ルールを作って楽しく見よう!子供とテレビの上手な6つの付き合い方!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)である!

栃木の亭主関白ブロガーであるよ!

 


吾輩の子供たち(3歳と1歳の兄弟であるよ!)は、2人ともテレビが大好き。

テレビを見せて放っておいたら、いつまでもいつまでも、じーっと見てるぐらいね!

 

でもそんなにずっと見られると、さすがに悪影響が出そうだから、吾輩は子供がテレビを見る時の「ルール」を決めているのだ。

 

そこで今日は、吾輩が実践している、子供がテレビを見る時のルールについて書いていくよ!

 

スポンサーリンク
テレビを見る時は、思いっきりテレビを楽しもう! 

吾輩はあんまりテレビ見ないけど、それは単に見たい番組がないから見ないだけの話。

見たい番組(映画、ドキュメンタリー)があるときは、しっかり楽しんで見ておりますぞ!

それは子供も一緒であるよ。見たいテレビ番組があるときは、心の底から思いっきりテレビを楽しもう!

 

本当はテレビ、楽しいんだから!

 

テレビは映像だけじゃない!音質もよくしてテレビを楽しもう!

0718c29fd9b8015e55fa6e7d2eb34c79_s
テレビって言うと、どうしてもフォーカスされるのが「映像」。

ブラウン管が液晶になって、4Kになって、そして次は8Kになるとかならないとか。

 

でもそれって、全部「映像」の話。

確かにテレビの映像は10年前と比べて、驚くほどキレイになったよね。ニュースキャスターのファンデーションのノリが分かるぐらいに(笑)。

 

でも映像がいくらキレイになっても、音楽番組から流れてくるのは、「超キレイな映像と、ショボショボの音楽」だったりするのだ。

テレビの映像はすんごいキレイになっているのに、未だにテレビ標準のスピーカーは、10年前とほとんど変わらないスピーカーだったり。

これではテレビを心の底から楽しむことはできませぬぞ!

 

ぜひともテレビにスピーカーをつないで、キレイな映像と「高音質」で楽しんじゃおう!ホームシアターばりの迫力をね!

 

見たい番組はしっかり見よう!

c8badb1f8881dee929424750b6cdb6e9_s
吾輩、子供がこれ見たい!って言った番組はできる限り見せてあげたい。

 

吾輩の子供が今見たい!っていう番組は、

・アンパンマン

・ドラえもん

・クレヨンしんちゃん

・おさるのジョージ

・ひつじのショーン

が、多いね。

 

子供が見たい番組って、楽しいだけじゃなくて、メッセージ性が強かったりする。

3歳の吾輩の長男にどれだけ伝わってるかは未知数であるけど、普段の生活では得られない「何か」を感じてくれれば、親としては感無量な訳でございますよ!

 

どんなに親が色々子供に経験させてあげようとしたって、親ではしてあげられないことってたくさんあるしね。

「友達は大切にしなさい!」、とか親が言っても効果薄そうだし。

それよりも、乱暴するけど、実は優しい「ジャイアン」を見せた方が、勉強になりそうであるよ!

 

 

テレビを楽しむ為のルール! 

そんな楽しいテレビであるけど、それが生活の中心になってしまうのは、ものすごくもったいない。

だって、テレビ以外にも楽しいことたくさんあるし、特に子供の時でしか経験できないことを経験させたいしね。親としては。

 

そこで吾輩はテレビを楽しむ為の「ルール」を実践しているのであるよ!

 

ダラダラ見ない!番組を指定して楽しもう!

9feb007ea6424816d52504bf9c754dce_s
テレビ番組は終わったと思ったら、間一髪いれずに次の番組の予告が始まって、つい消すタイミングを逃してしまうのだ。

その結果、ダラダラとテレビを見てしまうのであるよね。

 

ダラダラテレビを見ることの何が悪いって、「大して見たくもない番組を見ていること」であるよ!

今見てる番組、本当に見たいのでありますか!?それはテレビ局の策略にハマっている訳では!?

 

だから子供にテレビを見せるならば、番組を指定して、その番組が終わったらテレビを消してしまおう!

楽しいからって次の番組も見ていると、気が付いたら「テレビしか見てない子供」になってしまいますぞ!

 

食べながら見ない、遊びながら見ない。

166e715d7cf7d1f6130a53537599664c_s
テレビを見るときは、集中してテレビを見るべき。食べながら、遊びながらテレビを見てはいけませぬぞ!

 

テレビは本当に便利で、電源さえ入れておけば、後は勝手に楽しい番組を届けてくれるのだ。

だがしかし、それが楽しく快適すぎるがゆえに、つい「生活の中心がテレビ」になってしまうのであるよね。

 

ほら、今からご飯食べるってときに、子供がテレビを見ながらご飯を食べるから、ご飯を食べるのが遅い・・・・とか。

でもそれ、ご飯を作ってくれた人(うちでは妻)に、めちゃくちゃ失礼であるよね!

 

テレビと私の作ったご飯、どっちが大切なのよ!ムキーーーって。

 

そう、どんなにテレビで楽しい番組をやっていようが、生活の中心は我々家族なのだ。

 

遊ぶとき、ご飯を食べるとき、お風呂に入る時、つまり、テレビを見る時間以外は、テレビはちゃんと消しましょう!

どんなに楽しいテレビ番組でも、電源1つで消し去ることができることをお忘れずに!

 

親も一緒に見て、子供と共通の話題を作ろう!

d16bdb7bfc95c767f1dec79b9f4fb9f2_s
子供にテレビを見せるなら、できる限り親も一緒にテレビを楽しもう。

子供の番組は大人が見ても十分楽しめるし、何より子供との共通の話題が増えるって、とても幸せなことであるよね。

 

吾輩、日中は仕事で家にいないから、子供と接する時間は限られているのだ。

そうすると、子供との共通の話題が少なくなってしまうのであるよね。

 

せっかく子供が「あのね・・・」って話かけてくれても、その話題が分からないという、悲しい事態になってしまうのだ。

 


だから吾輩、子供がテレビを見るときは、わざわざ子供を「ひざの上」に乗せて、一緒に見るようにしているよ!

今ではすっかり、「テレビを見る = パパのひざの上」という図式が出来上がりましたぞ、まじカワユス!!

 

 

テレビを見せない為の工夫! 

テレビを見る時にルールを守って見ることも大切だけど、それ以上にテレビを見せない為の工夫も大切。

子供にとって、「テレビが1番楽しい!」って思われちゃ、親として悲しいですからね!

 

テレビを流し続ける代わりに、音楽を流し続けよう!

dc386578d02e97f7660e86d929d441e9_s
吾輩、独身で1人暮らしをしたときに、「何の音もしない部屋」の寂しさを知ったのだ。

 

大抵、この寂しさを紛らわす為に、テレビをつけるのであるけどね。それが1番簡単な方法であるから。

でもそのクセをつけてしまうと、「テレビは流し続けるもの」という生活習慣になってしまうのだ。

 


そこで吾輩がお勧めしたいのは、テレビの代わりに音楽を流し続ける方法であるよ!

 

吾輩は買ってきたCDを全部パソコンに取り込んで、そこからランダム再生してジュークボックスみたいにして音楽を流しているぞ!

 

もちろん、その音楽の中には「トトロ」、「さんぽ」、「ルージュの伝言」みたいな、子供の喜ぶジブリ音楽も入っているよ!

ジブリ音楽が流れたときも、もちろん子供は喜ぶけど、吾輩の趣味の「ジャミロクワイ」とかが流れても、「あ、ボクの好きな曲だー!」と、何故か喜ぶときもある(笑)。

 

子供って、意外と聞いているのであるね!

 

吾輩が設定している「AIMP」で音楽をランダム再生する方法はこちら!

解決!WMPランダム再生で同じ曲ばっかりは、本当に「同じ曲」だった!

 

テレビ番組の代わりに、DVDを活用しよう!

29011234caaa3ba262edcb5d7f710252_s
テレビの最大のデメリットは、「受け身」になってしまうこと。

好きな番組が見たいなら、「その日」の「その時間」にテレビの前に座ってなきゃいけない。

・・・吾輩としては、この「やらされてる感」が嫌いなのであるけどね。これだと、テレビ番組の為にこっちが合わせて生活しなくちゃいけないのだ。

 

そこで活用したいのがDVDであるよ!これなら、見たい時に、いつでも好きなだけ見られるしね!しかも途中で見るの辞めても、また途中から見ることもできるし!

 

吾輩、TSUTAYAで映画をレンタルすることもあるけど、実は図書館でDVDを借りることも多いよ!

図書館には、流行りの映画・アニメのDVDなんて置いてないけど、代わりに「世界の街道をゆく」とか、「ダーウィンが来た!」とかあるからね!

 

吾輩の子供たちは、「世界の街道をゆく」にハマってるよ!子供から見ても面白いみたいだね!

 

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ! 

4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s
それでは、まとめよう!

吾輩が実践している、子供とテレビの付き合い方は次の通りであるぞ!

1・テレビを見る時は思いっきり楽しむ!見たい番組はしっかり見る!

2・映像だけじゃなく、音質にもこだわってみる。

4・ダラダラ見ない。食べながら、遊びながらテレビを見ない。

5・できるだけ親も一緒にテレビを見る!子供と共通の話題を作ろう!

6・テレビを子供から遠ざける為に、「音楽」、「DVD」を活用する!

と、ここまで子供とテレビの付き合い方について熱弁したけど、実はここ最近子供の中で勢力を増しているのが、「Youtube」なのだ!

 

いやー、時代ですなあ・・・。

もちろん、テレビ見たい!って言う時もあるけど、「Youtube見たい!」も結構あるからねえ。

 

でもどんなに時代が変わろうとも、生活の中心はリアルの家族であるべき。

ぜひともそんな「メディア」とは、上手に付き合っていきたいものですな!

それでは、アディオス!

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営(営業代行)/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。