子供連れにお勧め!わんぱく公園(栃木県壬生町)は無料で遊べる最高の公園だ!

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

子供が2歳、3歳とある程度大きくなって、休日のお出かけスポットに困ってませんか!?

 

「子供とお出かけはしたいけど、あんまりお金はつかいたくない!でも、思いっきり遊べる場所がいい!」

 

そんな節約志向なあなたにお勧めしたいのが、栃木県壬生町にある「わんぱく公園」でございます。

わんぱく公園は、

・とても広大で、

・キレイで

・楽しい上に、全然お金を使わないで遊べてしまう、

まさに神々のような公園なのです。

 

この記事では、わんぱく公園の魅力を徹底的に紹介をさせて頂きましょう。

私もリピーターで何度も通っている、とってもおすすめな公園ですよ!

スポンサーリンク

わんぱく公園の基本情報。

まずは、とちぎわんぱく公園の基本情報を書かせて頂きましょう。

 

基本情報

正式名称:栃木わんぱく公園

入場料:無料(一部有料施設あり)

駐車場:あり(合計1,000台)、無料

休園日:なし(ただし、公園施設は火曜日が定休日。火曜日が祝日の場合は、翌日。)

 

開園時間:

・公園の開園時間

4月~9月:8:30~18:30

10月~3月:8:30~17:30

 

・施設の開園時間(こどもの城、ぱなぱなのまち・ふしぎの船など)

4月~9月:9:30~17:30

10月~3月:9:30~16:30

 

アクセス・駐車場

壬生インターのすぐそばでアクセス良好。県外ナンバーの車も多数見かけます。

 

また駐車場は合計1,000台もあるので、「満車で駐車できない」ということはありません。

しかし繁忙期(特にGW)は、公園近くの駐車場が満車になり、とても遠くの駐車場に誘導されてしまいます。

混雑を避けたいなら、午前10時までに公園につくと、公園の近くの駐車場に止められますよ。

 

注意事項

キレイな公園でみんなが快適に遊ぶためには、公園のルールを守る必要がございます。

・ゴミは持ち帰りましょう!

・ペットはリードを短く付けること。

・自転車、ランニングバイクの乗り入れ禁止。

・園内は分煙。

そして何よりも重要なのが、「小さい子供から目を離さない」ことです。

園内は端から端まで見渡せないほど広大なものですから、迷子になったら探すのは至難の業です。

 

わんぱく公園に到着!

さて、今回は私と長男、次男の3人男旅でわんぱく公園に行ってきました!

午前10時頃に公園につくと、公園の近くの駐車場に止められるから移動が楽なのです。

 

正門の「もりぞう」、子供たちから恐れられる・・・。

kimg1208正門で迎えてくれるのは、「もりぞう」。

眠たそうな目つきをしていますが、子供たちにとっては怖い存在みたいです。

その気持ちも分からないでもありませんが・・・。だってもりぞうは、前触れなく目が動いて、突然しゃべりますからね。

・・・びびるわ、大人でもっ!

 

正門入り口の「カナール」は、水遊びスポットにお勧め。

kimg1209

もりぞうの恐怖を通り過ぎると、すぐに「カナール」と呼ばれる水路につきます。

こちらのカナールは、中に入って水遊びができるので、夏の水遊びスポットにおすすめです。ぜひ水着持参で水遊びしましょう。

%e3%82%ab%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ab

ですが仮に水着を持っていなくても、他の子供が楽しく遊ぶ光景をみていると、子供は我慢できずに服のまま川にダイブする結果になるでしょう。

ザク男爵
着替えは必須アイテムでありますぞ!

 

わんぱくトレインに乗ろう!

カナールをすぎると、わんぱくトレインの発着場があります。

わんぱくトレインは、園内を周回しております。

乗り物大好き子供は楽しめ、歩きたくない大人は楽できます。

 

・・・ぜひ乗りましょう。

 

SLのバス?・・・かっこいいやないかい・・・!

kimg1212わんぱくトレインは、SL風にカスタマイズした車です。

・・・あ、失敬、トレインですね。

トレイン風の車に、客車を引っ張ってもらいます。

 

わんぱくトレインは、定期的に園内をぐるぐると周回してます。

これがですね、すごいのですよ、子供うけが。

SLのエンジン(?)からは、人工的なエンジンサウンドがスピーカーから聞こえますが、それを誤魔化す(!)ように蒸気のサウンドを流す憎い演出もあります。

長男
パパ!パパ!SLのバス乗ろう!SLのバス乗ろう!

うちの長男に言わせると、SLの「バス」だそうです。

 

1区画100円(子供50円)。1周しても、300円!

kimg1213わんぱくトレインのお値段は、1区画100円(3歳以上中学生まで50円)。

わんぱくトレインは、園内の3つの停留場を巡っているから、1周(3区画分)してもたった300円という、超良心的なお値段。節約の鬼としての顔も持つ私にとっては、うれしい限りでございます。

 

お勧めは「2区画」乗って、園の反対側に行くこと!

kimg1222わんぱくトレインのお勧めの乗り方は、「2区画」乗って、園の反対側に行くことです。

 

・・・なぜって?やだなー、本当は分かっていらっしゃるくせにー。

 

園の反対側に行く理由は、公園が広すぎるからですよ。

とてもとても三十路のおじさんが歩くのにはキツイのです。

いや、公園に来たときはテンションも上がって、元気も残ってますよ?

長男
パパ!パパ!こっち、こっちーー!!
ザク男爵
ははは、まてまて~早いな~まてまて~ははは~

と、脳内バラ色に染まりながらスキップして、どんどん公園の奥へ進んで行くのです。

 

ですが公園の奥まで進んで、「ひとしきり遊んだから帰ろうかな・・・」となったときに、

長男
・・・パパ、抱っこ・・・

と、なるのがオチなのですよ。これはもう決まってこのパターンではありませんか?

 

かわいい息子たちの甘えるポーズに逆らえることもできず、二人を抱きかかえて、パパは公園の入り口まで一人で歩くのです。

ザク男爵
重い・・・けど、かわいいから許す!けどやっぱり重い・・・いいんや、かわいいから許す!

・・・やっぱり重い!少し歩けーい!!

長男
ピギィィィ~!

 

ですので、わんぱくトレインに乗って反対側に行きましょう。

そして反対側からゆっくり公園の入り口に向かって、遊びながら帰ってきましょう。

もちろん、この逆のパターンもありですけどね。

 

みどりの丘~冒険の湖へ

今回、私は正門のカナールからわんぱくトレインに乗って、壬生ハイウェイパーク入口(2区画分)まで移動しました。

さあ、ここからゆっくり遊びながら、入口を目指していきましょう!

 

みどりの丘は、日陰が多いから夏のピクニックにお勧め。

kimg1225みどりの丘は背の高い木がたくさん生えていて、日陰が多いスポットです。

だから夏場のピクニックでシートを広げるならば、最高のポジションでお勧めです。

しかし早く場所取りをしないと、あれよあれよとなくなってしまいますよ。

 

そしてみどりの丘には、オール木造の自然派アスレチックもあります。

kimg1230

この自然派なアスレチックは、どこからどうみても秘密基地みたいではありませんか?

子供たちがここに遊びにくると、必ず忍者のように隠れてしまうので探すのが大変でございます。

 

冒険の湖は穴場的スポット!?

kimg1231冒険の湖は公園の隅っこにある、いわば穴場的スポットです。園内を流れる小川の終着点でもあります。

湖の中に、小さな小島があり、そこからの展望はなかなかの絶景です。

とても素敵なスポットなのですが、実はあまり知られていない場所です。

 

なぜならここは公園の隅っこなので、とにかく目立たないのですよ。

夏場限定ですが、こちらでカヌー教室が行われております。芝生でピクニックもいいですが、湖でカヌーを漕ぐのも素敵ではありませんか。

 

風の広場はピクニックに最高!

kimg1234少し遠回りになりますが、冒険の湖を通っても、風の広場に抜けられます。

風の広場こそ、わんぱく公園の醍醐味です。

 

・・・なんと言うことでしょうか、遠く彼方まで見渡せて、さながら果てしなく続く地平線ではありませせんか。

 

これぞまさにピクニックの聖地です。

トップシーズン(4月~GW、9月~10月)は、色鮮やかなブルーシートだらけになりますよ。

ちなみにテントを張ってもOKです。

周囲の迷惑にならないような大きさなら、ぜひテントを張ってピクニックをしましょう。

 

小川も流れている!

kimg1236

風の広場には、小川が流れております。しかもこの小川は「どうぞ入って下さい」と、言わんばかりの無防備さです。

その無防備さゆえに、夏にはちびっ子たちが川に入ってジャブジャブしておりますよ。

 

そんな楽しそうな姿を見ると、大人たちもつい童心に帰ってはしゃいでしまうもの。

長男
パパ!パパ!こっち、こっち!
ザク男爵
ははは、待て待て~、危ないぞ~気をつけろよ~(つる・・どぼん・・・)

だいたい先に川に落ちるのは、私なのですけどね。

 

夢花壇を通って、正門に帰ってきた!

kimg1241風の広場で遊びきったら、夢花壇を通って正門に戻りましょう。

入口に流れていたカナールは、夢花壇で滝のように流れて、とても美しい光景です。

随所には美しい花があります。季節おりおりの美しい花は、社会の荒波ですさんだ私の心を癒してくれます。

 

雨の日でも楽しめる、「こどもの城」!

kimg1169わんぱく公園は天気が悪くても楽しめる、「こどもの城」もあります。

こどもの城は屋内型外遊び体験施設です。

雨の日も雪の日も、ここなら思う存分体を使って遊ぶことができますよ。

 

首長恐竜の「ももちゃん」は普通に怖い。

kimg1166こどもの城で最初に目につくのは、ピンク色した首長恐竜の「ももちゃん」。

これはですね、普通に怖いです・・・。

%e3%82%82%e3%82%82%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93
ザク男爵
今まさに食われようとしている瞬間としか思えません。

ももちゃんと会話して遊ぶみたいけど、ももちゃんは、「ぐおーーーー」ってしか吠えませんから。何言ってるか、分かりませんからーーー!!(音声による翻訳はあります。)

4歳の長男はびびりながらも、なんとかももちゃんと会話できたみたい。けど2歳の次男は怖がって逃げだしましたよ。

 

砂場の砂質が最高にいい。

kimg1175ももちゃんのしっぽの滑り台をすべった先は、砂場になっています。

屋外にある普通の砂場は、砂以外にも不純物(猫のフンなど)が含まれており、触るのに若干抵抗が残ります。

ですが子供の城の砂場は、最高なんですよ。

 

ご覧ください、この純度の高い砂を!!kimg1179さすが室内の砂!

屋外の何が入っているか分からぬ砂とは、純度が違います。

透明感のある触り心地とは、まさにこのこと。サラサラして指の間からこぼれていきます。

 

室内でも水遊びができるとは!!

kimg1155室内施設だからと言って、侮ってはいけません。こどもの城には、水遊びができる場所もあります。

ここも大人がはしゃぎすぎて池に落ちないよう注意しましょう!

 

まとめ:ここまで遊べて無料とは、神すぎる。

それでは、まとめよう!

栃木の壬生にあるわんぱく公園は、次のような公園です。

1・とにかく広い。芝生が最高、ピクニックに最適。

2・水遊びスポットが豊富。

3・わんぱくトレインが楽しい。

4・雨の日でも、「こどもの城」で遊べる。(しかも無料)

私は何度もわんぱく公園に通ってますが、まだ1回も行ったことのないエリアがあるほど、広大な公園です。

公園の他にもおもちゃ博物館(有料)が併設されてたり、見どころ盛り沢山なのです。

 

今回使ったお金は、わんぱくトレインの300円のみです。

 

「全身筋肉痛になるまで遊べて、使ったお金が300円とは・・・。」

 

外遊びでお金を使いたくない、節約志向の人にもお勧めですね

わんぱく公園のトップシーズンは、春と秋。もちろん、それ以外の季節でも十分楽しめます。

ぜひお金をかけずに、最高に楽しい子育ての思い出をわんぱく公園で作りましょう。

それでは、また!

3歳から楽しめる「宇都宮八幡山公園」がお勧め。無料でゴーカートも乗れる!

2017.09.05

美しすぎる!1歳の子供が安心して外遊びできる「宇都宮中央公園」がお勧め!

2017.07.27

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。