安いから不安?ディーラーと車検専門店の車検の違いを体験してきた!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)である!

栃木の亭主関白ブロガーであるよ!

 

車を買ったら忘れた頃にやってくるのが、車検であるよね!

しかも税金と整備代金を合わせたら結構な額になるから、なんとか節約したいところ。

 

そこで今回、吾輩は車検費用節約の為、ディーラーではなく宇都宮にある車検専門店、「車検大学」で車検を受けてみたよ!

値段も安くて整備もよかったので、その様子をまとめていきますぞ!

 

スポンサーリンク
車検に出した車は新車で買った「日産ノート」! 

今回吾輩が車検に出した車は、新車で買った「日産ノート」の初めての車検!

でもこの車、メインで使っているのは妻で、そのほとんどが「街乗り」なのであるよね。1回の走行距離が2kmとか、3kmとか。

だから初回車検までの3年間で乗った総距離数は、1万km程度であったよ!

 

今回の車検、買ったディーラーから「ぜひうちで!」と、何回か営業の電話がかかってきたけど、いかんせんディーラーの車検は高いからね・・・。

お店でコーヒーとお菓子出してくれる分を差し引いても、やっぱり高い。

 

そう思った吾輩、今回は栃木の宇都宮にある車検専門店、「車検大学」で車検を受けることにしたのであるよ!

 

 

「高い=安心」、「安い=不安」? 

車検大学ロゴ
車検大学ってどんな大学って、ホントに大学じゃないからね!ご安心を!

車検大学とは、「低料金」、「スピード車検」、「安心整備」を看板にかかげた「車検専門店」なのであるよ!

 

吾輩、車検大学のことは前から知っていたけど、車検って車検の年になるまですっかり忘れ去られているのであるよね。

だから吾輩、存在は知ってはいたものの、車検大学がどんな料金で、どんな流れで車検をやっているか、なんて全然知らなかったのだ。

 

しかもね、ディーラーが言う訳であるよ。

「うちは、高い分、しっかり整備しますんで。そこは安心して下さい!」って。

いや、あなた、営業うまいですな!

そんなこと言われたら、車検初心者の吾輩、心がぐらついて危うくディーラーに車検を申し込みそうになってしまったぞ!

 


車検初心者にとって、車検は「不安そのもの」なのだ。大切な愛車が、一体何をチェックして整備されて、どんな流れで戻ってくるのか、さっぱり分からないからね。

 

さらに車検の判断基準、判断材料がないと、単純に「高い=安心」「安い=不安」、という図式になりやすいのが怖いところ。

実際どうなのか分からないけど、取りあえず、「高いから、ちゃんとやってるだろ!」みたいな、妙な安心感があるのであるよね。まあ、それが「ブランド」というものであるけど。

 

そこで今回、吾輩は身を持って、低価格を売りにしている車検専門店の「車検大学」の車検を受けてみることにしたのであるぞ!

吾輩が車検を受けた、「車検大学」の公式HPはこちら!

車検大学

 

 

ディーラーの車検と、車検大学の車検を比較してみた! 

それでは実際に車検大学で車検を受けてみた感想をまとめよう!

 

日産ノートで、総額29,711円の差額!

PAK93_eltubokunokuchikusasugi1111_TP_V
この数字、恐るべし!安いね、車検大学!ちなみに整備した部品代、整備工賃は除いての金額であるよ!

車検の合計金額を比較すると、

ディーラー:81,200円

に、対して車検大学は、

車検大学:51,489円

で、ございましたぞーーー!!この節約マニアの吾輩にとって、この差額は嬉しすぎる!

 

この差額で何買っちゃおうか、え、PS4?それいいね!マジでいいね!

・・・まあ、それは実現しないけどね。現実にはこの差額、子供の教育費になるのだ。いいですよ、大人しくPS3で遊んでおりますよ!

 

何はともあれ嬉しいこの差額、では内訳を見てみよう!

ディーラー内訳:

自賠責保険料 :27,840円

重量税:15,000円

印紙代:1,100円

検査代行手数料:10,800円

法定費用合計:54,740円 

基本点検38項目:15.768円

距離点検18項目:2,268円

保安確認検査料:8,424円

点検検査費用:26,460円 

車検大学内訳:

自賠責保険料:27,840円

重量税:15,000円

印紙代:1,100円

法定費用合計:43,940円

車検基本料金:12,949円

事前点検割引:-2,160円

代車費用:2,160円

点検検査費用合計:12,494円

法定費用からして違うし!「検査代行手数料」って、どこも共通じゃないみたいであるね!知らなかった!

しかも「検査代行手数料 10,800円」、これ結構でかいね。これを請求していない車検大学が神すぎる。

 

ちなみに点検整備費用で気になる「保安確認検査料」、分かりやすい答えがヤフー知恵袋にあったので、引用させて頂きましたぞ!

車検で要求される項目の検査を、その整備工場にいる「陸運局公認の検査官が、陸運局指定のテスターを使って、
あなたに代わって行う検査の代行料金」です。
検査官は整備士とはまた別に資格が必要なので、その資格を持った検査官を雇うための人件費と
使用するテスター類の維持費代だと思ってくれれば良いかと思います。

しかし、これは陸運局で車検を通せば1500円しかかかりません。

陸運局ではなく、その整備工場内で車検を受けられるような工場(ディーラーなど)だと、この料金(8000円~相当)を上乗せしてきます。

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413711664

1,500円と8,000円の差、でかいね。

削減できるコストなら、それは削減すべきコストでありますぞ!わざわざ高いお金、払う必要ないでしょ!?

 

格安でもしっかり整備してくれるから、安心!

YUKA160322000I9A4287_TP_V
車検大学がディーラーに比べて安いのは、よーく分かりました!

だがしかし、重要なのは「ちゃんと車検をしてくれるのか?」なのであるよね。

そう、吾輩みたいな車検初心者には、「高い=安心」、「安い=不安」という図式が出来上がっておりますからねえ。

 


でも吾輩、実際に車検大学に車検を依頼してみて、その整備があまりにも「普通すぎて、逆に安心」してしまったぞ!

 

今回吾輩が車検のときに整備したところは、

・ブレーキオイル

・ラジエータキャップ

の、2つ。

 

しかも車検の受付時に言われたのは、

「距離数も少ないですし、ざっと見たところ、とくに問題なさそうですね。」

と、言われたのだ。

車検って、ここぞとばかりに不要な整備を押し売りされると思っていた吾輩は、その言葉を聞いて若干腰ぬけしてしまったぞ。

 

さらに、

「念の為、ブレーキオイルとラジエーターキャップの交換をお勧めしますけど、どうします?」

と、超控えめに整備の提案をされたのだ。

いや、逆にこう控えめに提案されると、つい安心して即決しちゃうのであるよね。営業のツボを分かっていらっしゃる!

 

車検大学はただ安いだけじゃなくて、当たり前のように普通に整備してくれる、超安心な車検業者であったぞ!

 

前日預け、翌日引き取りのスピード車検で、ストレスフリー!

184c7ce5ccf376a42991c5aa38b978cf_s
安くても安心整備でも、車検に時間がかかるようでは「ああ、安いだけあるな・・・」と、こっそり思ってしまうモノ。

でもこの車検大学、その点も心配ご無用であったよ!

 

吾輩の場合、車検の申し込み・受付をした日から、1週間後の希望の日時で車検の預け入れ。そしてその翌日には納車・引き取りという、スピード車検であったのだ。

 

いやー、待たないって実にストレスフリー。このせっかちな吾輩、レストランで30分待ちと聞いただけで店を変えてしまうぐらい待たされるのが嫌い。

そんな吾輩にとって、「待たない」って、最高のサービスなのであるよね。

車検の申し込みに行っても、「2週間先まで空きがありません!」とか言われたら、一気に萎えますな、吾輩。

 

安くて、整備もしっかりやってくれて、しかも早いときた!

小うるさい亭主関白な吾輩も、もう何も申し上げることはございませぬよ!

 

でも快適なVIPサービスは期待できないかも。

dc8e7b1849b8128e3babb77053691258_s
ただ1つ、車検大学の欠点をあげるとすれば、この「快適なVIPサービス」は期待できないということであるね。

 

ディーラーだったら、車を駐車場に止めただけで、なんと社員がお迎えに来てくれるというVIP対応。

それが例えオイル交換でも、変わらずVIP対応でお出迎えしてくれるのが、ディーラーのいいところ。

しかも店内ではコーヒー、お菓子も出してくれて、さらにキッズコーナー完備。

・・・ハマるよ、妻が(汗)。

 

その点、車検大学は実にシンプルであったね。

小さな事務所にカウンターテーブルがあるだけ。もちろん、キッズコーナーもないし、お茶、コーヒーもないよ!

吾輩は店内でそんなに待たなかったけど、もし繁盛期に子連れでいくなら、子供を飽きさせない工夫、おもちゃが必要かもね!

 

 

近所の格安車検ができるお店を探してみよう! 

今回吾輩が車検を受けた「車検大学」は、とってもお勧めであるけど、残念ながら栃木にしかないようだ!ごめんなさい。


でもその代わりに、なんと近所の格安車検ができるお店を検索できるサービスがあるのだ。



近所の格安で車検ができる店舗を探すことができるよ!

早めの予約をすることで、最大82%オフになるクーポン(数量限定)をゲットできるみたい。

車検アフィ
赤枠に郵便番号を入力するか、右側の地図から住んでいる地域を選択すれば、近所の格安車検できる店舗が見つかるよ!

割引率の高いクーポンは数量限定、早め早めの予約が、車検費用を抑えるポイントでありますな!

 

もちろん、栃木に住んでいらっしゃる皆さんは、車検大学、お勧めでございますよ!

 

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ! 

4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s
それでは、まとめよう!

吾輩がディーラーではなく、地元の車検専門店「車検大学」で車検を受けてみた感想は次の通りであるぞ!

1・日産ノートを車検に出した場合、総額「29,711円」の差額!

2・格安でもしっかり整備してくれて、安心だった!

3・前日預け入れ、翌日引き取りのスピード車検でストレスフリー!

4・でも快適なVIPサービスは期待できないよ!

その分野に詳しくないと、どうしても「高い=安心」、「安い=不安」という図式に陥ってしまうのであるよね。

でも実際に格安だった車検大学に車検に出してみて、想像以上の「普通さ」に、非常に安心したのだ。

 

当たり前のように点検して、整備して、車検を通す。

本来、車検って、これぐらいスマートでシンプルなものかもしれないしね。

 

削れるコストは、削った方がいい。後から後悔するからね!

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

営業代行の会社を設立。営業の未来を変える男でございます。ブロガー/ライター/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。