意外と知らない、リフォーム・リノベーションの保証内容。保証期間はわずか1年!?

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

 

「中古マンションをリフォームして、新築マンションみたいにするんだ!」

 

と、思っている方にお伝えしたいことがあります。

それは「リフォーム・リノベーションの保証期間は短く、新築のように手厚くない」、ということです。

新築マンションでは10年の保証(品確法)がありますが、リフォーム・リノベーションはたった1年(民法 ただし例外あり)しかありません。

ザク男爵
いやいや・・・大規模リフォームで新築並みにしたのですから、そこは10年くらい保証してくれないと・・・

・・・え?ダメ?保証切れだから保証できませんですと・・・?

中古マンションを安く購入し、リフォームに費用をかけようと思っている方は注意が必要です。

なぜなら新築マンションのようにキレイにリフォームしても、保証内容(期間)がまるで違うからです。

リフォーム費用を加えた価格が、新築マンションと変わらなくても、保証内容はぜんぜん違います。

 

そこでこの記事では、リフォームの保証内容についてお答えしたいと思います。

・リフォーム・リノベーションの保証は?

・手厚い保証を受けるためには、どうしたらいいの?

・どんなリフォーム会社を選んだらいいの?

「中古マンション+リフォーム」は最強コンボですが、保証期間にはくれぐれもご注意くださいませ。

スポンサーリンク

リフォームの不具合は、保証期間が切れた後に起きる。

日本リビング協会が、2013年に実施した調査(リフォームの設備トラブル)があります。

「リフォームをしてから、いつ不具合が発生したか?」と調査をしたところ、不具合の91%が保証期間が終わってから発生しています。

保証期間内:9%

2~5年以内:36%

6~10年以内:55%

保証期間が終わったあとに不具合が発生した場合、残念ながら修理費用は自己負担となってしまいます。

ザク男爵
・・・え?リフォームして3年すぎてるから、キッチンからの水漏れは修理できないですと?修理するなら、5万円ですと・・・?

あれほどお金を払ったリフォームなのに、この塩対応・・・く、悔しいであります・・・。

リフォームの不具合は、その場では起きません。

施行して、時が流れ、当時の記憶が薄れてきた頃に起きるのです。

 

「手厚く保証してくれるものだと思っていたのに・・・。」

 

新築と同じ感覚でいると、思わぬところで泣き寝入りしてしまいます。

 

リフォーム保証期間は?

リフォームの不具合で泣き寝入りをしないためには、まずリフォームの保証の種類を知らなくてはいけません。

リフォームの保証は、次の3種類があります。

 

法定保証期間は、1年(民法による)

リフォームが法律で保証されているのは、民法による1年間だけです。

ただし条文により例外もありえる、なんとも不透明な1年間保証です。

 

新築マンションでは、品確法により10年間保証されています。しかしリフォーム工事では、品確法は適用されません。

ザク男爵
間取りから一新する、大掛かりなリフォームをしました。もはや新築同然でございます。

・・・え?リフォーム工事だから保証は1年間だけですと・・・?

リフォームの工事の規模に関わらず、リフォームの保証期間は1年間になります。

これだけでは、かなり不安でございます。安心して夜も眠れません。

 

メーカーによる設備の保証は1~2年

しかしご安心くださいませ。

リフォームの保証にはもう1種類あります。設備メーカーによる、保証でございます。通称「メーカー保証」と呼ばれております。

これは家電を買ったときに同封されている、「メーカー保証書」と同じものです。

リフォームでは、

・キッチンを入れ替える。

・キッチンに食洗器をつける。

・照明器具を交換する。

・ユニットバスを交換する。

など、設備を交換する工事があります。

設備を新しくした場合、リフォームを工事した業者とは関係なく、設備を作ったメーカーが製品を保証してくれます。

メーカー保証の期間は、一般的な家電製品と同様に、1~2年であることが多いです。

 

法定保証期間より若干長くなりますが、

・リフォームかけた費用

・不具合が出たときの影響の大きさ

を考えると、満足できる保証期間とはいえません

 

リフォーム会社による、独自の保証。(1~10年)

3つ目の保証は、リフォーム会社による独自の保証です。

法律で定められた訳ではなく、リフォーム会社が自発的に実施している保証があります。

リフォーム会社が保証してくれるのは、施行した工事内容に対しての保証になります。

・配管のつなぎ込みが悪かった。

・パッキンをつけるのを忘れたため、水漏れが発生した。

・使用した材料をつけ方が悪かったため、電気トラブルになった。

・張り替えた壁紙が剥がれた。

・取り付けたキッチンの立て付けが悪く、傾いている。

「製品は問題ない。悪いのは、取り付け方だ。」という事例が当てはまります。

リフォーム会社による保証期間は、

外壁・防水:5~10年

構造:5年

内装:1年

というものが多いです。

 

「大掛かりなリフォームをしても、1年間しか保証されないのは問題だ」、という声が多かったのでしょう。

最近ではリフォーム会社で、独自の保証を設ける会社も増えました。

 

リフォーム瑕疵(かし)保険の活用で、手厚い保証が受けられる。

リフォーム会社独自の保証も増えてきたとは言え、まだまだリフォームの保証内容は頼りないです。

そこで利用したいのが、リフォーム瑕疵(かし)保険です。

リフォーム保険とは、リフォーム会社が保険金を払って加入する保険です。

リフォーム工事部分に万が一不具合が発生した場合、修繕費用を保険金としてリフォーム会社に払う仕組みで、工事内容に応じて、1~10年の保証が受けられます。

 

リフォーム会社が加入する保険なので、私たち(依頼主)が加入することはできません。

ですので、リフォーム瑕疵保険に加入したリフォーム会社を選ぶことで、リフォーム瑕疵保険が利用できます。

リフォーム瑕疵保険を利用すると、次のメリットが受けられますよ。

 

検査員(建築士)による現場検査を受けるので、安心できる。

リフォーム瑕疵保険では、リフォーム工事が完了したとき(場合によっては工事の途中でも)に、第三者の検査員(建築士)による現場検査があります。

リフォーム会社は第三者からのチェックに合格しなければ、保険金が受けられません。

保険金が受けられなければ、保険料をドブに捨てたもの同然です。

そのためリフォーム瑕疵保険を利用すると、リフォーム工事の完成度が上がります

ザク男爵
・・・え?キッチンの排水の傾斜が悪いですと・・・?

ふう、完成検査のおかげで不具合を回避できましたぞ。

リフォーム工事が完了したときに第三者にチェックしてもらうことで、「この時点で不具合は確認されなかった!」と安心することができます。

 

施行業者が倒産したあとでも、保証を受けられる。

リフォーム会社の独自の保証体制が整っていても、まだ安心することはできません。

なぜならリフォーム会社が倒産してしまったら、誰も保証してくれないからです。

ザク男爵
不具合が発生しましたが、リフォーム会社による保証期間内でありました。

ではさっそく連絡を・・・え?倒産して保証できないですと・・・?

大変残念なことに、リフォーム業界は倒産割合が高いです。

少ない元手で起業できる上に、少人数で経営している会社もあります。経営体力が十分でない会社は、資金難のリスクが高いです。

リフォーム会社が10年保証をしていても、10年後にリフォーム会社が存在している保証こそありません。

 

ですが、リフォーム瑕疵保険なら安心です。

保険料を払っていたリフォーム会社が倒産しても、依頼主(あなた)は保険事業者に保険金の請求ができるのです。

ザク男爵
・・・え?リフォーム会社が倒産したですと?

そうですか、では、保険金はありがたく私が頂きましょう・・・。

リフォーム会社が倒産しても、保険金が受け取れる。

ここまで手厚く保証してくれるなら、ちょっとぐらいの不具合は許してあげられますね(ただし保険金は受け取る)

 

リフォーム会社を選ぶ指標になる。

リフォーム瑕疵保険は、メリットこそあれど、デメリットはまったくありません。

あなたは保険料を支払うことなく、手厚い保証内容を受けられるのです。

では保険料を支払うリフォーム会社は、保険に加入するメリットはあるのでしょうか?

ザク男爵
イエス、マダム。

リフォーム会社はリフォーム瑕疵保険に加入することで、信頼の証を手に入れられます。

つまり「しっかり仕事をしています」アピールができるのです。

安くない保険料を支払うのは、万が一の保身のためだけではありません。

「私たちはアフターフォローまでしっかり対応しています!」

「私たちは責任を持ってリフォーム工事をしています!」

消費者に向かって、自社をアピールすることができます。

つまりリフォーム瑕疵保険の加入状況は、リフォーム会社を選ぶ1つの指標になるのですね。

 

もしも突然リフォームの訪問販売が現れたら、一言聞いてあげましょう。

 

「リフォーム瑕疵保険に加入していますか?」

 

悪徳業者であれば、加入しておりません。

知らないと損する、絶対に失敗しないリフォーム会社の選び方7つのコツ【中古マンション編】

2018.11.07

 

まとめ:リフォームの保証内容は、新築とは違う。

中古マンションをリフォームした場合、新築マンションのような手厚い保証はありません。

リフォーム工事の保証は、3種類あります。

・法定保証 1年(民法)

・設備(メーカー)保証 1~2年

・リフォーム会社独自の保証 1~10年

最近ではリフォーム会社独自の保証が増えましたが、それでも新築のような手厚い保証ではありません。

そこで活用したいのが、リフォーム瑕疵保険です。リフォーム瑕疵保険を活用することで、

・第三者の検査員(建築士)による、現場検査が受けられる。

・リフォーム会社が倒産しても、保険金が受け取れる。

・リフォーム会社を選ぶ指標になる。

3つのメリットが受けられます。

 

大がかりなリフォームをしても、業者が何も言わなければ1年しか保証されません。

リフォームこそ、しっかり保証してくれる会社に依頼したいものです。

素敵な住宅購入を。それでは、また!

 

マンションと一軒家、どっちにする?メリット・デメリット検討し、一軒家を選んだ理由。

2018.10.10

中古マンションはどこを見る?外観・書類で確認するチェックポイントはここだ!

2018.10.29

目に見えない配管こそ大切。築年数の古い中古マンションの配管のチェックポイント!

2018.11.02

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ収益をもとに、営業代行の会社を設立。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間21万PV。

日本一住宅ローンに詳しいサイト「住宅ローンの窓口 ONLINE」で執筆してます。

マイホームを買うことで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」、住宅情報をお届けしてます。