幼稚園の担任が新任の先生で不安だったこと・よかったこと。対応方法は?

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、2人の男の子の育児を楽しむパパブロガーでございます。

 

もし幼稚園の担任の先生が、新卒で新任の先生だったら・・・。大切な我が子を初めて幼稚園に預けるのに、不安だと悩んでおりませんでしょうか?

 

実は吾輩も、長男の幼稚園の担任の先生は、新卒で新任の先生だったのだ。

確かに最初は「大丈夫か?」と思う場面もあったけど、入園して半年がすぎた今では本当にその先生でよかったと強く思うのだ。

そこで新卒の新任の先生が担任になって、不安だったこと、よかったこと。そして対応方法などをまとめていきましょうぞ!

スポンサーリンク

ベテラン先生に比べれば、頼りなさそうには見える・・・

d18d36db-s確かにベテランの先生に比べれば、新卒の新任の先生は頼りなさそうだ。いや、そもそも、比べてしまうこと自体がナンセンスなのかもしれませぬ。

だがしかし、保育料を支払う身としては、シビアに見させて頂きますよ!ベテラン先生でも、新任先生でも、保育料は同じでございますのでね!

 

園児よりも緊張していた入園式、父親参観。

吾輩、忘れることなどできませぬ、今にも泣きそうな顔で、必死に担当のご挨拶をされていた姿を!

かくいう吾輩も営業マンだけど、人前でしゃべるのめっちゃ苦手。しかも自分よりも年上の保護者の前でしゃべるなんて・・・!

ザク男爵
想像しただけで、失神しそうであります。

 

また吾輩が参加した、父親参観。この日、先生の必死に教えようとする姿に吾輩は感銘を受けましたぞ。まだ涼しい初夏、手で拭う液体は、冷や汗なのか、それとも涙だったのか。

確かに授業(?)そのものは、言ってしまえば「ぐだぐだ」だったかもしれませぬ。かみまくり、段取り間違い。これはベテラン先生に比べれば、致し方ないかもしれませぬな。

けど吾輩は幼稚園で頑張る我が子の姿が見れただけで、お腹一杯でございましたよ。特に父の日ということで、サプライズでパパの似顔絵&「パパの歌」をプレゼントしてもらったからね、感動ですよ。

ザク男爵
先生っ!いいもの見させて頂きました!感動しました!!

本当にご馳走様でした。

 

忘れる事務連絡、配布物。翌日のイモ掘りの持ち物が分からない事件・・・!

一生懸命な新卒の先生の姿は、なぜか見ているこちらが応援してしまいたくなる。

ザク男爵
先生っ!頑張って!!先生っ!!子供たちに負けないでっ!!

しかし先生はご多忙な仕事であり、教える・世話をする以外にも、行事の段取りや、事務連絡もやらなきゃいけないみたいだ。

 

そんな多忙な先生は、事務連絡、家庭への配布物を忘れることが度々あった。

特に衝撃を受けた(妻が)のは、翌日のイモ掘りの持ち物の連絡がなかったときだ。

どうやら長男が幼稚園を休んだときに連絡があり、その後のフォローがなかったようだ。

ザク男爵
先生っ!明日は手ぶらでよろしいでしょうか!?

え?スコップが必要!?ス、スコップーーー!!

そして吾輩はダッシュでスコップを買いに闇に消えていった。

 

子供から見た先生は、愛に溢れていた!

ab790a8daac71a847b41d7e9bc184d2d_s確かに不安だ。新卒の先生は、親から見れば不安でございますとも。

だけど、新卒の先生が、いい先生なのか、一生懸命な先生なのか、それとも「外れ先生なのか」。それは、実際に幼稚園に通っている子供を見ればよく分かるのでありますぞ。

外れ先生とは?

経験の浅い新任の先生、子供の扱い方が上手くない先生、事務連絡・段取りにミスが多い先生など。

 

子供に愛される、新任の先生。

親としては不安が残っていたけど、幼稚園に毎日通う長男にとっては、とてもいい先生なようだった。

何をもっていい先生と呼ぶのか。それは、長男が先生のことが「どれくらい好きなのか?」で判断できる。

長男
ボクね、ボクね、○○先生(担任の先生)のことがね、大好きなんだよ!
ザク男爵
うう・・・この目から溢れるしょっぱい水は何だ!?これが嬉し泣きというものか!?

長男のその言葉を聞いて、吾輩はいたく感動した。

長男は、人見知りで、恥ずかしがり屋で、シャイボーイで。親として幼稚園に預けるのは、ものすごく不安だった。

ちゃんと一人でお着替えできるかな?トイレはいけるかな?

そして、幼稚園でお友達できるかな?先生とはなかよくできるかな?って。もう不安すぎて、夜も眠れないほどだ。(妻が)

 

そんな長男から言われた、「先生、大好き」発言。なんと、パパとママ以外にも、好きな人ができたのでございますなあ。

そんな新卒で新任の先生は、紛れもなく「いい先生」だ。だって、先生の元に通っている子供が、「先生大好き!」って言ってるんだからさ。この言葉にウソはないよ。

あんまりにも長男が先生大好きって言うものだから、吾輩も戻りたくなりましたぞ、幼稚園に。

ザク男爵
吾輩も幼稚園から人生やり直したいーーー!!こんな素敵な先生に優しくされて、人生やり直したいーーー!!

幼稚園からやり直したとしても、また同じところで人生の歯車は狂うだろうけどね。

 

子供にとって、楽しい幼稚園生活を作ってくれた、新任の先生。

さらにうれしかったのは、長男が幼稚園が楽しみにしていることだ。

聞くところによると、毎日先生が優しく遊んでくれるし、なんと幼稚園でお友達ができたようなのだ。あの恥ずかしがり屋のシャイボーイの長男に!きっと幼稚園での生活、楽しいんだろうな。

そんな長男が楽しめるような幼稚園生活を支えているのは、紛れもなく、新任の先生だ。

 

30歳をすぎたオッサンの吾輩、残念ながら先生と長男の楽しそうな様子を見ることができませぬ。フェンスごしに片手に望遠鏡を持っていたら、マジで警察に捕まります。

ザク男爵
ち、違うのだ、これは・・・!!これは・・・違うのだーーーー!!ちょ、ちょ、ちょうなーん・・・!

幼稚園に通う子供が、楽しそうに幼稚園に通っている姿こそ全てだ。吾輩の長男が毎日楽しく幼稚園に通えているのは、紛れもなく先生が一生懸命努力してくれたお陰なのでありますぞ。

ザク男爵
せ、先生・・・!!吾輩もまた幼稚園からやり直したいであります!!
長男
パパ、パパ!パパも幼稚園、一緒に行こう!(純粋な眼差し)
ザク男爵
うん、行こう!わはははは~~

吾輩、幼稚園から人生をやり直す覚悟であります。

 

 

そもそも、幼稚園は教えてもらう場所じゃない。

fb3bbaa70bc805cd19570d510c48a34c_s新任の先生は外れ先生なのか?入園したときは、ベテラン先生の方がいいのか?

 

そんな不安な気持ちを持つのは仕方のないこと。だって、園児より緊張している先生を見れば、そりゃ親としては不安にもなりますよ。

けど、「外れ先生かも!?」と、先生の対応の不満を言う前に、知っておきたいことがあるのだ。

 

 

幼稚園は、教えてもらえる「チャンスを与えられる場所」であること。

3歳、4歳のお子ちゃまには少々厳しすぎるけど、現実はそうなのだ。

幼稚園は先生が手取り足とり教えてくれる場所ではない。先生に教えてもらえる「チャンスが与えられる場所」だってことだ。

確かに吾輩たち保護者は、安くない(正直高い)保育料を支払っております。けど、吾輩たちは幼稚園のお客さんではないのでありますぞ。

 

長男
・・・もじもじ(先生あのね)・・・もじもじ(先生一緒にあそぼ)・・・

と、もじもじしているだけでは、先生は気が付いてくれませぬ。

子供がもじもじして、先生と一緒に遊べないなら、「どうして、うちの子と遊んでくれないの!?気が利かないの!?」ではなく、

ザク男爵
ちゃんと先生に、「一緒にあそぼ」ってお口で言うんだよ。

と、言うのが筋だ。

 

え?何?幼稚園児には厳しすぎる?

ははー、確かに厳しいですな。ええ、吾輩、厳しいことで定評のある亭主関白でございますので。

 

でもこれから出る社会は、嫌でも積極性がないと生きて行けませぬぞ?だったら、幼稚園からちょっとずつ練習してはいかがでしょうか!?

 

保護者も先生を積極的に応援しよう!

配布物がない!連絡がない!

けど、それで幼稚園の文句を言っても仕方ありませぬ。せいぜい愚痴の言い合いの「つまみ」になるぐらいでしょうか。

だからそんなときは、先生、幼稚園を応援する立場に回りましょうぞ。だって、そもそも幼稚園って「やってくれる場所」ではないのだから。

ザク男爵
なにを!お金払ってるんだから、やってくれて当然ではないか!!ぷんすかぷんすか!

と、言いたい気持ちは分かるよ。いや、保育料、高いもの。

けど、教育ってお金を払ったからと言って、お客様に100%はなれないのであるよね。

塾に高い金払って通わせても、そこで本人が一生懸命やらなければ意味がないのと同じ。あくまでも、塾は学ぶきっかけを作るだけ。その場で本人がどんな努力をするかで、教育の結果は変わってくるのだ。

 

お金払ったから、「後はよろしく!」ってマル投げしないで、親も一緒に幼稚園と一緒になって、協力する必要があるのでございますな。

 

ザク男爵
外れ先生、新任の先生、ベテランの先生、関係なくね!

 

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

幼稚園の担任が新卒で新任の先生で不安だったこと、よかったこと、対応方法は次の通りでありますぞ!

1・親から見れば、新卒で新任の先生は、確かに不安だ。

2・けど子供からすれば、「大好き」な先生。

3・事務連絡、配布物の忘れは地味に困る。

4・幼稚園は、「教えてもらう場所」ではなく、「教えてもらうチャンスを与えられる場所」。だから保護者も積極的に幼稚園の先生を応援しよう!

初めての幼稚園は何かと不安が多い。特に先生が新卒の若い先生だと、親としては不安だ。

けど、そこに通う子供からすれば、あんまり新任とかベテランは関係ないようであるぞ。

それよりも、先生と子供との相性。何よりも、先生の「熱意」が大切でありますな。

ぜひとも子供の楽しい幼稚園生活、応援してあげましょう!

 

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。