家が欲しいと思ったときにチャンスを逃さずに買う為の方法について書いていきましょう!

スポンサーリンク

家を買う最適な年齢は、人それぞれ。

家を買う最適な年齢、時期は人それぞれなのであります。20代だろうが、30代だろうが、40代だろうが、人によっては50代だろうが、別にいつだって家は買っていいのですぞ。遅いとか早いとか、あんまり関係ありませぬ。

吾輩はちょうど30歳のときに家を買ったのでありますが、遅いか・早いかと言えば、早い方であったとは思いますよ。

しかしこの早く家を買ったという選択が、今後の人生において「正しい選択だったのか?」という問いに対しては、

ザク男爵
全くもって、分かりませぬ。(きっぱり)

としか、答えようがないのであります。

確かに家を早く買うことで、住宅ローンの完済も早くなるし、子供たちと家で貴重な時間を過ごすこともできる。その反面、人生の道筋が決まってない状態で購入に踏み切ったので、この先いつどうなるのかは未知数な訳でございます。

しかし1つ確実に言えるのは、吾輩は自分の選んだ「家を早く買った」という道を後悔することのないように、これから先も最善を尽くす、ということでございます。

 

前置きが長くなりましたが、つまるところ、家を買うってそういうことなのでありますよ。

いつ家を買っても、何かしら問題はある訳でございます。それは20代でも30代でも40代でもみな一緒でございますよ。30代になれば、40代になれば全ての問題が解決される・・・なんて話ではないのであります。

だからこそ、家を買う最適な年齢・時期は「欲しいと思った瞬間」なのだ。

ザク男爵
今、吾輩は猛烈に家が欲しい。そうだ、住宅展示場に行って話を聞いてみよう!

・・・え?吾輩の年収と貯金では買える家がないですと・・・!?

・・・速攻で詰んだのですが。

家が欲しいのに買えない。これほど辛いものはありませぬ。

そこで大切になるのが、次の家を最適年齢(欲しいと思った瞬間)で買う為の方法なのでございます。

 

家を最適年齢で買う方法。

欲しいと思った瞬間に家を買う為には、次のことを実施しておくことが大切であります。

 

借金(ローン)しない癖をつける。

家を買うときに1番大切なこと、何かご存じでしょうか?それは「他に借金がないこと」であります。これ、マジでございますよ。吾輩が年収300万ながらに奇跡的に家が買えたのは、ひとえに他に借金がなかったからでしょう。

それはずばり、他に借金(ローン)があると、それが理由で住宅ローンの審査に落ちることがあるからだ。

身近なローンでは、車のローンが多いのではないでしょうか。今やディーラーの多くは、ローンでの購入を当たり前のように営業してくる。が、そのままローンで買ってしまうとそれが原因で、家が欲しいのに家が買えない状態になってしまうかもしれませぬぞ。

家を欲しいと思った瞬間に買う為には、この借金(ローン)してモノを買う癖を辞めましょう。もし今現在ローンがあるのなら、早いうちに完済してしまった方がよろしいですぞ。

 

日頃から節約する習慣をつけておく。

日頃から節約する習慣をつけておくと、家が欲しいと思った瞬間を逃さずに家を買えるようになりますぞ。

1回の節約はちょっとした金額かもしれませぬが、日々の積み重ねでまとまった頭金を作っておくことができる。

いつでも頭金を払うことができる家計にしておけば、いつ家が欲しくなっても安心でございますぞ。

 

しかし本音をちょっぴり言わせて頂きますと、家が欲しいと思ってから頭金を貯め始めるのは遅いのでありますが。

ザク男爵
ふう、家が欲しいと思ってから、必死に貯金して頭金を作ったけど、それからもう1年も過ぎてしまったのでありますか・・・。

・・・はて、しかし本当に吾輩にとって家は必要なのだろうか?無理して家を買う必要性はあるのだろうか?

家を買いたい気持ちは、時間と共に消えゆくときもある。家を買うにはある程度のスピード感が大切ですぞ。

 

簡単に会社を辞めない。

非常に面白みのない話で申し訳ないのでありますが、すごく重要なことなので。

「いつかは家を・・・」と思っているなら、簡単に会社を辞めないことだ。なぜなら、サラリーマンの勤続年数は住宅ローンを借りる上でものすごくアドバンテージがあるからだ。

勤続年数が長ければ長いほど、その人の信用力が増していく。これは住宅ローンを借りる上で紛れもない事実。

勤続年数が3年の人より10年の人。10年の人より15年の人の方が、銀行は信用してお金を貸してくれますぞ。

これは裏を返せば、転職直後で勤続年数が1年未満だったりすれば、それだけで銀行は信用してくれないということ。本当は転職できるぐらい優秀な人だったとしても、お金を借りるという世界では信用してもらえないのだ。

上司
おい、最近お前の売上減ってるぞ!?このままではどうなるか、分かるよな?
ザク男爵
嫌であります!!絶対に嫌であります!!
上司
・・・どうなるか、分かるよな?
ザク男爵
辞めたら家が買えないので、辞めませぬぞーーー!!

勤続年数が短いだけで住宅ローンを断られる場合がある。長く在籍していることが美徳ではないが、家が欲しいならサラリーマンの特権は利用しない手はないでしょう。

 

情報収集は早い段階から。

そして最後に「いつかは家を・・・」と思っているならば、情報収集は早い段階から動いておくことがお勧めだ。

家というものは一点物で、この世に同じ家は2つと存在しませぬ。建売住宅だって、どの家も似ているようで絶妙に違っているのだ。方角や土地の大きさ、形で間取りは変わる。なにより、その家が建つ土地、立地はこの世で1つしか存在しませぬからね。

あなたの希望を叶えてくれる家は、もしかしたら今まさに売り出されている状態かもしれませぬ。そんな家、逃したくないですよね?

情報収集は住宅展示場に行ってしまってもいいし、不動産会社に行ってもいい。住宅関連の雑誌を買ってもいいし、ハウスメーカーのカタログを取り寄せてもいい訳でありますよ。

ザク男爵
最近、家が欲しくて溜まりませぬ!あ、そう言えばこの間まで分譲していたところはどうなったかな?

・・・え?完売したですと!?・・・がっくし・・・

欲しい場所の欲しい家は売れてしまったら二度と手に入れることはできませぬ。家を買うということは、つまりそういうことなのであります。

年収300万で撃沈!住宅展示場に初めていくときの注意とポイント!

2017.01.01

注文住宅のカタログだけ欲しい。住宅展示場は営業が怖くて行けない。そんなときのお勧め請求方法!

2016.12.12

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

家を買う最適な年齢・時期を逃さない方法は次の通りであります。

1・借金(ローン)してモノを買う癖を辞める。

2・節約する習慣をつけておく。

3・簡単に会社を辞めない。

4・情報収集は早い段階から。

家は「欲しいと思った瞬間」が買うべき最適な時期であり、年齢だ。それはいつ家を買ったとしても、その時々の問題があるから、それに対応しなくちゃいけないからだ。

だからこそ、「欲しいと思った瞬間」を大切にしたいのでありますよ。欲しいと思ったのに、買えない・・・って辛すぎますからね。

今この瞬間から、住宅購入考えてみてはいかがでしょうか。

それでは、アディオス!

 

「家を買うと損する」と分かっていながら家を買った、たった1つの理由。

2017.04.21

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。