加入すべき?生命保険は、掛け捨て「格安ネット保険」が超お勧めだよ!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)である!

 

結婚して、子供ができたら生命保険に加入すべき!

そう叫ばれて久しいこの日本社会だが、実は吾輩は生命保険「未加入」なのだ!

 

30代、既婚、子供2人。

もし今吾輩が死んでしまっても、1円にもならないということだ。

なんだそれ、すごいもったいないではないか!そんなの死んでもに死にきれないぞ!

 

だが加入していないからこそ、生命保険の有り難味がよく分かるのだ。

生命保険は「必要」だ。絶対に加入した方がいいぞ。

そこで今日は、加入すべき生命保険の選び方と、万が一の備えについて書いていこう!

 

 

選ぶべきは、シンプルな保障の「ネット保険」だ!掛金「1,000円」、死亡時「500万」が丁度いい。

815a96b1931d3d5ccdd8bf67822dba12_s
選ぶべき保険会社は、名前も聞いたことのないような、「ネット生命保険」が超お勧めであるぞ。

保険会社、特に生命保険には「信用」とか「信頼」とか「安心感」、まさか「知名度」なんて必要ないことを知っておこう。

 

生命保険に加入する理由は、「万が一」に備えるため。

稼ぎ頭の夫、もしくは妻が万が一死んでしまった時、残された家族が路頭に迷わないようにする「備え」だ。

 

生命保険は、死んだ時に初めて役に立つ。つまり、死ななければ全く役に立たないのだ。

したがって生きてる限り、どんな保険会社を選んでも、その保険は役に立たない。

だから聞いたことのない、「ネット保険」がお勧めであるぞ!

 

吾輩は、かつて「ライフネット生命保険」に加入申請をしたことがあるぞ。
(ちなみに持病を正直に書いたら、審査で落ちたよ!)

その時の保障内容は、

・掛け捨て 掛金1,000円

・死亡時 500万 保障期間10年  で、あった。

 

申し込み時、確か28歳だったか。つまり38歳までに死んだら、500万もらえる内容だ。

え?全然足りない?

いいや、これで十分であるぞ!次はその理由をお伝えしよう!

 

 

2000万もらって何するの?それより「赤字家計」を「黒字家計」にすべき。

スポンサーリンク

ライフネット生命保険のサイトにも記載があったが、

推奨される保障内容は、男性・既婚・子供あり、の条件で

・加入期間は65歳まで

・死亡時 2000万

 

ちなみにこの条件で掛金を計算すると、

なんと月々5,734円。年間にして、68,808円!結構高いね!

 

この保険、まだ「掛け捨て」だからこの金額だが、大手保険会社の「積み立て型」になると、掛金はもっと跳ね上がるぞ!

死ぬ時のために、なぜ生きているうちに苦行をするのか。。。

 

そもそも、死んだ時2,000万もの大金をもらってどうするのか聞きたい。

全額貯金であるか?投資して増やすのか?

どうせ今までそんな大金を扱ったことがない人は、

いつの間にか、今までの「貯金水準」に落ち着くのがオチというものだ。

 

そんなに死んだ時のことを考えるならば、

生きているうちにもっと「赤字家計」を「黒字家計」にする努力をしたまえ!話はそこからであるぞ!

 

例え稼ぎ頭の収入がなくなって、一家の収入が激減するピンチになったとしても、

生きているうちにしっかりと「黒字家計」にしておけば、なんとか生活していける。

むしろ、「赤字家計」のまま2000万の保険金をもらったとしても、

毎月の「赤字」を補填する為に2000万を使って、あっと言う間になくなってしまうぞ。

 

大切なのは、いくら保険金をもらうか、ではない。

それよりも、収入が激減したピンチでもしっかりと生きていける「家計」を作ることだ。

これを生きているうちにやっておくべきであるぞ!

だから死んだら500万ぐらいもらっておけば十分。500万だって「大金」であることをお忘れずに!

 

あと65歳で死んでも、経済的には影響ないから不要。

子供が小さいなら話は別だが、大人になった「子供」の為に「現金」を残してもろくなことにはならない。

小さい子供がいて、当面の費用として、生命保険を利用すれば、本来は十分なのだ。

 

 

万が一に備えるなら、きちんと「遺言書」を書いておこう!

死んだ時に500万ももらえる。それで十分だ。

それでも不安だと言うならば、「遺言状」をしっかりと書いておこう!

 

吾輩、申し込みの時に持病を正直に書いたら、なんと審査で落ちたのだ!

高校受験、大学受験、そして就職と色々と困難を突破してきたつもりだが、

こんなところでまさか不合格をもらうとは!!

 

無保険の吾輩、それなりに「現金」は蓄えているが、それでも妻は心配するようだ。

だから吾輩は「遺言状」を書くことにした。未だ30代であるが。

 

内容は事細かに書き記すつもりであるぞ。

これからかかるお金と、お金の使い方。

死んだ後の社会保険申請。

税制優遇と申請方法。

頼るべき人、機関。

 

亭主関白で普段からも「口うるさい」吾輩。

遺言状があれば、死んでも「口うるさい」亭主関白になれるのだ!

 

万が一は、予測できないから「万が一」なのだ。

遺言状なんて恥ずかしいとか言っているうちに、ある日突然死ぬかもしれぬぞ!

残された家族にとっては、「現金」も有難いが、

この先「どうやって生きるか」の書いてある「遺言状」も有難いことこの上なしであるぞ!ぜひ書こう!

 

 

最後は人生、楽しんだ方が「勝ち」!リスクも楽しもう。

efb0b2833da558032c1f26937137f8be_s
生命保険は加入した方がいいに決まっている。

だが単に「いい」というだけで、生きてるうちに「いくらでも」保険料を支払うのは間違っている。

生命保険には、必要最小限の保障内容にして、保険料をできるだけ抑えておこう。

それ以上の保障は、生きているうちに「遺言状」を書くなり、準備すればよろし。

 

生きているだけで、リスクは常に付きまとう。

それはどんなに「手厚い保障」をつけたとしても、絶対に「安心できる」ことはないのだ。

 

リスクを不安に思って怖がるよりも、むしろ積極的にリスクを楽しんだ方が人生は楽しいぞ!

ハラハラ、ドキドキの大冒険が目の前に広がっているのだ。超楽しいではないか!!がっはっは

 

 

生命保険の選び方をまとめるよ!

4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s
それでは生命保険の選び方についてまとめよう!

1・選ぶべきは「シンプルなネット生命保険」が超お勧め。

2・保険金よりも、生きてるうちに「黒字家計」にしておく方が大切。

3・万が一に備えるなら、「遺言状」を書こう。

4・人生にはリスクがつきもの。リスクも楽しんだ方が楽しいよ!

 

生きている間は、家族を絶対に守るぞ!それは亭主関白としての勤めでもある。

だが死んだ後のことは、約束はできない。だってもう「死んでる」んだから。

そんな無責任というなら、せめて一日でも健康に長生きして下さい。家族の為にね!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。