レッスンを辞める前に知りたい、子供がピアノを練習しない原因と対応方法。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、2人の男の子を溺愛で育てるパパブロガーでございます。

 

せっかくピアノ教室に通っているのに、子供が全然練習しない

お金がもったいないから辞めさせようか迷うけど、本音を言ったらきちんと練習して音楽の楽しさを知って欲しい。そう悩む親御様も多いのではないでしょうか。

分かります、分かりますよ、そのお気持ち。だって、吾輩、3歳からピアノを習わせて頂きながらも全然練習しない子供でしたので。

なぜ子供(男の子)はピアノの練習をしないのか。そして練習しない子供にはどう対応したらいいのか。

今回はその秘密について探って参りましょう。

スポンサーリンク

ピアノの練習をしない原因。

3歳からピアノを習わせて頂きながらも練習せず、ただ月謝を湯水のごとく垂れ流しただけという親不幸をした吾輩。

こんな親不幸をしてしまう子供は、きっと吾輩だけではなかった・・・はず。

ではなぜ子供(男の子)はピアノの練習をしないのでしょうか。それは次のような原因かもしれませぬぞ。

 

ピアノができる環境のありがたみを知らない。

子供がピアノの練習をしないのは、ピアノができる環境のありがたみを知らないだけかもしれませぬ。

ピアノを練習するには、ピアノ本体を置く広いスペース、そして大きな音を出しても迷惑にならない環境が必要でございます。

大人になれば分かるけど、子供のうちって、ピアノができる環境がいかに貴重なのか、分からないのでありますよね。

特に親が音楽好きで教育熱心な場合、子供にとってピアノは身近すぎる存在になりすぎているかもしれませぬ。

ザク男爵
ピアノを習いたくても習えなかった友達の方が、いざ習い始めると熱心に練習しておりました。

本来、ピアノが弾けるって、ホントありがたいことなのでありますよねえ。

子供がピアノを練習しないのは、ピアノが弾ける環境のありがたみを知らないだけかもしれませぬ。

 

友達と一緒がよかっただけ。

ピアノレッスンに通っているのに、子供がピアノ練習をしない。その原因は、ただ友達と一緒がよかっただけではないでしょうか。

子供がピアノをやりたいという理由の中には、「友達と一緒だから」、「お兄ちゃん・お姉ちゃんと一緒だから」という理由もあるはず。

その理由が悪い訳ではありませぬが、肝心の相手がピアノから離れてしまうと、本人もピアノ熱が冷めてしまうことが多い。

レッスンに通い始めた頃はよく練習していたのに、最近はさっぱり練習しない。

そんなときは、一緒に頑張る相手、目標となる人がいなくなってしまったのかもしれませぬ。

 

周りが女の子ばっかりでつまらない。

そして男の子によくありがちな話として、周りが女の子ばっかりでつまらないから練習しない、ということだ。

「ピアノをやりたい!」と言ってみたものの、いざピアノ教室に行ってみると周りが女の子ばっかりだった。

女の子の輪の中に入ることができないと、子供ながら寂しい思いをしてしまうのでありますよね。

特に口数少ないシャイボーイな場合、かなりの確率で孤独な思いをしておりますでしょう。

そんな孤独な思いとピアノ練習がシンクロしてしまい、「練習、楽しくない」となってしまうのであります。

 

男の子の友達から評価されない。

そしてさらに男の子の場合、練習しない原因は男の子の友達から評価されないこともあるでしょう。

それは小さい男の子は、ピアノの美しさ・楽しさよりも、強さに興味があるからでございますよ。

だってほら、仮面ライダーにしろ、戦隊ものにしろ、基本的にずっと戦ってばっかりではありませぬか。戦って戦って、最後の最後まで戦って。

小さい男の子にとっては、「強くてかっこいい」こそ正義なのでありますよ。

だからそんな時期にピアノを弾いても、周りの男の子の友達から正当に評価されない訳でして。そればかりか、「ピアノ?女みたい。」とよく分からない差別を受けることもある訳で。

そんなことが続いてしまうと、ピアノがつまらなくなり、練習しなくなってしまうのであります。

3歳男の子をピアノ教室に通う前に!知っておきたいピアノを続ける上での注意点。

2017.04.05

 

子供が練習しなかったら・・・

KIMG0662子供(男の子)が練習しない原因、そして練習しなくなる気持ちもなんとなく分かりました。

しかしでは子供が練習をしなかったら、吾輩たち親はどうしたらいいのでしょうか。

 

レッスンは辞めていい。

子供が練習しない。そんなときはレッスンを辞めてもいい。吾輩はそう思っておりますぞ。

その理由はシンプルで、お金がもったいないからであります。練習しない、やりたくないのに、どうしてレッスンに行く必要があるのでしょうか。

また子供にとっても、いやいやピアノレッスンに通うのはストレスですから。実際、吾輩もピアノレッスンに行くのがイヤでイヤで仕方のなかった時期もありました。

しかしレッスンを辞めると、それまでの努力が無駄になる、子供の将来の可能性がなくなる。そんな心配もありますよね。

でもご安心下さいませ。ピアノのレッスンを辞めてもそれまでの努力は無駄にはならないし、将来の可能性だってなくなりませぬから。

 

回り道してもいい。

ピアノのレッスンを辞めてもいいと思うのは、子供が回り道をしてもいいと思っているからだ。

愛する子供には苦労をして欲しくないと思う反面、もう一人の自分が「もっと苦労をしろ」とささやいているのでありますよ。

ピアノを途中で辞めたらブランクができて、それまで覚えたことは忘れるでしょう。同時期に始めた友達に差をつけられ、後から始めた友達には追い抜かれるでしょう。

辞めたくて辞めたピアノなのに、辞めたことが原因で辛い思いをすることもあるし、後悔することもあるはずだ。

しかし吾輩は、そんなこともひっくるめて、子供には経験して欲しいのであります。

ザク男爵
子供時代に経験した辛い思い、後悔の自責の念。それは今後、大人になっても忘れることはないでしょう。

その悔しさを忘れないで、頑張って欲しいのであります。

子供の人生は長い。回り道になるかもしれませぬが、一度ピアノから離れてみるのも、結果的にはうまくいくかもしれませぬ。

 

アンサンブルする楽しみを。

そして最後に、ピアノのレッスンを辞める前に一度お試し頂きたいことがございます。

それはアンサンブルする楽しみを経験させてみることでございます。

ピアノの練習がつまらないと感じているのは、一人でもくもくと作業している感覚に陥っているからかもしれませぬ。

ソロで自由に弾くのも楽しいけど、音楽はアンサンブルすることで、もっともっと楽しめるものでございますから。

連弾で子供と一緒にピアノをするのもよし、ギターやベースで伴奏するのも楽しいでしょう。

ザク男爵
吾輩は学生時代フルートを吹いておりました。

吾輩の夢は子供の伴奏でフルートを吹くことでございます。主役は吾輩でございます。

・・・やれやれ・・・。

一人でやっていてつまらないなら、みんなで一緒にアンサンブルしましょうよ。家族で一緒に練習したら、きっと楽しいですよ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

子供(男の子)がピアノを練習しない原因と対応は次の通りでございますぞ。

【ピアノを練習しない原因】

1・ピアノができる環境のありがたみを知らない。

2・友達と一緒がよかっただけ。

3・周りが女の子ばっかりでつまらない。

4・男の子の友達から評価されない。

【対応方法】

1・レッスンは辞めていい。回り道させてみる。

2・アンサンブルする楽しみを教えてあげる。

せっかくピアノレッスンに通わせてあげているのに、子供が練習をしない。1円足りとて無駄にしたくないのに、お金を湯水のごとく捨ててる感覚は何なのでしょうか。

しかし子供が練習しないのには、必ず原因があるはずでございます。あまり感情的にならず、冷静に様子を見てあげるといいでしょう。

レッスンも辞めてしまって大丈夫でございますよ。多少回り道になったとしても、ピアノを離れたからこそ身に染みることもありますから。

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。