悪影響は?結婚8年目で分かった、子供の前での夫婦喧嘩の4つの注意!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、独立して営業代行の会社を立ち上げた、営業請負人でございます。

 

子供の前で夫婦喧嘩をしたら、子供に悪影響が出ないか心配だ・・・。

そう思って、子供の前で夫婦喧嘩をすることをためらっておりませんでしょうか?

しかし結論から申し上げますが、子供の前で夫婦喧嘩を我慢する必要はまったくございません

なぜなら、子供に正しい喧嘩のやり方を教えてあげられる、いい機会だからでございます。

これから先、子供の生きて行く未来には、夫婦喧嘩に限らず喧嘩は付き物であります。兄弟喧嘩に友達同士の喧嘩、そして親子喧嘩と喧嘩三昧でございます。

しかし、では一体誰が正しい喧嘩の見本を子供たちに見せてあげるのでしょうか。

ザク男爵
イエス、長男。今から吾輩が喧嘩のお手本を見せるので、よく見ておくように。

・・・いざ!!ぷんすかぷんすか!!

なによ、あなただって!ぷんすかぷんすか!!

正しい喧嘩の仕方を教えてあげられるのは、子供に対して誰よりも深い愛情を持つ親以外おりません。

しかしご注意下さいませ。子供の前での夫婦喧嘩が美しくなければ、それは子供たちに悪影響があるでしょう。

では子供の前で夫婦喧嘩をするときは、どんなことに注意したらいいのでしょうか。

この記事では、子供の前で夫婦喧嘩を繰り広げるときの注意事項について解説させて頂きましょう。

スポンサーリンク

夫婦喧嘩を子供の前でするときの注意。

汚い言葉が飛び交い、手を上げてしまうような喧嘩では、子供に悪影響が出てしまいます。

ですので、夫婦喧嘩を子供の前でするならば、ぜひとも子供のお手本となるような美しい喧嘩をして頂きたいのです。

子供の前で夫婦喧嘩をするときは、次のことを守る必要がございますぞ。

 

手を上げない。話し合いで解決する。

夫婦喧嘩を子供の前でするときは、絶対に手を上げないようにお互いにお約束致しましょう。

もちろん、手を上げるだけではなく、モノを投げる、モノを叩く、という間接的な暴力も禁止でございます。

絶対に手を上げてはいけないのは、「喧嘩は誰かに勝つためにしているからではない」、からでありますよね。

元を正せば、お互いの主張が食い違って、「どうして分かってくれないの?」からスタートしたはずでございます。

ザク男爵
どうして仕事が終わったあとに、ゲームをしてはいけないのでありますか!?ぷんすかぷんすか
どうして家事と育児を手伝ってくれないでゲームするの!?ぷんすかぷんすか

夫婦喧嘩に限らず、喧嘩とはつまるところ、「分かって欲しい・認めて欲しい」という主張のぶつかり合いなのですよ。

しかしなかなか主張を聞いてもらえないと、カーッとなってつい手を上げてしまう訳であります。

冷静に考えれば分かることですが、喧嘩において手をあげても何も解決されません。だってそうですよね、喧嘩の根底にあるものは、「分かって欲しい」という気持ちなんですから。

ですから、手を上げたり、モノを投げるのは禁止でございます。特に子供が見ている前では厳重禁止でございますね。

子供の前ですから、模範的な喧嘩を致しましょう。夫婦喧嘩は必ず話し合いで解決する、これ鉄則でありますよ。

 

汚い言葉を使わない。

TAKEBE160224540I9A0512_TP_V子供の前で夫婦喧嘩をするときは、「クソ」、「バカ」、「お前」、「シネ」など汚い言葉を使ってはいけません

お互いの主張をぶつけあるのに、それぞれを罵る言葉は必要ありませんし、何より子供の前で汚い言葉を使うと、すぐに子供がマネして悪影響が出ますからね。

ザク男爵
・・・!!い、言ったでありますね・・・!!吾輩だって我慢しておりましたが、おまぇ・・・おま・・・お・・・

オマーン・・・

はい?
長男
・・・オマーン・・・

喧嘩の途中でヒートアップして、汚い言葉を使いたくなる気持ちは分かります。しかし汚い言葉を一度でも使うと、すぐに子供はマネするのでよろしくありません。

そんな悪影響を避けるためには、喧嘩をしていないときに、予め喧嘩の禁止ワードを決めておくのがお勧めでございますよ。

 

喧嘩は翌日に持ち越さない。仲直りする姿まで子供に見せてあげる。

子供の前で夫婦喧嘩をするときは、喧嘩を途中で切り上げて翌日に持ち越さないことが大切であります。

だって喧嘩を途中で切り上げても、ろくなことがないじゃないですか。

翌日に第二ラウンドがはじまるか、もしくは二人の間にしこりが残り、溝が生まれるかのどちらかではないですか?正直言って、吾輩はどちらもイヤなのですよ。

妻と喧嘩をしても、喧嘩が終わったらまた仲良くきゃっきゃしたいのでありますよ。

それに一緒に過ごす子供から見ても、いつまでも喧嘩しているパパとママの姿は「仲が悪いの?」と映ることでしょう。

ですので、夫婦喧嘩は翌日に持ち越さず、その場で解決するのが望ましいのであります。

 

また子供が見ている前で始めた喧嘩ですから、必ず喧嘩が終わって仲直りする瞬間も見せてあげるべきですよね。

子供にはお友達と喧嘩したら「ごめんね」&「いいよ」の仲直りの儀式をさせるのに、親がしないとは何様のつもりでしょうかね。

子供に仲直りをさせるなら、親こそ模範となって夫婦喧嘩の仲直りも子供に見せてあげるべきでございますよ。

ザク男爵
・・・(ごめんね、いつもありがとう)
心の声すぎて聞こえませんよ?

子供の前で夫婦喧嘩をするときは、必ず仲直りする姿も見せましょう。

ちなみに吾輩の家では、もはや「夫婦喧嘩→数分後に鎮火→仲直り」という図式がテンプレ化してきましたので、同席している子供たちも呆れながら居合わせている気がします。

子供たちの為にも、くだらぬ夫婦喧嘩はさっさと済ませたいものですね。

 

子供を巻き込まない!

そして最後に、夫婦喧嘩を子供の前でやるときは、絶対に子供を巻き込んではいけませんぞ。

 

「ママの味方だよね?」

「パパの言っていることが正しいだろ?」

 

などなど、喧嘩とは直接関係のない子供を引合いに出して、自分の正当性を主張することは禁じ手でございますよ。

この理由はもはや解説不要かと思いますが、巻き込まれる子供がいい迷惑なのですよ。「ボクを巻き込まないで!」、と心の中で叫んでいることでしょう。

子供にとってはパパとママが目の前で戦火を交えていること自体がストレスなのに、どちらかの肩を持たせるなど余計にストレスでございます。

長男
パパとママが仲良しで、パパとママが大好きなのに・・・。しくしくしく・・・。

夫婦喧嘩に子供を巻き込むのは、200%悪影響でしかない。吾輩はそう感じております。

とは言え、吾輩も何度か子供を巻き込んで喧嘩をした記憶がございます。

しかし喧嘩が終わった後に残ったのは、罪悪感であります。パパとママ、どちらに味方していいのか分からずに戸惑った顔、悲しそうな顔。吾輩は忘れることはできません。反省の極みであります。

子供の前で夫婦喧嘩をするときは、子供を巻き込まない(話題に入れない)ことが絶対条件でありますぞ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

子供の前で夫婦喧嘩をするときは、次のことを守るように致しましょう。

1・手を上げない。話し合いで解決する。

2・汚い言葉を使わない。

3・喧嘩は翌日に持ち越さない。

4・子供を巻き込まない。

子供の前だから・・・と、夫婦喧嘩を遠慮していませんか?

夫婦のバトルを子供に見せないのも愛ですが、夫婦の間に1つもしこりを残さないで仲良しで居続けるのも、1つの愛の形でございます。

子供の前で夫婦喧嘩をすることは、やり方によっては悪影響になりますが、ポイントを抑えることで、むしろ正しい喧嘩のやり方を教える機会にもなります。

美しい言葉でお互いの主張をし、最後には分かり合って認め合う。そんな美しい夫婦喧嘩(愛)を子供に見せてあげるのも、また愛ですね!

それでは、アディオス!

修復不能にして離婚しない!亭主関白が伝授する、夫婦喧嘩を上手に解決する6つの方法!

2017.04.19

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。