余裕がないと死ぬほど大変。購入前は気が付かなかった、住宅ローンのストレスの原因と対処方法!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

住宅ローン返済は余裕をもって借入しないと、その後の返済が本当に大変であります。

購入前は想像もつかなかったけど、思っていた以上に住宅ローンはストレスフルでありますからね。

吾輩は年収300万で(結構)無理して購入してしまったから、返済が軌道に乗るまではものすごくストレスでございましたよ。

ザク男爵
うう・・・胃が痛い・・・けど返済しなきゃ。

ああ・・・胃が痛い・・・でも返済しなきゃ・・・。

もう2度とあんな状況にはなりたくありませぬ。

そこで今回は住宅ローンを借りたときのストレスの原因と、その対処方法について書いていきましょうぞ。

スポンサーリンク

住宅ローンのストレスの原因。

吾輩が住宅購入したのは、2,000万円の建売住宅でございます。年収300万で1,700万の住宅ローンの借入を致しました。

一般的な住宅ローンの借入額の目安を年収の5倍とするならば、吾輩は年収の5.66倍。

んー、やっぱり結構無理したローンでございましたなあ(遠い目)。

そんな吾輩が感じた住宅ローンのストレスは次のようなものでありますぞ。

 

上司との関係が悪くなると、仕事と収入がなくなりそうで怖い。

住宅ローンを借りることで感じる1番大きなストレスは、まさにこれでございます。

上司との関係が悪くなる度に、仕事と収入を一気に失いそうで血の気が引いてしまうのであります。

上司
おい。最近、俺のことナメてるだろ?ああん?最近たるんでるだろ?
ザク男爵
は、はひいっ!!い、いいい、いえ、滅相もございませぬ!どうか、どうかご勘弁を・・・がくがくぶるぶる・・・

住宅ローンさえなければ、怖い上司にだってここまでビクビクすることはない。

だけど住宅ローンを借りると、何やら上司に「人質」を取られているような感覚に陥るときがあるのだ。

このストレス、実に耐えがたし。

 

頭金を払い過ぎて、生活費がなくなる。

住宅ローンのストレスは、頭金を支払うことで手元の現金が一気に減ることだ。

頭金を支払いすぎると、手元の現金がなくなって、生活費がなくなりますぞ。(当然だね)

いや、これね、実に当然で当たり前のことなんだけどね、住宅購入になると、結構しっかりしている人(吾輩みたいな!)でも、やらかしちゃうから気をつけましょうぞ。

その理由は、住宅ローンの月々の返済額を減らしたいばかりに、頭金を無理して払ってしまうからだ。

頭金を多く払えば、月々の返済額は減りますとも。さらに住宅ローンの総支払額も大幅に減りますとも。

ええ、これが実に落とし穴なのでございます。

ザク男爵
頭金をたくさん払っておけば、月々の返済額が楽になる!しかも総支払額も減る!

これは一世一代の大勝負だ、全財産、頭金につぎ込んでしまえーーーきええーーーいっ!!

冷静さを失って全財産、頭金につぎ込んでしまうと、その後の生活は楽どころではなく、「今月も返済がヤバい」ストレスになってしまいますぞ。

 

住宅ローン以外の出費がある度に、「もうこれ以上払えない・・・」と苦しくなる。

そして忘れがちなのが、住宅ローン以外の出費だ。

持ち家になると、それまでの賃貸アパートではかからなかった出費がかかるものだ。

だから住宅ローン返済に余裕がない状態で、ローン以外の出費があると、

ザク男爵
もうこれ以上払えませぬ・・・払えませぬ・・・ぼふん・・・

と、切羽詰まってしまうのであります。

吾輩は住宅購入後に新しい家具・家電の出費の他にも、忘れていた妻の帰省費用やら、忘れたかった長男の幼稚園代とか、それはもう涙目でございましたよ。

 

住宅ローンのストレスを軽減する為には・・・!?

住宅ローンを組むと、それまで以上にストレスは増えてしまうもの。

そんなストレスを軽減する為には、次のことが必要でございますぞ。

 

上司への社内営業は欠かさない。

住宅ローンをストレスなく返済する為には、長期的で安定した会社からの収入(給料)が必要不可欠だ。

その為には、しっかりと上司へ社内営業をして、社内での自分のポジションを死守する必要がある。

ザク男爵
いや、でも、ごますりとかお世辞とか嫌いだし。そもそも仕事で結果出せばいいんでしょ、結果!

上司も人間。仕事ができる部下よりも、可愛い部下を可愛がるのは当然のことであります。

上司へしっかり社内営業し、社内での確固たるポジションがあれば、住宅ローンの長い長い返済も安心でございますよ。

 

「100万円」手元にあると安心。

月々の住宅ローン返済額を減らしたいばかりに頭金を払いすぎると、逆に想像以上のストレスフルな生活を強いられることになる。

だから住宅購入時には、手元に100万円残しておこう。手元に100万円あれば安心でございますぞ。

 

住宅ローンを組んでから、上司との関係が悪化した。

住宅ローンを組んでから、仕事で大きな失敗をした。

住宅ローンを組んでから、会社の業績が大きく下がった。

 

住宅ローンを組んでから、そんな危機的な状況になる可能性はゼロではない。

住宅ローンを返済する為の給料は、いつだって瀕死になる可能性があるのですぞ。

そんなときに頼れるのは、ずばり現金でございます。現金があれば、現金さえあれば、当面の苦しい状況を切りぬけられるからね。

手元に常に100万円あるようにしておくと、住宅ローンのストレスは一気に楽になりますぞ。

 

住宅ローン以外の出費もシュミレーションしておこう。

そして購入前には住宅ローン以外の出費もシュミレーションしておこう。

正直、吾輩は住宅購入後にこんなにお金がかかるとは夢にも思っていませぬでしたとも。

新居に使う家具・家電から、庭の整備費用、さらには固定資産税。家を買うって、ホントお金がかかるものでありますな。

しかしそんなお金も購入前にしっかりとシュミレーションしておけばいいのであります。

いつどんな出費が予め分かっているだけで、精神的負担は軽くなるからね。

今の家賃で家が買える?新築に入居してから思ったより費用がかかったよ!

2016.05.12

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

住宅購入後に感じるストレスと、その対処方法は次の通りでございます。

【住宅購入後に感じるストレス】

1・上司との関係が悪くなる度に、仕事と収入を失いそうで怖い。

2・頭金を払いすぎて、生活費が足りなくなる。

3・住宅ローン以外の出費がある度に、「もう払えない・・・」と苦しくなる。

【ストレスの対処方法】

1・上司への社内営業は欠かせない。

2・100万円、手元に残す。

3・住宅購入後もお金がかかる前提で返済シュミレーションする。

住宅ローンを借りると、購入前には想像できなかったストレスを感じるものだ。

特に収入源が会社からの給料だけだと、会社(上司)との関係が悪くなると、ものすごくストレスを感じるようになりますぞ。

そうならない為にも、上司への社内営業は大事でございますな。嫌だけど。

 

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。