一軒家に引越してガス代が半額に!節約以上に大切なのは、ガス業者との交渉だ!

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

ついにガス代が半額になりました。

建売住宅に引越ししてから、賃貸で暮していた同月と比較しますと、

・賃貸:9,666円 16立米

・建売:4,798円 11立米

と、ついに半額になったのです。

 

家族は4人に増えました。

それでも使用量と、請求金額は減っております。

 

・・・謎すぎるやないかい・・・

 

すみません、実はこれには秘密がありまして。

もちろん毎日の節約は当然のことです。

しかし、それ以上に大切なのは、ガス業者との交渉なんですよ。

 

賃貸住宅から建売住宅に引越ししてから、ついにガス代が半額になりました!

今日は、ガス代を安くするためにした、ガス業者との交渉の話をこっそりさせて頂きましょう。

 

ガスを契約する前に、取引条件をよく確認しよう!

ガス代を安くするために、まず最初に知っておきたいことがあります。

それはガス代は公共料金ではなく、ガス業者が自由に値段を設定できることです。

そのため、

・全国展開で、値段の安い業者

・地域密着で、値段の高い業者

などなど、ガス業者によって、ガスの価格差は大きいのです。

 

 

特に注意してみるべきなのは、ガスの「単価」でございます。

ガスの単価とは?

ガスを1立米使ったときの料金のこと。

ガス代は、「ガス代=ガスを使った量×ガスの単価」で決まる。

例えば私が住んでいた賃貸アパートと建売住宅のガス代の単価を比較してみると、

・賃貸アパート:1立米500円

・建売住宅:1立米300円

と、同じガス1立米を使っても、200円もの差があります。

ザク男爵
なんと・・・ではガスを20立米使ったら・・・4,000円の差ではありませんか!?

・・・返金して欲しいであります。

1立米200円の差があれば、20立米の使用で、月4,000円もの差になります。

年間にすれば、48,000円ですよ?余裕でPS4が買えるじゃないですか。

・・・全くバカにできない金額です。

 

いくら節約しても、単価が高ければ、せっかくの節約の意味がなくなってしまいます。

プロパンガスを節約するには、業者との取引条件の交渉が大切なのです。

 

住宅購入時にガス業者を「指定」されるが、条件が合わなければ「切替」よう!

住宅を購入するとき、ハウスメーカーからガス業者の「指定」を受けることが多いです。

・・・いわゆる業界での癒着(ゆちゃく)ですね。

ですがお言葉ですが、その指定業者のガスは「高い」と思って間違いないですよ。

 

ハウスメーカーからご指定こそありますが、別に指定業者とガス供給契約を結ぶ必要はありません。

自分で安いガス業者を見つけて契約しても、法的には(住宅的にも)何も問題はありません。

 

ザク男爵
ほほー、ならば安い業者を探して、そこと契約すればいいのですね。しめしめじ・・・

ですが、1つだけご注意頂きたいことがあります。

それは、ハウスメーカー指定のガス業者が、「あなたの家の配管工事を無償でやっている」かもしれないことです。

 

ハウスメーカーからの指定業者は、ハウスメーカーからの「指定」を受けるために、

・給湯器を無償で設置する。

・ガス配管を無償で工事する。

これらの費用は、合計20万円にもなる大掛かりな工事を無償でやるのです。

ガス業者は20万円の設備・工事代金をドブに捨ててまでも、ハウスメーカーの指定を欲しがります。

つまりハウスメーカーの指定は、「それほどの価値がある」、ということですね。

 

ですので、もしも入居者とガス供給契約が結べなければ、ガス業者は20万円損することになってしまいます。

そんな事情があるので、「入居時に他のガス業者と契約したい!」と言った時に、

 

「うちと契約しなければ、設置したガス器具は全て撤去する!」

 

と、暴言を吐くガス業者がいるらしいですよ。

苦し紛れの発言と思っても、

指定業者以外の業者と契約するのは、めんどうでトラブルの元になってしまいます。

 

ガス器具の「所有権」の確認は必須!

仕方がないから、最初は指定業者と契約するとしましょうか。

ですがその時に、ガス器具の「所有権」を確認することが大切です。

ガス器具の所有権は2種類あります。

・供給設備(ガス業者のもの)

・消費設備(家を買った人のもの)

ガス業者の所有権になる「供給設備」には、

・ガスボンベ

・ガスメーター

・ガスボンベ~ガスメーターまでの配管

が含まれます。

「俺の家にあるから、俺のものだ!」と主張しても、これはガス業者のものです。

 

一方で私たちの所有権になる「消費設備」は、

・給湯器

・ガスコンロ

・ガスメーター~ガス器具までの配管

これらが含まれます。

ガス業者が「お宅の配管、給湯器、うちが無償でつけたんだぞ!」と主張しても、これは紛れもなくあなたのものです。

 

所有権を明確にしておけば、ガス業者を切り替えるときに、「全て撤去するぞ!」と脅されても、「供給設備」だけ撤去してもらえば大丈夫です。

そして新しい供給設備は、切り替えた新しいガス業者に設置してもらえばOKです。

 

古い慣習に付き合う必要はないよ!ガス業者は「自由」に選ぼう!

ガス業界は古い業界です。そして系列も厳しく、新規参入も難しい。

そこで生まれるのは、業界の利益を守るための、商慣習です。

その慣習は業界の利益を守るためであり、わたしたち消費者の利益のためではありません。

 

融通の利かない業者には、さっさと供給設備ごと去って頂きましょうか。

いつまでも高いガス代を支払続ける必要はありませんからね。

誰も教えてくれなかった、プロパンガスの解約でトラブルにならない方法。

2017.01.15

エコジョーズってプロパンガス代を節約できるの?高いプロパンガスをどうにかしたい!

2016.11.23

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。