3歳男の子をピアノ教室に通う前に!知っておきたいピアノを続ける上での注意点。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、2人の男の子を溺愛で育てるパパブロガーでございます。

 

男の子でピアノができるって、すごくかっこいいと思いませぬか?しかもこれが髪の毛サラサラのイケメン男子だったら最高ではありませぬか?

ザク男爵
吾輩も生まれ変わるなら、そんなピアノが弾けるイケメンになりたいであります。

ピアノが弾けてイケメン。これだけで人生勝ったようなものですよ。

しかし何を隠そう吾輩、3歳の頃からピアノを習わせて頂き育ったのでございます。残念ながらピアニストにはなってませぬが。

そんな吾輩の長男は、3歳のときに言ったのであります。

長男
パパ。ボク、ピアノやりたい・・・。

神童かと思いました。

しかし吾輩は3歳から、そして男の子がピアノをやる苦労を身を持って知っているので、正直、複雑な気持ちでございました。

そこで今回は、3歳の男の子がピアノを始めるときに大変だったこと、そして注意したいことについて書いていきましょう。

スポンサーリンク

男の子でピアノをやる苦労とは?
0c06dd938742043be060e77eb867da20_s

もしも息子がピアノが弾けるイケメンになったら・・・。想像しただけでヨダレがとまりませぬ。

しかし男の子でピアノを習い始めるときは、次のようなことに気をつけてあげましょう。

 

ピアノ教室が女の子ばっかりで孤独。

まずなんと言っても、男の子でピアノをやるということは、とても孤独なことなのであります。

それはピアノ教室に行っても、周りがみんな女の子ばっかりだからでございますよ。周りが女の子ばっかりで男の子がいない。だからピアノ教室に行っても友達ができなくて、寂しい思いをしてしまうのだ。

吾輩も思い返してみると、確かにピアノ自体には楽しい思い出はありました。弾けない曲を一生懸命練習して弾けるようになる。これはとても楽しいことだ。

しかしピアノ教室のことになると、楽しい思い出よりも、寂しかったという思い出の方が強いでございますなあ。

特にピアノ教室で開催される発表会やクリスマス会。これはね、拷問ですよ。周りが女の子できゃっきゃうふふしている中で、一人ぽつんといる。

ザク男爵
・・・か、帰りたい・・・。

幼いながら寂しさに涙を我慢する。ピアノを続けるハードルがここにあるのです。

 

小学校では、「ピアノやってるぜ」がステータスにならない問題。

男の子でピアノを習う次なるハードルは、小学校に上がった頃にありますぞ。

それは男の子が「俺、ピアノやってるぜ!」と友達に言ったとしても、全然ステータスにならないという問題でございます。もうね、「ふーん?あ、そうだ、サッカーやろうぜ!」で終了でございます。誰もピアノに興味を示さないというね。

それもそうですよ、思えば吾輩が小学生の頃なんてドラゴンボール全盛期。「誰が一番ピアノを上手に弾けるか」よりも、「誰が一番最強なのか?」を真剣に議論して戦っていたものでございますから。

ましてやみんなの前でピアノを弾いて見ると、「え?女みたい。」と謎の差別を受ける屈辱が。

ザク男爵
一生懸命練習してきたのに、周りの男の子は戦ってばっかり。

・・・母上、もうピアノは嫌であります!

小学校でのハードルを乗り越えられずに、吾輩は小学校でピアノからドロップアウトしてしまったのであります。

 

中学校で「ピアノ=かっこいい」。でもそこまで続けられるのか問題。
b0a06c5688d0ecad548fa5361d011e24_s

小学校でのハードルが乗り越えられずに小学校でピアノを辞めてしまった吾輩。

しかし男の子がピアノをやっていて、「よかった!」と思い始めるのは、実は中学校からだったりするのだ。

それは中学校には「合唱コンクールの伴奏」というステージがあるからでございますよ。その他大勢の一般男子たちが大きな口で歌っているのをよそに、それまでの不遇をじっと耐えて練習してきた男の子は、ピアノ伴奏という大役を務めることができるのだ。

合唱コンクールでピアノ伴奏。そしてさらに髪の毛サラサラのイケメンだったら、即日ファンクラブができること間違いなしでございます。翌日下駄箱にお手紙が入っているかもしれませぬ。

ザク男爵
しかし小学校でドロップアウトした吾輩には関係のない話。

一体吾輩は何の為に練習してきたのでしょうか・・・!?

男の子がピアノを習い始めてから花が開くまで、不遇の時代が長く続く。キラキラのピアノイケメン男子になる為には、この不遇の時代、耐えるしかありませぬぞ。

 

親の期待が子供を苦しめることも・・・。

そして3歳の男の子がピアノをやりたいと言い始めたら、ちょっとだけ注意したいことがあるのです。

 

本当は「ちょっとやってみたかった」だけかもしれない。

息子が自分から「ピアノやりたい!」なんて言い出したら、めっちゃうれしいですよね。吾輩、うれしすぎて頼まれてもないのに、翌日にはピアノを買ってそうであります。

しかしそんな親の期待が、逆に息子を苦しめることもあるので注意致しましょう。

それは息子が「ピアノやりたい」とは言っても、その真意は「ちょっとやってみたい」ぐらいの気持ちかもしれないからでございます。

まあこれは仕方ありませぬよ、だって子供ですもの、だってまだ3歳ですもの。好奇心旺盛に「ちょっとやってみたい」なんてことはいくらでもありますよ。

ザク男爵
・・・え?自分でピアノやりたいって言ったのに、ピアノ教室辞めたいですと?

そんなんじゃ、ピアノイケメンにはなれませぬぞ!ぷんすかぷんすか

親が熱心になればなるほど、不思議と子供って冷めるものなのでありますよね。

 

いつでも辞めてもいい環境。

子供がやりたいと言ったらピアノを買った、ピアノ教室にも通わせた。でもその後、子供が「ピアノ辞めたい」と言うかもしれませぬ。そんなときは迷わず言ってあげましょう。

ザク男爵
そっか。じゃあ、辞めよう。

ホントは吾輩だって「辞めるな!もっと頑張れ!」と言いたい。溺愛して育てた温室育ちの息子に世の厳しさを教えてあげたい。

しかし音楽って、そういうものではないのでありますよね。いやいやピアノを弾いても、本当にいいことないのでありますよ。

多少指が動くようになることぐらいでしょうかねえ。でも、肝心の魂が抜けているのですよ、ロックじゃないのでありますよ。

ザク男爵
そんな演奏を聞いても、誰も(親以外)は感動しませぬぞ!

「音を楽しむ」と書いて音楽と読む。これを忘れてはいけませぬ。

 

親がピアノを楽しんでいる姿が一番いい。

そんな3歳から始める男の子にぴったりな環境は、ずばり「親がピアノを楽しんでいる姿」でございます。間違いございませぬ。

この頃の子供って、なんでも親のマネをしたがりますよね。それはもちろんピアノもそうで、親が楽しそうにピアノを弾いているだけで、

長男
パパ!パパ!ボクもボクも!
次男
あくーーーーっ!あくーーーーーーっ!!

子供の方から群がってくるものでございます。

 

ちなみに吾輩はピアノはドロップアウトしたものの、実はほそぼそとフルートを続けており、今でも子供の前でフルートを吹くようにしておりますよ。

やっぱり吾輩が楽しそうにフルートをしていると、息子たちはやりたがるのでありますよね。これなら「練習しろ!」なんて言う必要ございませぬ。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

3歳の男の子がピアノを習い始めるときは、次のことに気をつけてあげましょう。

1・周りが女の子ばっかりで孤独になりがち。

2・小学校では「ピアノやっている」がステータスにならない問題。

3・中学校で「ピアノ=かっこいい」の風潮。でもそこまで継続できるのか問題。

4・「ちょっとやってみたいだけ」かもしれないから、過度に期待しない。

5・いつでも辞めていい環境が大切。

6・親がピアノを楽しんでいる姿が一番いい。

息子がピアノをやりたいと言い出したらうれしいですよ。涙で前が見えませぬ。

しかしそんな息子への「淡い期待」を、親の期待や不遇の境遇で消したくないですよね

ぜひとも、そんな息子の中の小さな夢を大切に見守ってサポートしてあげたいものでありますな。

それでは、アディオス!

4 件のコメント

  • こんばんは
    一戸建てから聞こえてくるピアノの音っていいですよね。メジャーなクラシックとかが
    聞こえてくると、ちょっと聞いてたりします。うちの娘もピアノしてますが、アパートで
    ヘッドホンしてしていますが、ゆくゆく一戸建て買って、伸び伸び弾かせたいですね
    ある意味憧れでもあります。

  • あいださん、コメントありがとうございます。
    確かに僕もアパートにいた時、近所からピアノの練習音がすると、いいなーと思っていました。
    まだ僕、「電子」ピアノなものですから、ゆくゆくは本物買っても面白いと思ってはいます。
    余裕ができればですけどね!でも実際、ヘッドホンてかなり便利ですよね。夜でも出来ますしね。

  • ザク男爵様、はじめまして。
    熱血松岡修造系ピアノ教師、さきちゃです。
    実はうちの教室、男子率が高いんです。だから、ピアノ教室で男子のお友達は…
    できます‼︎
    ですので。
    もし、息子さんがピアノを習いたいと言ったら、男子生徒率の高い先生のところへ。
    または、私のような「面白い先生」(これは自称ではなく、本当に生徒に言われている)に習うのがポイントかも?

  • 初めまして、ザク男爵と申します。
    素敵なコメント、ありがとうございます。
    音楽をやるなら、さきちゃさんのような「熱血」で「おもしろい」先生がいいですね。
    僕としてはピアノを上手くなって欲しいよりも、ピアノを通じて音楽的に豊かになって欲しいと思ってますので、ぜひさきちゃさんのような先生のいらっしゃる教室に通わせたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

    自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

    辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。