年収400万での住宅ローン返済の誤算は教育費だった!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

吾輩、建売住宅を購入してから491日が経過したが、購入前に実施したシュミレーションから色々と誤算が発生しているのだ。

とくに「教育費の増加」、これは正直しんどいね。

そこで今日は住宅購入後、教育費の増加による住宅ローン返済の誤算について書いていこう。

スポンサーリンク
幼稚園代として、150万準備したけれど・・・ 

0c66c9b4f6affa16913661a3b350e035_s
来年から長男が地元の幼稚園に通うので、その幼稚園代として「150万」、準備したのだ。

そして2歳差の次男もいる為、今はせっせと次男の幼稚園代を準備している。

だがしかし、そんな吾輩の準備を越える教育費が襲いかかってくるのだ。

それは、「習い事」だ。

これは完全に守備範囲であったね、習い事は。

 

ある日、長男が「ボク、ピアノやりたい!」と言った時、親としてどうすべきか!? 

b5d5ce2ebcb22787fe79ac16fba97a52_s
吾輩は音楽が大好きで、高校では吹奏楽部でパーカッションを。大学ではオーケストラで、フルートを。そしてバンドで、ドラムを叩いていたのだ。

さらに大きな声では言えないが、吾輩、なんと3歳からピアノという英才教育を受けて育ったようだ。。。

ええ、もちろん、才能と努力が足りなくて花が咲きませんでしたがね。

 

そんな吾輩の影響を受けてか、吾輩の長男も音楽が好きなようだ。

部屋の至る所で、「エアピアノ」を演奏しているし、2階に置いてある電子ピアノで練習する(遊んでる)ことも多い。

そして先日、長男とピアノジャズのDVDを見ていた時、ふと長男が「ボク、ピアノやりたい!」と、言いだしたのだ!

ザク男爵
(ななな、なんとー!ついに、きたかー!ピアノ教室行きかーーー!!月謝いくらだよーーー!!)全て心の声で聞こえない

と、その一言で瞬時に「ピアノ教室=月謝」、というシュミレーションまで計算してしまったけど、その後長男から「ピアノやりたい!!」と、懇願されない為、現在はピアノ教室に通ってない。

まずは吾輩が教えることと致しましょうかね。

 

だがしかし!もしもその時、本気で長男が「ピアノやりたいよ!」って懇願したら、吾輩はどうしたであろうか。

それは考えるまでもない。

答えは、「よし、やろう!パパも頑張るよ!」でありますぞ。

 

1度踏み入れたら抜け出せない。教育費は、底なし沼だ。 

-shared-img-thumb-BL003-karirenakatta20140810_TP_V
吾輩の長男がピアノをやりたいと言ったら、吾輩は迷わずピアノを習わせてあげる。

スイミングがしたいと言えば、もちろんスイミングに通わせてあげる。

私立大学に行きたいと言ったら・・・、どどどうしよう。と、いいながらしっかり行かせてあげる。

それは親の所得で、子供の人生の可能性を狭めることをしたくないからだ。

 

だがしかし、吾輩の経済力がそこまで対応できるかどうかは、これまた別の話なのだ。

そう、子供の教育費の増加は、必ずどこかで「歪」が生まれる。

特に吾輩みたいな年収400万世帯では、何かをしたいならば、何かを諦めなくちゃいけないことが多いのだ。

日常の生活には不自由しなくても、あれもこれも自由に選ぶことができない、それが年収400万なのだ。

 

子供が「やめたい」と言うまで、教育費は増え続ける。そのとき、住宅ローンは大丈夫か?

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s
念入りに住宅ローン返済のシュミレーションをしたと言っても、所詮は人間なのだ、預言者ではないのだ。

吾輩、あれほど夜中まで頑張った返済シュミレーションが、住宅購入後491日ですでに大幅変更のフラグが立っておりますぞ!

 

今回は長男のふとした一言であったけど、そんなシーンがこれから何度も訪れることであろう。

その度に、「子供に何かやらせてあげる」かわりに、「何かを失う」、「何かを我慢する」可能性があるのだ。

こうして、一歩、また一歩と教育費という底なし沼を進んでいくのであるね、吾輩は。

終わりなき、進軍。着地点なき、ジャンプ。

 

住宅購入時、年収300万であった吾輩には、住宅購入する為に「見切り発車」する必要があった。

力強く、勢いを付けて、離陸しなければ、家族みんなで住める「家」を手に入れることはできなかったのだ。


しかーし!力強く離陸したはいいものの、吾輩は
着地点、そして床がないことに気が付いてしまった。

家を買った!子供が大きくなった!幼稚園が始まった!子供の興味が広がった!友達が増えた!

そしてやりたいことができた!夢ができた!


それは親としては非常にうれしいライフイベントなのであるけど、これ、全部「着地点がない」のであるぞ。

いつになったら着地できるのだ!?いや、これはいつまで経っても着地できない。

そして、着地することなく、深海へと沈んでいくのだ、吾輩は・・・。

 

親の苦労が情熱となり、金となる!それが「底なしの教育費」であるぞ!

780820486041082db46427a198795215_s
今ではすっかり亭主関白なオヤジになった吾輩であるけど、こんな吾輩にだって若い頃にはそれなりに夢があった。

きっと「ジャズ・フルーティスト」としてメジャーデビューするとか言う、果てしない夢だったと思う。

もちろん、その夢は今も叶ってない。

 

でもそんな夢に向かって、誰もが思いっきり、勢いをつけて離陸する。例え着地点がない離陸だったとしてもね。

仮に着地点がないことを知っていても、離陸しなくては次の世代が押し寄せてくるし。

 

夢破れ、離陸に失敗したけど、親となった吾輩。

結果はどうあれ、今、親となって、わが子を離陸させる立場となった。

自分がした苦い経験を、わが子にはさせたくない!と、努力するのが、まさに親心。

その親の苦労が情熱となり、金となる。それが「底なしの教育費」になるのであるのだね。

義務教育だけではすまない問題がここにあるのだ。

 

1度踏み入れたら、子供が辞めるまでは、後戻りはできないのが、教育費。

1度支払ったら、最後まで支払うのが、教育費。

今後、教育費が増えることはあっても減ることは非常に考えにくい。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ! 

4347d2a0028c4939a94400ad3597e6f6_s
それでは、まとめよう!

年収400万での住宅ローン返済の誤算は次の通りであるぞ。

1・幼稚園代は住宅ローン返済のシュミレーションに入れてたけど、「習い事」がノーマークだった。

2・習い事は、子供が「やりたい!」と、言う限り増え続けて行く。

3・親の苦労が教育の情熱となり、「底なしの教育費」となる。

吾輩も住宅購入時にハウスメーカーから、「借入は収入の25%なんて普通ですよ。」なんて言われていたけど、ハウスメーカーの言う通りに借入してたら、今まさに家計は火の車になっていたことでございましょう。

そんなことをしたら、残念ながら子供と共に、夢のマイホームが傾いてしまいそうだ。

予想以上に、子供の教育費は底なし沼だった。

住宅ローンを返済額を極限まで抑えるようにして、どうやら正解であったようだ。

それでは、アディオス!


1 個のコメント

  • CMID: 1
    HOST: KD175133097046.ppp-bb.dion.ne.jp
    COLOR:
    底なし沼本当に怖いです。自分も家を買うのが二回目だったので、子供が騒いでも迷惑がかからない戸建てというのと、日当たり・駅近・都内まで30分くらいしか拘りがなかったので、多棟物件の建売を買いました。返済比率も15パー切ってるので、今更ですがザクザクさんのブログ観て安心しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    法人経営(営業代行)/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間19万PV。

    自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

    辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。