長期優良住宅ではないけど大丈夫?普通の建売住宅を長持ちする為のポイント3つ!

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

検討している家が長期優良住宅じゃないけど、買って大丈夫なのだろうか?

そもそも、長期優良住宅と普通の住宅って実際どんな差があるの?

そんな不安を持っている方も多いですよね。

 

ここ最近は「新築=長期優良住宅」というイメージが強いけど、吾輩が買った建売住宅は長期優良住宅ではない、「普通の家」だったのだ。

長期優良住宅ではない普通の家では、ダメなのでしょうか?

普通の家を買ったら、家を長持ちさせる為にどんなことが必要になるのでしょうか?

 

そこで今回は、長期優良住宅ではない普通の家を買った吾輩が、そんな疑問にお答え致しましょうぞ!

スポンサーリンク

そもそも長期優良住宅って何?

長期優良住宅とはよく聞くけれども、一体長期優良住宅って何なのでございましょうか?

ハウスメーカーに聞いても、ググっても難しい法律用語がたくさん出てきたので、極力優しく解説させて頂きますぞ。

 

メンテナンスをしながら、長く住み続けられる家。

長期優良住宅を一言で表すと、「メンテナンスをしながら、長く住み続けられる家」のことでございますぞ。

長く住み続けられる家として、厳しい認定に合格した家が、晴れて長期優良住宅となるのだ。

 

しかしここで疑問になるのが、「どうしてメンテナンスが必要なのか?」ということ。

それは長期優良住宅と言えど、5年、10年、15年…と、長く住んでいると、どうしても傷んでいくからだ。

家は一度建てたら、ノーメンテナンスでOKという訳ではなく、屋根や外壁の再塗装したり、フローリングの張り替えをしたり、必ずメンテナンス・修繕が必要になる。

これは長期優良住宅だからと言って、「ノーメンテナンスでも長く住める」ということにはならない。

 

さらに日本の家の寿命は平均27年と言われいる。この家の寿命を延ばす為に生まれた制度が「長期優良住宅」という訳でございます。

ザク男爵
家の寿命が平均27年!?じゅ、住宅ローンの借入期間より短いではありませぬか!?

だからこそ、メンテナンスをしながら長く住める家の普及が急務なのであります。

 

どんな家が長期優良住宅になるのか?

長期優良住宅がどんな家なのか、(なんとなく)分かりました。

ではどんな家が長期優良住宅になるのでございましょうか?

長期優良住宅に認定される為には、次の項目で評価される必要がありますぞ。

1・耐震性・・・地震ですぐ壊れたら困るからね。

2・維持管理・更新の容易性・・・メンテナンスしやすい構造であること。

3・可変性(マンションのみ)

4・バリアフリー性・・・高齢になっても住み続けられる家。

5・省エネルギー性・・・住宅の寿命とはあまり関係ないような気がするけど(ぼそぼそ)

6・居住環境性

7・住戸面積

8・維持保全計画・・・家を長持ちさせる為のメンテナンス計画(予定表)など。

なるほど。確かに長期優良住宅に認定された家ならば、地震が来ても安心だね。

さらに細かい基準を満たしているってことは、それだけ「品質のいい家」ということなのでございましょう。

 

・・・はて、吾輩の買った建売住宅は長期優良住宅ではありませぬぞ。

ザク男爵
今さらけど、この家、大丈夫なのでありますか!?

「優良ではない」と言われると、妙に不安になってしまうものであります。

 

普通の家を買ってみて感じること

そんな長期優良住宅ではない、普通の家を買った吾輩が、実際に入居後3年たった今、感じるのは次のことだ。

ちなみに吾輩の買った建売住宅はこんな感じでございますよ。

【WEB内覧会】何もないシンプルすぎる建売住宅をWEB内覧会してみる!

2016.07.31

 

地震は安心できる。

長期優良住宅ではないけど、吾輩の建売住宅は地震が来ても安心だ。

その理由は、住宅性能評価で「耐震等級3」(最高等級)の家だからだ。

住宅性能評価とは?

住宅の性能をハウスメーカーではなく、第三者によって評価し、保証する制度。

ザク男爵
あれ?でも吾輩の家は長期優良住宅ではないはずでは・・・?

確かに吾輩の家は長期優良住宅ではございませぬ。

だがしかし、それは前述の認定基準に該当しない項目があっただけのこと。

つまり、長期優良住宅でなくとも、耐震等級が最高等級だったり、メンテナンスのやりやすい家だってあり得るってことだ。

事実、これまでに震度4の地震は何度かあったけど、家が傾いたり、基礎にヒビが入ったとか、ないからね。

 

バリアフリーではない。

吾輩の家は段差こそないものの、完全なバリアフリーではございませぬ。

しかし、廊下、そして階段の幅が狭いのだ。

日常生活では特に不便はないけど、これが車いすでの生活だったら、狭くて不便だろうなと感じますな。

 

省エネな家ではない。

住宅を長持ちさせる制度になぜか入っている省エネ性能。これね、吾輩の家は評価低いのであるよね。

住宅性能評価によると、省エネルギー対策は4段階評価中、「3」。

確かに断熱材も安いグラスウール10Kだけだし、窓だって普通のペアガラスだし。

ザク男爵
どうりで冬にブログを書いていると、寒くてキーボードを打つ手が震えるのでありますな!!そういうことか!!

夏涼しくて、冬暖かいに越したことはありませぬ。。。。ぐふ

 

ペアガラスの断熱効果はマジですごい!結露しない、カビも生えないことに感動!

2016.12.16

 

建売の断熱材は大丈夫!?グラスウール10Kの断熱性能を検証してみた!

2016.07.13

 

家を長持ちさせる為に必要なこと

長期優良住宅ではない家は、長持ちしない家なのでしょうか?

いえいえ、そんなことはございませぬぞ。長期優良住宅でないならば、他の数倍の愛情を持って家と接すれば大丈夫でありますから!

 

家の弱点を知っておくべし。

長期優良住宅ではない家を長持ちさせたいなら、まずは家の弱点を知っておくことだ。

長期優良住宅になれなかったには、必ず理由があるはず。

吾輩の家の場合、なれなかった理由は「バリアフリー」、「省エネ対策」だ。

ザク男爵
バリアフリーに省エネ対策・・・。

これってもしや、住宅の寿命とはあまり関係がないのでは・・・!?

弱点を知れば、家のことを正しく理解できるというもの。必要以上に不安がらないで、まずは家のことを正しく理解しよう。

 

自分でメンテナンスしよう。

家を長持ちさせるキーポイントは、「定期的なメンテナンス」だ。

認定条件「維持保全計画」とある通り、家の寿命を長くする為には、定期的なメンテナンス、そして修繕が必要不可欠なのであります。

 

住宅を購入すると、ハウスメーカーから、1年点検、2年点検、5年点検…と案内が届く。

しかし、家の寿命を延ばしたいなら、ハウスメーカーのメンテナンスを当てにしないで、自分自身でメンテナンスをすることが重要だ。

数年に一度のメンテナンスでは、異常発見が遅れる場合だってあるし、何より自分でメンテナンスすることで、より一層愛着が生まれ、「家を大切にしよう」と思えるものだ。

吾輩だって、家についてはど素人ではあるけど、ほぼ毎日(!)家の外周を歩きながら、家のチェックをしておりますぞ。

ザク男爵
早期発見で早期修繕であります!(深刻なトラブルになったときに、お金が払えないとは言えない。)

早期修繕することで、金銭的にも負担は軽くなるしね!

 

「いい家庭」であること。

そして最後に、家を長持ちさせたいと思うなら、「いい家庭」であることを心がけるべきだ。

それは家そのものがダメにならなくても、家庭にヒビが入ってしまうと、最悪の結果、離婚して一家離散。

せっかくのマイホームを手放すことになってしまいますぞ。

 

住宅の寿命は27年と言われているけど、それ以上に深刻なのが夫婦の寿命でございます。

特に俗に言われる「産後クライシス」での離婚率は、なんと35%(厚労省調査)にもなるようだ。

産後クライシスとは?

産後2年以内に夫婦の愛情が急激に冷え込むこと。子供が0~2歳までに離婚する夫婦は、35%にも及ぶ。

子供が生まれるからって家を買ったとしても、なんとその後2年以内に離婚する確率は35%。

これはもはや、家の寿命どうのこうのの話ではありませぬな。27年の家の寿命が尽きる前に、夫婦の寿命が尽きてしまうかもしれませぬぞ!!

・・・私たちのことより、家のことが心配なの・・・?

家はお金さえ出せばなんとかなる。

けど家庭はお金じゃどうにもなりませぬぞ。家のことよりも、まずはそこに住む家族を第一に考えよう!

 

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

長期優良住宅ではない普通の家を買ってみた感想と、家を長持ちさせる為に実践すべきことは次の通り!

1・長期優良住宅でなくても、全ての性能が低い訳ではない。

2・家の弱点を知れば、本当の家の性能が見えてくる。

3・自分でメンテナンスして、早期発見・早期修繕する。

4・家に住む「家族」こそ、一番メンテナンスが必要。

買おうと思って検討している家が長期優良住宅でなかったら、不安に思うものだ。

だけど長期優良住宅でなくても、耐震等級が高かったり、メンテナンスのしやすい構造だったりと、長く使えるように設計されている家は多いですぞ。

まずは検討している家が、どんな性能なのか、よくチェックすることが大切であるよ!

 

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営(営業代行)/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。