年収400万で妻が専業主婦(シングルインカム)で感じたメリットとデメリットとは?

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、2人の男の子を溺愛で育てるパパブロガーでございます。

 

吾輩は妻が専業主婦であることが、実は大変自慢なのであります。

それは、妻に「働く自由をプレゼント」したいからだ。働きたいなら、働けばいい。働きたくないなら、働かなくていい。

・・・実に素晴らしい。実に贅沢でございます。吾輩はそれを他の誰よりも、妻にプレゼントしたいのであります。

 

しかしとは言っても、妻が専業主婦である為には、お金が必要であります。

吾輩は一生懸命働きましたが、悔しくも年収300万だった頃があるのです。そんなとき、吾輩は常々思っていたことがあるのです。

ザク男爵
・・・辛い。とにかく辛いであります。・・・はらり・・・

とにかくお金がなくて辛かったのであります。

しかしそんな吾輩の妻も専業主婦になり、早6年が経ちました。マジでヤバいピンチもたくさん切り抜けて参りました。

そこで今回は、妻が専業主婦、シングルインカムのメリット・デメリットについて解説しながら、楽しく暮らすヒントについて語っていきたいと思いますぞ。

スポンサーリンク

年収300万で妻が専業主婦。

吾輩は年収300万ながら、妻は専業主婦でございました。

その当時のことを思い返すと、楽しい思い出もありますが、ほろ苦い思い出もたくさんあります。

 

本気で破産を覚悟した。

妻が専業主婦になったのは、長男を妊娠したときだ。妻は妊娠をきっかけに、パートを退職し専業主婦になったのであります。

年収300万だった吾輩は、妻の収入のおかげで貧困から目を反らしながら生きていましたが、シングルインカムになることで、否応なくその現実を突きつけられたのでございます。

ただでさえ年収300万は貧困レベルなのに、これから子供が生まれてくる。出産費用は?おむつ、ミルクの費用は?ベビー用品は?吾輩は一気に不安に襲われました。

ザク男爵
どれどれ、ちょっとシミュレーションしてみましょうか。

・・・毎月赤字やないかい。

毎月赤字。これは予想以上に恐怖な出来事でございました。

毎月赤字になった分は、子供手当、ボーナスで赤字を補てんする日々。そんな中で見たのは、希望の光ではなく、「もしかしたら破産するかも?」というイヤな意味での覚悟であったのだ。

 

初めての子供が生まれたのに、満足に育児用品を買ってあげられなかった。そんな自責の念もあったが、それ以上に吾輩は毎日を生きるのに必死だった。

節約するのは当たり前。しかし節約しても節約してもお金が足りない。足りないお金は貯金を切り崩して生活する。

そんなアンデットな毎日を過ごすうちに、吾輩はあることを悟ったのであります。

ザク男爵
働いても、節約しても、一向に暮らしは楽になりませぬ。

ははー、なるほど、つまり、生産性を上げて効率よく稼ぐしか生きる道はないのでありますな。

生きる為には収入を増やすしかない。吾輩の中で、何かが変わった瞬間でございました。

限界まで節約した結果、収入を増やした方が効率がいいと思った理由。

2016.09.28

 

年収400万で妻が専業主婦。

一生懸命働くだけではダメだ。稼がなアカン。ようやく社会の仕組みを理解した吾輩は、その後順調に大人の階段を上ることで、年収は300万から400万になったのであります。

 

年収400万で妻が専業主婦→ちょっと背伸びすると、すぐ貧困。

年収300万から100万円収入が増えることで家計にも余裕ができて、問題も解決されたように思えた。

しかしフタを開けてみると、「背伸びをすると、すぐ貧困」という現実だったのだ。

それまでと同じように生活している分には問題ない。むしろ、収入が増えた分だけ、お金もあまり、貯金もできる。

 

でもお金が中途半端にあまるものだから、「使いたい衝動」がハンパなく襲ってくるのでありますよね。特にレジャー費。子供も大きくなってきたし、ちょっとお出かけしちゃおう、とか。外食しちゃおう、とか。

で、あまったお金を使っていると、当然ながらお金が全然余らない訳でして。子供に貧しい思いをさせたくなくて収入を増やしたのに、この結果はなんじゃらほいと。

年収400万と言えど、ちょっと背伸びしてお金を使うと、気が付いたらお金がない。また貧困に逆戻りしてしまうのであります。

 

だから吾輩はレジャー費を節約するべく、お金を使わない遊びをたくさん開発いたしました。

だってもうイヤでありますから。貯まったお金でパーっと遊ぶのもいいですが、それでまた貧困に戻るとか、もうイヤでございますので。堅実にお金は使わせて頂きます。

年収400万でのシングルインカムは、普通に節約したら普通に貯金もできるレベル。でもちょっと背伸びしてお金を使うと、元の年収300万と何も変わらない生活に逆戻り。そんな紙一重の状態でありました。

もう限界!?節約に疲れたら実践したい、お金を使わない遊び・趣味 8つ!

2016.04.15

余裕が家計を圧迫!年収400万の現実は、貧困予備軍だった。

2017.04.30

 

シングルインカムのメリット。
509f8dd1cf323d41849591770efe428f_s

年収300万、年収400万とシングルインカムで切り抜けた吾輩でございますが、幾多のピンチを切り抜けるうちに、シングルインカムのメリットに気が付き始めたのであります。

 

貯金体質の家計。

シングルインカムのメリットは、収入に不安があるからこそ鍛えられる、貯金体質の家計になれることでしょう。

シングルインカムは共働きに比べて収入に不安があるものの、節約しようという意識が強くなり、無駄のない貯金体質の家計になれるのだ。

貯金体質の家計に一度でもなってしまえば、その後がホント楽なのでありますよね。

だって、日頃からお金を使わない暮らしが身にしみているから、ほっといてもお金が貯まっていく・・・というね。

この状態で収入が増え始めると、その勢いは誰にも止められませぬぞ。ガンガン稼いでドンドンお金が貯まる。そんな無敵状態になれるのであります。

シングルインカムは収入に不安がある。でも、だからこそ日々に節約が磨かれて、マッスルな貯金体質になれるのであります。

年間100万円貯金を年収400万(4人家族)で達成した、気付いたらお金の貯まる家計簿の使い方。

2017.03.09

 

「もし万が一」のピンチに強いのも、シングルインカム。

またシングルインカムは、「もし万が一のピンチに強い」ということもメリットでありましょう。

それはもし夫の収入が下がったとしても、実は余裕がある、ということでありますぞ。

なぜなら、そもそも収入の少ない状態で生きていける家計であるし、普段からの節約の習慣も付いている。

そして本当に困った時は、いつでもダブルインカムになればいいのでありますから。

別に吾輩が無職になってから妻が働く訳ではないのですよ。今の収入に限界を感じた時点で、働きだしてもいい訳ですから。住宅ローン返済が苦しいとか、私立学校の学費が苦しいとか。

つまり、シングルインカムはいつでもダブルインカムになれる。これは大変重要でございます。

しかし、この逆は成り立ちませぬ。ダブルインカムは、なかなかシングルインカムには戻れませぬ。それはダブルインカムでの収入ベースで、生活が設計されているからだ。その収入がなければ、生活は成り立たないのだ。

 

シングルインカムで「家計がヤバいです」、なんて言っても、それは半分ウソであります。

本当はシングルインカム特有の「余裕」が見え隠れしてるのでありますよね、それは。

シングルインカムはいつでもダブルインカムになれる。そしてその余裕がある。

このメリットは想像以上であります。

 

シングルインカムのデメリット。

bsfreee151108309478しかしそんなシングルインカムにもデメリットはある。それは目に見えるお金が、圧倒的に少ないことだ。

 

生涯賃金では大きな差になる。

そんな隠れ余裕しゃくしゃくな生活をするシングルインカムも、生涯賃金では圧倒的に不利だ。

仮に妻が年収200万稼いでいたら、3年間で600万。5年で1,000万。10年で2,000万・・・っと、年を追うごとに大きな金額になっていくのだ。

吾輩の妻は専業主婦早6年。つまり働き続けるという選択をしていたら、年収200万であれば、6年間で1200万の実質マイナスという計算になる。余裕ぶってる間に実質マイナス、大変恐ろしいことです。

 

シングルインカムは隠れた余裕があるけど、長期的に見たら収入に大きな差が出る。

お金がなくても楽しめることはたくさんあるけど、お金があったらもっと楽しいことは事実な訳で。

稼いだお金を無駄に使うぐらいならシングルインカムの方がいいかもしれないが、稼いだお金を適切に使えるならダブルインカムは最強かもしれませぬ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

シングルインカムのメリット・デメリットは次の通りでございますぞ。

【メリット】

1・強力な貯金体質の家計になれる。

2・もし万が一に強い。

【デメリット】

1・生涯年収では大きな差になる。

思い起こせば、妻が専業主婦になってから山あり谷あり、色々ございました。お金が足りなくてケンカしたこともあったし、妻にたくさん我慢させたこともありました。

しかしやはり妻が専業主婦で居てくれたのは、この上ない幸せだったなと。吾輩はそう思う訳であります。

シングルインカムにはメリット・デメリットありますが、収入が少なくてもシングルインカムができない訳ではありませぬ。

愛と工夫で乗り切りましょう!

それでは、アディオス!

 

4 件のコメント

  • 主人の年収300万です。
    が、私はかれこれ5.6年程専業主婦です。
    子供は3人です。住んでいる場所にもよるのかもしれませんが生活できています。
    贅沢は出来ませんし、旅行などにも行けませんがそれなりにはやっていけますよ。
    ただ将来のことを考えればいつかは働きに出なければとは思っています。

  • コメントありがとうございます。
    なんと!それはすごいですね!きっと家計は「最強」なことと察します。
    コメントの文章から、何やら幸せな感じが伝わってきて、こちらも幸せな気分を分けてもらったようです。
    また読んで頂ければ幸いです。

  • こんばんは~
    早く結婚したので、当時主人の収入だけではかなり厳しくて 汗
    まだ子供が小さいのに、仕事をしてました。
    収入は二人分で余裕があるハズなのに
    つい外食が増えてしまったり、身を飾る物にお金がかかったり・・で
    楽だったとは思えず^^;
    むしろその後、専業主婦になった頃の方が家計がしっかりして
    計画的に暮らして行けていたと実感しています。
    「妻には1番幸せになって欲しい」・・素敵ですね。
    そう思って貰えてる事が、1番の幸せかと^^

  • まりおとめさん、コメントありがとうございます。
    そうなんですか、色々ご苦労があったのですね。
    僕も共働きからシングルインカムになったとき、貯金の金額が変わらなかったことにはちょっと驚きましたよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

    自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

    辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。