人の話を聞かないは褒め言葉!上司から言われても直す必要ないよ!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)である! 栃木の亭主関白ブロガーであるよ!

特に取り柄のない吾輩でございますが、人の話を人一倍聞かないことに定評のある吾輩、ザク男爵でございます。

 

そうなのだ、吾輩は自他共に認める、「人の話を聞かない営業マン」であり、「人の話を聞かない亭主関白」なのであるのだ。

だから吾輩は常々上司から

上司
おい、ザク男爵!ちゃんと私の話を聞きたまえ!

と、怒られていたものだ。そんな若き日の吾輩は、人の話を聞けない自分に悩むときもあった。

でも今は、「人の話を聞かないこと」は、最高の褒め言葉だと実感しておりますぞ。

そこで今日は、人の話を聞かないことが褒め言葉である理由、そして上司から言われても直す必要がない理由について書いていくよ!

スポンサーリンク

人の話を真剣に聞くと、ガチで潰されるかもしれない。

吾輩が「人の話を聞かなくてもいい!」と確信したのは、転職先の上司と合わずに3カ月で退職したときだ。

辞めてよかった!上司と合わないなら、転職直後に退職してもいい。

2016.02.13

上司に追い詰められ、精神的にも疲弊して仕事でミスを連発する吾輩。

その時上司はご親切にも(!)、吾輩が仕事ができない理由をえんえんとご説明下さったのだ。

それはもう、涙の出るほど、辛い時間でしたぞ。ホントに。大の男が、嗚咽して泣くぐらい、辛かった。

 

だがしかし!結局、吾輩は上司の話を聞かなかった。

上司がご親切にも吾輩が仕事ができない理由を説明下さったけど、吾輩はきれいさっぱり忘れてしまいましたぞ!

吾輩、このときばかりは本当に、上司の話を聞かなくてよかったと思ったね。

だって上司の話を真剣に聞いて間に受けてしまったら、間違いなく吾輩は「鬱」になっていたよ。

ザク男爵
そうか、吾輩って仕事できないんだ・・・そうか、ダメな奴なんだ。吾輩なんて・・・(ちーん)

吾輩は上司の話を聞かなかったからこそ、「鬱の一歩手前」で済んだのだ、ラッキー!

 

そう、人の話なんて聞く必要ないよ!人の話を真剣に聞いて間に受けたら、下手したら悪い人に潰されてしまうからね!

 

 

人の話を聞かなくてもいい理由。

吾輩が身をもって実感している、人の話を聞かなくてもいい理由は次の5つでありますぞ。

 

人の話を聞いても、言った人は責任を取らない←当たり前。
d96d0338-s

人の話を聞いても、言った人は絶対に責任を取りませぬ。これは断言致しましょう、100%あり得ない。

これは吾輩も経験ございますぞ。上司に言われたことを忠実に実行したけど、うまく行かずに失敗した。それを上司に報告すると、

上司
ちげーよ。そんな意味じゃねーよ。ちゃんと俺の話聞けよ!!
ザク男爵
あわわわ・・・は、はひい!

ってなる。

吾輩、上司に言われたことを忠実に再現したつもりだったのであるけどね。

 

でもふと冷静に考えると、悪いのは「自分の発言に責任を持たない上司」ではなく、「自分の頭で考えなかった吾輩」ということがすぐに分かるのだ。

だって上司に言われた通りに実行して、必ず結果がでるような世界なら誰も苦労致しませぬからね。吾輩だって、楽して結果が出るなら、いくらでも上司のお話聞きますよ!

 

だからこそ、上司に言われたことを自分の頭でしっかり考えて、解釈し、理解して行動することが大切なのだ。

自分の頭で考えないで、人の話を聞いただけで実行しても、うまく行きませぬぞ。

最終的には、自己判断。もちろん、言った人は「言った責任」なんて取らないしね。

 

 

反対意見に惑わされなくなる。

人の話を聞かなければ、反対意見に惑わされることが少なくなり、自分の素直な気持ちに忠実に生きることができるようになりますぞ。

何かをやろうと思えば、必ずと言っていいほど、反対意見は出てくるもの。吾輩が7年間勤めている地元の零細企業へ転職するときも、吾輩の両親は大反対していたからね。

確かに営業未経験で、違う業界で、しかも社員数10人以下の零細企業とだけ聞けば、子を想う親が反対するのは分からないでもない。

けど、その親の反対意見を聞いてしまっていたら、今吾輩が噛みしめているこの幸せは決して手に入らなかっただろうね。

 

人の話を聞かないと、周りの反対意見に惑わされることがなくなりますぞ。

周りの意見に惑わされることがなくなれば、自分の素直な気持ちに忠実に生きていくことができるからね!

 

 

人の話を聞かないのは、自分の中に「成功する為の方法」が確立されているから!
yusei845_syoudanget_tp_v

人の話を聞かないのは、自分の中に確固たる信念があるから。だからその信念を無理くり曲げてまで、人の話を聞く必要はございませぬぞ。

人の話を聞かないことで定評のある吾輩は、上司から、

上司
夏は半そでポロシャツで営業した方がいいぞ、君もそうしたまえ、ぬはははは!

って言われ続けているのだ。だがしかし吾輩、これまで1度もポロシャツで営業したことはございませぬからね。てへへ。

 

別にポロシャツで営業したい人は、それですればいい。

だがしかし、吾輩は「夏でも長袖シャツ(ダウンボタン)」、という確固たるポリシーがあるのだ!

それは吾輩の中での、「このシャツを着た時が、最高の営業ができる!」という確固たる信念、揺らぎなき信念があるからだ。

 

上司から人の話を聞かないザク男爵と言われても、吾輩の中ではこの「長袖シャツ(ダウンボタン)を着れば、最高の営業ができる」という勝利の方程式が出来上がっているのであります。

例え暑い夏はポロシャツの方が快適だとしても、自分の中の成功する為の「勝利の方程式」に沿って行動した方が成功する確率はぐんと上がるのだ。

人の話を聞かないって言われても、それは自分の中にしっかりと「成功する為の方法」が確立している証拠。

だからそれを無理にねじ曲げて人の話を聞く必要は、ございませぬよ!

 

 

人の話を聞かないのは、自分に自信があるから。
d93cef00-s

不安になると、人に意見を求め、人の話を聞き回る。

逆に人の話を聞かないということは、それだけ自分に自信があるってことだ。

 

確かに人の話を聞かないことで、成功という目的地まで遠回りしてしまうこともある。

けど自分に自信がある状態なら、多少の困難は跳ね除けられる。さらに自力で目的地までのルートを発見できれば、持ち前の自信とガッツで、猛スピードで突き進むことができるからね!

 

人の話を聞く時は、決まって自分に自信がない、不安なときに聞くものだ。

人の話はすごく為になるけど、それだけじゃ1ミリも前には進まない。

それよりも、人の話は聞かなくとも、ガツガツ突き進むことができるほどの「自信」が大切でございますよ!

 

 

「人の話をちゃんと聞け!」と、言うのは、単に伝え方が悪いだけだから。

そして最後に、「人の話をちゃんと聞け!」と言う人に限って、相手に伝えるのがものすごく下手だったりするものだ。

言葉足らずだったり、感情的になってしまったり。どこか不器用な人が多いね。

どうしても、「人の話を聞かない」と言われると、「悪いのは、人の話を聞かない自分だ」と、自分を責めがちになってしまう。

だけどそれは単に伝えるのが下手なだけで、それを人のせいにする為に「人の話を聞け!」って言う場合もあるので注意しよう。

それこそ、間に受けてしまったら、こっちが鬱になってしまいますからね!

 

 

ただし!間違った方向に進む可能性も・・・
c23db426-s

人の話を聞かないことは素晴らしい。自分の中に確固たる信念があり、己の道を突き進むことができるのだ!ばんざーい!

と、喜びたいところだけど、人の話を聞かないと、間違った方向に進んでしまう可能性もあることは知っておこう。

 

吾輩のこのブログでも、人の話を聞かないばっかりに、それはもう数え知れないほどの失敗を繰り返してきましたぞ!

ブログ村で1つのカテゴリーに拘った記事を量産してしまったり、プロブロガーのイケダハヤト先生の炎上をマネして失敗したり。

炎上するブログ運営!イケダハヤトの「炎上」をマネしたら失敗したよ!

2016.04.29

どちらの失敗の原因も、吾輩が色んな人の話を聞かなかったことであります。反省。

 

人の話を聞かなくてもいい。けどまったく聞かないと、取り返しつかなくなるほど、間違った方向に進むからね。

だから、たまーには、人の話、真剣に聞きましょう。

もしくは、人の話を聞かなくてもいいから、頭の片隅に覚えておきましょう。きっとどこかのタイミングで思いだして、己の間違いを正してくれるよ。

 

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

人の話を聞かないことは褒め言葉である理由、そして上司から言われても直す必要がない理由は次の通りであるぞ!

1・人の話を聞いても、言った人は責任を取らない(当たり前)

2・反対意見に惑わされなくなる。

3・人の話を聞かないのは、自分の中に「成功する為の方法」が確率されているから。

4・人の話を聞かないのは、自分に自信があるから。

5・そもそも、「人の話を聞け!」と言う人が伝えるのが下手なだけだから。

吾輩がどれほど人の話を聞かないか。それはこのブログの文章を見て頂ければよーくお分かりになるでしょう!

「ブログの文章はこう書きましょう!」みたいなハウツーはたくさん読んだけど、

ザク男爵
ふーん・・・鼻ほじ・・・

そして吾輩の文章は結局変わらなかった。最初から最後まで、「吾輩」でございますので。

 

だからと言って、初期の文章と今の文章では、その書き方はまるで違いますぞ。それはなぜか?

それはもちろん、時折、色んな人の話を「思いだして」、修正してきたからでありますぞ!

 

人の話は聞く必要はない!けど、頭の片隅にはしっかり刻みこんでおきましょう!必ず役に立つから。

ぜひとも、己の道を楽しく歩き続けましょうぞ!

 

それでは、アディオス!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営(営業代行)/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。