高いプロパンガスが半額になった!プロパンガスの値引き交渉を成功させるコツ。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

プロパンガスってめちゃくちゃ高いですよね。

節約根性溢れる吾輩は、そんなプロパンガスの節約を巡って毎日妻とケンカしておりますよ。

ザク男爵
もう、ガス代節約してよね。給湯器の電源オフ、ぽちっとな。
ふえええ!?冬は水じゃ油汚れが落ちないんだよー。給湯器の電源オン、ぽちっとな。
ザク男爵
いやいや、夏だってお湯使ってるじゃん。給湯器の電源オフ、ぽちっとな。

このやり取りはいつまでも続くのであります。

しかしそんな高すぎるプロパンガスを、吾輩は値引き交渉の結果、なんとそれまでの半額まで安くすることができたのだ。

そこで今回は、高いプロパンガスを安くする値引き交渉のコツについて書いていきましょうぞ。

スポンサーリンク

なぜプロパンガスは高いのだ!?

そもそも、どうしてプロパンガスは高いのでしょうか!?

その理由は、プロパンガスの料金設定にカラクリがあるからでございますぞ。

 

ガス業者によって値段設定が違う。

まず知っておきたいのが、プロパンガス料金は公共料金ではないってことだ。

ザク男爵
ん?電気・水道・ガスって、公共料金でありますよね?

え・・・ち、違うのでありますか・・・・!?

 

確かに「都市ガス」なら公共料金になりますとも。都市ガスなら、どのお宅も同じ値段でガスを使っておりますぞ。

しかしプロパンガスは、ガスを販売している業者によって、プロパンガスの値段が違うのだ。

つまり、プロパンガスを安く販売する業者もいれば、高く販売する業者もいるってことでありますぞ。

 

でも「プロパンガスってどの業者も似たりよったり、高い値段で販売している。」と、勝手な先入観を持っておりませんでしょうかね?

その先入観、違いますぞ。業者によって、雲泥の差がある。それがプロパンガスの業界なのだ。

 

建物のガス管の工事代が、ガスの単価に上乗せされているから高い。

そしてプロパンガスが高いもう1つの理由。

それは、建物のガス管の工事代が、ガスの単価に上乗せされているから高いのだ。

ザク男爵
・・・ん?おっしゃる意味が分かりませぬが・・・!?

ガス管の工事代って、賃貸アパートなら大家さんが建物を立てたとき。新築一軒家も、建物を立てたときに支払っているはずでは?

それがなぜ、ガスの単価に上乗せされているのでありますか!?

ガス管の工事代がガスの単価に上乗せされる理由は実にシンプルでございます。

それは建物を立てるときに、ガス管の工事代を誰も支払っていないからだ。いや、正確に言えば、ガス業者が誰にも請求していないから、でございますよ。

ガス管の工事代を誰も払っていないから、その工事代分をガスの単価に上乗せして、ガスを利用している人に払ってもらう仕組みなのだ。

ザク男爵
そうでありましたか。ただでガス管を工事してくれるとは、なんとお優しいガス業者様なのか!・・・と、いう訳ではないのでありますな。

この仕組み、業界用語で「無償配管方式」と呼ばれておりますぞ。

無償配管方式とは?

建物を新しく立てるとき、ガス管の工事代を請求しない代わりに、ガス供給契約を入居者・購入者と優先的に結ぶことができるようにすること。

ほら、賃貸アパートを借りる時、ガス業者は選べないし、変えられないよね?

新築一軒家を建てるときも、建売住宅を購入するときも、ハウスメーカーからガス業者を紹介されるよね?

それはそのガス業者がガス管をただで工事しているから、提携した大家、ハウスメーカーから半強制的に契約する形になるのだ。

ザク男爵
なんだか釈然としないのは吾輩だけでありますか・・・?

この仕組みのせいで、吾輩たちは工事代が上乗せされた高いプロパンガスを支払わなくちゃいけないのだ。

 

プロパンガスの値引き交渉をする前に。

さて、ここからが本題でございますよ。

吾輩はそれまで高いプロパンガス代を支払い続けていたけど、この事実に気が付いて値引き交渉をした。その結果、なんとガスの単価は半額以下になったからね。

でもいきなりガス業者に電話して値引き交渉したって、ガス代は安くなりませぬよ。しっかりと事前準備を致しましょうぞ!

 

「供給設備」と「消費設備」を知るべし。

本格的な交渉をする前に、しっかりと予備知識をつけておく必要がある。

まずは「供給設備」と「消費設備」について知っておこう。

供給設備とは?

ガスボンベからガスメーターまで。(ガス容器、ガスメーター、圧力調整機、高圧ホース、チェーン)

これらの設備はガスボンベを交換する際に、ガス業者が点検・管理する。

供給設備は、「ガス業者」の所有物になる。

重要なのは、供給設備は吾輩のものではなく、ガス業者のものってことだ。

 

消費設備とは?

ガスメーター出口からガスコンロまで。(室内の配管、給湯器、ガスコンロ、お風呂)

これらの消費設備の所有権は、その物件の購入者、権利者(大家)になる。

つまり、消費設備はガス業者のものではなく、一軒家なら購入者、賃貸アパートなら大家(入居者ではない)になることだ。

ザク男爵
供給設備は「ガス業者」、消費設備は「購入者」のものでありますな。

つまり建売住宅を買った吾輩の場合、消費設備は吾輩のものである訳だ!

しかしいきなり難しい業界用語が出てきたけど、一体コレに何の意味があるのか?と、思った皆様。これには深い意味があるのですぞ。

 

「お宅のガス管、うちのだから工事代請求しますよ!」と言われる可能性がある。

供給設備と消費設備がなぜ重要なのか。

その理由はガスの値引き交渉をするときに、「お宅のガス管、うちのだから工事代請求しますよ!」と言われる可能性があるからだ。

ザク男爵
・・・ふぁ?ガスの値引き交渉で、なぜにガス管の工事代を請求されにゃいけないのだ!?そして請求されたら、払わないといけないのでありますか!?・・・がくがくぶるぶる

ガスの値引き交渉を成功させる為に、競合他社の安い見積りを示すことがある。

「他でこんなに安いガス代で見積出てますよ、値引きしてくれないと切り替えますよ」、と言う訳でありますよ。

しかしそんなとき、ガス業者によっては、

「値引き?できませんよ。そもそも、お宅のガスの配管、うちのですから。勝手にガス業者替えるなら、配管代払ってよ!」

と、言いがかりをつけるのでありますよ。(タチが悪い

 

そこで!先程の「供給設備」と「消費設備」が重要になってくるのだ。

そもそも「供給設備」は最初からガス業者のものだから、請求される義務はない。

そして「消費設備」は間違いなく購入者のものだから、やはり請求される覚えもない。

だって吾輩は建売住宅を買ったとき、ガスの配管代も含めてハウスメーカーにお支払いしている訳でありますからね。

 

ほら、これで交渉の切り札ができたでしょ?

さあ、いよいよ次は値引き交渉に臨む為に、安いガス業者を見つける方法でございますぞ。

 

優良ガス会社を紹介してもらおう。

でも安いガス業者を見つけると言っても、それができたらこんなに苦労は致しませぬ。

そこでお勧めしたいのが、年間5万円も安くなることも?!プロパンガスの料金比較なら【エネピ】だ。

「エネピ」を使えば、今お住まいの地域の、安いガス業者をとても簡単に紹介してもらえるのだ。

 

なぜエネピは安いガス業者を紹介できるのか?

しかしここで少し疑問が残る。なぜエネピは、安いガス業者を紹介することができるのか、であります。

ザク男爵
そうだそうだ!お安く販売してくれる業者様が簡単に見つかれば苦労なんてしませぬよ!

なぜエネピでは安い業者を紹介できるのか、その秘密はガス業者がエネピに加盟する為の条件にあるのだ。

ガス業者がエネピに加盟する為には、「販売数量が4,000トン以上」、「違約金なし」、「料金体系が明確」、そして「適正価格での販売」など一定の条件をクリアする必要があるからだ。

つまり、この条件をクリアできない悪質な業者は、そもそもエネピに加入できないことになる。

その為、【エネピ】で紹介してもらうガス業者は、優良ガス業者、ということになる訳でありますぞ。

 

 

優良ガス業者を紹介してもらおう!

優良ガス会社を紹介してもらうには、【無料見積依頼はこちら】から、住所氏名、自宅のガス状況・現在のガスの価格(ガスの請求書があると便利)を送信するだけだ。あとは「エネピ」からの連絡を待つだけでいい。

その後、「エネピ」から、現状を改善する為の提案・優良ガス会社の紹介の連絡がある。

ちなみに値引き交渉が億劫になって、そのまま優良ガス会社に変更する場合の手続きは、全て「エネピ」がやってくれる。もちろん、今使っているガス会社への連絡も「エネピ」が代行してくれるから手間いらずなのであります。

 

今のガス業者、優良ガス業者、どっちを選ぶ?

そしてここから値引き交渉でございます。

紹介してもらった優良ガス業者の見積もりを片手に今のガス業者へ連絡してみよう。

 

今のガス業者が値引きしてくれた。

値引き交渉を切りだして、なんなく値引きに応じてくれた。もしや今のガス業者も優良ガス業者だったのか・・・!?

いえいえ、今のガス業者が値引きしてくれても油断はできませぬぞ。

それはガス料金は毎月変動するからだ。

だから値引き交渉した直後だけ安くして、その後またじわりじわりと値上げする業者がいるからだ。

ザク男爵
なんと!吾輩の勝ち取った値引きも、その後値上げされるのでありますか!?

・・・それは嫌であります。

値引き交渉の後、値上げされるかどうか、それはガス業者の心1つなのであります。

 

エネピの優良業者なら、これからもずっと安心の低価格料金!

毎月変動するプロパンガス料金も、エネピからの紹介なら安心だ。

なぜなら、紹介してくれる業者は適正価格での販売を約束してくれる、優良ガス業者だからだ。

つまり、この先もずっと安い価格でプロパンガスを提供してくれるって訳。

ザク男爵
そうか。一時的に値段を下げる訳ではなく、この先もずっと安い値段でプロパンガスを提供してくれるのでありますな!

うん。実にいい。実にいいサービスでございますなあ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

高いプロパンガスを値引き交渉するコツは次の通り。

1・供給設備と消費設備の違いを知っておくべし。

2・エネピから優良ガス業者を紹介してもらう。

3・今のガス業者、紹介してもらった優良ガス業者を比較検討する。

4・今のガス業者に値引き交渉するときは、競合他社の見積を活用しよう。

5・ただし、値引き後にじわじわと値上げされる可能性もある。

プロパンガスの値引き交渉を成功させるコツは、しっかりと事前準備することが大切だ。

予備知識を知ること、そして競合他社から見積をもらうこと。これらがそろって初めて値引き交渉に臨めるというものだ。

しかし注意したいのは、今の業者が値引きに応じたとしても、その後じわじわと値上げされる可能性もあることだ。

値段以外にも、しっかりと対応してくれるガス業者と付合いたいものでありますな。

それでは、アディオス!

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。