もう戻れない!?大人になるとゲームがつまらないと感じる5つ理由

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)である!

栃木の亭主関白ブロガーであるよ!

 

吾輩、3歳からゲームをしながら育った、根っからのゲームッ子。

誕生日に親から「何欲しい?ただし、ゲーム以外でね!」って言われて、そのまま布団の中で号泣していた程であるぞ!

 

しかしそんな吾輩も大人(30すぎのオッサン)になると、なんとそれまで大好きだったゲームが「つまらない」と感じてしまうのだ!

それを特に強く感じてしまうのは、「最近のゲーム」をやったときであるね。

ドラクエでもFFでもテイルズでも、最新作がつまらなく感じてしまうのだ。

「まったく、最近のゲームは・・・!」なんて年寄りじみた発言をついつい言いそうになってしまいそうだ!

 

だけどね、吾輩は気がついてしまったのだ!そう、大人になると「ゲームがつまらない」と感じてしまう理由にね!

そこで今日は、大人になるとゲームがつまらないと感じる5つの理由を紹介していくよ!

 

スポンサーリンク
1・ゲームシステムが「単純すぎる」から、つまらない。

64ad595d40b3f9d9d32b5762ff0c9060_s
ゲームシステムは、単純すぎたら小学生がやってもつまらないクソゲーになる。

逆に難しすぎたら、超賢い大人がやっても理解できなくて、これまたクソゲー扱い。

だからゲームシステムは、絶妙なバランスが保たれているのだ。それが「ゲームバランス」だね!

 

でも大人になってしまった吾輩は、この「ゲームバランス」がものすごくつまらないと感じるのだ。

だって、現実社会の「社会システム」の方が遥かに難しいよ。吾輩はそのシステムの中で、生き残りをかけて必死に生きているのだ、冒険しているのだ。

だからどんな工夫された「ゲームバランス」も、大人がやれば「単純」に思えてしまうはず。

 

そんなにゲームをリアルにしたいなら、ゲームシステムに、「年金システム」とか「ゼロ金利」とか組みこんだらいいよ。

相当、「リアリティ」溢れるゲームに仕上がるからさ!

 

 

2・「弱い勇者がステップアップして、最強になる冒険物語」に、いい加減飽きる。

f2d00116737d2ecbb5c803a3e0dae55d_s
冒険の初期はメンバーも弱く、装備も貧弱。ちょっと気を抜いたら、すぐ敵にやられそうになる状態でスタート。

周辺の「いかにも雑魚キャラ」「憎めないモンスター」を大量ハンティングするうちに、少しずつメンバーも成長して、装備も充実してくるのだ。

そして橋を渡って次の街に行こうとした瞬間、見たこともないモンスターが!!つ、強い!!

 

この「弱い勇者がステップアップして、最強になる冒険物語」、もう、飽きたよね、いい加減。

 

でも「冒険」って、そういうものだからしょうがないのだ。

現実世界でも、足し算引き算やって、掛け算やって、図形やって、方程式やって、っと、ステップアップしていくのだ。

ステップアップする中で、転職して別の仕事をするのか、同じ仕事を極めるのか、1流になって世界で活躍するのか、地元の「村人A」になるのか。

 

どれもこれも、元をただせば、みんな「貧弱な勇者」からスタートしているのだ。人生は。

 

冒険始めた時が1番最強の「大人」であって、冒険を進めるうちに、だんだんと老いて弱っていく冒険なんて、やりたくないよね(笑) 現実にはあり得る展開だけど。

 

 

3・「終わりのある冒険」は、つまらない。人生は、「生きている限り、ずっと冒険」だから飽きないのだ!

5a164784772f1c646d22dd6b4c4a9b56_s
貧弱な勇者も数々の冒険をするうちに、なぜか「伝説」に目覚めて最強になっていくのだ。知られざる出生の秘密!!とかあったりね。


最強になった勇者が目指すものはただ1つ、「世界平和」なのだ。

どんな冒険物語も、世界を混乱させようとする「ラスボス」がいて、勇者はラスボスを倒して世界に平和を取り戻すのだ。

 

ドラクエ3だったら、「バラモスを倒すまで」は、最高に楽しい。「冒険してるぜ!いえいっ!」っていう感じ。

でもバラモス倒して、急に現れたゾーマを倒すことになった瞬間、気持ちがなえるのだ。

「ああ、そうか、ゾーマが最後のボスなんだな・・・」というのを感じてしまうからね。

 

ラスボスが現れると、その先に待っているのは、「終了」の2文字。珍しいアイテム収拾とか、隠しメンバーを仲間にするとか、「やり込み要素」を作っても、「終了」は避けられないのだ。

そうだ、ゲームの冒険は、絶対に終わってしまうのだ。

 

それに対して人生は死ぬまで終わりがない。死ぬまで苦労するかもしれないし、死ぬまで楽しいことが待ってるかもしれない。

だから人生は飽きないのだ!

 

大人の階段を上ってしまった吾輩は、人生の楽しさに気付いてしまったのだ。

もう戻れないよ、ゲームのキャラクターたちとすごした、楽しい冒険の日々には(涙)

 

 

4・リアルで「楽しい経験」をすると、ゲームのバーチャル体験では満足できない。

f7bb64aa9c978092a18660aeaeed2871_s
ゲームの中で仲間たちと共に冒険し、成長し、時には衝突しながらも困難を乗り越えていく。そんな「人間臭い冒険物語」も楽しい。いや、楽しかったよ。


大人になるまでもなく、吾輩は高校で「部活」に入ることで、より濃密な「人間臭い冒険」を経験してしまったのだ。

「お前には才能がない!」と、先輩に言われたり、「もう先輩とは思いません!」と、後輩に言われたり、ものすごく「キツイ経験」をしたぞ。

 

それでも「大会で優勝」という同じ目標に向かってくのだ。

衝突しながらも、目標を達成するときもあれば、残念ながら目標を達成できないまま「終了」することもある。

だからこそ、目標を達成したときの感動は、何物にも代えがたいのだ。もう本当に「宝石」であるよね。

 

でもゲームの中で仲間たちと困難を乗り越えても、所詮それは「仕組まれていた」こと。いずれそうなる結果だったのだ。

ゲームばっかりやってた頃は、本気で「感動」してたけど、「リアルでの感動体験」ができてしまうと、めちゃくちゃ「物足りない」のだ。

 

「新しい大陸に船で渡って、初めて上陸した感動」は、「初めて仲間とツーリングで見知らぬ土地に出かけた記憶」にかき消された。

「ケンカしていた仲間と和解できた時の安堵感」は、「本気で親友とケンカして、5年後ようやく仲直り出来た時の涙」に、かき消されてしまったのだ。

 

ゲーム、本当に楽しかったのに、もうゲームの中の「体験」では、満足できないのだ、吾輩は!大人の階段を上ってしまったのであるね!

 

 

5・稼ぐ楽しさに目覚めると、ゲームする暇すら勿体なく感じてしまう!


-shared-img-thumb-PAK77_sumahodetel20140823111801_TP_V
「稼ぐ」って、ゲーム以上に楽しいのだ。吾輩はその事実に気がついてから、一気にゲーム熱が冷えてしまったぞ!

吾輩が稼ぐ楽しさに気付いたきっかけは2つあるぞ。

 

まず1つは、営業マンになって歩合制の給料になったこと。

仕事でもやればやっただけ、給料が増えるって感動するぐらいに嬉しいし、楽しい。

お金が増えたら、人生できることが増えてさらに楽しいから、もっと頑張っちゃうのだ。ゲームなんてしないでね。

 

そしてもう1つは、副業であるね。「自分の力」で稼ぐって、超絶に楽しいよ!

確かに営業マンの歩合制の給料だけど、100万売上アップしても、吾輩の給料が100万上がる訳ではないのだ。

でも副業で100万売上アップしたら、それは全て吾輩の懐に入ってくるのだ!うおーっ、燃えるねー!!

 

もうこうなったら、完全にゲームしないよ。ゲームより楽しいんだもん、「稼ぐ」って。

ああ、楽しかったゲーム三昧の日々はもう戻らない・・・のか!?

 

 

大人になるとゲームがつまらなくなる理由について、まとめるよ!

4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s
それではまとめよう!

ゲーム大好きだった吾輩が、大人になるとゲームがつまらなくなった理由は以下の5つであるぞ!


1・ゲームシステムが「単純すぎ」て、つまらない。本当にリアリティを求めるなら、「年金システム」は必須だね!

2・「弱い勇者がステップアップして、最強になる冒険物語」に、いい加減飽きた。

3・ゲームの冒険は「終わりがある」からつまらない。でも人生の冒険は、「終わりがない」から楽しい!

4・リアルで「楽しい体験」をすると、ゲームの「バーチャル体験」では満足できなくなった!

5・「稼ぐ楽しさ」に目覚めると、ゲームをする暇すら勿体なく感じてしまうぞ!

「最近のゲームがつまらない」と感じたら、それは大人の階段を上ってしまったサイン。

もうゲームをして本気で感動した、あの純粋は日々には戻れませぬぞ!

吾輩も、もう戻りたくても戻れない。だって稼ぐの超楽しいんだもの。

 

だからこそ、ゲームが楽しいと感じるうちは、精一杯、ゲームした方がいいかもね。ゲームを知らないで、人生を終えてしまうかもしれないからね!

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。