お悩み解決!新築住宅の外構工事は入居前にどこまでやるのか、入居後何をやるべきか?

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

外構工事は入居前にやるべきなのか、それとも入居してからやるべきなのか、迷いませんか?

ザク男爵
入居前にやって、いざ生活してみたら「こんなはずじゃなかった・・・」と思いそう。

しかし入居後にやったら、色々不便そうで困りそう。・・・はて、吾輩は一体どうしたらよろしいのでしょうか!?

住宅購入も終盤戦。ここに来て、外構という新たな悩みに直面してしまうものでございます。

 

そんな悩みを解決するには、「入居前・入居後にやるべき工事を区別する」ことが大切だ。この基準があれば、限られた予算も時間も有効活用することができるからね。

そこで今回は「入居前にやるべき外構・入居後にやるべき外構」について書いていきましょう。

スポンサーリンク

入居前にやっておきたい外構工事。

入居前にやっておきたい外構工事は、新居での生活が不便にならない為の必要最低限の工事だ。

住宅購入で忙しい時期でも、次のことはしっかりと決めておこう。

 

庭の砂利敷き・芝張り

庭を砂利にするのか、芝にするのか。これは入居前には決定し、工事まで済ませておく必要がある。

庭が整備されていない「土」の状態では、土埃が舞ったり、雨が降って水たまりができてぬかるんだりして、とてもとても快適に暮せるレベルではございませぬ。

庭の整備とは言っても、砂利敷き・芝張りは比較的低予算で工事することができる。費用対効果はかなり高いので、入居前に済ませておきたいところでございますぞ。

砂利か芝か!?庭に砂利を敷く6つのメリット・デメリット!

2016.10.01

 

家の周囲(犬走り)の砂利・コンクリート仕上げ。

そして目立たないところだが、家の周囲(犬走り)に砂利を敷く、もしくはコンクリートで仕上げることも入居前に済ませておきたいところだ。

家の周囲を砂利やコンクリートで保護しておかないと、雨が降った時の「雨の跳ね返り」で土が家の基礎コンクリートに付着して、とても汚くなってしまうからだ。

ザク男爵
新築で買った家なのにー、白かった基礎コンクリートが茶色に変色~♪

一度コンクリートに付着した土はなかなか落ちませぬ。そしてかなり見栄えが悪くなる。

この工事も外構工事の割には安く仕上がるはず(ただしコンクリート仕上げは除く)。新築なのに基礎が汚い・・・という悲しい状況を避けるためにも、入居前にやっておきたいところでございます。

 

物干し金具+テラス屋根

画像引用:YKK公式

新築一軒家を買う場合、外構工事(エクステリア)として屋外に洗濯物を干せるスペースを作らないと、屋外に洗濯物は干せませぬ。(当然でございますが)

しかし家を買った当初の吾輩は、屋外の物干しスペース(物干し金具+テラス屋根)は依頼したらすぐに工事してくれるものだと勝手に思い込んでおりました。

しかしふたを開けてみると、なんと依頼してから3カ月待ちという散々足る結果。

もう!3ヶ月も洗濯物が屋外に干せないよ!ぷんすかぷんすか

・・・も、申し訳ございませぬ。

外構工事は、依頼してからすぐに工事してもらえるとは限りませぬ。生活する上で必要になるものは、必ず入居前に工事しておくべきでございますぞ。

 

入居してすぐ~半年にやっておきたい外構工事。

なくても困りはしないけど、あったら便利・快適なものは、入居してから半年以内を目安に工事を依頼しよう。

 

お隣さんとの境界(ブロック塀、メッシュフェンスなど)

お隣さんの家との境界は、何かしかの形で明確にしておきたいもの。

家(もしくは土地)を買ったときは、ブロック2段で土地を区切られていることが多いでありますよね。

でもブロック2段のままだと、ひょいと跨いでしまえば簡単にお隣さんの家に行けてしまう。別にお隣さんを信用していない訳ではないけど、これではあんまり・・・でございますからねえ。

そこでお勧めなのは、お隣さんとの境界を、ブロック塀、メッシュフェンスなどで明確にしておくことだ。格段に「家っぽさ」も出てくるしね。もちろん、防犯性もアップ致しますが。

ブロック塀もメッシュフェンスも、割とお値段がかかる工事。境界がなくても、何が困るという訳ではありませぬ。これは入居後でも大丈夫でございます。

コア抜きで割れる?軽量ブロックにフェンスは設置できるのか実証してみた。

2017.02.19

 

表札の作成。

表札は種類が多くて選ぶのが大変。さらに値段もピンキリときた。

だから住宅購入の忙しい時期に表札の事を考えると、頭が爆発しそうになってしまうのだ。

ですので、表札は入居して頭がクールダウンしてからでも大丈夫でございますよ。

ザク男爵
ひょ?表札ぅ~?今、住宅購入に必要な書類を集めているのに、ひょ、表札ですとぉ~!?

表札よりももっと重要なことは山ほどあります。表札は落ち着いてからゆっくり選ぶことに致しましょう。

 

物置の設置。

画像引用:イナバ公式

入居前に設置する必要はないけど、入居してあまり時間のたたないうちに設置したいのが、物置でございます。

賃貸アパートに住んでいた頃は狭いこともあってモノが少なくても、一軒家に引越しした途端にモノがどんどん増えて行くから不思議なのでありますよね。

あら?やだ、またモノが増えてるわ・・・魔法かしら?

広い一軒家だからモノがたくさん置ける。でもすぐに「収納がない!」って騒ぎだしてしまうのであります。

だから入居してしばらくたったら、ちょっと大きめな物置を設置するのがお勧めでございますよ。物置にモノを入れておけば、家の中もすっきりするしね。

単なる収納じゃない!屋外物置を設置する6つのメリット・デメリット!

2016.08.31

 

シンボルツリーの購入。

シンボルツリーは入居前に決めて植えてしまいがちだけど、別に焦ってそこまでしなくとも大丈夫。

むしろ入居して落ち着いてから、実物を見ながらゆっくり選んだ方がお気に入りのシンボルツリーに出会えますぞ。

厳密な話をすれば、木ってものすごく奥が深いのであるよね。知らなかったけど。

例えば同じ「楓(もみじ)」という木でも、品種によってまったく異なる性質の木になるから驚きなのだ。

紅葉が赤なのか、黄なのか、紫なのか。はたまた紅葉しないのか。葉っぱの形、枝の伸び方などなど。ほんと様々でありますので。

「入居前に!」と焦って、イメージしていた木と違うのを植えてしまっても、もうどうにもできませぬのでご注意下さいませ。

 

カーポート設置。

カーポートがなくても何も生活には困りませぬが、財布が許してくれるのならば、早い段階でカーポート設置したいところ。

ザク男爵
カーポート欲しい。カーポートが欲しい・・・カーポート・・・ぶつぶつぶつ・・・

建売住宅を買って3年。未だ吾輩のカーポートが欲しい思いは実現されておりませぬが。

いやね、別にカーポートがなくても死ぬ訳でもないけどさ。やっぱりさ、せっかく洗車した車が雨降るたびに汚れるのって、嫌ではありませぬか?

なんだか毎週毎週、吾輩は洗車している気がしますが・・・。

ザク男爵
趣味は洗車ですが、何か?

カーポートがあれば吾輩も洗車から解放されるのに。カーポートが切に欲しいであります。

 

入居後、楽しみながらやりたい外構工事(DIY含む)

そしてここからは、入居しながら楽しみながらやりたい外構工事でございます。

この中にはDIYの工事も含まれておりますぞ。

 

傾斜地の水平化。

傾斜地は物を置くこともできないし、子供が遊ぶほど広い訳でもないので、土地を有効活用することが難しい。

その為、中途半端に何も使ってない、余っている土地になってしまいがちだ。

そこで傾斜地に土や砂利を入れて、水平な土地にしてあげると、デットスペースだった土地を有効活用できるようになるのだ。

ザク男爵
ほほう!今まで何も役に立たなかった土地がフラットなスペースに!

傾斜地を水平にすると、段差(ひな壇)になってしまうが、それ以上に物が置けるフラットスペースは非常に使いやすい訳でして。

もし傾斜地があるなら、どこかのタイミングで水平にすると便利になりますぞ。

 

家庭菜園スペース

せっかく一軒家を買ったのだもの、家庭菜園みたいなお遊び的要素も欲しいでありますよね。

家庭菜園スペースはプランターに土を入れるだけの「プランター菜園」の他、地面を掘って、園芸用の土・肥料を入れる「直植え」がありますぞ。

ザク男爵
どっちもお金がかからないのが、最高にうれしいのであります。

プランター菜園も直植えもほとんど費用はかかりませぬ。必要なのは根気と植物への愛情でございましょうか。

入居して新居への熱が冷めた頃(!?)にでも始めてみると、いいかもしれませぬ。

園芸初心者がやってみて気がついた、家庭菜園のメリットとデメリット!

2016.07.02

 

池作り(防水シートでのDIY)

そしてそして、これは吾輩が声を大にして言いたかったことであります。

ザク男爵
家を買ったら池作り!家を買ったら池作り!家を買ったら・・・(しつこいので自主規制)

家を買ったら、池を作りましょう。池を。マジで最高に楽しいので。

池を作るって、初期費用と維持費がかかりそうだけど、吾輩のDIYで作った防水シートの池なら、初期費用5,000円程度で作成できますぞ。

しかも雨水で水が入れ替わる仕組みになっているので、維持費もゼロ。

せっかくのマイホームですもの。池くらい、作ってみても罰は当たりませぬ。

防水シートで池作り!子供が遊べる池を庭にDIYで作る方法!

2016.04.12

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

入居前にやるべき工事・入居後にやるべき工事は次の通りでございますぞ。

【入居前にやるべき外構工事】

1・砂利敷き・芝張り

2・家の周囲(犬走り)の整備

3・物干し金具+テラス屋根

 

【入居してすぐ~半年以内にやるべき外構工事】

1・ブロック塀、メッシュフェンスなどお隣さんとの境界。

2・表札

3・物置

4・シンボルツリー

5・カーポート

 

【入居後、楽しみながらやりたい外構工事】

1・傾斜地の水平化

2・家庭菜園スペース

3・池作り

家作りの最後の最後で外構工事のことを考えるのは、非常に頭の痛いことであります。

だから入居前に必要なモノと、入居してからでも間に合うものを分けて考えると、家作りがスマートに進められるでしょう。

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営(営業代行)/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。