神のような1冊だ!ゼノギアス設定資料集をブックオフオンライで買ってみた感想!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、2人の男の子の育児を楽しむパパブロガーでございます。

 

ゼノギアス設定資料集が欲しいけど、高すぎるプレミア価格に購入をためらっている、ゼノギアスを愛しているあなた!!

迷っている暇はございませぬぞ、ゼノギアスファンなら、これは間違いなく買うべきでありますぞ!

そう断言できるのは、吾輩も購入をためらっていたけど、実際に買ってみたら、想像以上のクオリティに大満足しているからであります。

そこで今日は、ゼノギアス設定資料集のレビューを書いていきますぞ!

スポンサーリンク

ブックオフオンラインで購入!

吾輩がゼノギアス設定資料集を購入したときの情報は次の通りでございますぞ!

正式名称:スクウェア公式 ゼノギアス設定資料集 PERFECT WORKS-the real thing-

購入元:ブックオフオンライン

購入時期:2016年10月

価格:7,500円(送料込)

郵送方法:ゆうパック

ちなみにゼノギアス設定資料集が販売されたのは、1998年。当時はデジキューブからの発売(3,500円)でございました。しかしデジキューブの倒産により、ゼノギアス設定資料集はプレミア化。

しかもその後の制作運営上の理由により開発チームは空中分解し、シリーズものとなるはずだったゼノギアスはお蔵入りになってしまう悲劇を辿ってしまうのだ(涙)。

ザク男爵
吾輩の青春がつまったゼノギアス!涙なしには語れませぬ(泣)!!

 

中古品の状態。

気になるのは中古品の状態だ。7,500円も払って、よれよれのボロボロの本が届いたら、マジで泣けてくるからね。

で、早まる気持ちを抑えつつ・・・開封!!

ザク男爵
おおーー状態、いいではないかーーー(感動)!!

よかったー!予想以上の状態のよさに、まずは一安心だ。

確かに細部の「使用感」は中古品っぽさを感じる。

kimg1188

けどこの18刷が発売されたのは、2002年!なんと14年も前の本ではございませぬか!?

ザク男爵
ブックオフオンライン、いい仕事してますな~!

 

 

表紙からして、「ヤバい」。

kimg1182そして何よりもインパクトがあるのは、表紙だ。

てかこれ、写真掲載してもいいのでありましょうか?あとからグーグル先生に怒られないか、不安なので若干遠くで撮影。

しかしこの表紙、ゼノギアスファンのあなたなら、何を意味するのか分かりますよね!?

そう、もちろん「ミャン」と「エリー」の関係でありますな。しかも水面を反転して、エリーとミャンが入れ替わって映っているという、粋な演出。

ああ、もう吾輩、この表紙だけでノックアウト気味でございます。ふらり・・・

 

想像以上に大きい。そして紙質がいい。

これね、実物を見るまで分からなかったけど、デカいよ、これは。

紙のサイズはA4。大型本でありますな。

 

そして手に持った触感が実にいい。

吾輩、読書が嫌いだから、本の違いなんて分からないけど、このゼノギアス設定資料集が「絶対いい紙使ってる」ってことだけは分かる。それだけは分かる。

だからであろうか、この本、重いよ、見た目以上に。

なぜこんなにもゼノギアス設定資料集は重いのか?それは制作者の熱い思いがぎゅーーーっと濃縮されているからでありますぞ!

 

では、内容を見ていきましょうぞ!

 

内容が濃すぎる。

恐れ多くてページをめくる手が震えた。けど勇気を振り絞ってページをめくる。

するとそこには、想像以上のコンテンツが満載であったのだ。

 

オールカラー、全304ページの大ボリューム!

ゲームの設定資料集の中には、大きな絵がどどーんって載せてあって、はい、終わりー、みたいなものがあるけど、ゼノギアス設定資料集はそんなものとは違う。

オールカラーはもちろん、なんとページ数は304ページ!

ザク男爵
しょ、小説でありますか、これは!?

しかもそれぞれのページには、絵、図の他、細っかい小さい字で書かれた無数の解説が!!

kimg1184眼性疲労の激しい吾輩は、その小さな文字を追いかけるのが苦痛でございます。

しかし小さな文字の解説分を読んで行くうちに気が付きましたぞ。

ザク男爵
これは愛だ。製作者の愛がぎっしりと詰まっているのだ!

もうそれだけで、吾輩は何も要りませぬ。

 

もちろん、難しい解説だけでなく、ゼノギアスファンにはうれしすぎるイメージヴィジュアルも多数。

kimg1187これは幻の肖像画のソフィア。設定資料を買えば、いつでもあの感動に出会うことができるのだ。

 

ゲームでは語られてないことばかりだ・・・!!

kimg1185オールカラーでページ数も多い。だがそれだけではないぞ。

記載されている内容は、どれもこれもゲーム本編では語られなかったことばかりなのだ。

ザク男爵
いやー、ホント、ありがとう。こんな本を作ってくれてありがとう(涙)

こぼれ落ちる涙で、せっかくのプレミアの設定資料集が汚れてしまうところでありました!

 

だがしかし、熟読しても、難しすぎてよく分からない。

kimg1183嬉しさのあまり、最愛の息子たちを若干放置気味にして読みふけった吾輩。子供たちが寝静まった夜に、さらに熟読した吾輩。

そしてひとしきり本を読み切って思ったのだ。

ザク男爵
・・・よくわからん・・・

足りない頭をフル動員して一生懸命読んだ結果、「アニムス」とか「ゾハル」が何かは分かりました。

でもね、何度読んでも、「波動存在(高次元)」とか、「事象変移機関」とか、マジ意味不明。解説読んでも、解説が日本語には見えませぬ。そもそも変換できないから、入力もしんどい。

ちなみに設定資料集の解説によれば、

波動存在

肉体を持たない高次元の存在。我々には知覚することのできない「波」のようなもの。宇宙が誕生する以前、すべてにおいては「波動存在が存在する次元」において1つであった。ゾハルの事象変移によって次元間の境目がなくなり、三次元に降臨した。

・・・だ、そうです。

 

悲願が達成できる1冊だ!

ゼノギアスほど、魂の込められた作品は他にない。

しかしそれでいて、その後の開発が運営者の都合で白紙になってしまったのは、本当に悔やんでも悔やみきれない。

 

制作側の都合で未完のまま、作られることのなかったゼノギアス。

当初ゼノギアスはシリーズとして制作されるはずだったのだ。それが明確に示されるのは、ゲームクリアしたときに表示される「エピソード 5」の文字。

そうなのだ、このゼノギアスのゲーム本編は全体のうちの5番目の物語なのであるよね。

物語はエピソード1~6までの6部構成になるはずだったのだ。

 

しかし、運営者側の問題により、ゼノギアスの開発はストップすることに。

その後一部のエピソードは、「ゼノサーガ」として語られることになるけど、残念にもゼノギアスシリーズは、未完のまま、その後作られることはなかった。

 

当時の制作者の魂、想いが込められた1冊。

しかしこの設定資料集が発売された時には、まさか開発チームが解散してしまうことになるとは夢にも思ってもない訳で。

だからこの設定資料集のインタビュー、解説記事には、今後の展望も熱く語られているのであるよね。

もうね、涙腺崩壊であるよ。涙が止まらないよ。どうしてこんなことになってしまったのって。

 

でも、あのときのゼノギアスを作った熱い魂は、全てこの1冊に込められている。

ゲーム中では語れなかった作者の想いが、全てここにあるのでありますぞ(涙)!

 

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

ゼノギアス設定資料集を買った感想は、次の通りであるぞ!

ザク男爵
この熱い想いが、ぎゅっとつまった1冊が7,500円なら、安いものだ。

この本を買うかどうか迷っていた頃の吾輩に言ってあげたいことがある。それは、

「迷っている暇はない!さっさと買え!!」

と、言うことだ。

ホントに1点の妥協も見られない、神のような本だ。吾輩は枕元に常に置いて、毎日ゼノギアスと一緒にすごしますぞ。

 

それでは、アディオス!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。