営業なのに訪問先がない!新規営業で訪問先がない悩みを解決する4つのヒント

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)である! 栃木の亭主関白ブロガーであるよ!

 

営業を続けていると遅かれ早かれ一度はぶち当る壁、それが「訪問先がない!」なのだ。

営業なのに訪問先がない。会社や上司からは「売上を上げろ!」と会社を追い出されるのに、肝心の訪問するお客さんがいない!

これがね、実に辛いのだ。行く当てもなく公園のベンチに座り込み、ため息を付きたくもなる気持ちも分かりますぞ!

しかしため息ばかりで行動しなくては、その状況は一向に改善されませぬ。

 

そこで今日は営業なのに訪問先がない悩みを解決するポイントについて書いていくよ!

 

スポンサーリンク


重要なのは、出入禁止にならないことだ!

営業なのに訪問先がない!これはかなり切実な問題だ。営業マンが一度この状態になってしまうと、蟻地獄に落ちたように、もがけばもがくほど、ドツボにハマってしまうからとても危険なのだ。

しかしかく言う吾輩も、新人の頃はそんな状況になってしまったことがあるぞ。

 

営業できるお客さんはすべて営業しつくした!でもどこも取り次いでくれなかった。

熱心に訪問してもお客さんの反応は同じ。いやそれどころか、心なしかお客さん、怒っていらっしゃるのでは・・・!?

それでも売上欲しくて熱心に営業していたら、お客さんから「もう来なくていいですよー」の一言が。

 

熱心に営業していたはずが、逆にお客さんの心はどんどん離れていってしまい、最後は「出入禁止」となってしまった吾輩。

出入禁止になってしまうと、もうどうにもならない。謝って済むなら謝りたい!しかし無情にも謝って済むような問題ではないようでして。

 

そして吾輩は貴重な訪問するお客さんを失ってしまったのだ。

 

 

行く当てもなく公園のベンチで噴水を見ていた吾輩であるけど、「このままではいかん!妻と子供に飯を食わせることができぬ!」、そう危機感を抱いた吾輩はそれまでの営業方法を改めたのだ。

出入禁止になってしまっては、元も子もない。そこで吾輩は継続的に営業できるように次の工夫をするようにしたのであるぞ!

 

 

訪問先がないときに見直すべきポイント!

営業なのに訪問先がない!そんなかわいそすぎる状態になってしまった吾輩が実践したことは次の通りであるぞ!

 

いらないお客さんには、絶対に売込まない。
839bee7e-s

吾輩は営業でお客さんを訪問しても、そのお客さんが「いらない」と言うなら、それ以上一切営業は致しませぬ。

聞いているだけで不思議と欲しくなっちゃう営業トークを展開したり、お客さんを誘導尋問に乗せて、いつの間にか契約書に印鑑押させてしまう恐ろしいテクニックなんて、吾輩は使いませぬぞ。

その代わりに吾輩は、「今すぐ欲しいお客さん」と「そんなのいらないお客さん」を見分けるようにしたのだ。

 

まず自社商品を案内して「今すぐ欲しいお客さん」には、そのまま継続して営業する。

商品の見積だって出すし、サンプルだっていっぱいあげちゃいますぞ。しかも速達で。

でも「そんなのいらないよ」なお客さんだったら、それ以上の営業は一切しない。

・・・なぜか?その理由は2つ。

 

まず1つは営業するだけ時間の無駄だから。

営業マンだってヒマではない(これホントに)。買いそうもないお客さん相手に営業している時間はございませんので。だったらその時間を使って、「すぐに欲しい!」ってお客さんを1件でも多く見つけた方が効率いいよね。

 

そしてもう1つの理由が、今後もしかしたら「今すぐ欲しいお客さん」に変わる可能性があるからだ。

今はいらないって言ってっても、どんな風の吹きまわしか、今後「欲しい!」って言いだすことはよくある話。

でも「いらない」って言ってる時に熱心に営業してしまうと、お客さんに嫌われてしまうのであるよね。ウザい、しつこいって。

これ、下手したら出入禁止になってしまいますぞ!貴重な訪問先が1件減ってしまいますぞー!

 

そんな状況を回避する為にも、お客さんの購買意欲をよく見定めるってすごく重要。

よくよくお客さんを観察して、しっかりとターゲットを選定致しましょうぞ!

 

 

買ってくれなくとも、また営業してもいい関係を作る。

あ、このお客さんは買ってくれるかも!って思っても買ってくれないなんて、当たり前。当たり前すぎて笑っちゃうぐらい。買ってくれないよー、うへへへって。

だから吾輩、お客さんが買ってくれなくても一喜一憂致しませぬ。

それは「売れる・売れない」は、実は重要ではないことを身にしみて知っているからだ。

営業にとって重要なのは、「売れる・売れない」ではなく、「お客さんとの関係」でありますので。

 

吾輩が訪問先がなくて悩んでいた頃の営業方法は、とにかく「買って下さい!」だったのだ。

でもこの営業方法って、お客さんが買ってくれないと後が続かないのであるよね。見積出しました、買いませんでした、はい終了、って。

 

だから吾輩は「売れること」よりも、お客さんと「蜜月の関係」になれることを重視したのだ。

別に商品なんて買ってくれなくても結構でございます。でも弊社のこと、そしてわたくちのこと、どーぞよろしくお願い致しまする・・すりすりすり・・・。

 

お客さんが欲しい商品の最新カタログを、どの業者よりも早くお届けする。

お客さんが使ってみたい商品のサンプルを、こっそり取り寄せてお届けする。

お客さんが知りたい業界の裏情報を、こっそり教えて差し上げる。

 

吾輩は商品を一生懸命売込むよりも、お客さんと蜜月の関係になれることに注力したのだ。

その結果、別に商品は買ってはくれないけど、吾輩を呼んでくれるお客さんが1件、2件・・・と増えていったのだ。

そしてその後、取引がスタートして、ウン千万の売上になったケースもありますぞ。

 

だから新規営業で訪問するお客さんがいない!って嘆くなら、いっそのこと商品の売り込みを一切しないのもありだね。

お客さんと蜜月の関係になることに全力を尽くせば、お客さんの方からあなたを呼んでくれるようになりますぞ。

 

 

売れるチャンスを見逃さない!売れなくても、定期訪問を欠かさない。
b22509e1-s

こんな風に書いていると、徹底して売込まないことが重要に思えてくるけど、実情はそうでもない。

吾輩も「売込みませぬよ~あははは」なんて書いているけど、「売れる!!」ってビビッと来たら徹底的に売り込みますぞ。もちろん、値段も徹底対抗。1円足りとて他社には負けませぬので。夜露死苦。

訪問するお客さんを失わずに売上も上げる。それを実現するには、「売れるタイミング」を逃さないことだ。

その為には、日頃からお客さんの元に定期的に訪問する、「定期訪問」が超重要になってくるのだ。

 

定期訪問とは新規営業、新規飛び込みとは違う、いわば「ルートセールス」のようなもの。

言葉だけ聞くと、新規営業よりも定期訪問(ルートセールス)の方が簡単に聞こえるけど、そうではございませぬからね!残念!定期訪問はとても奥が深いのだ。

 

お客さんを定期訪問する理由は、まぎれもなく「売れるタイミング」を逃さないことだ。売れるタイミングを探るため、我々営業マンは毎日うろうろしているのであります。

しかしお客さんにとっては、この定期訪問、正直ウザいはず。仕事中に営業マンが用もなく「ど~も~、まいど~」って毎日来たら、うざい。吾輩がお客さんだったら、無視するかもしれぬ。

だから定期訪問するにはコツが必要なのだ。(そのコツはコチラを参照くださいませ。↓)

もう嫌われない!定期訪問の質を高める、ルート営業の訪問理由7つ!

商品が売れないときでも、お客さんを定期訪問して売れるチャンスを見計らう。

訪問先がないと悩むときは、まずは定期訪問の「質」を変えてみよう。

 

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

新規営業で訪問先がないときは、次のポイントに注意してみよう。

1・営業マンにとって重要なのは、いかに出入禁止にならないか。

2・いらないお客さんには、絶対に売込まない。

3・買ってくれなくてもいい。お客さんと蜜月の関係になれることに注力する。

4・売れるタイミングを見逃さないために、定期訪問の質を高める。

お客さんの数は無限なようで実は有限。しかも案外少ない。

そんな少ないお客さんは上手に営業しないと、あっという間に出入禁止になってしまい、ゲームオーバー(退職)になってしまうのが、営業マンの現実なのだ。

吾輩も行く当てもなく公園のベンチに座って噴水を見ていた時期もあった。

けどこの方法を実践してからは、お陰さまで訪問先がない悩みからは解放されましたぞ。

ぜひともあなたの営業ライフにお役立てくださいませ。

 

それでは、アディオス!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。