死ぬほど大変!人材派遣の営業マンは辞めるべき4つの理由!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、新規開拓専門の営業マンでございます。

 

吾輩、新卒で入社した会社は「人材派遣会社」。そこで半年間の研修の後に、「営業マン(派遣社員の管理)」の仕事についたのだ。


吾輩は2年半、営業マン(派遣社員の管理)の仕事をしたけど、正直、もう2度とこの仕事はやりたくない。

理由?それは極めて単純!「めっちゃくちゃキツイ」からであるよ!

もうキツイキツイ。ストレスで頭から血が出るかも!って思うぐらいキツイ。実際、ストレスで鼻から血は出たと思うけどね!

 

だから吾輩は、「この仕事に新しく就こう!」、「今派遣業界で働いているよ!」という人がいれば、全力で止めさせて頂きますぞ。だってその方が、本人の為だから。

いや、そんなことしたら、派遣業界が成り立たない!って困る人もいるかもしれないけど、派遣業界なんて、なくなった方がいいのだ。世の中的にね。

 

そこで今日は、元・人材派遣の営業マンが語る、人材派遣の営業マンは辞めるべき理由について書いていくよ!

 

スポンサーリンク
人材派遣の営業マンの仕事は、「派遣社員の管理」がメインの仕事だよ!

52e0b156b34b58b227af7b9b2e207dd1_s
吾輩の肩書は、「総合営業職 業務管理者」であった。つまり、肩書的には、「営業マン」であって、自社とお客さんの間に入って、営業して、売上を上げていくのが仕事だった。

でも実際に吾輩がやっていたのは、「派遣社員の管理」であるよ!

 

吾輩が具体的にしていた仕事内容は、以下の3つに分類できるのだ。

 

1・派遣社員が入社する場合

・派遣社員の新人教育、安全教育(派遣先から、教育不足だ!って怒られることも)

・入寮先の手配、生活に必要な備品の準備(ハウスクリーニングの手配に失敗したら、自分で徹夜で掃除!)

・勤務先までの送迎の手配(朝から深夜まで!土日関係なし!)

 

2・派遣社員が勤務している、通常業務

・派遣社員のメンタルフォロー(急に退職しないようにね!)

・派遣社員の出勤確認(ずる休みをチェックするのだ!)

・派遣会社からの連絡、配布物などなど

 

3・派遣社員が退職する場合

・優秀な社員は、別の派遣先に「異動」してくれるように説得する!

・問題社員が、「異動」を希望しても、「退職」へ誘導する。

・退去した寮の清掃(ゴミ屋敷もあるぞ!)

 

などなど、本当に多岐にわたるのだ。

 

その仕事は、まさに「派遣社員の雑用係」なのであります。

「人材派遣の営業社員、募集!」なんて見れば、かっこよく見える(?)かもしれないけど、その仕事の中身は、「派遣社員の雑用係、募集!」でございますぞ。

 

吾輩の名刺には、「業務管理者 ○○ ○○」って、かっこよく書いてあった。23歳で「管理者」、かっけーってね。

でもその実態は、土日関係なし、早朝から深夜まで「派遣社員の為に働き続ける雑用係」であったのだ!

 

 

人材派遣の営業で、1番大変なのは、「商品が文句を言うこと」だ!

232f4eea221d91949621d4f08f212b2f_s
人材派遣の営業をこれから始める人、もしくは身近な人で始める人がいるならば、これだけは肝に銘じておこう。

ザク男爵
人材派遣の営業で、1番大変なのは、「商品が文句を言うこと!」であるぞ!

ちょっとトゲのある言い方だけど、この表現が1番現場を映し出した言い方だ。

もちろん、「商品 = 派遣社員」でございますよ。ええ、間違ってませんとも。

 

法律的に言えば、「派遣社員は、派遣会社に雇われて、派遣先に派遣される。」

これを元・人材派遣営業マン的に言い変えると、「派遣社員は、派遣会社に買われて、派遣先に納品される。」となる。

 

うわー、すごい毒のある言い方になったね!「人間を商品扱いするとは、非道の極み!!」ってね。でも、それが仕事なのですぞ。いいですか?今からあなたは、その非道なことを、仕事にするのですよ。

 

通常の取引では、商品が文句を言うなんて、絶対にあり得ないことだよね!?

でも人材派遣業界では逆に、商品が文句を言うことが、「普通」「当り前」なのだ。

 

これから扱う商品は、「この仕事じゃいやだ、きつい、辞めたい」とか、「一緒に働く○○が嫌だ、辞めさせろ!」とか、「なんとなく、出勤したくない!」って、平気で文句を言ってくるからね!そう、平気で!

文句を言う商品を、上手にコントロールするのが、人材派遣の営業の仕事だ、と言われればそれまでだけど、それ、めっちゃ大変で、あり得なくて、ストレスフルであるからね。覚悟しよう!

 

吾輩も何度も「あり得ない文句」にキレてしまったこともあるよ!

 

病院に行くとウソをついて、無断欠勤を繰り返した派遣社員。

上司と一緒に彼の寮に様子を見に行くと、そこには元気に遊ぶ彼の姿が。。。

「どうして出勤しないのですか?」と、問いただす吾輩に、彼は逆切れし、「こいつのせいだよ!!」と、なぜか吾輩の対応を非難して泣きわめきだした。

 

その後彼は本社にクレームの連絡をし、吾輩は上司にも所長にも、本社の教育係にも怒られることになった、という経験をしたぞ、吾輩は。

そんなあり得ない派遣社員でも、「法律は常に、弱者の味方」なのだ。目の前に、「今にも飢えて死にそうな派遣社員」がいると、法律はめちゃくちゃ派遣社員に「激甘」になってしまうのであるよ!

吾輩みたいに派遣社員にキレてしまうと、派遣社員から「訴えられる」こともあるからね!マジで!

 

 

土曜・日曜・夜・深夜・早朝。勤務先が稼働続ける限り、トラブル対応の電話が鳴り続けるよ!

-shared-img-thumb-PASONAZ160306440I9A2362_TP_V
人材派遣の営業の大変さは、「商品が文句を言うこと」だけではない。それだけなら、まだ頑張れるのにね。

人材派遣の営業の大変なのは、「土曜日曜関係なし」、「早朝~深夜までが勤務時間」という超ハードワークであるところだ。

 

吾輩は工場に派遣社員を派遣する仕事をしていたから、工場が24時間・365日稼働し続ける限り、誰かしか派遣社員が出勤していたのだ。

誰かが仕事に行けば、何かしらのトラブルが発生するもの。

 

・朝寝坊して、送迎バスに乗り遅れた!(今から迎えに来て)

・残業で遅くなって、送迎バスに乗り遅れた!(今から迎えに来て)

・風邪薬を家に忘れた!(今から取ってきて)

・○○さんが出勤してません!(早く連れてきて)

・会社のロッカーに寮の鍵を忘れました!(早く合鍵であけて!)

 

さすが経験者だけあって、ここはスラスラ書けますなあ。これ、全部実際に吾輩が経験したトラブル。

この連絡、土曜だろうが、日曜だろうが、深夜だろうが、早朝だろうが関係なく来るからね。もう最悪。

 

休日と時間外は、「携帯オフ」にした時があったけど、数時間後に上司から「鬼電」が・・・!

恐る恐る電話に出たら、

上司
なんで電話にでないの!?こらぁ!!

って。うわー、最悪だね、辞めてよかった。本当に。

上司が例えいい人でそんなことしなくても、扱ってるのが「文句を言う商品」だから、携帯オフなんかしてたら、派遣社員が「本社クレームセンターに、即連絡」だね。まさに「ジ・エンド」

 

 

経験者だから言うよ!こんな仕事、ない方が世の為なのだ!

bsZOM83_nensyuhikusugi20140503
人材派遣の営業がいかに大変なのか、よく分かって頂けたであろうか。本当に大変なのだ、この仕事は。

だから正直に言おう!こんな仕事、ない方が世の為なのであるぞ!

 

ない方が世の為な理由、それは「働く人が誰も得しない」からであるぞ!人材派遣の営業マンも、派遣社員も得をしないのだ。

営業マンは、「あり得ないハードワーク」を強いられ、派遣社員は「給料をピンはねされ続ける」

働く人にとって、何かメリットあるの?ないよ、メリットは。

 

派遣社員もそこで働き続ける限り、「搾取」し続けられるのだ。ずっとずっと、辞めるまでずっとね。

長く続けば、続けるほど、派遣社員は「損」するシステムが、「派遣」なのだ。

そんな搾取され続ける存在なんて、いない方がいいに決まってる。

 

じゃあ、なぜ世の中に「派遣」が存在できるのかと言うと、それは会社にとって都合がいいから。

派遣は会社にとって、ものすごいメリットがあるからね。

 

これだけ人材を流動化するのが難しい日本の社会で、派遣はいとも簡単に流動化できる、すばらしいシステム。

そのシステムを導入するのに、専門知識も初期費用も必要なし。

通常の給料よりも割高な「派遣料」を支払えばいいだけ!わお、超簡単!

 

だから派遣がなくなって困るのは、会社。派遣がなくなったら、会社は相当困るよね。

でも働く人のことを考えると、派遣というシステムはない方がいい。絶対いい。間違いなくね。

派遣がなくなれば、派遣社員を管理する仕事もなくなる。けどそれでいいのだ。こんなシステム、ない方がみんな幸せになれるよ。

 

吾輩、以前にこんな記事も書いたのだ!

軽々しく「派遣」を勧めるのは無責任。所詮、派遣は「使い捨て」だよ!

 

すぐ辞める為に、転職サイトに登録しておこう!

派遣業界で働いていることは、致命的なことだ。できるだけ早いうちに退職した方がいい。本当に。

でもだからと言って、今すぐに退職できる訳でもない。

そこでお勧めしたいのが、在職している今のうちに転職サイトに登録しておくことだ。

転職サイトに登録しておくことで、「今の仕事を辞めても、次の仕事が見つかりそうだ」と思え、気持ち的にすごく楽になりますぞ。

特にお勧めなのが、MIIDAS(ミーダス)。この転職サイト、7万人もの転職実績データを公開しており、「どんな人がどんな転職に成功できたのか?」を詳細に知ることができるのだ。

 

登録はとても簡単(5分程度)。MIDASからの簡単な質問に答えるだけでありますぞ。

もちろん、スマホからの登録もOK。でもあまりにも手軽に登録できるからって、

ザク男爵
いつでも辞められるように、MIDASに登録しておこう・・・スマホぽち・・・
上司
ん?なんだそれ?楽しそうだな?教えろよ?
ザク男爵
は、はひいっ!(削除ぽち)・・・新しいゲームしてただけすよ?

くれぐれも上司に見つからないように注意しよう!

 

MIDASの最大のメリットは、一度登録しておけば、MIDASが継続的に求人企業へ売り込みしてくれることだ。

今の仕事を続けながら転職活動するのが難しくても、MIDASならあなたの代わりに転職活動をしてくれる。

その結果、ブラックすぎる今の職場を退職することができるのだ。

上司
・・・呼んだか?
ザク男爵
は、はひいっ!い、異常ありません!!

 

もちろん、登録は無料。さらに登録時に適正年収を診断することもできるのだ。

 

ちなみに吾輩も登録して、適正年収を診断してみたぞ。

%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%80%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97まずはプロフィールとして、性別、生年月日、都道府県を選択。この診断には名前を入力する必要はない。

聞かれる質問は、「職務経歴」、「実務経歴」、「資格」の3つ!

タップ式の設問に答えていくと・・・なんと驚くべき結果が!!

%e7%b5%90%e6%9e%9c

すでに208社もの条件にあう企業が見つかり、想定年収は670万との結果!

さらにうれしいのは、この時点で面接確約オファーが「6件」も確定していること!!

この後、登録ボタンをぽちって押しておけば、確定している面接オファーにいつでも申し込みできる状態になる訳だ。

いつ退職することになっても、次の面接が確定している「安心感」はハンパないね。

 

 

派遣業界で働いて辛いと感じるのは、もしかしたら「今退職しても、次の仕事が見つかるか、分からない」と不安になってしまうからではないだろうか?

その点、MIDASに登録しておけば、キャリアアップを計りながら、次の仕事を見つけることができる。

「今の仕事を辞めても、次の仕事が見つかりそうだ」と、思えるだけで、例え今の仕事を辞めなくても、気持ち的にはものすごく楽になるはずだ。

背水の陣なんて敷いてはいけない。自分の為に、常に逃げ道を準備しておいてあげよう。

自分の身を守れるのは、自分だけでありますぞ。

 

登録はこちらから。


ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s
それではまとめよう!

元人材派遣の営業だった吾輩が、人材派遣の営業は辞めるべきと思う理由は、以下の通りであるぞ!

1・名刺の肩書きは「業務管理者」。でも実態は、「派遣社員の雑用係」!土日、深夜早朝関係ないよ!

2・1番大変なのは、「商品が文句を言うこと」であるよ!

3・派遣先が稼働する限り、トラブル対応の電話が24時間、365日鳴り続けるぞ!

4・経験者は語る!こんな仕事、ない方が世の為だぞ!

この記事を書いていて、あの時の辛すぎる思い出がフラッシュバックして涙腺が熱くなってしまった!

だから頑張って楽しかったことを思い出そうとしてみたのだ!

 

・若くして、数百人に指示し、管理する仕事は快感。(でも誰も言うこと聞かない。)

・派遣社員からモテる(同時に派遣社員から嫉妬されて、揉める。)

・肩書「業務管理者」と言うと、知らない人は「すごい」って褒めてくれる(でも実際は、雑用係)

・リーマンショック前は、ボーナスよかった(でもリーマンショックで、ボーナスゼロ)

ザク男爵
・・・微妙だね!

やらずに済むなら、やらない方がいい。今すでにやってるなら、早く辞めた方がいい!

 

この業界、単なる労働者には全くメリットはございませんぞ!

メリットがあるのは、会社にだけ!関わるなら、「経営者」になってから関わりましょう!

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。