使い過ぎを防ぐ!お金を貯めたい人の為の、クレジットカードの節約ルール。

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

クレジットカードはとても便利である反面、便利すぎて支出が増えてしまうのが難点です。

・・・え?なにこの高額な請求書は?
ザク男爵
・・・いや・・・それは・・・も、申し訳ございませぬ・・・。

クレジットカードの支払いはとても便利すぎるので、使うには一定のルールを決めることが大切です。

一定のルールを作ってクレジットカードを制限することで、逆にクレジットカードの真の魅力を引き出すことができます。

 

ではクレジットカードを使うときは、どんなルールを決めれば使い過ぎず、節約することができるのでしょうか?

・クレジットカードで、つい使いすぎてしまう。

・クレジットカードで買い物をしていると、気が付いたらお金がなくなっている。

・「月末になるとピンチ」という状況から抜け出したい。

・クレジットカードでお得にポイントを貯めつつも、しっかりと節約したい。

クレジットカードの使い方でお困りではありませんか?

この記事では、お得に賢くクレジットカードを活用できる使い方を解説させて頂きます。

スポンサーリンク

クレジットカードのデメリットを克服するために。

クレジットカードのお得な賢い使い方をマスターする前に、まずはしっかりとクレジットカードのデメリットを認識しなくてはいけません。

 

「彼を知り、己を知れば、百戦あやうからず」

 

中国の孫子は素晴らしい言葉を残されましたね。まさにこれですよ。

クレジットカードを有効活用するには、客観的にクレジットカードのデメリットに向き合う必要があります。

 

1・支払いの満足感が得られず、支出が増えてしまう。

クレジットカードのデメリットは、支払いの満足感が得られず、支出が増えてしまうことです。

クレジットカードでの支払いでは、「買った!」「支払った!」「満足した!」という、支払いの満足感を満たすことができません。

支払いの満足感が得られないので、

・つい余計なものを買ってしまう。

・ワンランク上のモノを買ってしまう。

・今すぐ必要ではないけど、今買ってしまう。

結果的に無駄使いになってしまいます。

ちなみにですが、クレジットカードをメインの支払いにしていると支出が23%も増える研究報告があるのですよ。(デビット・クルーガー「お金のシークレット」)

現金派は本当にバカなのか?現金派の私が見つけた、現金派の金持ちの法則。

2018.03.06

 

2・お金の管理が難しい。

またクレジットカードには、お金の管理が難しいデメリットがあります。

現金支払いならその場でお金が減るので、管理がとても楽です。使ったら、使った分だけ減りますから。

しかもお金が減っていく様子(お金の流れ)がよく分かるので、危機意識(節約意識)を持つことができます。

 

ですがクレジットカードでの支払いは、後払いになんですよね。モノを先に受け取って、支払いは後(翌月)なのです。

買った日と支払う日が違うので、どうしても管理する上でタイムラグが発生してしまいます。

ザク男爵
今月はほとんど買い物をしていないのに、請求額はクソ高いのですが?

先月の無駄使いが翌月に繰り越しされます。先月の無駄使いに気が付かず、翌月も無駄使いを続けたら、雪だるま式に請求額は大きくなり、現金はどんどん減っていきます

クレジットカードでの支払いはお金の流れが見えません。自動的に処理されて、勝手に銀行口座から引き落としされてしまいます。

だからこそ、現金で支払うとき以上に厳密な管理をしなければ、大切なお金がダダ洩れとなってしまうのですよ。

 

クレジットカードの使い過ぎを防ぐ為のルール。

クレジットカードはとても便利なカードですが、デメリットを最小限に抑えなければ、手元に残るお金が減ってしまいます。

ではクレジットカードの使い過ぎを防ぎ、節約するためにはどうしたらいいのか?

その答えは、次の6つのルールを守ることにあります。

 

1・持ち歩かない。

クレジットカードの使い過ぎを防ぐには、最も大切なことは持ち歩かないことです。

普段からクレジットカードを持ち歩かないことで、日常的な使用を避け、無駄な支出を防ぐことができます。

持ち歩かないクレジットカードは、厳重に梱包してタンスの中にでも入れてしまいましょう。

ザク男爵
し、しかしこれでは、せっかくクレジットカードを作った意味がないのでは・・・?

せっかく作ったお得なクレジットカードが使いたくてムズムズするお気持ち、よく分かります。

ですが、ご注意下さいませ。

便利でお得なクレジットカードを使えば使うほど、必ず決まって「あること」が起こります。

ザク男爵
イエス、マダム。

それは「確実にお金(現金)が減ること」ですよ。クレジットカードを使えば使うほど、確実にお金が減ります。これは世の真理でございます。

クレジットカードが便利でお得なのは間違いありません。

ですがその一方で、クレジットカードを使えば使うほど、あなたの手元の現金は減っているのですよ。

 

クレジットカードが常に財布の中にあると、ふとした瞬間に使いたくなります。

・これぐらい買ってもいいかな。

・今日、どうしても買いたいな。

・ずっと欲しかったものを見つけてしまった。

買いたい理由はいくらでもあります。そしてクレジットカードは、これらの理由をすべて快諾してしまうのです。

クレジットカードの使い過ぎを防ぎ、節約するならば、普段から持ち歩かないのが1番です。

レジでの支払いが手間?財布が小銭で重くなる?

・・・いいじゃないですか、それぐらい。だってクレジットカードを遠ざけた方が、結果的にあなたのお金を守ることができるのですよ。

 

2・クレジットカードは固定費の支払い専用。

クレジットカードを普段から持ち歩かないと、クレジットカードを作った意味がないように感じるかもしれません。

ですが、それでいいのです。なぜならクレジットカードは、固定費の支払いで大活躍するからです。

家計における固定費とは?

毎月支払うことが決まっているもの、一定額を支払い続けるもの。

電気・水道・ガス・家賃・保険・通信費(ネット・スマホ)・新聞代など

固定費は支払い方法に関わらず、決まった金額を支払います。つまり、現金で払おうがクレジットで払おうが、節約効果に一切変わりないのです。

ですから固定費こそ、クレジット払いが最適です。

・無駄な支出を抑えられる。

・お得なポイントもしっかり貯められる。

固定費のクレジット払いは、クレジットカードのデメリットを抑え、メリットだけ受け取れます。

普段からクレジットカードを持ち歩かなくても、クレジットカードを十分活用することができます。

現金とクレジットカードの使い分けは?固定費のクレカ払いで賢くお金を貯める方法!

2018.03.14

 

3・ネットショッピングで利用するときは、家計簿を活用する。

クレジットカードをネットショッピングで利用するときは、家計簿を活用する必要があります。

家計簿を活用することで、クレジット払いによる「見えないお金の流れ」を見えるようにすることがポイントです。

・今、いくらあるのか?

・今、どれくらい使ったのか?

・今月の収支はどうなっているのか?

家計簿を活用することで、見えなかったお金の流れがよく見えるようになるのです。

具体的には、

1・欲しい商品を決める。

2・翌月支払うお金を家計簿に予め記入する。

3・翌月ネットで買ったら、家計簿に実際にかかったお金を記入する。

この3ステップを踏まえることで、お金の流れを把握することができます。

一般的に家計簿は、「使ったお金の記録」として使われますが、私は「これから使うお金の予定と記録」として使っています。この家計簿を勝手に「未来家計簿」と呼んでおります。

年間100万円貯金を年収400万(4人家族)で達成した、気付いたらお金の貯まる家計簿の使い方。

2017.03.09

 

4・クレジットカードは1枚にまとめる。

クレジットカードの使い過ぎを防ぐには、お金の管理をシンプルにしなくてはいけません。

ですので、クレジットカードは1枚にまとめ、お金の流れをすっきりさせることが大切です。

クレジットカードには様々な種類があり、お得な優待やポイント制度を見てしまうと、何枚もクレジットカードを作りたくなってしまいます。

ですが、ご注意下さいませ。

ザク男爵
イエス、マダム。

クレジットカードの枚数が増えるほど、お金の流れがややこしくなり、管理できなくなりますよ。

その結果、見えない支出が増えてしまうのです。

クレジットカードで最も大切なことは、目に見える優待やポイント制度ではなく、目に見えないお金の流れを把握することですから。

お金の流れはシンプルに越したことはありません。ですので、クレジットカードは1枚にまとめましょう。

 

5・家族(夫婦)で1枚のカードを使う。

クレジットカードを1枚にまとめると同様に、家族(夫婦)でもクレジットカードはまとめて使いましょう

ただしクレジットカードの使用は、本人に限ります。家族と言えど、貸し借りはできません。

家族でクレジットカードを上手に活用する最大のポイントは、クレジットカードの決裁者を決めることです。

つまり、クレジットカードで買い物をする担当を決めることですね。

夫でも妻でも構いませんが、どちらか一人がクレジット担当となり、クレジットカードでの買い物はすべて行うのです。

家族でクレジットカードをまとめることで、よりお金の流れをシンプルにできます。これでもう無駄な出費を1円たりとて見逃しません。

 

ちなみにですが、家族で1枚のクレジットカードを活用することで、

・夫(妻)がクレジットカードを使いすぎる・・・・

・知らない間に高額な請求書が届く・・・。

と言った、ありがちなトラブルを解決できます。つまりは、クレジットカードを管理できない夫(妻)には、使わせない、ということでございますね。

 

6・ポイント目当てで買い物をしない。

クレジットカードを使うとき、肝に銘じなければいけないことがあります。

それは、「ポイント目当てで買い物をしない」ということです。

クレジットカードのポイント制度はえげつなくポイントが貯まるので、ポイント欲しさに買い物しがちなんですよ。

ザク男爵
・・・え?ポイント10倍ですと?

なら、このゲームも買っておいた方がお得じゃないですか。ぽちっとな・・・。

「あなたが欲しかったのはゲームですか、それともポイントですか?」と聞かれたら、即答できません。ごめんなさい。

 

しかしながらお得にポイントが貰えたところで、手元の現金は確実に減っている訳でして。

それこそ、10%のポイント(ポイント10倍)をもらうために、23%多い支出をしている状況じゃないですか。差し引き13%のマイナスでございます。

クレジットカードを手に取ると、お得なポイント制度に乗っかりたくなりますが、ポイントはあくまでもおまけです。もらえてラッキー、ぐらいに思っておきましょう。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめましょう!

クレジットカードの使い過ぎを防ぎ、節約するためのルールは、次の6つです。

1・持ち歩かない。

2・クレジットカードは固定費の支払い専用。

3・ネットショッピングで利用するときは、家計簿を活用する。

4・クレジットカードは1枚にまとめる。

5・家族(夫婦)で1枚のカードを使う。

6・ポイント目当てで買い物をしない。

クレジットカードの支払いはとても便利すぎるので、使うには一定のルールを決めることが大切です。

一定のルールを作ってクレジットカードを制限することで、逆にクレジットカードの真の魅力を引き出すことができますよ。

 

デメリットを抑え、メリットを引き出す。

便利さに流されないで、あえて不便を選んでみる。

 

大切なお金を守るために、ぜひ実践してみましょう。それでは、また!

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。