口下手でも大丈夫!営業に向き不向きはあるの?本当に営業に向いている人の8つ性格!

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

 

営業マンを7年間をやってみて、私は分かったことがあります。

それは営業には「向き不向き」があるということです。

 

一般的に「営業に向いている性格」と言えば、

・トークがうまい。

・行動力がある。

・清潔感がある。

・押しが強い。

などでしょうか。

確かにこれらの性格も、営業に向いております。

ですが、営業に向いている性格はこれだけではありません。

 

ザク男爵
なんと・・・では、「営業に向いている性格」とは一体なんでしょうか・・・(ごくり)

 

それがよく分かるのは、「小さい子供の性格」です。

よーく思いだしてみましょう。子供が親に甘えるときの、アレですよ・・・!!

 

この記事では、「自分は営業に向いているの?」と、悩むあなたのために、営業に向いている性格についてまとめてみました。

ぜひ最後まで読んで、あなたの心の中に眠る「自分の強み」に気が付いて下さいませ。

 

スポンサーリンク

小さい子供は、交渉が上手い!

da7543a8644a5bf25320e58c35aa1245_sいつも思うのですが、小さい子供ってめちゃくちゃ交渉上手ではありませんか?

営業のプロがそう思うのですから、相当上手いですよ、子供は。

 

私の子供たち(3歳と1歳の兄弟)も、やはり交渉が上手です。

いつもママにだだこねて、お菓子を勝ち取っているのですよ。

長男
ママー、お菓子ちょうだい!
今日はもう食べたでしょ!
長男
やだー、まだ食べてないよ!
いや、さっき食べたでしょ!?
長男
やだ、まだお腹すいてるもん!
しょうがないね・・・じゃあ、ゼリー1個だけね!
長男
ぐしし・・・

これは私の家庭の何気ない1コマですが、営業目線で見たら、ものすごく交渉が上手いなと思いますね。

そこで小さい子供の性格を例にしながら、営業に向いている人の性格について解説させて参りましょう。

 

営業に向いている性格とは?

営業で結果を出す人には、色んな性格の人がいます。

ですので、

 

「こんな人が営業に向いている!」

 

と断言するのは、ほぼ不可能でしょう。

しかし、今から挙げる性格は、どんな営業マンにも当てはまることです。

つまり、この性格なら「間違いなく営業に向いている!」ということですね。

 

1・可愛がられる、許される人間関係を作っている。


PASONA_9_TP_V
営業に向いているのは、「お客さんに可愛がられる」、そして失敗しても「許される関係」が作れる人です。

お客さんに可愛がられると、優先的に注文してくれたり、さらに失敗しても許してくれたりと、本当にメリットが多いですよね。

 

営業という仕事は、一生懸命やればやるほど、失敗の数も多くなるもの。

でもミスをしても、お客さんから「可愛がられる営業マン」だったら、不思議とそのミスが許されるのですよ。

これが反対に、

・お客さんに可愛がられない。

・ミスしたら、責任を厳しく追及される人。

だったら、たった1回のミスで「取引終了」となりかねませんよ。

 

さらに恐ろしいのは、1回でも「許されない」経験をすると、ミスが怖くなってリスクが取れなくなることです。

リスクが取れないのは、営業マンとして苦しくですよね。

目の前にチャンスがぶら下がっても、リスクが怖くてダッシュできませんから。

 

ですので、「お客さんから可愛がられる性格」は、ものすごく営業に向いております。

親に可愛がられる子供は失敗しても許されるように、可愛がられる営業マンは無敵スターをゲットしたように強いのです。

 

2・お客さんに一生懸命アピールできる!手抜きしないで、熱弁できる!

-shared-img-thumb-freee151108028752_TP_V営業に向いている人は、

 

「営業トークが上手い」

「口下手で物静か」

 

など言われてますが、本当のところは、そんなのどっちでもいいんです。

つまりは、大して重要ではないのですよね、トークスキルは。

 

なぜなら営業マンにとって重要なのは、「一生懸命、アピールすることができるかどうか」だからです。

一生懸命にアピールできる人こそ、営業に向いております。その熱意がお客さんに伝わるからです。

 

私が新人の頃は、商品知識がゼロのまま営業に出かけていました。自社で扱っている商品が何なのか、よく分かっていませんでしたよ。

訪問先でお客さんから、

お客さん
この商品はなに?

と聞かれても、ぜんぜん分かりません。

適当に答えたら上司にすごい怒られたことがありましたので、

ザク男爵
イエス、お客様!マッハで調べます!!

と一生懸命に答えておりました。

 

「これじゃ、売れない。売れるものだって、売れないだろ・・・」

内心思ってましたが、それでも売れたんです。

 

商品のことが分からないなりにも、一生懸命売ろうとして「熱弁」をします。

帰社して調べるのも必死だったし、見積出すのも、常に本気でした。

 

この熱意がお客さんにも伝わったのでしょう。商品知識もセールストークもゼロでしたが、熱意で新規口座を勝ち取れましたよ。

やはり、人の感情を動かすのは、「熱意」なのです。「技術」では人は動きません。

 

それをよく表しているのが、小さい子供です。

彼らは上手にしゃべれないのに、自分の要求を必死に必死に伝えようとします。

ひたむきな姿に親は、胸をキュンキュンさせ、一生懸命彼らの言葉を聞こうとします。

 

営業に向いているのは、営業トークが上手い人でもなく、口下手で物静かな人でもありません。

お客さんの為に、一生懸命「熱弁」できる性格の人が向いているのです。

 

3・ターゲット選定が上手い!

営業に向いている人は、ターゲットを選ぶのが本当にうまい。

担当している顧客の中から、売上が上がりそうな顧客を選び、労力を集中させます。

100件担当している顧客がいれば、その中の2、3件を徹底して営業するのですよ。

だから売上が上がる。営業すれば買ってくれそうなターゲットを選んでいるから、売上が上がるのです。

 

これも見習うべきは、小さい子供です。

小さい子供は、みんなに甘えているようで実は違んです。

数ある大人の中で、甘やかしてくれる人を早々に見抜いて、その人を集中的に攻めているのですよ。

 

とくにターゲットにされやすいのは、「若くてキレイなお姉さん」ですよね。

私の子供たちも、若くてキレイなお姉さんを見かけたら反射的に

長男
遊んで!遊んで!ボクと遊んで!

と近づいていきます。

ですが反対に、こわもての強そうなお兄さんのところには近づきません。

 

・・・素晴らしいターゲット選定センスだ・・・。

 

小さい子供は、素晴らしい営業センスのある営業マンと言えますね。

「選択と集中」

私たち営業マンも見習わなくてはいけません。

 

4・お客さんの要望によく気が付く。いいと思ったことはためらいなく実行に移せる。

営業に向いている人は、お客さんが欲しいモノ、して欲しいコトによく気がつき、実行するのが早いです。

「ためらいなく実行できる。」

そんな人は営業に向いております。

 

でも営業マンの中にはいらっしゃいませんか?

 

「あ、これやった方がいい!」

 

と思っても、それを実行に移すまでに時間がかかってしまう方は。

それは周りの目だったり、自分に自信がなかったりして、二の足を踏んでしまうのですよね。

でも二の足を踏んでしまうと、みすみすチャンスを見逃す結果になってしまうのですよ。

 

しかしこの点、小さい子供には本当に迷いがありません。

何のためらいもなく、「いいと思ったこと」を実行できる力があるのです。

 

例えばお手伝い。幼稚園の先生が、

 

「誰かお手伝いしてー!」

 

と一声かけたら、その瞬間に園児がわらわら集まってきて、お手伝いの争奪戦になります。

いやもう、これは園児に頭を下げて、大人が教えてもらいましょうか。営業のイロハを。

二の足を踏まないで、その瞬間にダッシュできれば、チャンスをつかむ確立はグーンと上がりますよ。

 

5・気持ちの切り替えが早い。失敗しても、すぐ次の仕事に向かってダッシュできる。

9c726da6ee9f9e08646c9d9d7219d661_s営業に向いている人は、気持ちの切り替えが早い。

今さっきまで怒られていたのに、すぐ次の仕事に向かって走りだしてますからね。

 

私は営業を7年間やってきて思うのは、営業マンは「失敗を恐れた時点で、アウト」ということ。

営業マンの目的は、「売上を伸ばすこと」であって、「売上の維持」ではありません。売上の維持だけなら、営業マンなんて必要ございませんから。

 

しかし売上を伸ばすことは、ものすごくリスクがあることです。

なぜなら、常に挑戦しないといけませんから。挑み続けないと、売上は上がらないのですよ。

でもやはり挑戦には、紙一重でリスクがあります。

だから挑戦の多い営業マンは、失敗も多い。

つまり売上の多い営業マンは、失敗も多い。

これは間違いありません。

 

失敗の多い営業の仕事だからこそ、1つ1つの失敗に囚われていたら、長く続けられません。

1つの失敗に囚われたら、鬱になってしまいますよ。

失敗しても、次の瞬間には水に流して、次の案件に動ける!
そんな人は、間違いなく営業に向いていますね。

 

6・断られてもへこまないで、食い下がって交渉できる。

1度や2度お客さんに断られても、食い下がって、自分の要求・主張を出来る人は、営業に向いています。

営業なんて、1回、2回断られるのは、もはや「当り前」です。

当たり前すぎて、1回の営業でとんとん拍子で交渉が進んだら、逆に私は疑ってしまいます。

そうそう、営業なんて、断られてから始まるのですよ。そこがスタート地点なのですよ。

お客さん
いりません
ザク男爵
イエス、かしこまりました。では、ご機嫌よう・・・

で、終了したら、マジで食っていけませんて。

 

ですので、「いりません」と断られても、なんとなく売れそうなお客さんなら、また後日スマートに営業してしまう訳ですよ。

何度食い下がっても断られるなら、「代替案」を準備しておくのも大切です。

 

よく私の子供が、

 

「お菓子食べたい!」

「今日はもう食べたでしょ!」

「やだ、食べてない!食べたいよう!」

「さっき食べたでしょ!?」

「やだ、まだお腹すいてるもん、食べたい!」

「・・・じゃあ、ゼリー1個ね・・・」

 

というやり取りは、完全に「代替案」ですからね。いつの間にか、

「お菓子が食べたい」→「まだお腹すいているから、何か食べたい」という要求に変わり、「ゼリーなら、カロリー低いからいいかな」という代替案を勝ち取っているのですよ。

子供たちの断られても食い下がって主張する姿勢。

これこそ、営業マンは見習うべきではありませんか。

 

7・謝るときは、素直に謝ることができる。

-shared-img-thumb-LIG86_ayamarasetarakachi_TP_Vミスしてもいい訳ばっかりして、巧みな営業トークで逃げ切る営業マンは、営業には向いていない。

それとは逆に、ミスしたら潔く謝ることができる営業マンこそ、営業に向いている。

営業にとって大切なのが、信用と信頼です。

私も7年間営業やっていて、これほど重要だと痛感したことはありません。

 

お客さんからの信用・信頼を勝ち取るには、営業マンの「誠実さ」が必要です。

そのためにはミスしたときに、素直に謝ることが必要なのですよね。

ミスをしてしまった時に、

・いい訳して逃げたい

・責任逃れをしたい

という気持ちは、よく分かります。

ですがそれをやってしまうと、営業マンとして1番大切な信用・信頼を失ってしまうのです。

ミスしてもいい訳しないで、しっかりと謝罪し、説明責任を果たせる人こそ営業に向いている訳でございます。

 

8・理不尽な要求でも、平然と主張できる。

そして最後に、営業に向いている人は、これができる人です。

それは「理不尽と思う要求でも、平然とお客さんに主張できること」です。

これはですね、ホント心が痛いですよ、だって自分でも「ああ、意味不明なことを言ってるな・・・」って思うときありますからね。

 

例えば値上げの理由です。

値上げの理由が、「生産が縮小するから」という理由ならば、世間一般的に考えて、道理に叶っていませんよね?

お客さん
なんで生産縮小して価格を上げるの?それはメーカーの都合で、私たちに関係ないじゃん。
ザク男爵
いやしかし、これには業界の深い理由がありまして・・・。生産縮小するから採算が取れなくて・・・、メーカーも苦しい訳でして・・・もごもごもご・・・

・・・おっしゃる通り、完全にメーカーの都合による値上げなのですが・・・

値上げの理由に筋が通っていなくても、我々営業マンはお客さんに、「値上げです!」と、強く主張しなくちゃいけない時があります。

理不尽でも主張をしなければ、取引の主導権が「お客さん」になってしまいますからね。

お客さん主導での取引を続けていると、売っても利益が出ない。

つまり、やるだけ無駄という状態になってしまうのです。

 

利益が出ない状態になると、営業マンは、会社での居場所がなくなってしまいます。

営業マンはお客さんの為に尽くすべきですが、それ以前に自分のポジションがなければいけません。

 

理不尽な要求をして心を痛めた時は、ぜひ小さい子供の事を思い返してみよう。

彼らはものすごい理不尽な要求を平然と主張しておりますよ。

長男
ママ、ボクもうお腹いっぱいなの・・・
そう、ごちそうさまね
長男
ママ、なんかお菓子食べたい!
え、お腹いっぱいなんでしょ!?
長男
やだ、なんか食べたいよー!

こんな理不尽な要求をそのまんまお客さんにしたら、確実に嫌われますが、これぐらいの「心意気」は必要、ということではないでしょうか。

 

営業の向き・不向きを無料診断してみる!

どうでしょうか、あなたは営業に向いている性格でしたか?

しかし自分の性格って、自分では分からないのですよね。

そこで活用したいのが、あなたの強みを診断してくれる「グッドポイント診断」です。

グッドポイント診断は、リクナビNEXTに登録することで無料診断できます。

 

営業一筋9年の私は、果たして営業に向いているのでしょうか。

気になった私は、さっそくグッドポイント診断をやってみました。

 

リクナビNEXTに登録後、マイページから診断できる。

グッドポイント診断は、リクナビNEXTに登録後、マイページから診断することができます。

リクナビNEXTへの登録は簡単で、

・名前

・生年月日

・メールアドレス

を入力するだけです。

登録するとマイページに移動するので、さっそくグッドポイント診断をやってみましたよ。

 

3部構成で300問に答える!

グッドポイント診断は3部構成となっており、各100問程度の質問に答えていきます。

ザク男爵
さ、300問ですか!?

・・・診断そうそう心が折れそうなのですが・・・。

ですがご安心下さいませ。質問数こそ多いですが、どれも選択式・直感で答えるタイプなので、さくさく回答することができます。

それでも後半は疲れてしまいますが、頭が疲れたときこそ、素の自分が出るというもの。

診断結果に期待しながらさくさく回答した結果、15分程度で完了することができました

 

18種類の中から、あなたの強みを5つ診断してくれる。

グッドポイント診断では18種類の中から、あなたの強みを5つ診断してくれます。

私の気になる診断結果は・・・

1・継続力

2・自己信頼

3・冷静沈着

4・親密性

5・挑戦心

で、ございました。

ザク男爵
こ、これは・・・そう言われれば、思い当たるフシがいくつもありますぞ!

さすが300問も回答した甲斐がありました。グッドポイント診断の正確性はかなり高いでしょう。

 

診断結果から、営業スタイルを見直してみる。

今回グッドポイント診断を受けてみて、改めて自分の営業スタイルを見直すきっかけになりました。

・継続力→粘り強い営業を心掛ける。

・自己信頼→「きっと売れる!」と思って営業する。

・冷静沈着→成約までの道のりを考えて営業する。

・親密性→顧客の信頼を第一に考える。

・挑戦心→やる前から無理だと思わずに、新規営業を続ける。

営業に向き不向きはありますが、生まれ持った特性を利用して、自分の強みを生かした営業をすることが大切です。

 

あなたの強みはなんですか?

それをどう営業にいかすことができますか?

グッドポイント診断で、一度客観的に分析してみるといいですよ。

 

 

まとめ:営業に向き不向きはあるけど、自分らしい営業を!

それではまとめましょう。

営業に向いている人の性格は、次の8つであります。

1・可愛がられる、失敗しても許してもらえる。

2・一生懸命アピールできる、手抜きしないで熱弁できる。

3・ターゲットの選定が上手い。売れると思ったら、一気に責められる!

4・お客さんの要望によく気が付ける。いいと思ったことは、躊躇なく実行できる!

5・気持ちの切り替えが早い。

6・断られてもへこまないで、食い下がることができる。

7・謝るときは、素直に謝ることができる。

8・理不尽な要求でも、平然と主張できる。

営業マンには、口下手な人もいれば、よくしゃべる人もいます。

しかし、どの営業マンにも共通して言えるのは、上の8つの性格です。これは間違いなく。

 

営業に向き不向きはありますが、自分の強みをいかした営業をすることが大切です。

あなたの強みは何ですか?

自分の強みは自分では分かりませんので、グッドポイント診断のような無料診断を活用してみることをおすすめします。

自分の強みを知ることで、自分にあった営業スタイルを作ることができますよ。

それでは、また!

 

 

▽転職サイトと転職エージェント、使い分けてますか?

どちらもメリット・デメリットありますので、転職を成功させるには2つとも活用することが大切です。

転職エージェントとは?転職サイトとの使い分けは?の疑問にすべて回答する。

2018.05.01

こちらの記事もお勧めです。

ABOUTこの記事をかいた人

マイホーム購入をきっかけに、マイホームで幸せになる人が増えてくれればと思い、「読めば元気が出る!」住宅ブログを運営してます。

AbemaPrimeにゲストとして出演しました!

>>AbemaPrimeに出演しました。ブログを書いていると生放送に出ることもあるんだなって思った話。

不動産メディアで執筆してます。

・住宅ローンの窓口 ONLINE

・住むプロ

・住宅診断のススメ

【略歴】8年間零細企業に勤めた後、営業代行の会社を設立。営業代行/ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログは月間21万PV。