親と揉めそうで怖い?他の子供を叱るときの基準と注意点7つ!

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

公園で遊んでいると、どうしても気になってしまうのが、他の子供の動きではありませんか?

自分の子供が遊具で遊んでいるときに、後ろから「ドン」と突き飛ばされたり、使っていたおもちゃを取り上げられたりしたら・・・

ザク男爵
コラー!!うちの子に何をするでありますかーーー!!!

と、ブチ切れたくなります

 

ですが子供同士の遊びは、どこからどこまでが遊びなのか、どこからがケンカなのか、その線引きが大変難しいのですよね。

ですので、他の子供が危ない行動をしていても、つい怒りそびれて、イライラだけが募ってしまう・・・となりがちです。

 

また他の子供を叱ったときに、その子の親と揉めそうで怖いですよね。後で何を言われるか、分かりませんし。

ザク男爵
イエス、マダム。そのお気持ち、よーく分かりますとも。

ですが、批判を覚悟でいわせて頂きますが、私はしょっちゅう他の子供を叱ります。

 

・・・なぜって?それは「危ない」と思ったことは、我慢せずに口に出すと決めたからです。

 

そこでこの記事では、他の子供を叱るときの基準と注意について、解説して参りましょう。

スポンサーリンク

他の子供を叱った後、親と揉めそうで怖い。

公園で遊んでいると、他の子供を叱りたい瞬間は否応なくやってくるものです。

ですが、正直に申し上げますが、他の子供を叱る場面に出くわしても、私は他の子供は叱りたくありません

なぜなら、その子の親と揉めるのが嫌だからです。

 

ですので、最愛の息子が公園で、元気溢れる他の子供に突き飛ばされたり、順番待ちを割り込まれても、見て見ぬふりしてやり過ごしたいのが本心です。

だって怖いじゃないですか。その子の親、めっちゃ怖かったらイヤですよ。

ザク男爵
コラ!突き飛ばしたら、危ないでしょ・・・って、あ、お父様ですか~ははぁ~・・・

す、すいやせんした!とにかく、すいやせんした!!ささっ、帰ろう!!

と、泣いて謝って退散したくなります。

 

子供は親の対応をよく見ている。

しかし思うのですが、子供って親の対応をよく見ているのですよね。

子供が他の子供から嫌なことをされたとき、親がどんな対応をしてくれるのか。しっかり見ているのですよ。

そう思うきっかけは、長男が公園で他の子供に突き飛ばされたときです。

私は意を決して、突き飛ばした子を叱りました。「危ないからやめろ」と。

 

そのとき長男は、パパに守ってもらったのがよほど嬉しかったのでしょうか。とても目をキラキラさせながら、尊敬のまなざしを向けておりました。

長男のまなざしに調子に乗った私はついでに、

ザク男爵
もし次男がさっきみたいに誰かに突き飛ばされたら、君がちゃんと「辞めろ」って言ってあげるんだぞ。

と、言っておきました。その時の長男が目をキラキラさせながら、「分かった!」と言ったのには感動致しましたね。ぐすん。

 

できることなら、揉め事なんてまっぴらです。私はもの静かに平和に暮したいのです。

ですが、子供は親の対応をよく見ております。

 

自分の子供に対して、「他の子供を突き飛ばしたらダメ」と教えているのに、他の子供に突き飛ばされても何も言い返せないの?

 

まずは親が手本となり、子供にあるべき姿を示すべきでしょう。

・・・え?親と揉めそうで怖いですと?

ザク男爵
ええ、実に怖いですよね。ですが、子供のためにも勇気をもって一言言ってあげましょう。

 

ほかの子供を叱る基準はどうするか?

とは言っても、難しいのが他の子供を叱る基準であります。

やたらめったに叱っても、炎上の火種をまき散らすようで危険でありますから。

ですので、ほかの子供を叱るときは、次の基準を定めるのがお勧めです。

 

押す・引っ張る・突き飛ばすなど、怪我をさせる行為。

まず子供を「押す・引っ張る・突き飛ばす」などの、怪我をさせる行為は、迷いなく叱るべきです。

いくら子供はちょくちょくケガするとは言っても、当たり所が悪ければ、大ケガになることだってあります。

・滑り台のてっぺんから押す。

・はしごを上っている子をひっぱる。

・相手を後ろから突き飛ばす。

こんな行為は迷いなく叱るべきです。

もちろん、私の子供がふざけてでもそんなことをしたら、マジで怒りますよ。

自分の子供だろうが、他人の子供だろうが、相手にケガをさせることは一番やってはいけないことであります。

 

「みんなが迷惑だから」ではなく、「私が迷惑だから」にすると迷いがなくなる。

そして他の子供を叱る基準は、「みんなが迷惑だから」ではなく、「私が迷惑だから」にするのがおすすめです。

なぜなら、「みんなが迷惑だから」という「みんな」の基準が、とても曖昧になるからです。

・公園の花壇に入って遊ぶ。

・立ち入り禁止のエリアで遊ぶ。

・池の鯉にめがけて、石を投げる。

確かに、これらは決していいことではありません。(いや、普通に悪いことだ)

 

ですが、人によっては、「これぐらい、いいんじゃない?」と温情措置を取るかもしれませんよね。

花壇に入っても、絶妙に花を踏んでないかもしれないし、鯉に石を投げているのも、砂みたいにちっさい小石かもしれない。

その判断基準は人それぞれなのです。そこに突っ込んでしまうのは、正直めんどくさい極みです。

だから他の子供を叱るとき、「みんなが迷惑だから」という理由では、その子の親と揉める可能性があるのです。

 

しかしその点、「私が迷惑だから」は、基準がとても明確です。なぜなら「実際に私が迷惑だった」のですから。

・スーパーのカートを押して遊んで、ぶつかってきた。

・遊園地で悪ふざけしてて、ぶつかりそうになった。

・順番待ちができなくて、横入りしてきた。

これは全部、私の主観ではありますが、実際にされて「嫌だ」と思ったから、その場で叱ったことです。

判断基準が「自分」なら、例えその後親と揉めても、自信をもって理由を説明できますよね。

だって判断基準が曖昧な「みんなが迷惑だから」じゃなくて、「実際に私が迷惑だったから」なのですから。

判断基準が、あくまでも自分なら、迷いなく他の子供でも叱れますよ。

 

ほかの子供を叱るときの注意!

では、人様の子供を叱るときは、どんなことに注意したらいいのでしょうか?

初めにお伝えしますが、人様の子供を叱るのは、自分の子供を怒るときより神経を使います

それは親との関係もそうですが、何よりもその子との信頼関係がゼロだからです。

ですので、他の子供を叱るときは、次の4つに注意しましょう。

 

ピンポイントで、その行為だけ叱る。

他の子供を叱るときは、ピンポイントでその行為だけを叱るようにしましょう。

そういう叱られることをしている子供に限って、他にもイライラすることをしているものですが、今回は目をつむりましょう。

突き飛ばしたなら、突き飛ばしたことだけ。横入りしたら、横入りしたことだけ。

手短に、ピンポイントで叱るのがポイントですよ!

 

一言で一喝して、説教をしない。

他の子供を叱るときは、間違っても説教をしてはいけません。

「コラ」でも、「やめろ」でも、「やめてね♡」でも、言い方は自由です。

とにかく一言、二言で終わらせるようにすることです。

 

説教して、何がどうして悪かったのかを分からせるのは、親でもない他人がする筋合いはありません。

それどころか人様の子を説教したら、マジで親と揉めそうで怖いではありませんか。がくがくぶるぶる。

 

まあ、冷たい話ですが、その子がその後どんな大人になって、どんな未来を歩くなんて、私にはあまり関係のない話です。気になるのは、我が子の将来であります。

ですが、「他の子に何かされても何も言い返せない」というのは、よろしくありません。親が示しをつける為にも、軽く叱っておきましょう。

 

教育方針には口出ししない。

他の子供を叱る時は、教育方針に絶対に口を出してはいけませんそれこそ、親と揉める原因になります。

教育方針は親の数だけありますし、そもそも教育方針に正解はありません

仲良しすぎる私と妻ですら、教育方針に限っては水と油(どちらかと言うと、妻が天然水で私が鉱物油)ですからね。

ましてこれが赤の他人なら、教育方針はカルチャーショックを受けるほど違うことでしょう。

他の子供を叱ってしまった為に、親同士がトラブルに・・・なんてケースにならないように、教育方針には口を出さないようにしましょう。

違って当たり前!子供の教育方針の違いで夫婦ケンカしない為の3つのポイント!

2017.12.19

 

現行犯で捕まえて、叱る。

これは叱るときの鉄則であります。叱る時は、必ず現行犯で、その場で、すぐに叱ることが大切です。

叱るべきか、やめておくべきか、色々考えた末に、

ザク男爵
もじもじ・・・やっぱり叱ろう!・・・ねえ、さっきの突き飛ばしたことだけどさ・・・

と、叱っても、子供にとってはなんのこっちゃいですよ。「おじさん何言ってるの?」って。

だから叱るときは、迷わずその場で叱りましょう。

叱る基準を予め作っておくと、迷いがなくなってお勧めですよ。

 

まとめ:その場ですぐに叱るのがおすすめ。

それでは、まとめよう。

他の子供を叱るときの基準と注意は次の通りです。

【他の子供を叱る基準】

1・押す、引っ張る、突き飛ばすなど、ケガに繋がる行為。

2・「みんなが迷惑だから」ではなく、あくまでも「私が迷惑だから」を基準にする。

【他の子供を叱るときの注意】

3・ピンポイントで、その行為だけ叱る。

4・一喝して、説教しない。

5・教育方針には、口を出さない。

6・現行犯で捕まえて、叱る。

実際に他の子供を叱ってみると、そこまで深刻なことではないことに気が付くはずです。

しかもなぜか、私に叱られたのがうれしかったのか、その後私に「遊ぼう、遊ぼう!」って群がってくる子供もいましたしね。・・・子供はかわいいですねえ。

自分の子供の安全を守るため、また自分の子供へのしめしをつけるため、勇気をもって叱りましょう。

それでは、また!

 

次の記事はこちらです。

怒ることは悪いことではない。子供を怒って罪悪感に襲われる連鎖を断ち切るポイント。

2017.02.16

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。