独立初期の不安は営業優先で乗り越えろ!独立8か月「営業ファースト」を貫いて分かったこと。

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

 

早いもので、私が独立してから8か月が経とうとしています。

事業「無」計画、経営のド・素人でありながら、ここまでやってこれたのは、一貫して「営業優先」を貫いてきたからだと思ってます。

他のどの仕事よりも営業を優先することを、横文字でかっこつけると

 

「営業ファースト」

 

と呼びます。イエス、私の経営方針は、営業ファーストなのです。

独立後はさまざまな問題、不安が襲いますが、それらの問題は営業ファーストの経営で乗り越えられます。

この記事では独立後8か月徹底して行ってきた、営業ファーストについてお話させて頂きましょう。

スポンサーリンク

なぜ独立初期は営業ファーストなのか?

独立してからやるべきことは多いです。

事務処理、経理、法律関係。これまで会社員としてしたことないことが、たくさんあなたを待っております。

やるべきことはたくさんなのですが、極論を言いますが、それらの問題はギリギリまで放置しても構いません。

なぜならそれが引き金となって、独立生活が幕を閉じることがないからです。

 

お金を生まないことに、労力・コストをつぎ込まない。

事務処理も経理も法律関係の仕事も、どれも大切な仕事です。

しかしどれも共通して言えるのは、「お金を生み出さない」ことです。

適切に経理することで、手元に残るお金を増やすことはできますが、しかしそれは結局「最初から持っていたお金を守っている」だけですから。お金が増えた訳ではありません。

事務処理や経理は目に見えて仕事が減るので、「俺は仕事したぞ!」という満足感は味わえます。ですがその間、お金は増えていないのですよ。

 

独立初期は、とにかくお金との戦いです。

非常にシンプルな話で、お金が続く限りは事業を継続(夢を追いかけられる)できるのです。

独立初期は人的労力も経済資本も限られています。「どこに何のリソースをぶち込むのか?」によって、業績カーブが変わってきます。

キレイな事務所を借りてもお金は増えません。それよりもスーツやカバン、靴に投資して、1件でも多くのお客さんを訪問すべきと思いませんか?

 

売上を上げることでしか、独立生活は続かない。

独立初期は営業ファーストに徹する理由は、売上を上げることでしか、独立生活は続かないからです。

どれだけ独立後の体制がしっかりしてようとも、売上がなくて手元のお金がなくなればゲームオーバーでございます。

 

反対に会社としての体制が今一つでも、売上さえあれば続きます。どこまでも続くのです。

言葉で言われるとものすごくシンプルに聞こえるのですが、独立初期に営業ファーストを貫くのはタフな精神力が必要なのですよ。

・実績ないけど、営業していいのかな?

・会社としての体制が整ってないけど、大丈夫かな?

・規模の大きいクライアントに営業しても、相手にされないんじゃないかな?

独立当初から自信満々で営業できる人は、ある意味すごいですよ。紙一重で天才と呼ばれる人でしょうね。

 

しかし私を含め、多くの一般人はこの問題でつまづきます。その結果、意識が内側に向いてしまうのですよ。

・実績ができてから営業しよう。

・会社としての体制が整ってから、営業しよう。

・まずは小規模のクライアントをターゲットにしよう。

イエス、お気持ちは分かります。

ですが違うのですよ。独立初期に営業ファーストを貫かないと、そのまま緩やかに沈没してしまうのですよ。

 

独立初期の問題は、売上を上げることでしか解決できません。

まずはとにかく売る、営業する。営業ファーストを貫くことで、独立初期を突破できます。

 

独立したら、一日でも早く軌道に乗れ!

「独立初期にこそ、営業!」

 

これは営業代行を生業としているポジショントークではありません。事実なのです。

なぜなら営業初期に営業を集中させることで、次のメリットがあるからです。

 

事業が軌道に乗せることができる。

独立初期に営業を優先することで、1日も早く事業を軌道に乗せることができます

営業をすれば売上が増えるだけでなく、顧客と直接会話することで、商品(サービス)の課題を発見することができます

・本当に売れる商品か?顧客のニーズはあるか?

・売るには、どんな工夫が必要か?

・事業の方向性は修正が必要か?

営業をすることで、訪問したお客さんから無料コンサルをして頂けるのですよ。しかもお客様の声は現場に即したリアルなもので、痛いほどに的確ですから。

 

売上を上げつつ、事業の方向性を修正できる最良の手段は、営業しかありません。

1日でも早く事業を軌道に乗せるため、とにかく営業ファースト、営業を優先すべきでありますよ。

 

収入が増えれば、投資できる。

独立初期に営業を集中させることで、収入(売上)を増やすことができます。その結果、増えたお金を使って投資することができるのです。

・苦手な仕事を外注する。

・稼ぐための高額セミナーを受講する。

・仕事を効率化するために、高機能なパソコンを買う。

・事務所を借りる。ホームページをしっかり作る。

事業の推進をバックアップしてくれるものに投資することで、さらに収入を増やしていくことができます。まさに上昇スパイラルでございましょう。

ですが鋭いあなたは、

 

「いや、だったら最初から投資すれば早いだろ?」

 

と、内心思ったのではないですか?イエス、おっしゃることはごもっともでございます。

しかしながら、もしも投資をしたのに売上が思うように伸びなかったら、独立生活はどうなりますでしょうか?

ザク男爵
10万円もする高額セミナーを受講し、ホームページにお金をつぎ込み、事務所まで借りたのに売上が増えません・・。

これでは一家離散も時間の問題であります・・・。

万が一投資に失敗した場合、あなたの独立生活を縮めてしまいます

「俺の選球眼はハンパねえ」と自信があるなら止めませんが、経営のド素人からスタートする方にはお勧めできません。

 

営業した結果、増えた売上の一部を投資に回すことはあるべき経営の姿でしょう。

私のように経営経験のない状態からのスタートでは、「営業ファースト→増えた売上で投資のスタイル」が性にあっております。

 

まとめ:独立初期こそ、とにかく営業命。

独立初期は不安もやるべき仕事もたくさんあります。

しかし「事務処理や経理を多少犠牲にしても、営業を優先すべきなのでは?」と感じております。

営業は売上が増えるだけではなく、顧客と対面することで無料コンサルまでして頂けます。その結果、事業を1日でも早く軌道に乗せることができますよ。

とは言え、まだまだ私も前に進まなければなりません。ガードを固めながら、営業ストレートパンチを繰り出していきたいと思っております。

それでは、また!

 

▽営業をはじめる前に、もっとも大切なことを学ぶべきでございます。

営業テクニックに走る前に必ず知るべき、絶対に忘れてはいけない営業マインド。

2018.01.31

 

▽紆余曲折ありながら、テレアポ代行の事業がようやく軌道にのりました。

テレアポ代行、始めました!

2018.05.12

テレアポで獲得した「最初の一件」の感動は、生涯忘れない。

2018.07.07

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ収益をもとに、営業代行の会社を設立。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間21万PV。

日本一住宅ローンに詳しいサイト「住宅ローンの窓口 ONLINE」で執筆してます。

マイホームを買うことで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」、住宅情報をお届けしてます。