結婚は早い方が人生楽しい。26歳で結婚して感じる、早く結婚するメリット。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、2人の男の子を溺愛で育てるパパブロガーでございます。

 

吾輩は恐れ多くも、26歳のときに妻と結婚させて頂きました。世間一般から言わせれば、ちょっと早い結婚でございましょう。

晩婚化が叫ばれて久しい現代ですが、果たして結婚は早くした方がいいのでしょうか?

ザク男爵
イエス、マダム。

結婚こそ、早い方が人生楽しくなりますぞ。

結婚は一度したら後戻りができない、自分の自由な時間がなくなる、夢を追いかけられなくなる。

そんなマイナスイメージもあるのも事実でしょう。

しかし26歳で結婚し、今や結婚8年目となった吾輩は、やはり「早く結婚してよかった」とひしひしと感じている訳でございます。

そこで今回は、早く結婚してよかったことについて書かせて頂きましょうぞ。

スポンサーリンク

早い結婚に心配だったこと。

26歳でちょっと早い結婚をさせて頂いた吾輩でございますが、何も全く心配がなかった訳ではありませぬ。

やはり、まだ若いということで、お金に関する不安は多かったのであります。

 

お金がない。

まず何と言っても心配だったのは、結婚するのにお金がない、ということであります。

結婚するには、結婚式の費用に新居の引越し代や家賃やら家具やら、とにかくお金が必要であります。

しかし吾輩は妻と結婚するとき、なんと全財産が10万円ほどだったのだ。

ザク男爵
やばい・・・今月の家賃が支払えないのでありますが・・・。

・・・そうだ、ゲームだ。吾輩のコレクションのゲームを売って凌ぎましょう。

家賃が払えない、米が買えない。そんな日々が続いたものでございます。

だがしかし、これは吾輩に限った話ではないでしょう(と信じたい)。若いうちは収入も少ないし、貯金だって少ない訳でございます。

結婚を早くすることは、そんな金銭的な不安のある状況で、一大決心をしなくてはならないのであります。

 

働いて生きていける自信がない。

そして早く結婚するのに心配だったのは、これからちゃんと働いて稼いでいける自信が全くなかったことだ。

結婚生活を支えていく為には安定収入が必要不可欠だ。しかし若く、社会経験も浅いと、正直、これからやっていける自信が全くないのでありますよ。

ザク男爵
吾輩はこれから先も営業マンとしてやっていけるのでしょうか。

・・・不安だ。不安でしかありませぬ。

「これから結婚するのに、どうやって働くの?稼ぐの?」と、自問しては、自己嫌悪になっておりました。

早く結婚するのは結構なことでございます。しかし結婚したあと、どうやって結婚生活を支えるのか?

自分の人生がまだ確立していない状態で結婚するので、その後の生活を支えられるのか、非常に不安になるのであります。

 

早く結婚してよかったこと。
72f438e5decf4a6857209a61e78820fd_s

そんな状態で結婚した吾輩でございますが、早く結婚して「よかった!」と思うのは、次のようなことでございます。

 

結婚してようやく一人前になれた。

「結婚してこそ、一人前」。あなたもどこかで聞いた言葉ではないでしょうか。

これは結婚して守るべき(養う)家族がいると、必死に働くようになる、仕事ぶりが変わる、という意味で使われている言葉。

まあ少々、時代錯誤のような気もしますが、吾輩に限っては、本当に「結婚して一人前」になれた一人でございます。

ザク男爵
しもうた、予定より早く結婚してもうた。

いかん、稼がなきゃ・・・。だ、誰か吾輩にお仕事を下さいませぬかーーーーッ!!!(界王拳50倍)

結婚生活を維持するには、とにもかくにもお金が必要でございますから。お金がなくなったら、ゲームオーバー(離婚)でございますから。

そんな状況に直面すると、人間変わるものなんですよね。

怠け癖に定評のあった吾輩ですら、結婚した途端にほら、こんなに丁寧に仕事をするようになったではありませぬか(どやあ!)

「結婚して一人前」は、全ての人に当てはまる言葉ではございませぬ。

しかし吾輩のように「ケツに火がつかないと、本気を出さない」タイプの人間には、まさに最適な言葉なのでございます。

吾輩は「ちょっと早い結婚」によって、一人前に育てて貰ったようなものですよ。ありがとうございました。

 

最高の理解者がいつでも側にいてくれる。

結婚する最大のメリットは、あなたの最高の理解者がいつでも側にいてくれることだ。

それが早い結婚なら、人生の早い段階から、あなたの側にいてくれることになる訳でありますよ。

ザク男爵
妻の支えがあるからこそ、明日もちゃんと会社に行きますぞ!!

辛い人生を乗り切る為には、誰かの支えは必要不可欠なのであります。

 

確かに早い結婚と聞くと、「自分の夢を諦める」、「自分の自由を失う」というマイナス面もあるでしょう。

しかしですよ、この逆もあることはご存じでしょうかね?

つまり、結婚することで、「自分の夢を応援してくれる」、「自分の自由を作ってくれる」、ということでございますよ。

結婚して、最高の理解者と共に人生を歩むことで、実現できる夢だってある訳でございます。

ザク男爵
26歳で結婚した吾輩。しかし妻の協力あって、今まさに会社を作って社長になるという夢を叶えましたぞ。
・・・私のおかげね。うふっ♪

早く結婚すれば、それだけ早く二人で協力して人生を突き進むことができるもの。一人では実現できない夢でも、二人で協力すれば叶えられますぞ。

 

自分の家族を持つ喜び、プライスレス。

そして結婚する前はまったく想像できませぬでしたが、やはり自分の家族を持つ喜びは想像以上でありました。まさにプライスレスでございます。

早く結婚することで、あなたの最も大切な人がいつでも側にいてくれる。こんなに幸せなことって、他にあるでしょうかね?

毎日会えるのはもちろんのこと、同じ屋根の下で暮らし、休日は一緒に出かける。これからの人生を一緒に考え、ピンチを乗り越えて、夢を実現して喜びを共有する。

ザク男爵
うう・・・ううう・・・ありがとう、妻。

妻と早く結婚できたおかげで、吾輩は毎日幸せでございます。他になりもいりませぬよ・・・。

・・・あ、でも今度新しく発売したゲームは買ってね・・・ぼそぼそ・・・

いつでもどんなときでも、大好きな人がいてくれる。それだけで、人生はバラ色でございます。ありがとうございます。

 

さらにこれは、子供が生まれるともっと幸せを感じるようになるのだ。

言っておきますけどね、大好きな人との間にできた子供、めちゃんこ可愛いですからね。吾輩は子供嫌いだったのに、子供が生まれたら、ハイパー溺愛しておりましたからね。

長男
パパ、パパ。・・・だいちゅき。
次男
あくーーーーッ(パパ大好きと解釈)
あなた、大好き。
ザク男爵
もう何も要りませぬ。ごちそうさまでした。

早く結婚すると、それだけ早い段階から、毎日大切なものに囲まれて暮らすことができるのだ。

しかもこれはどれもプライスレスの幸せであります。いくらお金を稼ごうが、払おうが、お金では絶対に買えませぬ。

 

ザク男爵プレゼンツ!

それでは、まとめよう!

26歳でちょっと早い結婚をさせて頂いた吾輩が感じる、早く結婚するメリットは次の通りでございます。

1・結婚することで、ようやく一人前になれた。

2・最高の理解者がいつでも側にいてくれる。

3・家族を持つ喜びが最高に幸せすぎる。

早く結婚するのは、不安が付き物だ。お金はないし、自分の軸も定まってないし。まあ、不安でございますよね。

しかしそんな不安も、案外二人一緒なら楽しく乗り越えられるかもしれませぬよ。

早く結婚することは、それだけ早く人生を最高のパートナーと協力して歩めるというもの。二人一緒だからこそ、実現できる夢もございますよ

ぜひ素敵なご結婚を。

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。