30代で仕事に悩まない為に20代ですべきこと、後悔してること5つ!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)である!

栃木の亭主関白ブロガーであるよ!

 

30代半ばにもなってくると、それまでのやり方が通用しなくなってくる。

もちろん、体力的な衰えもその1つ。

 

でも決定的に違うのは、ライフステージが1つ、上がっていくことであるぞ!そう、「立ち位置」が変わってくるのだ。

30代にもなると、結婚して子供も生まれてくる。それまでの気楽な独身時代とは違った立ち位置が求められる。

 

さらに会社でも今までは若手だったのに、後輩が入ってきて、いつの間にか「教える立場」に変わっていくしね。

だから30代になる前に、20代でしかできないことをしっかりやっておくべきなのだ。30代になってからやり直すことできないからね。

 

でも吾輩、色々と20代でやるべきことやり残してきてしまったようであるぞ!かなり後悔!

そこで今日は、20代のうちにすべきことについてまとめていくよ!

 

スポンサーリンク
早寝早起きの生活習慣を身に付けておけばよかった!30代で夜型は通用しないよ!


08e52cdf6522eafd070571b437159297_s
30代を過ぎると、自分でもものすごく重要だと実感すること、それは「睡眠時間」。

 

20代、いやもっと言えば10代の頃なんて、1日4時間寝れば次の日も元気に過ごせた。

たまに徹夜なんてしちゃっても余裕余裕。ちょっと眠いぐらいで、1日乗り切れちゃうのだ。若いってすごいよね。

 

でも30歳をすぎると、ちょっと睡眠時間を削っただけで、めっちゃくちゃ眠いのだ。マジで眠くて眠くて、寝せて下さい、お願いしますだ!っていうぐらい、眠い。

 

ここ最近吾輩は、夜1時就寝の朝7時起床。つまり、1日6時間睡眠であるね。

29歳、30歳の頃はこれで全然余裕だった。でも今は正直この睡眠時間では足りないのだ!毎日眠いでございますぞ!

 

だから30代になると、睡眠時間を削って仕事をしたり、遊んだりするのが難しくなる。

 

無理して睡眠時間を削ると、次の日は本気で眠くて何も手につかなくて1日無駄にしてしまうぞ!

ええ、吾輩、もっと20代の頃から早寝早起きの習慣をつけておけばよかった!と、後悔しているのだ。

 

夜型の生活習慣に限界を感じ始めた30代半ば。30代になると、朝型にシフトしないと体がついていけなくなるよ!

 

 

仕事の実績を作っておいてよかった!実績のない先輩は、後輩からは先輩扱いされないぞ!

-shared-img-thumb-Green13_motanaikioku20141123170807_TP_V
30代になると会社での立ち位置も、20代の頃のような「若手」とは一線を画してくるのだ!


20代の頃は「若手」として、教えてもらうことが多かったけど、30代にもなると逆に教える立場になってしまうのだ。本人が望まなくてもね!

 

後輩、部下ができて、仕事をきちんと教えてあげられるならまだいい。

でも悲惨なのは、後輩から仕事の質問を受けても、ろくに答えられないことであるぞ!後輩は鋭いから、「あ、この先輩、分かってないな!」って一瞬で見抜かれて小バカにされちゃうのだ!

 

だから後輩が入ってきた頃に重要になってくるのが、仕事の実績。

売上を1000万/月作り上げた!とか、新規顧客を100件開拓した!とか、そんな実績が重要になるのだ。

 

と、言うのは30代になると、体力的に影が見え始めるのだ。もちろん、先述の睡眠時間もそうだよね。

若い20代の時みたいに、寝なくても全然余裕!ではなくなってくるのだ。

 

つまり体力的には、もう20代には勝てないことを実感するのが、30代。どうあがいたって、吾輩は20代の若武者には敵いませぬな!

 

だから実績が必要になるのだ。

吾輩の場合、売上ゼロから始めて「1,500万/月の売上を作った実績」「新規顧客を100件開拓した実績」があるのだ。

 

実績の素晴らしいところは、「積み重ね」ができること。ちょっとした実績を毎日、毎週、毎月、毎年、積み重ねて、誰も到達できない実績を作り上げることができるのだ。

 

そう、実績は1日では作ることができないのだ!

どんな優秀な若い新人が来ても、この長年に渡って積み重ねた実績を作るには、相当な努力と時間が必要。

1年、2年と頑張ったぐらいでは、吾輩の実績を越えることはできないよ、マジで!

 

そんな実績を20代の頃に作っておいて本当によかった。

優秀な後輩が来ても、生意気な後輩が来ても、吾輩は落ち着いて実績の積み重ねを続けていけばいいのだ。この安心感はハンパないですぞ!

 

逆に30代にもなって、大した実績がないのは致命的。

あっという間に後輩にそのポジション、奪われてしまいますぞ!

 

こんな記事も書いてます!
脱・いい人!生意気な後輩に舐められるときに解決する4つの方法!

 

 

結婚して子供が生まれていてよかった!30代では、「仕事では1番になれない現実」を知ってしまうぞ!

f7bb64aa9c978092a18660aeaeed2871_s
吾輩、結婚も子供も早かった。結婚が25歳の時、長男が28歳の時に生まれているのだ。

吾輩が結婚・子供が生まれた頃は、まだ同級生は独身が多くて、みんな楽しそうに遊んでるのがちょっとうらやましかった。

でも30代半ばになった今、結婚も子供も早くて本当によかった!って思ってるよ!

 

その理由は、仕事では絶対に1番になれないことを知ってしまったからであるぞ!

ええ、これ、寂しいねえ・・・。でも事実なのだ。吾輩、仕事では絶対に1番にはなれない。断言できる。

うむ、これは別に吾輩に限った話ではないよ!世の多くの「労働者」はどんなに努力したって、1番には絶対なれないのだ。

 

じゃあ1番になるのは、誰かって?それはもちろん、「社長」だったり、「経営者」だったり、「上司」なのだ。

 

相手が上司なら、運と努力があれば、そのポジションを取って変わることもできるだろう。

でも相手が「社長」、「経営者」だったら、無理。マジで勝てませぬぞ!この戦いは!

 

だって吾輩が営業でいい成績を収めれば収めるほど、「社長」、「経営者」の財布はより豊かになっていくのだ。

 

彼らの財布が豊かになって初めて、吾輩の財布にその「おこぼれ」がやってくるのだからね。そりゃいつまで頑張っても、絶対に勝てないよ!

うわー、悲しいねー、これは。でもこれが資本主義の現実。それが嫌なら、リスクを取って資産家になるしかないしね。

 

 

なら吾輩も自分で商売を始めてればいい!と思うけど、世の中マジで甘くない。

吾輩だって、結構マジで副業でブログ運営しているのだ。それでも思うような結果はなかなかでないよ!

 

それにブログ界には、「プロ・ブロガー」を名乗る、イケダハヤト(イケハヤ先生)なんて狂敵もいる訳だしね!凡人が勝てる相手ではございませぬな!

 

イケダハヤト(イケハヤ先生)について、こんな記事も書いてます!
炎上するブログ運営!イケダハヤトの「炎上」をマネしたら失敗したよ!

 

 

吾輩は仕事では1番には絶対なれない。そう思うと、目の前が真っ暗になるようだ。

 

でもそんな辛い状況でも生きる希望をくれるのが、「家族」なのだ。妻であり、子供であるよ!

もう吾輩にとって、生きるとはすなわち、家族の為。妻の為、子供の為であるのだ!

 

20代ではこの事実に気が付かなくても、30代、遅くても40代にもなればどんな人でもいい加減気が付く。

「ああ、俺は仕事じゃ1番になれないんだ」って。

 

だからこそ、家族が必要なのだ。本当に。

そんな状況を救ってくれるのは、家族の温もりであるよ。早く結婚して、早く子供生まれて本当によかった!

 

 

副業をもっと早く始めればよかった!平均年収で給料は頭打ちになるよ!

4447ca0b57422650e9621f7fbdb63492_s
20代の頃はある意味、今よりももっと一生懸命仕事をしていた。

それはその頃の給料が今よりも安くて余裕がなかったのもあるけど、何より一生懸命仕事をしたら、その分しっかり昇給されていたからなのだ。

 

吾輩、今でももちろん昇給してもらってるよ!でもその「上がり幅」が明らかに少なくなってきているのだ。そう、つまり、「頭打ち」ってことだね!

 

今年の収入は年収450万くらいだろうか。平均年収を越えはじめた頃から、「低成長時代」に突入したのだ。

 

 

そんな時に重要になるのが「副業」。吾輩は「ブログ副業」をしているぞ!

副業なら、頑張れば頑張った分だけ、全部自分の収入になるからね!

 

本業を頑張っていた時は、この先もずっとこのペースで昇給していくものだと信じていた吾輩。でもそれは間違っていた。

労働者の給料は、ある一定、おそらく平均値で均されるように、昇給はどこかのタイミングでストップする。必ず。

そこから先の昇給があるのは、ほんの「1部の労働者」、もしくは「労働者から役員になれた人」だけでございましょう!ええ、吾輩にはきっと縁のない話!

 

だから吾輩、もっと早く「副業」を始めていればよかった!と思っているのだ。

そうだね、やっぱり20代の頃から始めて、積み上げていけば、きっと30代の頃には形になってたはずだね!

 

副業は絶対早いうちに始めるべき。それは労働者の給料は、ある一定の水準で必ずストップするから。どんなに優秀な労働者でもね!

 

 

友達との連絡をもっとマメにしておけばよかった!

46c44e147baed2df9dce0a4584a7ab50_s
仕事面でも後悔していることも多いけど、それ以上に後悔しているのは「友人関係」であるね。

ええ、吾輩、もっと友人を大切にしていればよかったと思ってるよ。

いやそれは日頃の付合いが悪いとか、もっと優しくすればよかったとか、そういう意味ではないよ!

 

吾輩は、勝手に「いつでも会える」「またきっと会える」と思って、日頃の連絡、誕生日の連絡をおろそかにしていたのだ。

でもそれは違った。

 

20代がすぎ、30代にもなると、さすがに既婚者、そして子供が生まれてくる。

「いつでも会える」と勝手に思ってたけど、「全然会えない」のが現実。

学生時代はあんなに仲良くて、毎日ずっと一緒にいたあいつも、気が付いたらめっちゃ疎遠になってしまったとか。これは悲しいよね。

 

それに気が付いた30代半ば。過ぎた時間を取り戻すように、急いでマメに連絡してみるけど、やっぱり何か違う気がするのだ。

うむ吾輩、20代の頃からもっと友人にもっとマメに連絡する習慣を付けていればよかったと後悔しているのだ!

 

今やSNSで、「○○さんが誕生日です!」って親切にも教えてくれるよね。だからもっと気楽に、マメに、「おめでとう!」って連絡していればよかった。

 

20代のうちにすべきこと、やらずに後悔していることについて、まとめるよ!

4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s
それではまとめよう!

20代のうちにすべきこと、やらずに後悔していることは、以下の5つであるぞ!

1・早寝早起きの習慣を身に付けておけばよかった!30代では「夜型」は通用しないぞ!

2・仕事の実績を作っておいてよかった!体力的には20代には、もう勝てないよ!

3・早く結婚して、子供が生まれてよかった!30代では「仕事で1番になれない事実」に気か付くぞ!

4・副業をもっと早く始めればよかった!平均年収で昇給は頭打ちになってくるよ!

5・友達との連絡をもっとマメにしておけばよかった!30代になると、「いつでも会える」は、「会えたら奇跡」になるよ!

10代の頃は何も怖くなかった。自分は無敵だと思ってた。

電車で目の前に座ったサラリーマンに、意味もなくがん飛ばし続けた。

 

20代の頃は、努力をすれば必ず結果が出る、報われる、成功できる。そう信じていた。

仕事でも実績作れたし、結婚もできたし、子供も生まれた。このままのペースで上昇できると思ってた。

 

でも今までのやり方では通用しなくなってきて、「低成長時代」が眼前に迫ってきたのが、今、30代半ばであるよ!

特に昇給のペースが落ちてきたのは、リアルに死活問題であるね!

 

と言う訳で、吾輩、常に新しい生き方を手さぐりしながら、これからの30代後半戦を乗り切っていく所存でございますぞ!

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。