住宅ローンの3年固定金利って何?メリット・デメリットを初心者向けに優しく解説!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

住宅ローンを借りるときに頭を悩ますのが、金利の選択でございます。

住宅ローンは選べる金利がありすぎるので、どれを選んだらいいのか分からないのでありますよね。

ああ、どなたか自分にぴったりな住宅ローンを教えてくれませぬでしょうか。

ザク男爵
イエス、マダム。

それなら、3年固定金利をお勧めさせて頂きましょう。

吾輩は住宅購入時に悩んだ挙句、「3年固定金利」を選んだのであります。

そこで今回は、吾輩が「3年固定金利」がお勧めな理由、メリット・デメリットについて、解説させて頂きましょう。

スポンサーリンク

3年固定金利とは、どんな金利?
ecfd0e6f2525eca5928b0361eaeb794f_s

さて、まずは簡単に吾輩の選択した「3年固定金利」とはどんな金利なのか、解説させて頂きましょう。

 

最初の3年間、安い固定金利で借りることができる。

住宅ローンの「3年固定金利」とは、住宅ローンを借りた最初の3年間を低い固定金利で借りる金利でございます。

最初の3年間は固定金利なので、金利は低いまま変動しませぬ。

3年固定金利の最初の3年間の金利は、「変動金利の次に安い」、「下から二番目に安い金利」、と覚えておいて間違いないでしょう。

しかし3年固定金利は、最初の3年間が終わってしまうと、残りの32年間の金利は通常の(ちょっと高い)金利になってしまうのであります。

ザク男爵
金利が低いのは、最初の3年間だけなのでありますか!?残りの32年間は・・・!?

なるほど、どうりで表示されている金利が安い訳でございますな。

銀行に表示(カタログに記載)されている3年固定の金利が安いのには、訳があるのでございます。

 

最初の3年が終わったら、再び金利を選択する。

3年固定金利の最初の3年の金利が終わったら、そこから再び金利を選択することになりますぞ。

3年たった時点で、再び3年固定金利を選択するのか、それとも10年固定金利にするのか。はたまた変動金利にするのか。ここにきて再び「自由すぎる自由」に悩んでしまうのでございます。

また適用される金利は、住宅ローンを借りて3年後の金利になる。

住宅ローンを借りて3年後の金利が下がっていれば、もっと低い金利で返済できる。しかし、もし3年後の金利が上がっていれば、高い金利で返済しなければならないのであります。

ザク男爵
今から3年後の金利は一体どうなるのでしょう・・・?

・・・。・・・・。・・・・・。

・・・知らんがな。はよ寝よ。

これから金利が上がるのか、下がるのか、これが分かる人は天才でございます。株でもFXでもやって、ひと儲けすればいいですよ。

しかしそんな特殊能力のない一般人には、3年後の金利は3年後にしか分かりませぬ。

つまり3年固定金利は、「3年後はどうなるか分からない」というリスクを常に抱えているのでございます。

 

3年固定金利のメリット
f2f5514824048dc52f0f46cb35517110_s

そんな3年固定金利のメリットは、次のようなものがありますぞ。

 

家を買ってお金がない時期の、住宅ローン返済額を抑えられる。

3年固定金利のメリットは、家を買った直後のお金がないときの住宅ローン返済額を抑えられることだ。

3年固定金利は、変動金利の次に低い金利。だから毎月の住宅ローンの返済がびっくりするぐらい安くなって、返済が楽ちんになるのでございますぞ。

ザク男爵
し、しかし3年固定金利が低いのは、最初の3年間だけでは!?

残りの32年は大丈夫なのでしょうか?

確かに3年固定の金利が低いのは、最初の3年間だけでございます。3年過ぎてからは、割高な金利が待っているのでございますよ。

ですけどね、実際に年収300万で(結構)無理して家を買っちゃった吾輩から言わせて頂きたいのは、

ザク男爵
イエス、マダム。

家を買うのは、想像以上にお金がかかるものですぞ。

と、言うことでございます。

吾輩は住宅購入後、残りの通帳の残高が10万円を切りそうになったのを見て、マジで嫌な汗をかきましたよ。

これがもしフラット35(35年固定金利)で、最初から割高な金利でのローン返済だったら、吾輩はその時点で詰んでいたかもしれませぬ。

つまり吾輩は、3年固定金利の低すぎる最初の金利によって、命を救われたと言っても過言ではないのであります。

 

3年間の優遇期間中に、次の一手が打てる。

3年固定金利のメリットは、金利の低い3年間のうちに、次の一手が打てることだ。

・たくさん貯金して、繰上げ返済の準備をする。

・住宅ローンの借り換えを検討する。

・収入をアップさせる。より高収入な仕事に転職する。

などなど、最初の金利が低いからこそ、できることがたくさんあるのです。

 

ちなみに吾輩もこの最初の金利の低い3年間を利用して、なんとか次の一手を模索していた一人でございます。

住宅購入当初、年収300万しかなかったので、なんとか金利の低い3年間のうちに収入を倍増させようと奮闘しておりました。

まあ奮闘虚しく倍増するまでには至りませぬでしたが、なんとか年収500万に手が届きそうにはなりました。ちょうど最初の低い金利が終わる半年前のことでした。

ザク男爵
危なかった・・・。もうちょっとで金利が上がって、返済額が増えるところだったであります。

3年固定金利を選ぶことで、本来問題であること(無理な住宅ローン)を先延ばしにすることができる

問題を先延ばしにできれば、その時間(執行猶予)を使って問題を解決することができるのです。

 

3年固定金利のデメリット
-shared-img-thumb-max16011508-2_TP_V

しかしそんな3年固定金利には、明確なデメリットがございます。それは言うまでもなく、最初の金利の低い3年間が終わった後の金利でございます。

 

3年後の金利が上がるリスク。

3年固定金利を選ぶ上で知っておきたいことは、最初の金利が低い3年間が終わったあと、住宅ローンの金利が上がるリスクだ。

住宅ローンの金利は毎月変動するもの。だから3年後の金利が、もしかしたら借りたときより上がっている・・・かもしれないのだ。

ザク男爵
住宅ローンを借りたときの金利は1%でした。

しかし3年経った今、住宅ローンの金利は3%になりました。

・・・さ、3%で借りるの?・・・イヤであります・・・。

今の超低金利が、今後もずっと続く保証はどこにもないのであります。

家を買うときに、3年固定の最初の低い金利で住宅ローン返済をシュミレーションしていると、金利が上がって返済額が増えたときに、家計が苦しくなるかもしれませぬ。

 

3年固定金利を選ぶと、返済総額が増える。

そして覚えておきたいのが、3年固定金利を選ぶと返済総額は増える、ということでございます。

3年固定金利で金利が低いのは、最初の3年間だけ。残りの32年間は、フラット35よりも高い金利で返済しなくてはいけないのですから。

家を買った最初の3年間は返済額は少ないが、3年後からの返済額は高くなる。その結果、3年固定金利を選ぶと返済総額は増えてしまうのであります。

ザク男爵
返済総額が増えるですと!?

・・・嫌だ。吾輩はもっと賢く返済したいであります。

3年固定金利を選んだ後、何もしないで放置するのが、最も危険な行為でございましょう。

店頭に表示された低い金利ばかりい目が行ってしまうと、あなたの貴重なお金を余分に支払ってしまうことになってしまうのだ。

 

3年固定は、こんな人にお勧め!

そんなメリット・デメリットもある3年固定金利は、ずばり、「年収300~400万で家を買う人」にお勧めでございますぞ。

その理由は、年収300~400万では、無理しないと家が買えないからだ。

本来であれば、「無理して家を買ってはいけない」と、安全パイを切らないといけませぬ。

しかしとは言っても、ちょっと無理してリスクを取らなければ、いつまでたっても家が買えないのも事実なのであります。

可愛かった長男も次男も、今ではすっかり大きくなっちゃった。

・・・子供が小さいうちにお家が欲しかったよう・・・ぐすん・・・

ザク男爵
吾輩に踏み出す勇気がなかったばっかりに・・・。

も、申し訳ございませぬ・・・。

「家が欲しい。」その夢を叶える為には、ちょっと背伸び(無理)しなきゃいけないときだってあるのだ。

 

そんなときに役に立つのが、3年固定金利でありますぞ。

3年固定金利なら、家を買った最初の3年間は破格の低金利でお金を貸してくれる訳ですから。取りあえず、その3年間は返済額は低くすることができますからね。

その3年間の間に、頑張って収入を増やせばいい訳ですよ、収入を。

ザク男爵
イエス、妻。

なんとか吾輩が働いて、3年後には安心して返済できるぐらい稼いでみせるであります。

3年固定金利なら、「お金がないから、家が買えない」という問題を先延ばしにすることができる。「家を買った後に収入を増やす」という方法で家が買えるのだ。

リスクを取ることで、叶えられる夢もあるのでございますよ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

3年固定金利のメリット・デメリット、お勧めしたい人は次の通りでございます。

【メリット】

1・お金がない時期のローン返済額を抑えることができる。

2・3年間の執行猶予期間中に、次の一手を打つことができる。

【デメリット】

1・3年後に金利が上がるリスク。

2・支払い総額は増える。

【こんな人にお勧め!】

・年収300~400万世帯。

・とにかく最初のローン返済額を下げたい人。

3年固定金利は、とにかく最初の3年間の金利が低いのが特徴だ。しかしその一方で、その後の金利は高くなり、支払い総額は増えてしまうのが欠点だ。

リスキーなように感じるけど、リスクを取ることで叶えられる夢もありますよ。

ぜひ素敵なマイホームを実現下さいませ。

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。