口下手な人でもできる!苦手な朝礼スピーチを劇的に面白くする4つのコツ。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、独立して営業代行の会社を立ち上げた、営業請負人でございます。

 

一生懸命スピーチをしているのだけど、周りの反応が冷たすぎる。

一生懸命スピーチをすればするほど、意味不明な話になって自滅する。

 

・・・イエス、これはちょっと前の吾輩の姿でございました。そうです、吾輩はスピーチが大の苦手だったのです。

しかしハローワークで応募して入社した会社が、毎週朝礼でスピーチをさせるという謎の会社でありました。

毎週のスピーチ、それは吾輩にとって拷問のような時間でした。しかし驚くことに拷問を繰り返されるうちに、吾輩はスピーチの能力をマスターしてしまったようであります。

あれほど苦手だったスピーチですが、今では人前でしゃべりたくてしょうがありません。

そこで今回は吾輩が身に付けた朝礼のスピーチを面白くするコツをご紹介させて頂きましょう。これを読めば、もうスピーチなんて怖くないですよ!

スポンサーリンク

口下手な人でも簡単にできる、スピーチのコツ。

スピーチが上手な人は、きっとしゃべるのが上手で、面白くて、度胸のある人だけだ。口下手な自分には無理だ・・・。なんて思っておりませんでしょうか?

大丈夫でございます。スピーチは口下手なあなたでも上手にできるようになるのです。それも次のコツを実践するだけで、簡単にできるのですよ。

 

聞く人の興味のある話題にする。

もしやあなたがスピーチが苦手なのは、一生懸命しゃべっているのに、聞いている人が無反応だからではないでしょうか。こちらは一生懸命しゃべっているのに、「しーん」と静まり返ってしまう。あれは恐怖でございます。

ザク男爵
・・・であります。(しーーーん)

真っ白だ・・・無反応すぎて真っ白だ・・・ミジンコになりたい。

聞いている人の反応がない。つまり、スピーチがつまらない。だから、自分はスピーチが下手だ。あなたはそう思ってませんでしょうか?

しかしですよ、聞いている人が無反応なのは、何もあなたのスピーチが下手だからではないのですよ。あなたの話が分からない、興味がないから無反応なのでありますよ。

だって考えてみて下さいよ。あなたの知らない・興味のない話をされても

ザク男爵
ふーーーん・・・はよ終わらないかな・・・鼻ほじ・・・

と、思いませぬか?

だから朝礼のスピーチを面白くする為には、まずは聞く人に合わせて話題を選定しなくてはなりませぬ。

聞く人は何歳ぐらいですか?男性ですか?女性ですか?どんな仕事をしてますか?どんな職場ですか?

相手に合わせて話題を選ぶだけで、あなたのスピーチは劇的に面白くなるのです。

 

「体験した話」こそ、最高に楽しいスピーチのネタ。

そしてスピーチを面白くする簡単なコツがもう1つあります。

それは必ず「体験した話」を話すことです。たったこれだけで、あなたのスピーチは聴衆の心と視線を釘づけにしてしまうのでありますよ。

 

それもそのはず、体験した話こそ、あなたのオリジナルの話なのです。その話はあなたからしか聞けない話なのです。

だから聞く人は興味をそそられるのでありますよね。

特に「やりました!」系のスピーチは面白い。さらに「やりました!でも失敗しました!」だとさらに面白い。お勧めでございますよ。

 

これが新聞やテレビから仕入れたニュースをネタにしたスピーチでは、「誰から聞いても同じ話」になってしまうのだ。

朝の朝礼スピーチでは、誰しも寝不足のままご出勤されております。皆様、眠いのですよ。

したがって、冒頭から「昨日のテレビでやってましたが・・・」とか、「今朝の新聞に載ってましたが・・・」と切り出されると、無反応以外、何も反応できないのだ。

ザク男爵
あ・・・この話は・・・おやすみなさい・・・。

あなたが体験した話題は、あなたからしか聞けない話題だ。だからそれだけで聞いている人は興味をそそられるのだ。

聞いた話をネタにするときでも、必ずそこに自分の体験を混ぜるように致しましょう。

 

考えながら、ゆっくりしゃべる。

そして口下手な人にお勧めしたいのが、考えながら、ゆっくりしゃべることだ。

みんなの前でしゃべり始めると、緊張して早口になってしまいがちだ。そればかりか、脈絡がなくなってしまい、最終的には、自分でも何をしゃべっているのか分からなくなってしまう。こんな経験ございませぬか?

ザク男爵
・・・はて、吾輩は一体何をしゃべっていたのでしょうか。自分でも分からなくなってしまいましたぞ。

・・・・・・・・・・・・・。(沈黙が全てを包み込む)

スピーチを上手にする為には、話の順序をしっかり考えながらしゃべる必要がある。文章と同じように、「起承転結」、「導入・展開・結論」、でスピーチも構成されているのだ。

スラスラとしゃべる必要はありませぬ。途中で「えっと・・・」と止まってしまってもいいのです。

落ち着いて、ゆっくりと考えながらしゃべる。次に話す内容を頭で整理しながらしゃべることで、とても聞きやすいスピーチになるのだ。

ザク男爵
えっと・・・。その・・・。あ、そうだ・・・。いやしかし・・・。あ、忘れていましたが・・・。

スピーチで大切なのは、内容をいかに正確に伝えるかだ。途中で途切れてもいいから、ゆっくり考えながらしゃべってみよう。

 

たった一人に向かってしゃべろう!

スピーチは1対多数。みんなの前でしゃべらされる訳でありますよね。苦手な人にとってはそれだけで拷問だ。

そんな苦手なスピーチを克服するには、みんなに向かってしゃべるのではなく、「たった一人に向かってしゃべる」ことが大切でありますぞ。

みんなに興味のある話題を選んでも、その場にいる全員が興味を持ってくれるとは限りませぬ。必ずしらける人はいるものだ。しかもスピーチをしている時に限って、しらけている人を見ると妙に焦ってしまうのであるよね。

しかしこの際、そんな人は放っておきましょう。あなたは聞いている人の中で、真剣に聞いている人、ただその人だけの為にしゃべればいいのだ。

真剣に聞いている人に向かってしゃべると、すごく落ち着くし、普段会話しているようにスピーチができるようになりますぞ。

ザク男爵
・・・しました。それでね・・・。そしたらね・・・。だからね・・・なのであります。

・・・はれ?聞いてくれる人に向かって、会話するようにスピーチしたら、上手くできましたぞ!

聞いてくれない人は、きっとお腹でも痛くてあなたのスピーチどころではないのでしょう。

そんな人は放っておいて、真剣に聞いてくれる人、たった一人の為に語りかけましょう!

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

口下手な人でも上手にスピーチをするコツは、次の4つでございます。

1・聞く人の興味のある話題にする。

2・体験した話をネタにする。

3・考えながらゆっくりしゃべる。

4・たった一人に向かってしゃべる。

スピーチが上手なのは、特別で天才的でカリスマな人だけだ。そう思って諦めておりませぬでしょうか。

・・・いいえ、違いますよ。スピーチこそ、コツを知り、実践するだけで誰でも上手にスピーチできるようになるのだ。

今回ご紹介させて頂いたコツは、とても簡単であります。ぜひ次の朝礼のスピーチから実践してみて下さいませ。

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。