不安な30代を充実させる為に、やるべきと心に誓った6つのこと!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、新規開拓専門の営業マンでございます。

30代になったあなたは今、順風満帆、将来安定でございましょうか?

32歳になった吾輩は今、正直不安だ。これまでの20代とは、何かが違うのだ、何かが!

 

しかし冷静に見渡せば30代になってから、不安だらけなのだ。

責任ある仕事も増えたし、部下もできたし。子供の将来だって、教育費だって、そして35年の住宅ローンだって、不安でありますぞ!!

ザク男爵
ふ、不安だらけやないかい!

 

そこで今日は、吾輩がこの不安だらけの30代を充実したものにする為に、「やるべき」と心に誓ったことについて書いていきましょうぞ。

スポンサーリンク

仕事について

男にとって仕事は生活の基盤でございます。亭主関白な吾輩から仕事がなくなってしまったら、穴のあいた風船のようにみるみるしぼんで、部屋の隅で縮こまっていることでしょう!

30代、吾輩は仕事に対して、次のことを「やるべき!」と、心に誓ったのでありますぞ!

 

長所を伸ばす。短所は諦める。

32歳になった吾輩は、短所を克服することを諦めましたぞ!

それは開き直り、とも言えますな。いや、もう30にもなって、短所を克服するのが実に辛いのですよ。

この年になって、苦手分野の克服とか拷問以外の何物でもございませぬ。

手先の不器用な吾輩に精密作業をやらせる、口下手な吾輩に集団討論をさせる、デザインが苦手な吾輩にデザインをやらせる・・・それはみーんな、拷問でございますぞー!

だから吾輩はもう諦めたのだ、苦手を克服することを。苦手なものは、もうやりませぬ。どなたか得意な方にやって頂きたく存じますよ。

 

だがこれは苦手から逃げている訳ではございませぬぞ。

30代にもなると、苦手を克服したところで、そこから先急激に能力が伸びるとは考えられませぬ。吾輩が今からデザインの勉強に多くの時間を費やしても、せいぜい中学生の美術で「4」をとるとこがいいとこだ。

10代、20代なら、苦手の克服をするだけの時間的余裕がある。もしかしたら、克服した後に伸びるかもしれない。しかし30代にはそんな余裕も伸び白もないのだ。

そんなことをしているなら、さっさと自分の長所を見極めて、それを誰にも負けないぐらい伸ばした方がいい。その方が仮に転職するにしても有利だし、社内に残るにしてもその一芸で生き残ることができる。

 

吾輩も今からデザインの勉強はしませぬよ。それよりも、吾輩の得意な営業スキルを磨いて、もっともっと稼ぐことを心に誓った次第でありますぞ。

 

 

 

上司をスポンサーに変える。

20代の頃の上司って、どことなく「教官」、「指導官」、「監督者」な存在であるよね。

30代になった吾輩は、そんな上司の存在を「スポンサー」のような存在に変えようと、心に誓ったのでありますぞ。

 

 

吾輩も20代の頃は、上司から事細かに指示をされて、それに対する報告を求められていた。

けど30代になった今、吾輩にはそれがないのだ。ええ、まさにフリーダム。うれしすぎる状況だから、もう1度いいましょう。

ザク男爵
吾輩は、今、とてもフリーダムに仕事をしているぞーーー!!

なぜ会社の社畜である吾輩がフリーランスのようにフリーダムを感じて仕事をしているのか?

それは、「上司から信頼されて、任されているから」でありますぞ!ありがたや。

しかし同時にこのありがたいフリーダムな状況を維持する為に必要なことがたった1つある。

それは、「結果」。そう、結果、他にございませぬぞ。結果が全てだ。

吾輩は常に結果を出し続けることで、上司からの信頼を得て、自由に裁量できる自由を得ているまでのこと。

だから結果が出せなくなったら、このありがたい自由がなくなってしまうのだ。

 

20代の頃はまだ「結果よりもプロセス!」みたいな名残があった。確かに20代なら、結果よりもプロセスの方が大切かもしれぬ。しかし30代は間違いなく結果だ。結果を求められる。

だから吾輩、これからも結果を出し続け、上司をよき「スポンサー」にしていきたい。そう心に誓ったのであります。

上司
・・・ちゃんと売上、上げろよ?
ザク男爵
は、は、はひいっ!!!

 

 

 

部下を手下に変える。

部下ができたら、部下を手下に変えるべきだ。30代になって中間管理職になった吾輩は、そう心に誓ったのだ。

営業マンとしてのキャリアが長い吾輩にとって、正直、部下は足手まといだ。

ザク男爵
なぜこんなこともできないのか!遅い!違う!そうじゃない!

ああ、吾輩の時間がなくなった!!吾輩の売上がああ・・・!!

部下を放置したいのは山々だけど、上司から面倒見ろよと言われている手前、放置する訳にもいかず。

仕事も教えるし、指示も出すし、報告も聞くし、今後の対策も考えるし。それでいて部下が成功したら、それはそれで吾輩の立場も危うくなってしまう!

ザク男爵
上司って報われないでありますな~涙

30代になると、部下ができて、部下との関係に悩むことも多くなる。

だから吾輩は、部下を徹底的に「教育」して、「手下」に変えてみようと、心に誓ったのだ。だって、ただ普通の上司を演じているだけじゃ、報われないからね。損だよ、上司って。

部下を手下に変える為には、飴も鞭も使いますぞ。ありとあらゆる手段を使って、部下を吾輩に心酔する手下に変えてみるつもり。

 

自分自身の成長だけでなく、部下を育てて自分の軍団を作り始めるのが、30代。

これこそ、充実した30代を送る為に必要なことだと、ヒシヒシと感じておりますぞ。

 

 

お金について

30代になっても(?)つきまとうのは、お金の不安。

20代の独身時代に比べて自由になるお金が少ないばかりか、住宅ローン、子供の教育費にも対応しなくてはいけない、苦しいのが30代。こんなに苦しいから、禿げるのか、ああ、そうか、なるほどね。

そこで吾輩が30代で「やるべき!」と心に誓ったお金のことは次の通り。

 

経験をお金、資産に変える。

30代になったら、では正直遅いかもしれませぬ。吾輩、今、めっちゃ後悔してますもの。どうしてもっと若い頃から「資産」を作れなかったのかって。

だって、お金って使ったらなくなる。なくなったらまた稼ぐ。稼いである程度貯まったら、また使う、なくなる。その繰り返し。

ザク男爵
あれ・・・?一生懸命働いているのに、全然お金増えないし、生活は楽にならないのはなぜ?

人によっては、「旅行に行く為に働くのだ!」とか、「休日遊ぶ為に、働くのだ!」とおっしゃるのかもしれませぬ。確かにそれはそれで間違いではございませぬな。

しかし!しかしであるよ!それでは、一向に暮らしは楽にならないではありませぬか!!

稼いで使う、使ったらまた稼ぐ。この無限ループを死ぬまでやらねばいけぬでしょうか。・・・吾輩はイヤでございますよ、そんなの。

働いたら、楽になりたい。楽になりたいから、今頑張って働くのだ。別に気やすめに旅行に行ったり、休日に楽しくリア充する為に働く訳ではないのだ、吾輩は。

だから吾輩は30代になって、心に誓いましたぞ。これからは、自分の経験したことをお金に変え、そして資産にしていくと。

 

それは営業マンであれば、日々の売上を追い求めることではなく、優良顧客を追い求めること。

優良顧客さえいれば、それは「金のなる木」だ。大切に愛情をもって育てれば、やがて大きな売上をもたらしてくれる。吾輩は優良顧客という「金のなる木」をこれからも増やして行くつもり。

 

そしてブロガーであれば、読み捨てられる記事ではなく、長く読み続かれる記事、そしてその人でしか書けない記事を書き続けること。

今や誰にでも似たような記事を書くことが簡単になったようだ。だがしかし、吾輩はあくまでもこの路線は貫くつもり。この文体を極めた先にあるもの、見たいしね。

 

営業でもブログでも共通するのは、どちらも自分の経験をその後の資産として残せるところだ。

営業なら、優良顧客として、ブログなら読み続かれる記事として。日々の積み重ねを資産として形成していく。

吾輩はこの重要性に30代になってようやく気が付いた。正直、遅かったと思う。

だからこそ、もう迷ってる暇はないのであります。今向いてる方向に向かって一直線に走り切りますぞ!

 

 

会社以外の収入を作る。

30代になったら、会社以外の収入を作っておくべきだ。

そう実感するのは、32歳になった吾輩の会社の給料が頭打ちになりつつあるからでありますぞ!

20代で転職してから、ありがたくもずっと昇給してもらっていた吾輩の給料。

営業マンだから、売れば、昇給してもらえると思っていたフシもあった。

しかし、年収400万を越え、お世辞にも「安い給料」と言えなくなった吾輩の給料は、ここにきて頭打ちになってきたのだ。

ザク男爵
売上増えたのに、給料が増えないとは何事ですかーーー!社長っーー泣

 

しかし、まあ、現実そういうものだ。資本主義ってそんなものだ。そうやって給料少ない頃は、昇給をエサにがむしゃらに働く。そしてある程度給料増えたら、その給料を失いたくないから、必死に働く。悲しいねぇ。

30代になったら、嫌でもそんな現実を突きつけられるのだ。

だからこそ、30代になったら「会社以外の収入」を作るべきなのでありますぞ。

 

え、なに?副業禁止で副業したらクビ?

ははーさようでございますか、そしたら自宅のお屋根にソーラーパネルを設置して、必死に発電するしかございませぬな。

え、なに?今、賃貸?あ、ああ、ちち、ちんたいね・・・

副業はブログがお勧め!ブログ副業の始め方と運営の注意点 6つ!

2016.05.27

 

家族について

吾輩は仕事よりも何よりも家族が一番。だって吾輩こそ、家族を愛する亭主関白なんですもの。

吾輩が30代で家族を大切にする理由は、次の通り。

仕事じゃ、1番にはなれない。

はい、最初から情けないこと書きます。

ザク男爵
吾輩は、仕事では1番にはなれませぬ。

いや、すんません。でも、事実そうなのだ。そんな仕事をする為に生まれてきたようなビジネスモンスターと吾輩が張りあえる訳がない。

 

社内では営業成績が1番になることがある吾輩だけど、日本の営業マンコンテストに出場したって、きっと予選落ちでしょう。

ブログでお小遣い稼げるようになった吾輩だけど、毎月うん百万稼ぐ「プロブロガー」に比べたら、みじんこでございますよ、ミジンコ。吾輩のブログなんて。

 

そうなのだ、世の中、上を向いたらいくらでもどう頑張っても勝てない敵はいるものだ。

もう30年も生きてれば、そんなの、嫌と言うほど分かっておりますとも。

だから、だからこそ、そんな心を癒してくれる家族の存在が本当にありがたいのであるよね。

亭主関白な吾輩は、家の中では不動の1番でございます。口癖は、

ザク男爵
おう、行くぞ。やるぞ。帰るぞ。寝るぞ。起きるぞ。

吾輩が亭主関白をさせてもらえるのは、紛れもなく妻のおかげ。妻が吾輩を支え、立ててくれるからだ。

そんなありがたすぎる家族が吾輩は大好きだ。だから、絶対に失いたくない。その為なら、吾輩はありとあらゆる手段を使って家族を守り抜きますぞ。

 

30代になると、嫌でも自分が仕事では1番になれないことを自覚する。20代なら、まだ夢を見ていてもいいけど、30代ならそろそろ現実を見るべきだ。

自分のやるべきは何か?

それは、家族、家族を守ることでありますぞーーー!!

 

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

不安だらけの30代を充実する為に「やるべき」ことは次の通りであるぞ。

【仕事について】

1・長所を伸ばす。短所は諦める。

2・上司をスポンサーに変える。

3・部下を手下に変える。

【お金について】

4・自分の経験を「資産」として積み上げる。

5・会社以外の収入を作る。

【家族について】

6・他の何よりも家族との時間を大切にする。

 

32歳の吾輩、もう若くはない年でございます。しかし熟練とも言えない年でもあります。

ああ、中途半端だね、30代って。

でもそんな30代だからこそ、しっかりと目標を持って、後悔しない、充実した30代を過ごすことが重要でありますな!

吾輩も40歳まであと8年、精進させて頂きます!

 

それでは、アディオス!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。