妻の為に働き続けると決めた。それがブログを始めたきっかけと更新し続ける理由。

こんにちは、ザク男爵でございます。

 

ブログを書く理由は、人それぞれ様々でございます。

・日常の記録として

・情報発信のツールとして

・自己実現として

・副業として

色んな理由があります。

しかし私がブログを始めたきっかけは、ちょっと変わった事情かもしれません。

そこでこの記事では、私がブログを始めたきっかけ、そしてブログを続ける理由について書かせて頂きます。

とても個人的な話になりますが、ほんの少し私にお付き合い頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

平凡な毎日が続くと思っていた。

ブログを始める前の私は、なんだかんだで満ち足りていた日常を送っておりました。

企業戦士(つまり社畜)として消耗しつつも、家に帰ると出迎えてくれるのはかわいい子供たちと優しい妻。

妻のおいしいご飯を食べながら子供たちの相手をして、風呂に入って子供を寝かしつける。

子供を寝かしつけた後は、妻のおもてなしでソファでくつろぎながらゆっくりする。たまにゲームもしたり。

企業戦士(つまり社畜)としての給料は、高い訳でもなく、休日が多い訳でもありません。会社や上司への不満がない訳でもないが、しかしこれといって、ほかにいい話がある訳でもない。

つまり、「まあ、適当に我慢しながらやってれば生きてける」的な甘えがありました。

しかし今でこそ「甘えがあった」と書いてますが、当時の私にはまったくそんな意識はない訳で。毎日毎日、必死に生きていた「つもり」でしたよ。

 

妻が家事している間、くつろぐしかできないのか?

しかしそんな日常も少しずつ変わり始めたのが、次男が生まれた頃です。

次男が生まれたことで、育児と家事が増え、目に見えて妻が忙しくなった。夜泣きで睡眠不足の日もあった(妻が)。

子供を寝かしつけた後、妻がせっせと皿を洗う。眠い眠いと言いながら洗濯物を干して、乾いたものはたたむ。

その間、私は一体何をしていたのか。

ザク男爵
ぴこぴこ・・・ぴこぴこ・・・(ゲームの音)

ゲ、ゲームをしておりました。・・・最低でございますね。

今だからこそ、あの時の自分に思いっきり言ってあげたい言葉があります。

 

「目を覚ませ!」

 

と。

とは言っても、情けないことにその当時の私は、家に帰ってもできることがなかったのであります。

お皿は汚れの少ないものから洗って、スポンジは使い分けて・・・。洗濯物はこのハンガーはシャツ用、子供服はこっち。私のはこっち。

・・・あっ、ちが・・・違う違う・・・いい、私やるから。

ゲームをやっている後ろで、妻が皿を洗っている。

この状況はよくないと頭では分かってましたが、踏み出す一歩が見つからない。そして時間だけが過ぎていったのです。

 

ブログで毎日を少しだけ変えることができた。

もどかしい日々を過ごしていた私は、「ブログ儲かるらしい」というネタを仕入れました。特に深く考えませんでしたが、ブログが収益を生み出す仕組みだけは勉強しました。

ザク男爵
・・・これなら家の中でも働いて、お金を生み出すことができますぞ!

そう思った私は見切り発車で、「建売住宅を買ってみた」というブログを立ち上げます。(後に「ザク男爵プレゼンツ」に名称変更。)

その後、運営方法に間違いや失敗や色々あったものの、私はブログを通じて、家の中で働いて、お金を生み出すことに成功したのであります。

しかしブログを通じて得たものは、お金よりもずっと大切なものがありました

 

妻の為にずっとずっと働くことができるようになった。

私が家の中でくつろいでいたのは、単に私がなまけものだった・・・ということだけではありません。

それは、妻が優しすぎる女神だったからですよ。

あなた、お疲れ様。ささ、コーヒーよ。ソファに座ってゆっくりしててね。
ザク男爵
うむ。(つ、妻ーーーーー!!)

女神のような優しい妻にちやほやされて、私は家の中でゆっくりくつろぐことができたのです。ありがとう、妻。

 

しかしそんな幸せな日常も、先述の通り、次男が生まれたことで少しずつ変わっていきました。

家事と育児が忙しくなり、余裕がなくなる妻。消耗する妻の近くにいながらも、私はただ見ているだけしかできませんでした。(ゲームしながら)

ですがブログを始めたことで、私は家の中でも働けるようになりました。

働くことは好きではないですが、それが妻や子供たちのためになると思うと、ぜんぜん苦にならなかったです。

むしろ、家族の役に立ててうれしかったです

 

ブログの収入は夢を見させてくれる。

ブログでわずかながらも収入を得られることは、それまで会社からの給料しか収入のなかった私には衝撃的なことでした。

会社からの給料でしか、家族を養う方法を知らなかった私には、ブログからの収入は色んな夢を見させてくれました

 

その夢の1つは、会社を設立することです。

ブログを始める前の私にとって、会社設立なんて夢のまた夢だと思っていましたが、今では会社を設立する手続きに入った段階です。夢ではないのですよ。

忙しそうに皿を洗う妻をただ見ていることしかできなかった私。そして出会ったブログ。日記のような記事を書き続けた日々。ブログ運営的には、まあ失敗しているようなものでしょう。

しかし、現に今、私の夢が1つ叶おうとしているのです。

1記事1記事投稿する作業は誰も見ていないすごく地味な作業ですが、その1つ1つが私の毎日を少しずつ変え、そして私に夢を見させてくれたのであります。

 

妻に働く自由を残してあげられる。

企業戦士(社畜)として働く私は、企業戦士(社畜)の辛さを毎日イヤと言うほど味わっております。資本主義の底辺の辛さ、でございますね。

企業戦士(社畜)の辛さを知っている私は、妻にその辛さを味わってほしくない訳でして。特に「辞めたくても、辞められない辛さ」ですね。

しかし私は妻に外で働くのに反対している訳ではございません。働きたいなら、どうぞ働いて下さいませ。

ですが働いて楽しいと感じるのは、やはりそこに「自由」があるからではないでしょうかね。

「いやいや働く」なんて、絶対楽しくないですもの。

 

だからこそ、私がブログを通して得られたこの収益は、単なるお金ではないのです。

この収益は、

・妻が、やりたい仕事を選ぶ自由。

・妻が、働きたいときに働く自由。

・妻が、辞めたいときに辞められる自由。

そのためのお金でございます。

 

企業戦士としての給料が未熟な私には、ブログを通じて得た収益が、妻が自由でいるためには必要でございまして。

これからの教育費が心配。住宅ローンの支払いも心配。

そして夫が頑固で生命保険に入ってくれないのも心配だわ。

ザク男爵
イエス、妻。

その悩み、私が24時間働いて解決して差し上げましょう。(生命保険は意地でも入らない)

こうして私は毎日、更新を重ね続けるのでございます。

 

まとめ:愛する妻の役に立ちたくて。

それでは、まとめましょう。

私がブログを始めた理由、続ける理由はこちらでございます。

1・次男の出産で忙しくなった妻を、ただ見ているしかできなかった状況を少しでも変えたかった。

2・ブログを更新することで、妻のために働き続けることができる。

3・ブログを更新することで、夢を叶えることができる。

4・ブログを更新することで、妻に働く自由を残してあげられる。

ブログを始めた理由、続ける理由は人それぞれ様々でございます。百人いたら、百の物語がございます。どれもこれも、涙なしには語れません。

しかしどの物語にも共通して言えるのは、「ブログの可能性はすごい」ということではないでしょうか。やはりすごいですよ、ブログは。これからも更新していきましょう!

それでは、また!

 

 

次の記事はこちらです。

愛する妻をディズニーランドへ連れて行ってきました!

無職の時から支えてくれてありがとう。感謝を込めて、妻をディズニーランドに連れてきました。

2018.06.25

こちらの記事もお勧めです。

この記事をシェアする。

住宅資料の請求はいつすべき?

ご存知ですか? 住宅購入の資料請求で失敗する人が多いのです。 資料請求はモデルハウス・不動産会社に行く前がおすすめです。 ・・・なぜか? その理由を詳しく書いています。 「家が欲しいけど、なにしていいか分からない!」 というあなたに、ぜひ読んで頂きたいです。 住宅購入、絶対に成功させましょうね!

2 件のコメント

  • はじめまして!
    二人息子を育てる主婦です。育児から家の話まで色々な記事を見させてもらってます。とても面白くためにもなってます。何故生命保険に入らないのかが知りたいです。それに関して書いている記事がありますか?もしなければ教えてください!

    • コメントありがとうございます!
      生命保険に入らない理由を考えてみましたが、コメントでは収まらないと思いましたので、
      今度記事にしてみたいと思います。お楽しみにお待ちください^^

  • きなこ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

    AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

    >>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

    不動産メディアで執筆してます。(実績はこちら

    【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。