後悔する原因は「購入前に知りたかった」。賢く家を買う為に必要なたった1つのこと。

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

 

住宅購入って、分からないことが多いし、専門用語が難しくて疲れませんか?

その上、住宅展示場や不動産屋の営業がしつこい粘着質だったり、やる気のない営業マンだったら、もうその時点でアウト。

ザク男爵
ネットの情報は不確実。頼りにしていた営業マンは、すごく残念な人だった・・・。

一体私は誰を頼ればよろしいのでしょうか・・・(涙)

住宅購入には分からないことが多すぎる。

だからこそ、重要になるのが、「いかに有益な情報をスマートに仕入れるか」、なのであります。

 

まだまだ不動産業界はグレーな部分が多い。

どうして住宅購入はこんなにも複雑で難しいのでしょうか。

それは単純に家を買うまでの道のりが長いだけでなく、不動産業界(住宅業界)にグレーなことが多いことが原因です。

 

賃貸の更新手数料。

不動産業業界のグレーなことは、身近なところにもありますよ。それは賃貸トラブルでございます。

賃貸を借りていると数年のおきに、契約の更新がありますよね?

契約の更新になると、「更新手数料」という名前で1カ月~2カ月分の家賃相当額を請求されます。

別に更新手数料を払っても、誰かが何をしてくれる訳でもないのに、数万円払う訳ですよ。

ザク男爵
でも、払わなかったら法律違反なんでしょ!?

いいえ。厳密に言えば、更新手数料を払う義務は法的にはないのです。

だがしかし、法的に義務がないからと言って、「支払わなくてもいい」ということにもならないようです。物件を契約したときの契約書に明記されている場合、更新料は支払う必要があるとのこと。

ザク男爵
・・・すみません、結局どっちなのでしょうか・・・

「払うの?払わなくてもいいの?」

そんな不透明さこそ、不動産業界の象徴であります。

 

プロパンガスの無償配管方式。

案外知られていないのが、プロパンガスの無償配管方式でございます。

プロパンガスの無償配管方式とは?

住宅やアパートを建築する際、ガス業者が無償でガスの配管を設置すること。

無償で設置する代わりに、購入者・入居者から、配管代を上乗せしたガス代を請求すること。

知ってました?無償配管方式。

もちろん、私も知りませんでしたよ。毎月毎月「ガス代高いわー。プロパン嫌だわー。」と、妻にぐちぐちしてましたよ。

 

でも住宅購入をきっかけに、この業界の闇を知ってしまったのです。

ザク男爵
わ、私のプロパンガスが高いのはこのせいだったのか!?

な、なぜ誰も教えてくれなかったのだ・・・!!

不動産業界には、知らない人が損をする仕組みがたくさんあるのです。

 

住宅購入での住宅ローン。

マイホームの最後の最後で、落とし穴があることはご存じですか?

それは「住宅ローン」です。

イエス、言い間違いではありませんよ。住宅ローンこそ、住宅購入の最後の落とし穴なのです。

 

住宅購入は決めることがたくさんあります。

・立地

・地盤の確認

・ハウスメーカーの選定

・工法、間取り、設備

・役所に届ける書類など

もうホント忙しいんですよ。

ですので、そんな状態では住宅ローンまで意識がまわないのでありますよ。

ザク男爵
ぜえ・・・ぜえ・・・ま、まだ決めることがあるのでありますか!?

じゅ、住宅ローン?あ、ああ、貸してくれるなら、どこでもいいんじゃない?

そうして私はろくに検討もしないで、ハウスメーカーと提携している地元銀行と即決してしまったのです。

 

しかしこれが住宅購入後、後悔することになるのです。

ちょっと探せば、地元銀行より遥かに安い金利でお金を貸してくれる銀行が、たくさんあるじゃないですか。

ザク男爵
な、なんだこの低金利は・・・!?

なぜ教えてくれなかった・・・なぜ誰も教えてくれなかったのだ・・・(涙)

知らないだけで、余分にお金を払い続けることになる。それが不動産業界の闇でございます。

 

「購入前に知りたかった」が多すぎるのが現状。

私の住宅購入を振り返ってみると、「購入前に知りたかった」ということが多すぎます。

住宅ローンだってそうですよ。

あのとき担当の営業マンが、提携銀行以外の選択肢を教えてくれたら・・・。

住宅ローン返済は、今よりもっともっと楽になっていたはずなのに。

 

「住宅購入は一生に一度の買い物。」

 

みんな言うクセに、私たちが知りたい情報はまだまだ少ないのが現状です。

だから住宅購入で失敗したり、後悔してしまう人が後を絶たないのです。

 

だからこそ、賢く住宅を購入するためには、有益な情報をスマートに仕入れることが大切なのです。

そこでお勧めしたいのが、「すみかる」というサイトでございます。

 

すみかるとは?

まず簡単にすみかるというサイトについてご説明させて頂きましょう。

 

最高のすみかを手に入れるための情報マガジン。

すみかるは、「最高のすみかを手に入れるための情報マガジン」です。

すみかるには住まいについて楽しく学べるコンテンツがあり、賢く住宅を購入するコツが分かります。

さらにすみかるのコンテンツは、不動産業界とも住宅業界とも金融業界とも一定の距離を置いた「中立の視点」からの情報が多いのが特徴です。

だから「それって実際どうなの?」という疑問がすぐに解決できるのです。

 

住宅ローンに詳しい。

住宅ローンは住宅購入の最後の落とし穴でございます。

家ばっかり見て契約していると、最後の最後で落とし穴に落ちてしまうのですよ(私みたいに)

だから住宅ローンこそ、住宅購入前にしっかりと予備知識をつけることが大切なのです。

 

すみかるには、住宅ローンに関するコンテンツがたくさんあります。

特に私が気になったのは、金利だけで選んでない?ネット銀行で住宅ローンを借りるメリット・デメリットを知り、納得できる住宅ローン選びを! という記事ですよ。

 

もうね、タイトル見ただけで冷や汗が止まらなくなりました。

ザク男爵
金利だけで選んじゃダメなのですか!?

先日、金利だけ見てネット銀行にローン借り換えをしたのですが・・・??

金利だけ見てネット銀行に借り換えした私。果たして私の決断は正しかったのか。その答えは記事の中にございます。

金利だけで選んでない?ネット銀行で住宅ローンを借りるメリット・デメリットを知り、納得できる住宅ローン選びを!

 

これはぜひ読んで!すみかるの注目記事!

まだまだすみかるには役に立つコンテンツがありますが、ここではその中でも私がドキッした記事を紹介させて頂きましょう。

 

フラット35申込前に必読!フラット35の審査基準を大解剖

いや、これはマジで住宅購入前に知りたかった。これさえ知っておけば、あんなに不安にならなかったのに。ぐすん。

 

マイホーム購入「年収の5倍まで」はもう古い!?現実的に買える価格はこれ!

私も習いましたよ。住宅ローンは年収の5倍までって。でも年収の5倍よりも借りれるって、どういうことでしょうかね。答えは記事に書かれておりますよ。

 

賃貸と購入の住居費比較は空理空論。君にはその先の暮らしが見えているのか?

この記事を読めば、きっとあなたも家が欲しくなりますよ。どっちが得か、ではないのですよね。最高に楽しいですよ、マイホームは。

 

まとめ:家作りには、中立的な情報が必要。

住宅購入は仕組みが複雑だったり、専門用語が多くてなかなか理解できない、知る機会が少ないのが現状です。

しかもそれに重なって、不動産業界の不透明さが拍車をかけているのです。

知らなかっただけで損をするのが、不動産業界ですから。

だからこそ、賢く住宅を買うために、有益な情報をスマートに入手することが何よりも大切です。

皆様も、「すみかる」で住まいについて楽しく学んでみませんか?

 

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。

・住宅ローンの窓口 ONLINE

・住むプロ

・住宅診断のススメ

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。