隣家との境界で、生垣を抜いた理由とメッシュフェンスにして感じるメリット・デメリット。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

吾輩の買った建売住宅のお隣さんとの境界は生垣(椿)でありました。11月にはかわいい花を咲かせていたんですがね。

しかし虫嫌いな吾輩は生垣を全部抜いて、代わりにメッシュフェンスを立てたのであります。

 

その狙いはメンテナンスフリー化と、土地の有効活用でありますぞ!

そこで今回は吾輩が生垣を抜いた理由と、メッシュフェンスを立てて感じることについて書いていきましょう!

 

生垣を抜いた理由

吾輩が生垣を抜いた理由は次の4つでございます。

 

虫が発生した。

もうね、虫嫌いの吾輩には絶大すぎる理由でありますよ。これだけで生垣を抜くに十分な理由でありますよ。

何気なく生垣の葉っぱを見ると、そこには虫、しかも毛のついている芋虫(つまり毛虫)がわさわさといらっしゃったのだ。

1匹じゃないよ。わさわさであるよ。もう失神するかと思ったよ、吾輩は。

きっとたまたまそこに卵が生みつけられて、たまたま発見が遅くなって、たまたま大量発生して。たまたまが重なっただけなんだろうけど。

虫嫌いの吾輩にとっては、その1回の経験で心に誓ったのであります。

ザク男爵
よし。生垣、抜こう。全部抜こう。

生垣さえなければ、毛虫が大量発生することも少なくなりますからね。

 

枝がお隣さんに向かって伸びた。

そしてうすうす気が付いていたけど、どうやら吾輩の家の生垣の枝はお隣さんに向かって伸びていっているようだった。

まあね、正直、見て見ぬふりしたかったよ。何事もないようにスルーしたかったさ。

でも、あとで揉めるの、イヤでありますよね?だから枝が伸びる度に、伸びた枝を折ったり切ったりしていたのだ。

ええ、これが実にめんどくさい。しかももしかしたら、虫ついているかもしれない。

そんな風に思うだけで、吾輩の心も生垣の枝のようにぽっきりと折れてしまったのだ。

ザク男爵
生垣、抜こう。全部抜いて、手入れのかからないフェンスにしよう。

生垣はきちんと手入れしなければ、雑草と同じでありますよ。植えるなら、きちんと手入れしてあげましょう!

 

枯れた葉っぱが汚い。そして葉っぱがお隣さんに落ちた・・・。

枝が隣の家に伸びるだけでなく、なんと枯れた葉っぱがお隣さんのお庭に落ちていっているではありませぬか。

しかも枯れた葉っぱだから、なんとなく見た目的にも美しくないと言う、ね。

だからと言って、生垣に向かって

ザク男爵
おい、そっちに葉っぱ落とすなよ。なあ、葉っぱ!ダメだった、もう!しょうがねーなー

と、言っていたら吾輩が何か精神病患者に間違えられて通報されるかもしれませぬ。

 

そう、無駄なのだ。植物をコントロールすることが。

植物だから葉っぱは枯れるし、枯れた葉っぱはお隣さんの庭に落ちていくのだ。

しかしやっぱりお隣さんの庭に葉っぱが落ちていくのは忍びなく心が痛いものだ。

ザク男爵
なんだ、この心のざわつきは!?そうだ、生垣だ!生垣を抜いてしまおう!

生垣を抜くと、ストレスが減るかもしれませぬぞ。

 

生垣周辺の土地が有効活用できない。

そして地味に吾輩のストレスだったのが、生垣周辺の土地が有効活用できなかったことだ。

だってさ、生垣の葉っぱには虫がいるかもしれないのでありますよ!?下手に近づいたら、不意打ちで毛虫とご対面してしまうかもしれませぬよ!?

・・・無理。無理だーーーー!!

そう思うと、吾輩は生垣に近づけないのだ。だから自然と生垣周辺の土地が有効活用できなくなってしまうのだ。

 

うむ。実にもったいない。この特に広くもない吾輩の敷地の中で、有効活用できない土地があるってことが、実にもったいない。

ザク男爵
なぜ吾輩の土地なのに、有効活用できない土地があるのだ!?そうだ、生垣を抜いて土地を有効活用しよう。それしかありませぬ!

生垣は意外とスペース取りますぞ。

 

メッシュフェンスに変えてよかったこと

そんな吾輩は生垣をキレイに抜いてしまい、代わりにメッシュフェンスを立てたのであります。

吾輩が生垣からメッシュフェンスに変えて感じるのは次のつだ。

 

風通りがよくなった。採光性がいいから、庭が明るくなった。

生垣は防犯性は高いけど、枝と葉っぱが密集しているから、風通しがよくないのであるよね。光も遮るから暗いし。

しかしその点、メッシュフェンスは最高に風通りがいいからね。

しかも風通りだけでなく、光も遮らないから、庭全体が明るくなった印象がありますぞ。

 

境界ブロックの上に設置したから、土地が広く使えるようになった。

吾輩の生垣は境界ブロックの内側(自分の土地側)に植えてあった。

だから生垣分の土地が実質使えていない状況だった。

しかしメッシュフェンスは、ちょうど境界ブロックの上に設置するのだ。

だから境界ブロックぎりぎりまで、自分の土地を有効活用することができるのであるよ。

狭い土地だからこそ、土地は有効活用したいからね!

 

メンテナンスフリーで、お隣さんに迷惑かけない!

そしてうれしいのは、生垣と違ってメッシュフェンスはメンテナンスフリーだってことだ。

特に手入れをしなくても、来月も来年も再来年も、メッシュフェンスはまったく同じ姿でございますからねえ。多少は劣化するけど。

枝がお隣さんに向かって伸びたから切ったとか、葉っぱがお隣さんの庭に落ちたから拾ったとか、そんなめんどくさいの一切なし!最高かっ!?

もちろん、お隣さんに迷惑をかける要素がないから、トラブルになることがない。安心だね。

 

でもメッシュフェンスで気になることもある。

生垣からメッシュフェンスに立て替えた吾輩であるけど、気になることもあるのだ。

境界ブロックの種類によっては設置できない。

メッシュフェンスを境界ブロックの上に設置した吾輩であるけど、境界ブロックの種類によってはメッシュフェンスが設置できないこともあるようだ。

それは境界ブロックに使われるブロックに、「軽量ブロック」と「重量ブロック」があるからだ。

軽量ブロック・重要ブロックとは?

軽量ブロック:JIS規格圧縮強度A種のもの。最も強度が低く、重量も軽い。

重量ブロック:JIS規格圧縮強度C種のもの(最高等級)。最も強度が強く、重要も重い。

境界線やブロック塀には通常「重量ブロック」が使用される。

またブロックにフェンスを立てる際も、「重量ブロック」が使用される。

フェンスを立てる際は、重要ブロックが望ましい。

だがしかし、吾輩の買った建売住宅の境界ブロックは、なんと軽量ブロックだったのであるよね。

ええ。ダメじゃん(笑)。

 

しかし諦めきれない吾輩は、軽量ブロックでもコア抜きしてフェンスを立ててしまったのだ。

もちろん、業者さんは大丈夫と言っていたけど、ねえ。やっぱり強度、不安だよね。

コア抜きで割れる?軽量ブロックにフェンスは設置できるのか実証してみた。

2017.02.19

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

吾輩が生垣を抜いた理由とメッシュフェンスにして感じるメリット・デメリットは次の通りであるよ!

【生垣を抜いた理由】

1・生垣に虫が寄ってくる、虫が発生する。

2・枝がお隣さんに向かって伸びた。

3・枯れた葉っぱが汚い。枯れた葉っぱがお隣さんの庭に落ちた。

4・生垣周辺の土地が有効活用できない。

【メッシュフェンスにして感じること】

1・風通りがよくなって、庭が明るくなった。

2・土地を有効活用できるようになった。

3・メンテナンスフリーで、お隣さんに迷惑をかけない。

4・ただしメッシュフェンスは重量ブロックに立てる必要がある。

隣家との境界を安く済ませたいなら、メッシュフェンスがお勧めであるよ。

メンテナンスフリーで、お隣さんに迷惑をかける心配もないしね。

逆に生垣は初期投資こそ安いものの、小まめなメンテナンスが必要だ。メンテナンスが行き届かないと、お隣さんとトラブルになる可能性もある。

お気に入りの植物を植えて、小まめにメンテナンスが出来れば、キレイな生垣になるんだろうけどね。

虫嫌いの吾輩にはハードルが高いようで!

 

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。