安い家は子育てしやすい家。安い家(ローコスト住宅)を買ったら意外とよかったこと4つ。

吾輩はザク男爵@zakudansyaku)、年収300万で建売住宅を買ったチャレンジャーでございます。

 

予算が足りなくて安い家しか買えなかった!本当はもっとかわいい家に住みたかったのに!

そんな気持ちで後悔しておりませんでしょうか!?

いやいや吾輩なんて年収300万で家を買ってしまったものでありますから、それはもう安い建売住宅でございますよ。

もう人様に自慢できるところがホントにないのでありますよ。謙遜じゃなくて。

 

でもそんな安い家を買った吾輩だけど、実は安い家を買って意外とよかったと思うことがあるのだ。

それは「子供をのびのびと育てられること」でありますよ!

そこで今日は、安い家を買ったら、意外とよかったことについて書いていきますぞ!

スポンサーリンク

子供をのびのびと育てたいから、家を買った。

そもそも、年収300万だった吾輩がなぜ家を買ったのか?

それは子供をのびのびと育てたかったからだ。吾輩自身も、子供の頃は一軒家でのびのびと育ててもらったので、自分の子供も同じように育ててあげたかった。

だから一軒家が欲しかったのだね、吾輩は。

家の中で大声出したり、ドタバタと走りまわっても、「静かにしなさい!」って言わなくても済む、一軒家が欲しかった。

長男
ドタバタ・・・ドタバタ・・・ギャーーーー!!キャッキャッ
ザク男爵
うむうむ、今日も元気だねえ(にっこり)

そうそう。吾輩はこれがしたくて家を買ったのだ。

 

高級住宅じゃない、安い家だとココがいい!

そんな吾輩の買った安い家は、子供をのびのびと育てるにはぴったりの子育てしやすい家だったのだ。

特に吾輩が実感するのは、次の4つでありますぞ。

 

壁紙・フローリングに落書きしても、怒らなくて済む。

子供が小さい(4,5歳まで)うちは、子供の落書きに悩まされるものだ。

子供用にクレヨン、色えんぴつに画用紙を渡しても、ちょっと目を離した隙にどこからかマジックを持ちだしてフローリングや壁紙に落書きを始めてるから、マジでビビるのであるよね。

ザク男爵
忍者かっ!?君たちは忍者かっ!?

これはもう完全にいたちごっこ。いや、親である吾輩が折れなければ、こちらの精神がおかしくなりそうだしね。

 

吾輩は賃貸アパートに住んでいたときは、この落書きには相当頭を悩ましたもの。

だけど安い家を購入して持ち家になったことで、この悩みは解消致しましたぞ。

子供がマジックで壁紙に落書きしても、

ザク男爵
ああ、落書きね・・・。後で壁紙を張り替えればいいでしょ。

と、いちいちイライラしなくて済むのだ。

 

子育てのストレスを減らしてくれる家、それつまり、「子育てしやすい家」であります。

 

好きなだけ、シール遊びをさせることができる。

吾輩の4歳の長男も2歳の次男も、2人ともシール遊びが大好きだ。

お気に入りのアンパンマンのシールやら、車のシールを、自分の好きなところに貼って貼って、貼りまくるという・・・。

もちろん、壁紙にも貼るし、ドアにも貼るし、フローリングにも貼るし。

床はダメ!床に貼ったら、すごく汚くなるから、ダメ!!

妻が言ってる側から、床にも構わずシールをぺたぺた貼っていく。・・・よっぽど楽しいんだねえ。

 

シールを張ってもいいスペースを準備したとしても、自由すぎる長男も次男もきっとそのスペースからはみ出して貼ることでしょう。

こんなに家中シールぺたぺたして遊べるのも、吾輩の家が幸いにして高級住宅ではないからだ。

ええ、これは前向きにとらえましょう。いいではないですか、イライラしなくて子育てしやすくて。

 

子供が家を乱暴に扱っても、イライラしない。

子供が小さいと、目につくもの全部オモチャにして遊んでいるうちに、最後は壊して終わってしまうのだ。

 

ドアノブにぶら下がって、ドアノブを壊す。

引き戸を思いっきり開けて、ドアがレールから外れる。

キッチン収納のドアパッキンを引っ張って、最後はちぎれる。

 

うーん。実に吾輩の子供たちも、せっかくのマイホームをことごとく破壊しておりますなあ。

目の前でせっかく買った家を破壊されては、さすがに吾輩だって怒りますとも。物を大事にすることを知って欲しいしね。

でも「自分の大切なモノを壊された」ときみたいに、マジで怒ることはありませぬ。

だってこの家自体が子供に買ってあげたプレゼントみたいなものだし。壊れて困る高級品は、きっとないでしょうし。

 

 

購入費用が安いから、次のリフォーム資金が安心。

そして最後はちょっとまじめにお金のお話でございます。

安い家を買うことで、当然ながら住宅購入の費用は抑えられる。だから購入後の家計は、案外余裕しゃくしゃくだったりするものだ。

住宅購入は「買って終了」ではなく、買ってからがものすごく長くて大変なのであります。

 

具体的には、家は買ってから修繕・メンテナンスの連続だ。

吾輩の買ったハウスメーカーのメンテナンスカレンダーによれば、まず住宅購入後5年で、次の費用がかかりますぞ。

・サッシ、シャッターの建て付け調整  1.5万~

・網戸の建て付け調整 1.5万~

・防蟻処理 10万~

・畳 表替え 1.0万~

合計:14万

おお、住宅購入後、メンテナンス・修繕で14万円が吹き飛ぶ訳でありますな。

 

さらにさらに恐ろしいのは、住宅購入後10年目だ。

・屋根の表面塗装:30万~

・外壁(サイディング)シーリング打ち替え、塗装:95万~

・バルコニーのFRP補修:10万~

・網戸の張り替え:5万~

・玄関ドア ドアクローザーの交換:2.5万~

・防蟻処理:10万~

・畳 交換:1.8万~

・クロス 張り替え:5万~

合計:159.3万~

いやいやいや。これ、何よ?どういうことでありますか!?住宅購入10年後に、160万が吹き飛ぶって・・・。

吾輩、あいた口が塞がりませぬ。

 

しかし!これが買った家が安い家だと、最初の購入費用が抑えられているから、その後のメンテナンス費用が捻出しやすいのだ。

しかも修繕・交換する部分も安いグレードで問題ないから、修繕費用も安くなるっていうね。

これがもし高級住宅だったら、修繕・交換する部分も、やっぱり高級グレードじゃないと・・・まずいでしょう。

そうなると、住宅購入後にかかる費用も、高くなりがちなのだ。

 

安い家を買うと、その後にかかるメンテナンス・修繕費用も安くすることができる。

さらに、住宅購入10年、20年後のリフォーム費用だって、安心して貯めることができるのだ。

ザク男爵
うん。まさかこんなうれしい結果になるとは、思ってもなかったけどね。

まあ、結果オーライということです。

 

ザク男爵プレゼンツ的まとめ!

それでは、まとめよう!

安い家を買うと、意外にもこんなメリットがありますぞ。

1・子供をのびのびと育てることができる。

2・子供が落書きしても、シールを貼っても、乱暴に扱っても、イライラしないですむ。

3・購入費用を抑えることで、その後に必要になるメンテンス・修繕・リフォーム資金も安心して準備できる。

そりゃ確かに安い家か、高級住宅か、って言われたら、もちろん高級住宅がいいに決まっておりますよ。

・・・大人的にはね。

でも小さい子供からしたら、そんな大人の都合なんて関係ないことでしょう。

子供は子供のルールで、世界で、のびのびと遊ぶことができるのが、いい家に違いありませぬ。

そんな子育てのイライラを解消してくれる家は、まさに子育てしやすい家でありますぞ。

 

それでは、アディオス!

 

ABOUTこの記事をかいた人

法人経営/ブロガー/ライター/営業マン/二児の父。ブログを書いて会社を設立。ブログ「ザク男爵プレゼンツ」は月間12万PV。

自分自身の経験をもとに、仕事・営業、住宅購入、子育て、節約などの情報を発信しています。

辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。