サボりを摘発!GPSで営業マンを監視する時の3つの注意とは?

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、独立して営業代行の会社を立ち上げた、営業請負人でございます。

 

「はいっ!では、外回りに行ってきます!」

そう元気に挨拶した営業マンは、本当に営業をしているのだろうか?

この疑惑は、営業マンを管理されている立場(社長・部長・課長など)の人なら、一度、いや毎日思っていることではないでしょうか。

外回りしている営業マンの実態を解明するには、「GPS」が便利であります。営業車やスマホのアプリを活用し、営業マンを追跡、監視することができます。

 

「これさえあれば、サボりを摘発できる!」

 

GPSは営業マンを管理する魔法のツールのように聞こえますが、実際はそうでもありません。使い方によっては、逆効果になる場合もありますぞ。

この記事ではGPSで営業マンを管理するときの、注意点、正しい使い方について解説していきたいと思いますぞ。

スポンサーリンク

GPSはサボりの摘発に有効。でも…

結論から申し上げますが、GPSを活用すれば、営業マンのサボりを摘発することができます。

どこで、だれと、何をしていたのか。GPSを使えば、営業マンの行動が手に取るように分かるのです。

 

お客さんのところに向かったと思わせて、公園に行ってサボっていた。

会社に戻ると言いながら、自宅に帰っていた。

外回り中、コンビニ行く回数が多すぎる。

 

GPSを設置するだけで、吾輩たち営業マンの行動は丸裸でございます。ちょっとでもサボっていたら、すぐに上司にバレてしまいますからね。

ザク男爵
申し訳ございませぬでした!申し訳ございませぬでした!全力で申し訳ございませぬでした!!!

営業マンを管理する立場の人は、営業マンの行動を把握することで、

上司
これで俺の部は、売上アップ間違いなしだな。くはははははッ・・・!!

と、思いますでしょうか?

しかしご注意下さいませ。営業マンにGPSをつけて行動を監視したところで、あなたの求める売上は、残念ながら上がらないでしょう。

なぜなら、売上が増えないことと、営業マンを監視することは、問題の本質が違うからでありますよ。

 

問題の本質は、「売れる営業マンに変えること」。

営業マンにGPSをつけようかと思っているあなたは、きっと今の売上に満足していないからでしょう。だから営業マンにGPSをつけようと思っているのですよね?

しかし結論から申し上げますが、営業マンにGPSをつけたところで、売上は上がらないのです。99%上がりません。断言しましょう。

ザク男爵
理由ですか?簡単でありますよ。

営業マンにGPSをつけただけで売上が上がるのなら、どの会社も売上が上がって楽勝ではないですか。

そういうことです。

世の中に「○○するだけで・・・」というイージーゲームはありませんから。

 

売上を上げたいのならば、やるべき問題は「売れない営業マンを、売れる営業マンに変えること」であります。

売れない営業マンのサボりを摘発したところで、売れない営業マンは売れない営業マンのままです。営業の基本から教え直して、売れる営業マンに変える必要があります。

GPSは営業マンのサボりを摘発するには最高のツールですが、売上をアップさせる魔法の道具ではありません。

まずはこの違いをしっかり認識して下さいませ。

 

GPSを200%有効活用する方法&注意!
-shared-img-thumb-OY151013249932_TP_V

しかしながら、GPSも使い方によっては、立派な営業支援ツールになります。

毎日頑張る営業マンをしっかりサポートし、売上アップに貢献する頼もしいツールになるのです。

ですが、使い方を間違えると、営業マンの士気を落とし、売上も下がる可能性もありますよ。

そこでGPSを200%活用する為の方法、そして注意点を解説していきましょう。

 

GPSの設置は公表しない。

GPSを活用する為に最も大切なこと、それは営業マンにGPSを設置していることを公表しないことです。これだけは必ず徹底して頂く必要がありますよ。

なぜなら、GPSが設置されていると分かると、ものすごく疲れるからです。ただでさえストレスの多い営業の仕事なのに、GPSで監視されていると思うと、かな~り疲れるのですよ。

イメージとしては、「勤務中、上司が常に同行して監視している」、「トイレも食事も上司が同行して監視している」、という状況ですね。

上司
お前の行動は全てお見通しだ。○時○分にコンビニに入ったな。これはサボりだろ!?ああん?
ザク男爵
24時間上司に監視されているようで、息がつまりそうであります。

GPSを設置していることを公表すれば、サボる営業マンはいなくなるかもしれませんが、営業マンのパフォーマンスは下がります

常に上司に監視されている状況が1日2日だけでなく、1週間、1カ月続くことを想像してみて下さい。

ザク男爵
トイレにも上司が同行してくる感覚・・・つ、疲れるであります・・・。

本来はお客さんとの交渉に万全の態勢で臨みたいのに、これでは仕事に行く前に疲れてしまいます。

GPSをつけるときは、くれぐれも社員には公表しないで下さいませ。世の中、知らなければよかった、なんてことばかりですから。

 

GPSを設置する前に、社員教育を徹底するべし。

そしてGPSを設置するならば、改めて営業マンの社員教育を徹底する必要がありますぞ。

サボる営業マンの摘発に抜群の威力を発揮するGPSですが、その副作用として「売れない(できない)営業マンが、サボらないで営業するようになる」という効果があるのです。

つまり、売れない(できない)営業マンが、サボらないで営業することで、それまで発生しなかったクレームが起きる可能性がある、ということですぞ。

ザク男爵
あー、ちわッスー。どうっすか、最近?

・・・え?この100円の商品を注文ですか?・・・ちぇ、100円かよ

お客さん
この営業マン、来ない方がよかったのに、なぜ来るようになった・・・・。

「サボる営業マン=売れない営業マン=できない営業マン」と思って頂いて、ほぼ間違いありません。

GPSでサボりを摘発した結果、できない営業マンは仕方なく仕事(営業)をするようになりますが、それ自体が問題なのですよ。

失礼極まりない営業を繰り返しては、御社にとって逆効果、売上ダウン、顧客離反でございます。

ですので、GPSを設置してサボりを摘発するならば、できない営業マンへの社員教育を徹底する必要がありますぞ。

 

給与体系を見直す。

GPSを設置してサボりを摘発するならば、必ず営業マンの給与体系を見直すべきであります。

具体的には、より精度の高い成果主義の給与体系に変える必要がありますぞ。

その理由はただ一つ、GPSを設置してサボりを摘発することで、優秀な営業マンの離職を招いてしまうからだ。

サボりの摘発に抜群の威力を発揮するGPSは、ちょっとしたサボりすら見逃すことはありません。

それはつまり、優秀な営業マンの「生き抜き」すらサボりとして摘発してしまうのであります。

ザク男爵
今月のノルマを120%達成したご褒美に、本日はこっそりサボるであります。

それでは、ごきげんよう。

上司
おい、お前、サボっただろ?ノルマ達成したからって、調子に乗るなよ?

優秀な営業マンは、ノルマを早く達成し、時間を創り出すことが得意です。しかしGPSは、創り出した時間もサボりとみなしてしまう危険があります。

 

営業マンの本来の仕事は何でしょうか?営業マンは、本来、何によって評価されるべきでしょうか?

・・・結果ですよね?売上という名の結果ですよね?

だからこそ営業マンは、結果を出す為に手段を選びませんし、会社は結果を出した営業マンを評価しなくてはいけないのです。

もしもこのバランス(評価システム)がちょっとでも崩れたら、優秀な営業マンはあなたの元を去ってしまいますよ。

ザク男爵
売っても怒られる。売らなくても怒られる。もうイヤであります。

そうだ、転職サイトに登録して転職するであります。

優秀な営業マンほど、簡単に辞めてしまいます。だって優秀なんですもの。今の会社にしがみつかなくったって、活躍できる職場はたくさんあるのですから。

だからこそ、GPSを設置してサボりを摘発する前に、今一度給与体系を見直す必要があるのです。

より厳密な成果主義の給与体系に。売ったら売った分、報われる給与体系に。

そうしなければ、優秀な営業マンは去り、できない営業マンが残る、という残念な営業チームになってしまうのです。

 

GPSの悲劇

また後日談ですが、GPSをつけてサボりを摘発した後、こんなエピソードがあります。

サボることで有名だった社員にGPSを設置することで、それ以降彼がサボることはなくなりました。

・・・いや、正確に言えば、一見なくなったように見えました。

彼の営業車は常に動き続けていたからです。一か所に留まることなく、一生懸命営業しているように、動き続けて見えました。

しかし、よくよく動きを解析してみると、

 

・ショッピングセンター内の駐車場を走り回っている

・お客さん周辺の道路をぐるぐる回っている。

・あてもなくドライブしている。

 

動いているだけで、結局は営業していない。つまりサボっていたのです。

これが意味するのは、GPSはサボりの摘発には有効ですが、サボる社員を更生する力はない、ということですね。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

GPSを営業マンに付けるときは、次のことに注意するようにしましょう。

1・GPSの設置は公表しない。

2・GPSの設置の前に、社員教育を徹底する。

3・給与体系を見直す。より精度の高い成果報酬制度が必要。

「外回りしてきます!」と言って出かけて行く営業マンの99%は、何かしらの形でサボることがあります。

GPSを使えば、そんな営業マンを一網打尽に摘発することができるのです。

しかしご注意下さいませ。GPSは使い方次第では優秀な営業支援ツールになりますが、使い方を間違えると優秀な営業マンを追い出す道具になってしまうかもしれません。

売上が増えないのは、営業マンがサボるからではありません。そもそもの営業の方法が間違っているのです。

営業はとても難しいですが、その一方で奥が深く、非常にやりがいのある仕事です。

あなたの営業に関するお困りごとは、営業代行ならお役に立てるかもしれません。お気軽にコメント下さいませ。

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。