年収300万で家を買う!低所得での住宅購入とローン返済のポイント!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

そろそろマイホームが欲しいけど、今の年収で購入できるか不安だ・・・。

そのお気持ちはよく分かりますとも。なにせ吾輩も住宅を買ったとき、年収300万でしたのでね。

 

確かに住宅購入時は、年収は高ければ高いほど有利でございますとも。そりゃー、年収300万なんて、住宅業界の営業マンに言わせたらミジンコですよ、ミジンコ。(もちろん、言われたことはないよ。)

だからこそ、年収300万で住宅購入する場合は、無駄のない資金計画、欲張らない家作り、そして一歩踏み出す勇気が必要なのだ。

そこで今回は、実際に年収300万で住宅を購入した経験を元に、年収300万での住宅購入のポイント、ローン返済のポイントについて解説していきましょう!

スポンサーリンク

年収300万で家を買うには、見切り発車する勇気が必要。
-shared-img-thumb-KENTA_932fhatubai_TP_V

年収300万で家を買う為に、最も必要なのが「見切り発車をする勇気」を持つことだ。

吾輩も住宅購入時に何度もローン支払シュミレーションをしたけど、正直年収300万じゃ返済不可能だ。

2人の子供を育てる教育費を払いながら、住宅ローンを支払うのは、年収300万では無理なのだ。

 

では、なぜ吾輩は住宅を購入したのか?

それは、今後年収が増える見込みで、家を買ったのでありますよ!

 

見切り発車で家を買い、後から必死に収入を増やす!!

年収300万で家を買う為には、もうこれしかありませぬぞ。

それは見切り発車で家を買ってしまい、後から必死に収入を増やす為に働くことだ。

 

吾輩も必死に頑張った結果、住宅購入時は年収300万であったけど、それから3年たった今、年収500万に届きそうになりましたぞ。

 

若いと言うだけで収入が低く抑えられているのが、今の日本社会だ。

どんなに優秀な人だって、若くして高給取りなケースはレアでございますよ。(そう信じたい。)

誰しもそんな不遇な下積み時代を経て、会社からの信頼を受けて高い給料を頂くようになるものだ。

 

若いときこそ、家が本当に必要な時!

けどね、それじゃ、間に合わないのだ。何がって?もちろん、家が、でございますよ!!

 

若い時こそ、本当に家が必要なのだ。

結婚して、出産して、子供が小さいうちこそ、本当に家が必要。吾輩は長男が2歳のとき、次男が生まれる直前で住宅を購入致しました。

小さい子供を子育てしてみて、吾輩はマイホームのありがたみを毎日噛みしめておりますぞ。

ザク男爵
うう・・・うう・・・無理してでも家買ってよかったよう・・・

子供が夜泣きしても、賃貸アパートのように近所迷惑を気にする必要がありませぬ。

子供がジャンプしても、下に住んでいる住民を気にかける必要がございませぬ。

 

吾輩も子供に

ザク男爵
夜だから静かにしようねー・・・ああ、ほら!走らない!走らないよー・・・ひそひそ・・・

 

なんて、言いたくないしね。子供はのびのびと育てたいからね。

 

若いうちは年収が低い。けど、若いときほど(特に子育て世代)、家という箱が絶対的に必要なのだ。

だからこそ、見切り発車で家を買うことが重要になるのでありますぞ。

ザク男爵
収入が増えた頃に家を買っても、子供も大きくなってしまいますぞ!

ぜひとも子供が小さいうちに、家を手に入れましょう。見切り発車してでもね。

 

 

年収300万で家を買うポイント!

では年収300万で家を買うには、具体的に何をすればいいのであろうか!?

吾輩が実際に実践したのは、次の4つでありますぞ!

 

住宅ローン控除を120%活用する。


02ae970ea4cd8b8fd0e3ff03324c7dc4_s
年収300万で家を買うには、「税制の優遇」を最大限利用しよう。

特に、「住宅ローン控除」は、貰える金額も多く、控除期間も「10年」と長いから効果絶大だ。

住宅ローン控除

収入に応じて、住宅ローンの1%が税金(所得税、住民税)から控除される。つまり、その金額だけ税金を払う金額が少なくなる制度。

 

例えば、2,000万の住宅ローンの借入金額であれば、住宅ローン控除は、

2,000万 × 1% = 20万

そう、年間20万もの税金を「払わなくてもいいよ!」と言ってくれているのだ!ありがたや!

 

しかもこのありがたい控除が、10年間も続くときた。

20万 × 10年 = 200万 (ただし、住宅ローンを返済していく為、実際はこれより少なくなるよ)

家を買うと、総額200万の税金が免除されるのだ。なんとありがたいことか!!

 

ただし!重要なのはここからだ。

年収300万で家を買った吾輩は、「見切り発車」をした訳である。

この200万の控除を「臨時収入」として、パーっと使ってしまうと、近い将来、住宅ローンで破産する確率がぐっと高くなる。

見切り発車で家を買ったのだ、この住宅ローン控除は、全てローン返済にあてるべきでありますぞ。

 

吾輩の場合、住宅ローンは1,700万。月々の返済額は、48,000円

そして住宅ローン控除は、

1,700万 × 1% = 17万(年間)

したがって、1ヶ月あたり、17万 ÷ 12 = 14,166円

 

つまり、実質ローンの返済額は、

48,000円 - 14,166円 = 33,834円

 

住宅ローン控除を使えば、たった33,384円で新築一軒家に住める訳だ。

ザク男爵
でも見切り発車で家を買ってるから、怖くてこのお金に手をつけられませぬ。

年収300万で家を買うなら、税制の優遇処置を120%活用しよう!

こんな記事もお勧め!
家という「資産」を持つべき。住宅購入後、家計が「楽」になった訳。

 

できるだけ「シンプル」な家を買って、収入が増えたら「贅沢」する。

87093ca4e0b9faa72c18661da1206f28_s
年収300万は、本当にギリギリのラインなのだ。

僅かな差で、家が買えるし、買えないかもしれない。

希望の物件や、家作りで、銀行のローン審査が通らないが為に、マイホームを諦めるのは悲しすぎるからね。

 

だから年収300万で家を買うならば、できるだけ「シンプル」な状態で買うべきだ。

無駄なオプション、快適な装備を省けば、その分住宅ローンを抑えることができるぞ。

 

それでも収入がまだ上がらない頃は、余裕のない返済だ。

けど収入が少しづつ増えてくれば、その分返済は「楽勝」になるぞ!

 

吾輩も、家を買った時は年収300万。そして3年たった今は、年収500万(見込み)に手が届きそうになって参りました。

収入が増えた200万、その分返済はもちろん「余裕、楽勝」であるぞ!

 

家は買って終了ではない。買ってからも、あれやこれやと必要なもがあったり、カスタマイズしたくなったりするものだ。

年収300万で家を買うなら、返済に余裕が持てるようになってから、自分好みの家に仕上げていこう。

 

吾輩も住宅購入後、ゆっくりゆっくり家のカスタマイズを楽しんでおりますぞ。

ザク男爵
苦手なDIYだって、家族と一緒にやれば楽しいものですぞ。

取りあえず、シンプルな家でも買ってしまいませぬか?

 

 

持ってる現金、全て「頭金」ぐらいが丁度いい。

年収300万で家を買うなら、巡ってきたチャンスに全てをぶつける覚悟が必要だ。

つまり、持っている現金、全額「頭金」にしてしまえ、ってこと。

 

いやね、これが年収にも貯金も余裕がある人なら、手元にウン百万残して家を買ったらいいよ。

それぐらい余裕を見せても、きっと銀行の住宅ローン申請はOKでしょうな。

 

しかしですぞ、年収300万で頭金少なかったら、もしかしたら住宅ローン落ちるかもしれませぬぞ?

落ちたら、もう2度と「買えそうな物件」に出会えないかもしれませぬぞ??

年収300万で家を買うなら、少ないチャンスを必ずモノにしなきゃいけませぬ。

その為には、手持ちの現金は全額頭金として突っ込んだ方が後悔しませぬぞ。

え?吾輩?もちろん、吾輩も全額突っ込みましたぞ。入居して、あれこれ諸費用払ったら、手元の現金が15万円になりましたとも。

ザク男爵
生きた心地がしませんでしたけど、何か?

年収300万で家を買いたいなら、人生をかけて勝負致しましょう。

 

住宅購入「ブログ」を作る、そして儲ける。
0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s

年収300万で家を買うには、購入後に収入を増やす必要がある。

それは給料を増やすことも重要だけど、副業をはじめて収入を増やすのも多いにアリだってことだ。

特に吾輩がおすすめしたいのは、ブログでの副業だ。

住宅購入は、どんな人にとっても一大イベント。だからこそ、あなたの体験談が必要なのであるよね。

ハウスメーカーが出している情報・スペックではない、生の口コミが聞きたいのでありますよ、みなさんは。

 

吾輩もこのブログのスタートは、そんな住宅の購入体験記からでしたぞ。

お陰さまで多くの方にご愛読頂いて、後少しでブログ収入で住宅ローンが返済できるぐらいになりそうだ。

 

年収300万で住宅購入は、購入後にとにかく収入を増やす必要がある。

その為には副業、特にブログ副業、おすすめだよ!

副業はブログがお勧め!ブログ副業の始め方と運営の注意点8つ!

2017.08.22

 

 

でも土地、立地にはケチらない!

0ad9e4ea2cc8fe4721d9f2fb43316e5a_s
さて、ここまで年収300万が家を買うのに、必要なことを書いてきた。

住宅ローンを抑える為に、できるだけ「シンプル」な家を買う。それは大切なことだ。

 

だが、住宅ローンを抑える為に、立地、そして土地代をケチると、35年先まで後悔することになりますぞ。

立地・土地は、絶対にケチらない方がいい。妥協しない方がいい。

 

家をこだわって建てても、それは所詮、家の中だけの話だ。

だから快適装備をつけない、シンプルな家を買っても、工夫次第で何とでもなる訳で。

 

でも立地はそうはいかない。工夫のしようがないのだ。

どんなに工夫しても、「不便な場所は、不便」なのだ。

しかも引越さない限り、それは解決されないからね。悲劇だ。

 

立地がよければ、結局、快適に暮らせるのだ。立地だけは妥協すべからず!

 

住宅ローンは複数申し込む。

そして最後に、年収300万で住宅購入で最も大切なことは、「住宅ローンは複数申し込む」ことだ。

年収300万は、正直、家が買えるか買えないかギリギリのラインだ。銀行の審査で落ちる確率がかなり高いという事実から目をそむけてはいけませぬぞ。

そして住宅ローン審査の難点は、審査に時間がかかることだ。

必要な書類を揃えて(これだけでもかなりめんどくさい)、銀行に送る。そして書類が銀行に到着してから、約1~2週間、審査に時間がかかるのだ。

ザク男爵
書類を提出してから早2週間。結果はまだかな・・・そわそわ・・・

あ、結果来た!!・・・「誠に残念ながら・・・」ってダメなんかいっ!!

審査に落ちると、それまでの時間が無駄になってしまう訳ですよ。そしたらせっかく選んだ物件も、他の人に買われてしまう可能性だってある訳でありますよ。

そんな悲しい思いなんて、したくないですよね?

そこでぜひ使いたいのが、一回の入力で複数の銀行に住宅ローンの申し込みができる、住宅ローン一括審査申込みだ。

このサイトを使えば、同時に複数の銀行に申し込みをすることで、「審査に落ちる」というリスクを回避することができるのだ。

年収300万での住宅購入は、圧倒的に住宅ローンで不利になる。だからこそ、最初から複数の銀行に申し込みをすることが大切になるのでありますよ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s
それでは年収300万での住宅購入をまとめよう!

1・将来収入が増える「前提」での見切り発車が必要。

2・住宅ローン控除を、住宅ローン返済にあてる。

3・家は「シンプル」な状態で買って、余裕が生まれたら贅沢する。

4・手持ち現金は、全部「頭金」にするぐらいが丁度いい。

5・副業を初めて収入を増やす。ブログ副業がおすすめ!

6・立地、土地には妥協しない。

住宅購入は年収400万から。そんな事を言っていたら、いつまでたっても家は買えないし、何より、本来家を買うべきタイミングを逃してしまいますぞ。

年収300万でも、家は十分買える。その方法をぜひ参考にして頂ければ幸いでございますよ!

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。